コンペンセイターとマズルブレーキの違いは何?その効果や性能を解説!のイメージ

コンペンセイターとマズルブレーキの違いは何?その効果や性能を解説!

銃のカスタムを行うときなどに良くコンペンセイターやマズルブレーキという言葉を聞いたことはないでしょうか? コンペンセイターとマズルブレーキは銃を使う際に重要なパーツです。その効果や種類などを知っていれば役に立つこと間違いなしです!

2020年06月06日更新

ysakura3928
ysakura3928
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. マズルブレーキとコンペンセイターとは?
  2. マズルブレーキ(コンペンセイター)の効果!
  3. マズルブレーキ(コンペンセイター)の種類
  4. サプレッサーとの関係は?
  5. マズルブレーキはエアガンにも必要?
  6. まとめ

マズルブレーキとコンペンセイターとは?

出典: https://www.amazon.co.jp

マズルブレーキとコンペンセイター?

マズルブレーキとは銃口や砲の先端に取り付けられる円筒形や箱型に穴や隙間が開けられたアタッチメントです。銃や砲が発射した際には弾と発射ガスが銃口から出ますが、その発射ガスを空いている穴から逃すことによって銃身のブレやリコイルを抑える効果があります。 また別名ではコンペンセイターとも言います。主に競技用銃などのマズルブレーキの効果に重点をおいて作られたものをコンペンセイターと呼ぶ傾向が多いようです! オートマチックハンドガン用のマズルブレーキもコンペンセイターと呼ばれますが、大型の物が多い印象があります。 確実な呼び分けはない感じですので、マズルブレーキ=コンペンセイターというのは覚えておくと話している時の間違いなどが起きなくて良いかもしれません。

親戚のフラッシュハイダー

マズルブレーキとは別に銃口に取り付けるものにはフラッシュハイダーというアタッチメントが存在します。初期には円錐形の物が多く有ってマズルコーンなどと呼ばれていました。近年ではマズルブレーキと同様に円筒形の物が多くなっています。 マズルブレーキと違い、フラッシュハイダーは反動を抑える効果はほぼないですが、銃口から発するマズルフラッシュ(発火炎)を抑える効果があります。マズルフラッシュを抑えることによって特に夜間の射撃の視認性向上と敵からの発見を抑えることが出来ます! また、銃口から発生する発砲音を前方に留めて射手の聴力を保護する効果もありました。

最近では両方の効果!

近年においてはマズルブレーキとフラッシュハイダーは一つで両方の効果を発揮するものが多いです。 もっとも多いのは銃口の先端に装着する円筒形のマズルブレーキが多いですが、加工技術の向上によってハンドガン等はスライドやバレル自体に直接ガスポートを作って小型化を図る傾向もあります!

マズルブレーキ(コンペンセイター)の効果!

マズルブレーキ 図1

ベレッタ M93Rのマズル

マズルブレーキ 図2

3方向に空いたガスポートからのガス放出

マズルブレーキの効果を簡単説明!

上記の図1、2はベレッタM93Rのマズルブレーキの効果をわかりやすくしたものです! 緑の矢印はガスの排出方向で赤の矢印は銃弾の発射方向になります。 銃弾が発射された後にガスはバレルに空いてる3つのガスポートから抜け出します。通常ならば銃口は上に跳ね上がりますが、マズルブレーキの効果によって上の2方向にガスが強く出るために跳ね上がりが抑えられます! また、三方向のガスポートの効果で左右上下の動きも抑えられますので、連射する際にもブレが少なくなります。

マズルブレーキの必要性!

マズルブレーキは現代の銃火器では必須と呼べるほどになっています。 特に連射や精密射撃を行うライフルにとっては死活問題となってきます。リコイルが激しければ敵に弾も当たりませんし、発火炎、射撃音などデメリットなことばかりになります。 それ以外にも狩猟用のライフルなどでは大口径の銃弾を扱う際にマズルブレーキによるリコイル制御を行わないと肩を痛めてしまう可能性もあるので、より適切なマズルブレーキを選んで使う必要があります。

マズルブレーキ(コンペンセイター)の種類

マズルブレーキ+フラッシュハイダー

出典: https://www.amazon.co.jp

近年のアサルトライフルやサブマシンガンなどに使われることの多い円筒形のマズルブレーキです。 小型でありながらマズルブレーキの効果とフラッシュハイダーの効果を発揮します。空いている穴の形状や個数によって効果が違いますので、リコイルの制御などその他のアタッチメントを考慮して選ぶと良いです! ちなみに近年の有名なアサルトライフルにはそれぞれ設計されたマズルブレーキがついていて、特徴にもなっていますので好きな銃があるのでしたら気にして見てみるのもよいでしょう!

