ナイトビジョンとは?世代ごとの特徴やサバゲー向きおすすめ3選をご紹介!のイメージ

ナイトビジョンとは?世代ごとの特徴やサバゲー向きおすすめ3選をご紹介!

ナイトビジョンとはなんなのか。そんなナイトビジョンの説明から、世代ごとに分けたそれぞれの特徴、そしてサバゲー向きのおすすめTOP3を紹介!ナイトビジョンを知りたい人も、サバゲーに活用したい人も、必見の記事となっております!

2018年08月17日更新

座織きたか
座織きたか
ライター業務はまだ不慣れですが、頑張ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ナイトビジョンとは?
  2. そもそも「眼」ってどんな風に物を見ているの?
  3. これらを踏まえて。ナイトビジョンとは一体。
  4. ナイトビジョンの世代について
  5. ナイトビジョン第0世代について
  6. ナイトビジョン第1世代について
  7. ナイトビジョン第2世代について
  8. ナイトビジョン第3世代について
  9. ナイトビジョンはサバゲーにも!
  10. ナイトビジョン、おすすめ3選!
  11. まとめ

ナイトビジョンとは?

出典: https://www.amazon.co.jp

ナイトビジョンって一体?

こんな感じの装備品かしら。

ナイトビジョンとは、簡潔に述べると「暗闇でも不自由なく物を見るための装置」です。 へぇそうなんだ、わかった……とはならないでしょう。

出典: http://www.ashinari.com

暗い……そう、夜は暗いです。

普通、闇夜は暗いものです。そんな中でもナイトビジョンを使えばものが見えるように……なんて言ってみても、おいそれと信じられるものではないでしょう。

ナイトビジョンの仕組み、また、ナイトビジョンとは一体どのような装置なのか。 それをこれから説明していこうと思います。

そもそも「眼」ってどんな風に物を見ているの?

こんな感じです。

いえ、別に説明を雑にするわけでも話が脱線するわけでもありません。 ナイトビジョンの装置がどのように働き、暗闇でものが見えるようになるのか。 それを説明する上で、人の目の仕組みというものも説明しなければいけません。

人の眼は、正面から入った光が、目の奥の部分に当たり、それが景色として認識されます。 とりあえず、ナイトビジョンという装置の説明をする上では、この知識のみがあれば十分でしょう。

出典: http://www.ashinari.com

ぴかー。

つまり、人間の目というものは光が無いと何も見えないのです。

光、と言っても、太陽や電灯などの光が直接目に入っているわけではありません。 ものに光が当たった際それが反射され、それが人の目に入っています。 ゲレンデなど、雪が敷き詰められているような場所では目が痛くなりますよね?あれは、雪に反射した光が目に入っているためそうなるのです。 虹が七色に見えるのも、太陽の光という白い光が空気中の水分で七色に分解されて目に入るため…おっと、ここまできたら話が脇道に反れていますね。この辺にしておきましょう。 とにもかくにも、暗いところでものが見えにくいのは、光が少ないからなのです。 光が少ないと、物に当たって返ってくる光も当然小さくなります。 そうすると当然、物もどんどん暗い色に見えてしまいますよね。それが極限まで行くと、すべてのものが黒色に見えるため、ものが見づらくなってしまうのです。

これらを踏まえて。ナイトビジョンとは一体。

出典: https://ja.wikipedia.org

ナイトビジョンでものを見た写真

こういう画像、一度は目にしたことがあるのでは無いでしょうか?

つまりナイトビジョンというのは、ものが反射する光をより見やすくするための装置なのです。意外と単純。 それでは、さらにナイトビジョンについて詳しく解説していきましょう。

ナイトビジョンの世代について

出典: http://www.irasutoya.com

世代……

ナイトビジョンおじいちゃん、ナイトビジョンおとうさん、ナイトビジョン息子、ナイトビジョン孫?

あながち間違っていないような気もします。 このナイトビジョンという装置自体は、元々軍事用に開発されたものでした。 暗いところでも戦うことができれば、相手の軍に勝つ可能性は格段と上がります。 そして、戦争という国対国の戦いの中や、暗闇での戦力として他国に負けない開発をするという流れの中で、ナイトビジョンという装置はより進化していきます。

出典: http://www.irasutoya.com

じつは人工衛星も軍事用だった?

人工衛星がここまで進化した理由も軍事利用。うーん、複雑な気持ち。

そして、ナイトビジョンの進化の歴史は大きく4つに分けられます。 第0世代…アクティブ方式。 第1世代…パッシブ方式に変更。 第2世代…より見やすく。 第3世代…高性能すぎてほとんどが輸出規制。

ナイトビジョン第0世代について

出典: https://www.photo-ac.com

ポチッとな

実はこの画像にヒントが

なぜこの世代のナイトビジョンは「第1」ではなく「第0」なのか。 その理由は、この装置の仕組みにあります。

目標の像を捉えるためには、こちらから光線を照射して、反射光を増強する必要があった。可視光を照射しては暗視装置の意味がないため、照射光としては近赤外線が用いられる。

