Twitter
Facebook
LINE

名銃ベレッタ92にの歴史に迫る!最強拳銃と言われる理由とその魅力とは?

みさお

名銃ベレッタ92にの歴史に迫る!最強拳銃と言われる理由とその魅力とは?

みさお

ベレッタ92とは

ベレッタ92の素晴らしさ

イタリアに拠点を置くベレッタ社が開発した軍用拳銃、通称M9と呼ばれ、各国の法執行機関や警察組織などで愛用されている拳銃です。1970年頃に凶悪犯罪対策や、対テロ組織用として開発されているためインファイトやCQB(近接戦闘)、狭い市街地線などで有利に戦えるよう作られています。 大きな特徴としてはマガジンがダブルカラム・マガジンを搭載しているため、非常に連発性能が高い。ダブルカラム・マガジンはマガジンに弾を入れる際に、縦一列ではなく、ジグザグ状に収まるため段数のアップに成功したマガジンである。特出するべき点はほかにも多いが、大元であるM1951の発展期として非常に性能の面でも優秀であることがわかります。

出典: http://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/408

アメリカ軍に正式採用されているM9です。(東京マルイ製)

ベレッタ92の特徴その1

使用する弾

9x19mmパラベラム弾を使用している。9mmパラベラム弾とも呼ばれ、ドイツで開発された弾、弾の性質上反動は弱い部類に入るが、弾道が比較的にまっすぐ飛んでいく上、弾自体の大きさがそこめで大きくないため、ダブルカラム・マガジンに利用したりと、反動の弱さを補って余るほどの性能を発揮します。 ハンドガンは近接戦闘を主に戦う銃なので、いちいち敵の前で弾切れになっていればすぐにでも蜂の巣にされてしまう、そのため、拳銃のマガジン自体に多く弾が入れば入るほど有利になってくる、ハンドガン自体の性能とマガジン、そして弾の性能が合わさり、最強と言われるほどのハンドガンになったというのがベレッタ92の本質です。装弾数は15発。

9mmパラベラム弾の特徴

上記の通り、反動が弱いがまっすぐ飛んでいくこと、そのまっすぐ飛んでいくことがいかに重要なことかを説明します。まっすぐ飛んでいくことは、風の抵抗をあまり受けていないことを指します。風の抵抗を受けると、弾自体が上に飛んだり下に飛んだりとずれてしまうのですが、まっすぐ飛ぶ事で、射程は確かに短くはなりますが、市街地戦などの近接戦闘では飛距離は必要ないですので、必然的に近接での命中率が命となってきます。 風の抵抗をあまりうけず、まっすぐと目標に飛び、弾の大きさなども含めて9mmパラベラム弾の大きな特徴と言えます。

携行性の高さ

ベレッタ92は拳銃、いわゆるハンドガンです。そのスリムな形状はとても携行性に優れています。携行性が高く、そして装弾数の多さも高いいわゆる市街地戦では、最強の拳銃と呼ばれ、ミリタリーファンの間でもとても有名です。なにより、かっこいいのも有名である要因の一つであります。

ベレッタ92の特徴その2

拳銃としてのフォルム

まず、見た目を紹介させていただきます。フレームはM1915と同様にスライド部分を取り外し、銃口部分が露出しているのが大きな特徴の一つです。 M1915の後継機としての拳銃になるため、いろいろとM1915のよい部分を残しつつ、グリップとレシーバーがスチールからアルミニウム合金に変更されている、軽量化も同時にされています。

出典: http://www.wa-gunnet.co.jp/product_info.php?cPath=2&products_id=1470

ベレッタ92の特徴その3

拳銃としての性能

同時期にトライアルを受けていたシグザウエルP226と熾烈な覇権争いを行うことになるが、ベレッタ92はセーフティ(安全装置)に力を注いでいるため、非常に誤射が少ない銃としても人気の一つで、いわゆる誰でも使用できる拳銃として、アメリカ軍では拳銃にこだわらない、特殊部隊のように特別な訓練に時間を割けない組織に配給されるなどの考慮がされています。 反動が少なく、ある程度の殺傷能力、そして装弾数の多さから、世界格各国での人気も非常に高い、それが最強たる証拠であり、なによりもベレッタ92の本質なのです。

