Twitter
Facebook
LINE

ワルサーPPKの魅力を徹底紹介!007のジェームズ・ボンドの愛銃はこれだ!

荒石 誠

ワルサーPPKの魅力を徹底紹介!007のジェームズ・ボンドの愛銃はこれだ!

荒石 誠

ワルサーPPK:ドイツで誕生

ワルサーPPKはドイツのカール・ワルサー社が1929年に先行してリリースしていたワルサーPPの前後とグリップを小型化して、1931年に主に私服警官用としてリリースされました。PPKのKは刑事用を意味するKriminalの頭文字ともドイツ語の短いを意味するKurzの頭文字とも解釈されています。

ワルサーPPK:歴史

ワルサーPP/PPKが開発された頃は、ドイツは第一次大戦の敗戦国として、武器の製造と保有に関する大幅な制限を受けており、優秀で威力の高い9ミリパラベラムを使用する拳銃もその制限の対象でした。

そんな中、攻撃用ではなく自衛の武器として380ACPのPP/PPKが生まれ、その後ドイツ軍、ゲシュタポ、ナチス党などの正式拳銃として採用されました。

ワルサーPPK:第二次世界大戦後

第二次世界大戦ドイツ敗戦後、ワルサー社の工場はソ連の占領地域になりました。その後ワルサー社はフランスのマニューリン社とライセンス契約を締結し、ワルサーPPKは1980年まで生産が続けられました。1961年には西側で新生されたワルサー社の工場でも生産が開始されました。

ワルサーPPK:PPK/S誕生の理由

ワルサーPPK/S

出典: Amazon

現在売られているものの画像です。グリップフレームがPPKより長くなっています。

1963年にアメリカでJ.F.ケネディー大統領が暗殺され、この事件をきっかけにアメリカでは隠匿生の高い小型拳銃を規制する機運が高まりました。

その後1968年にケネディー大統領の弟のロバート・ケネディーが選挙運動中にアイバージョンソン社製の22口径のリボルバーで撃たれて死亡するという事件が起き、これが決定打となって小型拳銃に対する輸入規制が発動されます。

翌年1969年、新しい規制である全長全高共に4インチ以上という規制に合致するように、ワルサーPPKのグリップ・フレームを延長したPPK/Sが発売されました。

ワルサーPPK:現在のワルサー

現在ワルサー社はドイツ国内に工場を持ち、現代的な銃器類の開発を通して法執行機関などに納入しています。アメリカではワルサーアームズが輸入販売を行っています。

現在アメリカのワルサーアームズではオリジナルの小さいグリップのPPKも販売しているので、未確認ですが小型拳銃の規制は撤廃されたか、州によっては問題ないのでしょう。実際現在はもっと小型のハンドガンも販売されています。しかし手の大きなアメリカ人にとっては、むしろPPK/Sのグリップの大きさが人気のようです。

Walther Arms, INC.

ワルサーPPK:口径のバリエーション

ワルサーPPKには5種類の口径の違うバリエーションが存在します。 22LR弾、25ACP弾、32ACP弾、380ACP弾、9x18mmマカロフ弾の5種類です。もっとも一般的なものは380ACP弾ですが、マカロフ弾などは、第二次大戦後にワルサーPPKが東ドイツで造られていたからでしょう。

ワルサーPPK・PPK/Sの機構

ワルサーPPK・PPK/Sが開発されたのは80年以上昔ですが、現代のダブルアクション・オートマチック・ピストルの基本的な構造を当時すでに組み込んでいます。ワルサーPPK・PPK/Sについて特徴的な作動方式や安全対策、簡単なフィールドストリッピングなどについて解説します。

ワルサーPPK・PPK/Sの作動方式

ワルサーPPK・PPK/Sは使用する弾薬のパワーが比較的小さいので、作動は固定バレルのストレートブローバック方式です。それは部品点数が少なくシンプルな構造でトラブルも少なくなるメリットがあります。また短いバレルですが、固定されているため、命中精度が高くなるのもメリットの一つです。

ワルサーPPK・PPK/Sの安全対策

動画では基本的なファンクションが解説されています。現代では当たり前のダブルアクションで初弾を発射でき、セフティーはハンマーのデコッキングレバーを兼ねています。

またセフティーが掛かった状態ではトリガーとファイアリングピン(撃針)もロックされ、ポケットに入れて持ち歩いていても、たとえ落下させても暴発の危険は限りなく少ない安全設計になっています。