漢字が多くてわかりづらいですね。

要するに、「暗いと見えないから光を当てたらいい。けれど目に見える光だと敵にバレてしまう。なので、目に見えない光を使おう」という意味です。 ですが、当然ここで疑問が。

見えない光なら、こっちも見えないじゃん

出典: https://www.amazon.co.jp

こちら、アクティブ方式を採用しているナイトビジョン。

二つの目の部分、その間にあるのが照射装置です。
この程度の小さな照射装置なら電池で動きます。

そうです。 なので、第0世代のナイトビジョンは「近赤外線照射装置」と「カメラやゴーグル等、不可視光線を見るツール」の二つがあって初めて成立します。 アクティブ方式、というのも、こちらから光を出してそれをみるので「アクティブ」なんですね。

第0世代→第1世代

この第0世代のナイトビジョン、実は二つの問題点がある為、開発が進むにつれて徐々に次世代のもの優先となり衰退して言ったのです。

その①バッテリーや部品が重たい

カメラ、ゴーグルという装置だけでなく、近赤外線照射装置も装備しなければ、この第0世代のナイトビジョンは意味をなしませんでした。 なので、このナイトビジョンを装備した兵士の行動の制限、立ち回りがしにくくなることは必須でしょう。

その②相手が同じ装置を使うと光が見えてしまう

近赤外線は可視光線ではないため、肉眼で見ることは出来ません。 しかし、相手も同じように近赤外線を見ることができる装置を持っていた場合は別です。 お互いに光を放っている状態であるため、暗闇で敵を見つける、という意味合いでのナイトビジョンの存在意義が消えてしまいます。 このようなデメリットから、第0世代は廃れていきました。

ナイトビジョン第1世代について

出典: http://www.ashinari.com

なんと、月の光さえあれば戦えるように。

第1世代となって大きく変わったポイントは、アクティブ式【本体側から光を照射する方式】から、パッシブ式【微弱な光を感知出来るようにする方式】に変わったところです。 第0世代の「肉眼に見えない光を見られるようにする」という考えを変えることによって、照射装置という第0世代のネックともなっていた要素を払拭したのです。

第1世代からは、僅かな可視光線を増幅させてものを見られるようにする装置となっています。 第0世代のときにあった、照射装置が見つけられやすいという点も解消されているため、より夜の野外での作戦行動に適したものになりました。

第1世代のメリット

なんと言っても、アクティブ式の装置からパッシブ式の装置に変更されたことによる、索敵されにくくなった点が大きなメリットでしょう。

同じ型のナイトビジョンを使っているものに見られて見つかることもなく、余計なバッテリーや照射装置を持つ必要もないので、より撃ち合いに向いたものとなっています。 月の光や星の光のみしか明かりがなくとも、その光を増幅することによって景色を視認することができます。

第1世代→第2世代

第1世代から第2世代にかけての進化は、見やすくなった、の一言に尽きるでしょう。 第1世代では、月の光ほどの明かりが必要、なおかつ、視認距離は100m程度の性能でした。 ですが、第2世代では、月の光では2,700m、星の光でも1,500m程度先が見えるほどの性能に進化しました。 100mは走って14秒程度かかる距離、 1,500mは歴代最速の陸上選手でも走って3分半かかる距離、 2,700mは、あまり良い比較対象が見つかりませんでしたが、1,800億円かけて建設された滑走路が同じ程度の距離です。 月さえ出ていれば滑走路の端から端までが見える、と考えたら、とてつもない進化ですね。

ナイトビジョン第2世代について

第2世代では前述の大きな進化を遂げ、非常に使い勝手や性能が良くなりました。 しかし、視認距離が増えた性能の上でのメリットはありましたが、デメリットもありました。

動くものに向いていない

出典: http://www.irasutoya.com

戦場で走っているものといえばこれ

戦車など、高速で動くものに対する結像能力が低く、それらを対象とした照準用には向いていませんでした。

第2世代→第3世代

第2世代から第3世代にかけては、性能が向上したという点が大きな進化です。 他にも、第2世代の時とは違い、パッシブ遠赤外線方式を併用している機種が開発された世代でもあります。

ナイトビジョン第3世代について

ちょっと待って!そもそもパッシブ遠赤外線方式ってなんです!

出典: http://www.ashinari.com

熱源が見えます。

テレビで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

パッシブ遠赤外線方式、サーモグラフィーと言えばわかりやすいでしょうか。 対象の温度を利用して見る、というのがパッシブ遠赤外線方式のナイトビジョンとなります。 確かに温度は明るさと直接は余り関係ありませんし、画期的ですね。

そこも踏まえて

第2世代から第3世代は、どれほど進化したのでしょうか。 単純に性能がどれだけ良くなっているのでしょうか。 光増幅率は30,000倍から50,000倍に、有効視認距離も25%ほど上昇しています。 2,700mは3,375mに。堂々と暗闇の中で優位を取ることの出来る性能になりました。 そして、このサーモグラフィー機能は、パッシブ式の大きなデメリットをカバーしているのです。

