サバゲーとは?サバイバルゲームの魅力・楽しさをご紹介!のイメージ

サバゲーとは?サバイバルゲームの魅力・楽しさをご紹介!

サバゲーって何をするものなの? 道具や服装ってどうしたらいいの? 専用の競技場とかがあるの? 今回は、そんな「サバゲーに興味はあるけど、具体的な知識が何もない」という方へ、ノウハウや必要な知識、おすすめ装備等、サバゲーの楽しさを紹介します!

2018年09月11日更新

くまこ
くまこ
サバゲーとDIYが得意分野です。サバゲーでは初心者の方にもその楽しさ・面白さが伝わるよう、写真を豊富に分かりやすい記事作りを目指しています。DIYでは日常生活がちょっとでも楽しくなるようなヒントを与えられるよう、読んでいて面白いと思える記事作りを心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. サバゲーってどんなもの?
  2. サバゲーは楽しい!やってみて味わえる、あんな気持ちこんな気持ち
  3. サバゲーをするのに最低限必要な装備品
  4. サバゲー必需品!おすすめ装備の紹介
  5. サバゲーをするのにおすすめの服装
  6. サバゲーで使う銃の種類
  7. サバゲー初心者におすすめのエアソフトガン
  8. サバゲーフィールドへ行ってみよう
  9. サバゲーフィールドの種類
  10. サバゲーフィールド定例会へ参加してみよう!
  11. 定例会には一人でも参加できるの?
  12. 定例会はサバゲー初心者でも行っていいの?
  13. サバゲーフィールドでのゲームの種類
  14. サバゲーフィールドで気を付けるべきこと
  15. まとめ

サバゲーってどんなもの?

サバイバルゲーム、通称「サバゲー」。 その単語を耳にしたことはあるものの、どんな内容のものなのかイマイチよく分からない。 そんな方のために、まずはざっくりとサバゲーのことを紹介します。

エアソフトガンで撃ち合う!

サバゲーはエアソフトガンと呼ばれる玩具の銃でBB弾を撃ち合う遊びです。 サバゲーで使用されるBB弾は「バイオ弾」といって、時間の経過とともに土に返る性質をもった環境にやさしい素材でできています。

アスレチック要素もあるスポーツ

野球やサッカーなどのスポーツがそうであるように、サバゲーにも専用の遊技場があります。 それがサバゲーフィールドです。 フィールドの多くは森林や山などの自然環境に造られており、中には起伏の激しいマップが設定されている所も。 そんな中、銃を抱えて走ったりよじ登ったり潜り込んだり…と、アスレチックさながらの動きもするのがサバゲーです。

意外と頭も使う遊び

始めて訪れるフィールドはもちろんのこと、通い慣れたフィールドでも戦況によってはどう進行方向を取るかで悩むことがあります。 味方との連携や、相手チームの攻めてくる方向を考えつつ、有効な進路はどこかを考えて目的地まで進む必要があるため、サバゲーでは頭も使います。

紳士・淑女の嗜みなのです

弾が当たったら死亡判定、その時点でフィールドから退場、というのがサバゲーのルールです。 しかしながらその死亡判定は、なんと自己申告制なのです。 だからと言って、弾が当たっても知らんぷりしていてはゲームが成り立ちません。 死亡判定は正直に、というルールをしっかり守って遊ぶのがサバゲーのマナーです。 それゆえ、サバゲーは紳士・淑女の嗜みとも言えます。

サバゲーは楽しい!やってみて味わえる、あんな気持ちこんな気持ち

銃を撃ち合うなんて危ない遊びじゃないのかな、と思っている方。 最初は確かにおっかなびっくりですが、やっているうちにどんどん楽しくなってきてハマってしまうのがサバゲーの不思議なところです。 サバゲーには怖い、痛い、といった気持ちなんて吹っ飛ぶような魅力がたくさんあります。

非日常感から自ずとテンションが上がる!

迷彩服を着て銃を持って、知らない人同士で撃ち合って…なんて、普通の生活をしていたら絶対にないシチュエーションですよね。 そんな非日常感を味わえるのも、サバゲーの魅力のひとつです。

フィールドを走り回る爽快感

仕事やアルバイト、勉強ばかりで運動不足の方、いませんか? サバゲーは動き回る遊びのため、非常に良い運動になります。 味方と一緒に攻めていくとき、相チームから逃げる時、フィールドを駆け巡るうちにアドレナリンが出て何とも言えないわくわく感が湧いてきます。 日常にはない風景の中を走り回る爽快感は、ぜひ一度味わってほしい感覚です。

撃つか、撃たれるか!?の緊張感

生きるか死ぬかの緊張感を味わえる、これぞサバゲーの醍醐味です。 今この場を守っているのは自分一人… ガードになるのは目の前の薄い木の板だけ… 十数メートル先には敵の影が…! この危機を逃れるにはどうすべきか、一人でこの戦局を乗り切るにはどう動くか…等々、 考えている時のどきどき感を楽しむのもサバゲーです。

サバゲーをするのに最低限必要な装備品

どんな遊びやスポーツにも、道具が必要ですね。 サバゲーでも同じく、プレイするのに必要不可欠なものが何点かあります。 最低限これがないとサバゲーができない! という、おすすめ&推奨の装備を紹介します。