ベレッタ92の歴史パート1

ベレッタの拳銃は…。

もともとM1915が開発されており、ベレッタ92はM1915の後継機として開発されたのは上記でも述べたとおりですが、なぜアメリカ軍に正式採用されることになったのか、92の歴史を紹介したいと思います。その前にアメリカ軍に正式採用されたことを重点に話すことがなぜ、ベレッタの歴史となるかを説明します。 簡単な話、アメリカ軍に誓詞記載をされる=ベレッタ92のPRになるからです。有名なことと、アメリカ軍が正式採用していることにより、実際にアメリカ軍正式採用後に世界各国でもベレッタ92の契約が結ばれています。アメリカ軍に正式採用を受けることは商品として絶大な信頼と実績があると判断され、とてつもなく有名な拳銃になります。なので、ベレッタ92の歴史を説明する上で、アメリカ軍トライアルの話は外せないのです。

出典: http://www.wa-gunnet.co.jp/product_info.php?cPath=2&products_id=1470

ベレッタ92の評価

アメリカ軍に正式に採用された直後に32000丁以上もの拳銃をアメリカに輸出し、フランス軍や各国の警察組織などとも契約を行っています。30000丁以上も一度の契約で販売されるということはよほどの実績と信頼がなければ不可能です。 ベレッタ92が生まれたのは、一時期イタリアで、M1951の時代が終わったと嘆かれ、他社の拳銃に比べて、性能が低いのでは?と言われるようになりました。そんなときに開発されたのがベレッタ92です。ベレッタ92の性能が認められ、現在にも名の通る、知らない者がいない拳銃になったのです。

ベレッタ92の歴史パート2

最強の証

アメリカ軍トライアルとは、簡単に言ってしまえば、より質と性能の高い拳銃を探すために行われる試験のことです。この試験を通過することでアメリカ軍に正式採用され、拳銃メーカーとアメリカ軍との契約が交わされます。アメリカ軍に正式採用を受け、実際に各国に配備されるまでの成果を発揮し、多くの功績を残してきたベレッタ92は紛れもなく最強の拳銃と呼んで差し支えないでしょう。

出典: http://www.irasutoya.com/2017/12/blog-post_903.html

ベレッタ92の歴史パート3

アメリカ軍にとってベレッタ92は…。

元はM1911A1という拳銃が採用されていた、ベレッタ92がトライアルを通過後も存在が消えることなく、優秀な銃として今でも現役として活躍している。ベレッタ92は9mmパラベラム弾を使用した中でも非常に性能が高かったた、なによりもその使いやすさが決定的な要因になったとさえ考えられます。取り回しの良さと、誤射の少なさ、なによりもアメリカ軍が求めるものであったのです。 取り回しがよく、人を選ばない銃は、特殊な訓練を受けていない人にとっても、特殊な訓練を受けたものにとっても使い勝手がいいもので、当時はベレッタ92の完成度に大きな反響があったほどです。

出典: http://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/51

ベレッタ92の歴史パート4

ベレッタ社について

ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ社が正式名称。第一次大戦中に拳銃が不足しているとのことで、ベレッタ社が開発したのがベレッタ92の元となったM1915であり、このM1915をきっかけにイタリアの拳銃メーカーのトップに立ちました。イタリア国内では第一次世界大戦の最中ということもあり、非常に緊迫した状況下であったので、その状況もベレッタの開発した拳銃の人気に拍車をかけたものです。

出典: http://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/51

ベレッタ92の歴史パート5

ベレッタ92が軍用配備されるまで~トライアル

1978年~1980年にかけて、ベレッタ92として最初のトライアルを受けることになった。だが、このトライアルはアメリカ軍全体として行われたのではなく、アメリカ空軍限定で行われた、結果的にベレッタ92が最優秀として選ばれるが、アメリカ軍首脳陣の目にとまり、再度アメリカ軍全体としてトライアルを行うことになった、そのため、一度完璧とされたベレッタ92でしたが、トライアル自体が白紙に戻ってしまったため不採用となりました。

出典: http://www.irasutoya.com/2017/12/blog-post_63.html

ベレッタ92の歴史パート6

ベレッタ92が軍用配備されるまで~トライアル2

1981年に二度目のトライアルを受けたベレッタ社でしたが、アメリカ軍が新しく提示した性能を超える、それの条件が非常に難しく、結果的にベレッタ社とS&W(スミスアンドウェッソン社)のみがエントリーしたが、どちらも落とされてしまいました。