アクティブ>パッシブ な部分。

前述の部分まででは、パッシブ方式の性能がアクティブ方式の性能を明らかに上回っているように思います。 ですが、アクティブ方式の装置の方が優れている点があるのも確かです。 現在サバゲーで使用されるナイトビジョンでも、イルミネーターと呼ばれる装置を搭載した、アクティブ方式と併用可能なものが多いです。

パッシブはあくまで「光の増幅」

光の増幅で物を見る方式のため、洞窟やトンネル、完全に光のない空間では物を見ることが出来ません。 また、パッシブ方式の装置はアクティブ方式のものと違い、天候に性能が左右されやすいので、安定性能にも欠けます。

ところが

出典: http://www.irasutoya.com

高性能すぎるがためのデメリット。

前述のとおり、第3世代は基本的に購入が不可能です。 購入が不可能と言われてしまうと、第3世代のナイトビジョンを使えばどんな景色が見られるか、気になりますね。 まあ不可能なのですが。

ナイトビジョンはサバゲーにも!

サバゲーというものはそもそも、銃撃戦を模したアクティビティです。 ですので、夜戦というものが存在していてもおかしくありません。 ある意味「夜サバゲー」が行われる、というのも当たり前なのかもしれませんね。

どんなものが使われるの?

カメラ型やゴーグル型など様々な形のものが存在しているナイトビジョン。 果たして、サバゲーではどのようなものが使われているのでしょうか?

①ヘッドマウントタイプ

出典: https://www.amazon.co.jp

まさに「ヘッド」に「マウント」しています。

頭につけ、ゴーグルのようなスタイルで使用できるヘッドマウント型のナイトビジョン。 これは、両手がフリーになるだけでなく、大きな装備品にもならないので、サバゲー向きと言えるでしょう。 片目で使用するタイプ、両目で使用するタイプがありますが、今はどれも基本的にイルミネーターが付属しています。

②カメラタイプ

出典: https://www.amazon.co.jp

単眼鏡、という言い方をされることもあります。

手持ちのハンディカメラのように使えるナイトビジョン。 頭につけるための小型化などはされておらず、この記事で説明するものの中で、ナイトビジョンとしての性能は一番高いのではないでしょうか? こちらも、現在ではイルミネーターが付属しており多様な方式になっているものがほとんどです。

③スコープタイプ

出典: https://www.amazon.co.jp

スナイパーライフルの上についているのをイメージすると分かりやすいでしょうか。

カメラでもゴーグルでもない、銃に取り付けて使用するタイプ。 のぞいて使用する銃に取り付けるものなので基本的に中型から大型の銃がほとんどです。 また、イルミネーター内蔵のものも多いです。レーザーポインタに近しい物を感じます。 まさに銃撃戦のために開発されたと言わんばかりのナイトビジョン。 見た目もカッコ良いものです。

ナイトビジョン、おすすめ3選!

イルミネーターの搭載、カメラ型やゴーグル型での使いやすさの差、性能差など、様々な面から分析し、どのナイトビジョンがおすすめなのか。 それを紹介していきたいと思います!

その①PULSAR ナイトビジョン

PULSAR ナイトビジョン CHALLENGER G2+HM−KIT(G2HMKIT)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ヘッドマウント型、ゴーグルような形のナイトビジョンです。 また、イルミネーター内臓型です。 やはり、銃を操作しながらも、並行してナイトビジョンを使用できるのは大きなメリットでしょう。 また、Amazon様の方でも、性能の好き嫌いが分かれるサバゲー用品ありながら堂々の星4.5。 さらには、星3以下のレビューが存在しないという堂々の評価。 これはおすすめするべきでしょう。

その② 4X32LER

出典: https://www.amazon.co.jp

4X32LER

スコープ型、銃の上にマウントするタイプのナイトビジョンです。イルミネーターは付いておりません。 サバゲーで一番精度の求められる部分というと、やはり対象を狙うときになるでしょう。 そんな時にこのナイトビジョンがあれば安心でしょう。 他のナイトビジョンに比べてかなり安価ですし、夜戦に挑戦してみたい!という人はこのナイトビジョンを使用してみてもいいですね。

その③ Night Owl Night Vision Tactical Goggles

Night Owl Night Vision Tactical Goggles ナイトビジョン タクティカル ゴーグル(並行輸入品)

和訳すると、「夜のフクロウ」、かっこいいですね。

Amazonで詳細を見る

こちらもヘッドマウント型です。イルミネーター内臓型です。 また、Amazon様で購入できる両目型ヘッドマウント型のナイトビジョンの中では最安値の物です。 カメラ型と違い、まさにゴーグルといった形。 片目よりも両目の方がより安定した見え方が確保できますし、こちらもおすすめです。

まとめ

出典: http://www.ashinari.com

こんな暗闇でも……

誰かが夜戦をしているかもしれません。

暗いところ、普段と違う環境でのサバゲー、憧れますよね。 そんなドキドキを味わえるツール、ナイトビジョン。 この記事を機に、ナイトビジョンを知り、そして夜戦というものに興味を持っていただければと思います。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