ブルパップ式とは?設計のメリット・デメリットを詳しく解説!のイメージ

ブルパップ式とは?設計のメリット・デメリットを詳しく解説!

最近では、サバゲーでブルパップ式の物を使っている人が多いです。サバゲーをしている人の中では、ブルパック式と聞くと、ある程度分かりますが、何も知らない人にとっては検討が付かないです。そこで、今回はそのブルパップ式に焦点を当ててみたいです。

2018年09月11日更新

つばめ99
つばめ99
登山やキャンプに関する記事が得意です。登山やキャンプで使用する物の最新情報、便利な使い方を中心に、読者の方に分かりやすく届けられるように執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ブルパップ式とは?
  2. ブルパップ式はサバゲーではどう?
  3. ブルパップ式のメリット
  4. ブルパップ式のデメリット
  5. ブルパップ式をサバゲーで使う時のコツ
  6. ブルパップ式に関して

ブルパップ式とは?

出典: https://www.amazon.co.jp

ブルパップ式とは、銃器の設計の方式の一つになっている物です。より詳しく言うと、弾倉の前の方に、引き金を配置するようにして、後ろの方の銃床部に機関部を収納したモデルです。一般的な設計の方式とは異なっていますが、銃弾をより加速させる銃身長と言う物を保ちながら、全体の長さを短くさせる事に成功しており、とても凄い事と高い評価を受けています。

ブルパップ式はサバゲーではどう?

最近では、サバゲ―で、ブルパップ式を使っている女性が多く、 ブルパップ式がかなり人気を博しています。特にブルパップ式の中には、女性でも簡単に持つ事ができる物があり、それが好評になっています。女性にとっては、重い物を持って、サバゲーをするには中々体力が付いていかないですので、ブルパップ式の中にある重量が軽い物の方が合っています。そのため、もし、今後サバゲーをする女性がいるならば、ブルパップ式の重量が軽い物を手に取ってみると良いでしょう。

ブルパップ式のメリット

出典: https://www.amazon.co.jp

ブルパップ式の事をまだ知らない人がいれば、しっかりと見ておくと良いでしょう。ここでは、ブルパップ式のメリットがどういう所にあるかを探っていき、どれぐらいの良さがあるかを見いだしていきたいです。もし、ブルパップ式のメリットを理解して、サバゲーで使ってみたいと感じれば、積極的に実践で使っていくと良いでしょう。ブルパップ式の初心者の人でも慣れていけば、充分に使いこなす事ができますので、決して心配はいらないです。

ブルパップ式のメリット1

出典: https://www.amazon.co.jp

ブルパップ式のメリットの1つ目は、銃の身長を保ち、銃の威力や貫通力を下げないまま、コンパクトになった事です。銃をコンパクトにしようとすると、どうしても銃の身長が短くなる事や、銃の威力などを下げなければいけないです。しかしながら、ブルパップ式は、銃の身長や威力などを全く変える事無く、コンパクトにする方法ですので、その当時、かなり画期的な方法になっていました。今ではブルパップ式は一般的になっていますが、その当時は非常に重宝されており、実際に多くの人が使っていました。

ブルパップ式のメリット2

ブルパップ式のメリットの2つ目は、女性でも使用できる物がある事です。サバゲーで使うライフルは割るとしっかりとしている物が多く、女性では中々使いづらい物が多いです。その中で、ブルパップ式のライフルは、他の物よりも軽いですので、使いやすい部分があります。よって、もし女性で、サバゲーで、ライフルのような物を使いたいと感じたら、ブルパップ式の物に頼りましょう。そうすれば、サバゲーをより楽しむ事ができます。

ブルパップ式のメリット3

出典: https://www.amazon.co.jp

ブルパップ式のメリットの3つ目は、機関部の位置のおかげで、撃ち易さが上がっている事です。銃ならば、撃ち易さかどうかは非常に重要な部分になっています、特にブルパップ式の場合は、機関部の位置が一般的な物と異なっている所にある影響で、撃ち易さにかなり良い影響を与えています。サバゲーのような場所では、どれだけ撃ち易いかは、敵をどのぐらい倒すかの大きな鍵になってきますので、前もって見ておくと良いでしょう。

ブルパップ式のデメリット

出典: https://www.amazon.co.jp

次は、ブルパップ式のデメリットを見ていきたいです。メリットがあれば、デメリットもそれなりにあるますので、特に、現在ブルパップ式を使っている人や、今後使おうと考えている人は注意深く見ておくと良いでしょう。ここで、デメリットを見ているかどうかで、使い方も変わってきて、自分自身が受ける影響にも変化が出ますので、決して甘く見ない方が適当でしょう。したがって、割と多くの人がメリットにばかり目を向けがちですが、デメリットにも意識的に見るようにしましょう。