大型ライフル用マズルブレーキ

出典: https://www.amazon.co.jp

スナイパーライフルや対物ライフルに取付れらるようなマズルブレーキです。 扱う弾薬が大きいためにアサルトライフルなどとは違い、燃焼ガスが非常に多かったりリコイルが激しい為に大型化をしています。 スナイパーライフルがバイポッドを利用して発射する時のガスは、地面の砂や土を吹き飛ばすほど強力です。もしもマズルブレーキがなかったとしたら、それこそ酷い反動で狙撃など出来ないことでしょう。

競技用コンペンセイター

出典: https://www.amazon.co.jp

競技用銃のアタッチメントとしてコンペンセイターと呼ぶことが多い物ですが、それは競技用においては銃口の跳ね上がりを抑える事が一番の目的というのが違いだからなのかもしれません。 的を打ち抜く速さを競う為に射撃後の跳ね上がりは致命的なタイムロスになります。その為、コンペンセイターには銃口の上側にガスポートが多く空いている物が多いです。

野砲などのマズルブレーキ

第二次世界大戦以前の戦車の砲や野砲などにもマズルブレーキは使われていましたが、近年では精度に優れる油圧による砲身の後退技術が向上したために廃止している事が多くなっています。マズルブレーキを装着することによって起きる問題も数多くあったようですね。

サプレッサーとの関係は?

出典: https://www.amazon.co.jp

サプレッサーにはマズルブレーキの効果はあるの?

銃口に取り付けるアタッチメントとしてはサプレッサーの方が先に思いつくかもしれません。 サプレッサーは円筒形の筒の中を小分けした構造になっていて、発射された際のガス圧力を下げてから放出して射撃音を下げる効果があります。 この際に下げられたガス圧力はりコイルの強さにも影響して、結果的に反動抑制効果に繋がります。流石にマズルブレーキよりは効果が薄いですが、サプレッサーはリコイル以外にもマズルフラッシュも防ぐので用途によって使い分けが必要にまります!

マズルブレーキはエアガンにも必要?

効果よりも見た目重視

エアガンにも勿論マズルブレーキやコンペンセイターを付けることが出来ますが、実際にリコイルなどを抑える効果はあるのでしょうか? 電動ガン等を含めて圧縮した空気あるいはガスを放出してBB弾を撃ちだしています。実際にBB弾を入れずに空撃ちすれば銃口の先には結構な空気の動きがありますので期待は出来そうです……が、残念ながらエアガンにマズルブレーキをつけてもリコイルを抑えることは出来ません! 元々銃弾を発射する強力なガスを放出することでリコイルを抑制するマズルブレーキは、エアガンのガス圧程度ではちょっとガスの抜けが変わるくらいにしかならないのです。 では、エアガンにはマズルブレーキは必要ではないのでは?と思うかもしれませんが、ガスガンではリコイル抑制よりも見た目にその効果が発揮されます!

銃にアクセントを!

ライフルなどの大きめな銃には銃口に取り付けるマズルブレーキやフラッシュハイダーが数多くありますので、数多くの種類から自分好みの物を選んで装着する楽しみがあります! M4やAK等は初期からついているマズルブレーキがあってそれもそれで味があるのですが、自分のオリジナルカスタムを作りたいのなら必ず選びたくなるでしょう。 また、ハンドガンについては銃口に取り付けるタイプもありますが、どちらかというと見た目のかっこよさではスライドとバレルに直接ガスポートを開けたモデルが人気があります。上記の画像などは肉抜きされたスライドから見える穴あきバレルが組み込まれた機能美を出して良い感じですね! 逆に大きな銃が好きだ!という人にとっては、銃口に取り付けるコンペンセイターの方が大きく種類の幅が広がるので好まれるかもしれません。

まとめ

このようにマズルブレーキとコンペンセイターは同じものですが、若干の使用用途によって呼び方が変わるというものでした。その効果は銃のアタッチメントとしてはかなり重要で必要なものだと理解できたかと思います。 エアガンでは残念ながら効果はほぼ無いものとなりましたが、見た目への貢献は計り知れないものがありますので、外せないですね!

関連するまとめ
おすすめの記事