ローデッドインジケーター

スライド後端にローデッドインジケーターがあります。

カートリッジがチャンバーに装填されていると、スライド後端のピンが露出して目視でも触っても装填済みであることを確認することができます。たとえ暗闇でも装填済みであることがわかるのです。

同社のワルサーP38にも同機構が組み込まれていますが、現代の拳銃でもインジケーターを持たないものがありますから、かなり先進的なデザインです。ただし22LRのモデルに関してはリムファイアなので、暴発の可能性があることから省略されています。

スライドストップ

ワルサーPPK・PPK/Sは最終弾を撃ち尽くしてマガジンに残弾が無くなると、スライドはホールドオープンの状態でストップします。スライドをリリースするレバーは無く、グリップ下から新しく弾の入ったマガジンを装填してスライドを引いて離せば、マガジンから弾をチャンバーに送り込み発射可能になります。

ワルサーPPK・PPK/Sのフィールドストリッピング

ワルサーPPK・PPK/Sはトリガーガードを下に引き下げて、スライドを後ろいっぱいに引けばスライドを外すことができます。通常のクリーニングであればここまでの分解で各部を清掃すれば良いという非常に簡単で合理的なデザインになっています。

ワルサーPPKと007

ワルサーPPKといえば007のジェームズ・ボンドの愛銃として長年親しまれてきました。画像はカジノ・ロワイアルでのショーン・コネリー演じる007です。仕立ての良いスーツを着こなす伊達男を演じるには、大型の拳銃ではスーツのラインが乱れてしまいますから、ワルサーPPKはなかなか考えられたチョイスだったのですね。

007の愛銃はベレッタだった?

イアン・フレミングの初期の原作では007はベレッタM1919を使用していました。原作5作目の「007 ロシアから愛をこめて」でベレッタのせいで怪我を負い、上司のMからPPKを使うように命じられます。

映画では一作目の「007 ドクター・ノオ」でPPKを使うようになるというエピソードになっています。ですから映画ファンにとって007の愛銃は最初からずっとワルサーPPKなのです。

007の秘密兵器

007といえばQが創る様々な秘密兵器が見ものの一つですが、携帯する拳銃だけはワルサーPPKのまま変わりません。

それだけ完成度が高いということなのか、ともすれば他の秘密兵器の影に埋もれてしまいそうですが、映画第23作の「007 スカイフォール」の中では、Qから掌紋認証機能付のPPKを渡されて、そのおかげでピンチを乗り切るという設定がありました。毎度Qはが装備は無傷で返せというのですが、このPPKも回収不能のままです。

上のスカイフォールの動画ではサイレンサー(007のPPKについているとサプレッサーではなくサイレンサーと呼びたくなります)付のPPKを使用しています。

007とワルサーP99

007シリーズ第18作目の「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」では現代的な9mmのワルサーP99を使用していましたが、その後第22作目の「007 慰めの報酬」では再びワルサーPPKが使用されるようになりました。やはり007といえばワルサーPPKというイメージが強いのでしょうね。

ワルサーPPKとサイレンサー

本来サイレンサーではなくサウンド・サプレッサーというのが正しい呼称ですが、007シリーズを語るのであれば、ここはあえてサイレンサーと呼びましょう。秘密情報員である007は隠密行動のためにPPKにサイレンサーを装着するシーンが多くあります。

実は映画やドラマでのサイレンサーはほとんど音がしない演出がされますが、リボルバーだとシリンダーとバレルのギャップから盛大に音が出ますし、オートも9mmは弾速が音速を越えるため盛大な音がします。ですが22LRや380ACPであればかなりの消音効果があります。

ワルサーPPK/S:マルゼンのガスガン

ワルサーPPK/Sはワルサー社のライセンスの元で日本のガスガンメーカーのマルゼンから発売されています。マルゼンはワルサーP38、同P99も作っていて、ワルサーとのライセンス契約を生かした製品づくりをしています。

マルゼンPPK/Sガスガンのバリエーション

現在マルゼンでは6種類のPPK/Sのガスガンのバリエーションが発売されています。用途はサバゲでもシューティングマッチでもない、コレクションや鑑賞メインのガスガンですね。