ブルパップ式のデメリット1

出典: https://www.amazon.co.jp

ブルパップ式のデメリットの1つ目は、銃・ライフルの全体が短縮された事により、フロントサイトとリアサイトの感覚も小さくなってしまったため、標的の狙いが定めにくくなった事です。以前であれば、簡単に標的を掴めましたが、ブルパップ式だと上手くいかない事が多くなりますので、かなり大変な部分が多くなります。特にサバゲーでは、相手も細かい動きをたくさんしてきますから、その中で、ブルパップ式で狙う事はかなりの至難の業となってきます。

ブルパップ式のデメリット2

ブルパップ式のデメリットの2つ目は、弾の交換がとてもしづらくなっている事です。弾倉が後ろの方になった事により、射撃体勢のまま、弾倉交換ができないですので、面倒な部分が大きいです。今までならば、射撃体勢のまま、できていた事が全くできないとなると、時間が余計にかかり、周りの的にも狙われやすくなります。そうなると、サバゲーでも不利になる事は当然で、苦戦を強いられます。一回でも狙われると、中々反撃できず、その状況を打開する事は難しいですから、このデメリットはかなり大変です。

ブルパップ式のデメリット3

出典: https://www.amazon.co.jp

ブルパップ式のデメリットの3つ目は、ちゃんと使いこなすまでに練習が必要な事です。サバゲーで、たくさんの敵を倒すテクニックを欲しければ、練習をしなければいけないです。特にブルパップ式は普通の物とは作りが違っている事もあり、使い方にも変化が表れていますので、そこだけは事前に理解しておきましょう。もし、本当にブルパップ式の物を扱いたいならば、基礎的な所から意識的に練習をすると良いでしょう。実際に、徐々に練習をしていけば、ブルパップ式の使い方が身に付いてきますから、焦らずじっくりと行えば、全く心配はいらないです。

ブルパップ式のデメリット4

ブルパップ式のデメリットの4つ目は、利き手が制限される事です。機関部が銃床にある関係で、左利きの人は扱えなく、右利きの人しか使用できなくなっています。もし、左利きの人で、ブルパップ式を使いたいならば、無理やりにでも右手を使うしかなくなります。その状態だと、かなりのハンデを背負う事になり、サバゲーの時にも、中々苦戦を強いられます。そのため、左利きの人にとっては、ブルパップ式は向いていなく、あまり使わない方が賢明な判断になってきます。

ブルパップ式をサバゲーで使う時のコツ

出典: https://www.amazon.co.jp

サバゲーで、ブルパップ式を使う時のコツがいくつかありますので、ここでは、そのコツを見ていきましょう。コツを知っているかどうかで、サバゲーの際に、ブルパップ式がどれだけ役立つかが違ってきます。コツは意外にも重要度が高い物になっていますから、少しでもブルパップ式を上手く使いたい人がいれば、参考にしてみると良いでしょう。

コツ1 設計の理解

出典: https://www.amazon.co.jp

サバゲーで、ブルパップ式を使う時のコツの1つ目は、設計を改めて理解しておく事です。設計まで、中々見る人はいないですが、どういう作りかをわかっていなければ、正しく使いこなす事はできないですので、設計を理解する事はかなり大事になっています。もし、あまり設計の事をわからないと言う人がいれば、周りの人や、自分でインターネットを通して、検索してみると良いでしょう。最近では、割と簡単に情報を手に入れる事ができますから、それほど手間がかからないです。

コツ2 ストックを持つ

出典: https://www.amazon.co.jp

サバゲーで、ブルパップ式を使う時のコツの2つ目は、常にストックを持っておく事です。サバゲーをしている最中は、相手にめがけて撃ちますので、すぐにブルパップ式の弾が無くなってしまう事が多々ありますので、そういう時に備えて、ストックが必要になってきます。何が起きたとしても良いように、できる限り多くのストックを持ち、万全な状態を続く上げる事が重要です。

ブルパップ式に関して

出典: https://www.amazon.co.jp

サバゲーの時に、ブルパップ式を使用するならば、しっかりとメリットとデメリットにはどういう物があるかを理解しておきましょう。ブルパップ式は使い方次第で、良くも悪くもなる物ですが、正しく使う事ができれば、サバゲーでも充分に大きな力を発揮します。そのため、使い方には細心の注意を払うようにしましょう。そうすると、サバゲーを今まで以上に楽しむ事ができるようになります。

関連するまとめ
おすすめの記事