ベレッタ92の歴史パート7

ベレッタ92が軍用配備されるまで~トライアル3

1984年に三度目のトライアルを受けたベレッタ社、今回は7モデルほどトライアルに参加したのだったが、シグザウエルP226とベレッタ92が最終査定の対象になり、一触即発のトライアルとなったが、無事に1985年ベレッタ92がM9とししてアメリカ軍に正式採用となった。シグザウエルP226も後に採用されている。 正式採用後にいくつかのメーカーがトライアルに問題があったと訴訟を起こしたが、結果的に公平なトライアルであったとされています。

出典: http://www.irasutoya.com/2017/12/blog-post_234.html

ベレッタ92の歴史パート8

ベレッタ92が軍用配備されるまで~トライアル4

M9として正式採用されたが、1988年にトライアルが行われました、S&W社やスターム・ルガー社がトライアルを受けるが、結果としては不採用となっています。スターム・ルガーはトライアル規定をクリアしましたが、規定をクリアしただけで、正式に採用するほどではないと、不採用にしました。

出典: http://www.irasutoya.com/2017/08/blog-post_721.html

ベレッタ92の歴史パート9

苦労しトライアルの末アメリカ軍に採用!

1985年に正式採用を受け、M9として活躍することになったベレッタ92だが、1988年のトライアルの際に、M9には致命的な欠陥がある可能性が示唆された、それはフレームの耐久問題である。10万発撃っても耐えられると評価を受けたものの、M9の大きな特徴である、スライド部分がカットされ、バレルが露出しているため、どうしてもフレームの耐久に対して、よくない噂が立つのも考えられる事ではあった。

出典: http://www.irasutoya.com/2017/02/blog-post_96.html

ベレッタ92の歴史パート10

スライド破損事故!?

1977年、1978年に計三回、スライドが破損する事故が起こった。スライド部が破損し、破損した部分が射手の顔に当たるという事件だった。事故の被害者はSEALsなどの特殊部隊で会ったことから、特殊部隊ならではの過酷な訓練状況の中で起こったイレギュラーではないかと噂されることもあった。このことに対しアメリカ軍側はスライドの制作過程においてトラブルが起こったと発表しており、アメリカ内部だけで、製造が間に合わなかったため、一部イタリアから輸入していたことも明かし、最強の名は偽りでないことを証明しました。 ベレッタ社は今後のことも見据え、改良を施した92FSを開発したのですが、これもまた人気を博し、よりベレッタ92を最強へと押し上げることになりました。

出典: http://www.irasutoya.com/2017/03/blog-post_163.html

遊戯中はイレギュラートラブルに備えてゴーグルをつけましょう。

ベレッタ92に夢を見たあのころ

夢を現実にしたエアガンも優秀

日本では遊技拳銃としてベレッタ92をWA(ウェスタンアームズ)KSC、東京マルイなど各メーカーが販売していますが、ベレッタ社の商標使用権を持っているのはウェスタンアームズ、マルシン、sⅡsなどのライセンス契約を行ったメーカで、ほかのライセンス契約を行っていないメーカーでは刻印など細部を模したものを作ることはできなかった、が、92FSやM92Fなど、細部を変えたりし販売しているメーカーも多い。 とくに、東京マルイ、WA、マルシンなどなど幅広くベレッタ92をモデルとした拳銃(エアガン)を販売しているメーカーは多い。メーカーによって刻印などに違いはあるものの、ベレッタ92と同じく、スライド部分をカットしたものを完璧に再現しているので、ミリタリーファンにも絶大な人気を誇る拳銃です。

ベレッタ92を知った日から…。

筆者がベレッタ92を知ったのは緋弾のアリアを見たときでした。そのころちょうど16歳の高校二年生でした、当時は18歳未満のため、18禁のガスガンを買うことはできませんでしたが、東京マルイ製のM92Fの電動ガン(10禁)を購入し遊んだものです、電動ガンで遊びながら、このスライド部分を大胆にカットしたフォルム、そしてスリムな形状に惚れ込んでしまい、高校を卒業後、本格的にサバゲーを始めることにしました。 当時、初めて買ったガスガンは当然ベレッタM92Fで、ガスを注入し撃った時の感触を今でも覚えています。そして、現在は複数のメーカーのベレッタM92Fを所持していますが、メーカーによって反動だったり、グリップの握りが違うので現在も楽しませていただいてます。