こういったモデルの存在は貴重で、モデルアップしているマルゼンというメーカーもまた貴重でしょう。スポット生産ということですから流通量は少ないかもしれません。

ワルサー PPK/S ブローバック ブラック

もっともベーシックなガスガンのモデルです。ダブルアクションとセフティーレバーによるデコッキング機能、スライドストップまでリアルな動作でガスブローバックで固定ホップアップが組み込まれています。

装弾数22発はシリーズ共通です。他のモデルとの違いは表面がABSのままなのと、ホップアップが組み込まれていないことですが、1万円を切る価格設定の廉価モデルです。

ワルサー PPK/S ブローバック ブラックメタル

ワルサー PPK/S ブローバック ブラックメタル

出典: Amazon
出典: Amazon

このモデルは、マルゼン独自のブラックメタルメッキを表目に施したモデルです。使用することでこすれた部分の表面が剥がれてエイジングの雰囲気が出るそうです。表面の仕上げ以外はベーシックモデルのガスガンと共通です。

ワルサー PPK/S ブローバック ステンレス

MARUZEN ワルサー PPK/S ブローバック ステンレス [ガスブローバック(対象年齢18歳以上)]

出典: Amazon

こちらのモデルは外装ステンレス仕上げです。ハンマーやセフティーレバーなどもシルバー仕上げになっており、鑑賞に耐える造りです。ステンレスの肌と黒いグリップの対比がシャープな印象です。これもガスガンとしての機能はベーシックモデルと共通です。

ムービープロップシリーズ “ワルサー PPK/Sセット” ブラック

マルゼンではムービープロップシリーズとして、135mmのロングサイレンサーが付属したPPK/Sも発売しています。このモデルでは可変ホップアップが組み込まれ、表面仕上げの違いで3機種のバリエーション展開です。専用のプラスティックケースが付属します。

ムービープロップシリーズ “ワルサー PPK/Sセット” ブラック

ワルサームービープロップシリーズ ワルサーPPK/Sセット

出典: Amazon

表面仕上げなしのブラックのABSモデルです。サイレンサー付で一番廉価なモデルです。

ムービープロップシリーズ “ワルサー PPK/Sセット” ブラックメタル

ムービープロップシリーズ “ワルサー PPK/Sセット” ブラックメタル

ブラックメタルメッキの外装仕上げのモデルです。非常に美しい仕上げなので、傷がつくともったいないくらいです。

ムービープロップシリーズ “ワルサー PPK/Sセット” ステンレス

ムービープロップシリーズ “ワルサー PPK/Sセット” ステンレス

最後は外装ステンレス仕上げのモデルです。こちらもとても美しい仕上げで、ブラックに比べるとやや傷などは目立たないかもしれません。どちらでもお好みで選べますか、PPKファンならどちらも揃えたくなりますね。

ワルサーPPK:まとめ

007の愛銃として有名なポケットオートの名銃、ワルサーPPKについて解説しました。現代でも通用するモダンな設計は今でも色あせることなく、エレガントで美しいハンドガンです。

画像のような美しい木製グリップなどが今でも売られています。マルゼンでは実銃の寸法で作っているはずなので、グリップを変えたりちょっとしたカスタムをしても楽しいでしょう。PPKを手に映画007シリーズを楽しんではいかがでしょう。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

実は中身がコピー用紙!ハロウィンのリースを安く簡単に作る方法・手順を紹介🎃✨

今回はかわいいハロウィンリースを作る過程をご紹介しました! 100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」やオレンジ色の毛糸を使って、コピー用紙で作った棒にくっつけていくだけ! 用意するも...

釣りのラジオ釣りラじ「第51回俺カラー登場!!」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

このやり方で可愛くボリュームが出ます✨ハロウィンリボンカチューシャのおすすめの作り方解説🎀

今回は100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」を使って、かわいいリボンカチューシャを作る過程をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 リボン(約1m10cm使用・ワイ...

根がかりしても、それでもメタルジグを投げるワケ

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

手作りハロウィンプレゼントにおすすめ!こうもりガラスドームキーホルダー🦇

今回は100均セリアで購入した「蝙蝠の羽根のガラスドーム」を使って、かわいいキーホルダーを作る過程をご紹介しました。 ちなみにセリアには他にもカボチャ等、いろいろなタイプのものがありました! 用意す...