サバゲーでも有名なベレッタ92

最強の称号は健在

サバゲーでもベレッタ92は有名です、筆者もクロームステンレスと、ミリタリーブラック版を所持しています、サバゲーでは頻繁に見かけるくらい有名なハンドガンです。ガスガンやエアコッキングでも名をはせているほど有名なベレッタ92です。もちろんサバゲーだけでなく、観賞用としてモデルガンが発売されていたりしますので、飾って楽しむもよし、サバゲーで使用するのもよしと、ミリタリーファンのなかでもとても親しまれているハンドガンです。

ベレッタ92の二丁拳銃

一度だけだけ、過去に東京マルイのM92F二丁だけでサバゲーに言ったことがあります、そのときはフラッグ線と、殲滅戦を行いました、結果はどちらも勝つことができました、やはり近接戦闘ではM92Fは使いやすかったです、なによりもフロントサイトが見やすく、グリップも握りやすいので、とっさの射撃もこなせました、なにより、携行性が高いので、こっそり相手の陣地の後ろに潜り込むことができたのが大きな勝因であったと思います。 それだけ、ベレッタ92の開発段階でのフォルムの完成度が高いというのがわかりますね、エアガンはモデルとして忠実に再現されているので、実銃もすごく性能が高いんだなというのが実感できました、いつかグアムで実射してみたいものです。

カスタムするなら~その1

やはり、ハンドガンはカスタムしてなんぼと言った方に消化したいのが、M92Fアンダーマウントレールです、このアンダーマウントレールを取り付けることで、フラッシュライトがとりつけられるようになります、もちろんレーザーポインターもつけられますので、是非とも自分の好きなカスタムを見つけてみて下さい。

出典: http://www.wa-gunnet.co.jp/product_info.php?cPath=2&products_id=1465

カスタムするなら~その2

カスタムするなら見た目だけでなく、中身も変えたいという方には、パワーバレル マルイ 92Fシリーズがおすすめです、このインナーバレルを交換するだけで、バレル内のガス圧などが変化し、速度や命中精度が上がります。ただ、バレル内が狭くなるため、その分今まで以上にハンドガンのメンテナンスや、取り扱いに注意が必要になってきます。ですが、インナーバレルを交換するだけでも実感が得られ、カスタムによってはサイレンサー取り付けも可能になります。

出典: http://www.wa-gunnet.co.jp/product_info.php?cPath=2&products_id=1456

エアガンでのベレッタ92

有名で人気は東京マルイ

エアガンでもいろいろなメーカーが出しているのですが、その中でもやはり東京マルイのM92Fは、ベレッタ92(エアガン)を語る上で外せません。エアガンの中では東京マルイのM92Fが最強と言っても過言ではありません。 なんといっても東京マルイが誇る耐久度と、その安定した実射性能です。筆者も複数所持しており、サバゲーでも使用しますが、なんといっても集弾率が高く、非常に正確な射撃が行えるのがもっとも評価の高い部分です。なによりもその携行性から、メインウェポンと併せて持ちたいハンドガンで常にトップをとり続け、サバゲーに持って行くと、M92Fから話が広がったりするほどのハンドガンです。

歴史あるベレッタといえば映画やアニメ!

バイオハザードなどのM9モデルもあります。

なんといっても緋弾のアリア!

ベレッタ92はとてつもなく有名な拳銃なので、ドラマや映画、アニメなどでも取り上げられるくらい有名なのだ。有名なのはダイハードシリーズでジョンマクレーンが使用していたり、アニメでは緋弾のアリアの主人公遠山キンジが使用しています。 大体アニメ系などで、使用される場合は基本、改造が施されている、キンジモデルとして、三点バースト機能がついたものだったり、ブラックラグーンでは主人公がM92FS Inoxを改造したソードカトラスを使用しているなど、改造して使用したりと、もとの拳銃の性能が高いからこそ併せてカスタムすることで、より最強の拳銃へとつながり、それだけベレッタ92が有名であり、最強の拳銃だと証明していると言えます。加えて廃莢のしやすさなどからベレッタ92は左利きの人に人気な拳銃でもあると言われていたりします。

出典: http://www.wa-gunnet.co.jp/product_info.php?cPath=2&products_id=748

特徴的なスライド部の美学

美しいとまで言えるフォルム

大きな特徴としてあげたスライド部分を大胆にカットした姿、そしてすっきりとしたハンマー部やグリップ部分、もはや芸術に等しい拳銃であることは一目瞭然です。その大胆かつスリムなフォルムはかっこいいとしか言いようがないですね、筆者も実銃を触ってみたいとは思うのですが、今はガスガンで我慢しています。ガスガンでもフレームや銃身に金属を使用しているものも多いため、非常に満足できるものもあります。 なによりも、92を構えるとミリタリーファンの心をくすぐる爽快さがあります。そのかっこいいベレッタ92が有名になり、そして最強と呼ばれるまでの歴史はもはや伝説級ですね。

ウェスタンアームズの遊戯銃は…。

ウェスタンアームズはベレッタ社の商標使用権を使用できるため、ほかのメーカーにはできないベレッタ92の刻印の細部までこだわった遊戯銃を作ることができるメーカーです、なので、ウェスタンアームズのガスガンを持つとベレッタ92をそのまま持っているかのような感覚を味わえます。実際に射撃をしてみたところ、反動も手になじみ、そして小回りがきくので屋内サバゲーで大変活躍しました。 やはり、性能の高いハンドガンは下手な電動ガンを買うよりも、小回りがきくのでおすすめです。ウェスタンアームズの遊戯銃はベレッタ社のミュージアム、博物館にも展示してあるそうなので、ベレッタ社のミュージアムにいく機会があれば是非とも見ていかれることをおすすめします。

ベレッタ92総まとめ

ベレッタ92の総評価

実銃でのベレッタ92(M9)の性能はこれまでの記事を読んでもらったように、とてつもない性能を持つ拳銃だと言うことが解っていただけたと思います。グリップの握りやすさ、そして反動、使用する弾による殺傷能力、様々な課題を乗り越えてきたベレッタ92ですが、途中スライド破損などトラブルもありました、ですが、それを差し引いたとしても補って余るほどの評価を受け、現在でも愛され続ける拳銃になったのです。 エアガンのベレッタ92も同様に使いやすさや見た目、そして反動など、ミリタリーファン心を掴んで離さないといった、銃本来の魅力が余すことなく詰まっています、実銃をさわりに海外へは行けないという方は、モデルガンやガスガンを購入されることをおすすめします。

出典: http://www.irasutoya.com/2017/03/blog-post_806.html

小さい物入れにも入るマガジンは、サバゲーに持って行く際も複数持って行くことができるので、ハンドガンを余すことなく使えます!!

ベレッタ92に死角などなし!

歴史を重ねるベレッタ92は、その歴史の中で培ってきた製法を受け継ぎ、様々なカスタムを施されながら、今に伝わっています、その歴史を垣間見ることで、最強となったことがお伝えできたかと思います。ベレッタ92はミリタリーファンなら誰もが知るほどの有名な拳銃です、M92は知ってても出自は知らないという方も多いので、今回の記事を見ていただければより、ベレッタ92が好きになることでしょう。 有名なベレッタ92の底なしの人気っぷりは実銃だけでなく、エアガンでも発揮されているので、よければ併せて調べてみるのも楽しいですね。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

2021年撃投ジグに新色登場!秋のオーナーばり新製品特集!

【製品紹介】ファイアツイン https://www.youtube.com/watch?v=3WM1rbflOeM&t=1s 【製品紹介】ファイアフック https://www.youtube.com...

Tピンの基本の使い方を解説✨パールピアスを作りながら!【100均ハンドメイド】

00:00 用意するもの 00:24 作り方 03:33 完成品 今回はTピンの基本の使い方を解説をご紹介しました! 材料 パールビーズ×4 Tピン×4 ピアス金具 ペンチ 丸ヤットコ Tピン...

19セルテートの耐久性は?1年過酷使用したセルテートはこうなります。

★軽くなりすぎ・・・シマノ21ツインパワーXDを買わないワケ。★ https://youtu.be/leptCkAwX8I ★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube....

【100均ハンドメイド】セリアの試験管で✨ハーバリウム試験管ネックレスの作り方!

00:00 用意するもの 00:38 作り方 02:54 完成品 今回は「セリアの試験管で作るハーバリウム試験管ネックレスの作り方」をご紹介しました! 材料 試験管ガラスドーム(セリア) チョー...

釣りのラジオ釣りラじ「ねぇ、知ってた?第49回」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ▼釣りラジをSpotifyで聴く!! https://open.spotify.c...