エアソフトガン

サバゲーはエアソフトガンを撃ち合う遊びです。 そのため、これがないことにはサバゲーはできません。 エアソフトガンの価格は銃の種類によってピンキリですが、おおよその価格帯は\15,000~150,000です。 高いな!というのが正直な感想だと思いますので、まずはサバゲーフィールドのレンタル銃を使ってみても良いでしょう。 多くのサバゲーフィールドでは、初心者や手ぶら参加希望者のために銃や装備品のレンタルサービスを行っています。 サービスを利用して、実際にエアソフトガンに触れてみてから購入するかどうかを決めてもOKです。 また、サバゲーグッズやエアソフトガンを販売しているお店の中には試し撃ちができる所もあります。 お店の方にお願いして、積極的にそういったサービスを活用してみましょう。 高い買い物になりますので、じっくり選んでお気に入りの一丁を見つけてみてください。

フェイスガード

サバゲーに必須の装備品として、フェイスガードやフェイスマスクがあります。 理由はただ一つ、安全に楽しく遊ぶためです。 BB弾の飛んでくるスピードは、目には見えるものの当たるとそれなりに痛いです。 また、当たる場所や相手との距離によっては血が出ることもあります。 それが目に当たったらと考えると…怖いですよね。 そのため、サバゲーをする時は絶対に顔や目を守るものがないといけません。 フェイスガードは必ず用意しましょう。

動きやすい服装と靴

サバゲーでは迷彩服を着てタクティカルブーツを履いてプレイしなければいけないのか、というとそうではありません。 確かにフィールドへ行くと迷彩服装備の方がほとんどですが、実際、服装は何でもOKです。 極端な話をすると、ジャージに運動靴で参戦している人もいたりします。 慣れないうちは、動きやすい服装でゲームに参加するのがおすすめです。

サバゲー必需品!おすすめ装備の紹介

やるからには装備をしっかり揃えたい! まずは形から入るタイプ! という方。 具体的にはどんな装備を揃えたら良いのかを紹介します。

フェイスガードorゴーグル

こちらは必需装備品ですので、絶対に用意してください。 フェイスガードは顔全体を覆えるマスク型のもので、目の部分がメッシュ素材になっています。 ゴーグルは眼の部分だけ覆うタイプの装備で、潜水ゴーグルのような形だったりサングラスのような物だったりと、色や形状は様々です。

ダンプポーチ

弾を撃ち切った空のマガジンを収納するための装備です。 スムーズなマガジン交換のためにも、装備していると便利なアイテムです。

ベストorチェストリグ

ベストは着用することで予備のマガジンや無線機、ホルスター等必要な物を装備できます。 大抵のベストはポーチやポケットを追加することが可能で、自分の使い易いようにアレンジすることができます。 チェストリグは予備マガジンポーチのみがついた簡易な装備ですが、手軽に着用できるので便利です。

帽子

飛んでくるBB弾、日差しや雨、はたまた茂みの中の蜘蛛の巣から頭を守るのに必要です。 キャップやブーニーハット、ニット帽等々、服装や装備に合わせて好きなものを選んでみてください。

グローブ

銃を持つ手の滑り止めや、転んだ時の手の保護のために装備します。 ホームセンターで売っている作業用手袋で十分です。

サバゲーをするのにおすすめの服装

サバゲーをするのに適した服装はどんなものか? 多くのサバゲーマーは迷彩服でプレイしていますが、 「絶対にこの服装でないとダメ!」 といった決まりは特にありません。 自分の好きな格好、自由な服装で遊べるのもサバゲーの特徴です。

汚れても良い、動きやすい服装と靴

おすすめなのは、汚れを気にせずにすむ動きやすい服装です。 屋外フィールドは大概自然環境の中にあるため、泥汚れや砂埃と共に戦うことになります。 ・初めてのサバゲー参戦で迷彩服を持っていない ・フィールドの装備品レンタルサービスの中に服装がない などの場合は、汚れても良い服装をチョイスしましょう。

長袖&長ズボンがおすすめ

サバゲーでは動きやすい服装が推奨だからといって、Tシャツに短パンといったようなラフな服装で参加するのは避けましょう。 地面に這いつくばったり、茂みの中にに身を隠したりといったシーンがあるため、怪我や虫刺され等から身を守るためにも肌の露出は極力控えた服装が無難です。

サバゲーで使う銃の種類

サバゲーで使用されるエアソフトガンは、電動ガン、エアコッキングガン、ガスガンの3種類があります。 それぞれの特徴を大まかに紹介します。

電動ガン

充電したバッテリーを装着し、その電力で動かす仕組みのエアソフトガンです。 サバゲーの主流装備であり、サバゲーマーのほとんどが電動ガンを利用しています。 手に入りやすく、カスタムパーツも豊富なのが一番の特徴です。

ガスガン

マガジンにガスを注入し、その圧力を利用して弾を出す仕組みになっています。 適度な衝撃で、本物の銃を撃っているような感覚が得られて面白いです。

エアコッキングガン

銃のレバーやスライドを引くことで空気圧を生じさせ、それを利用して弾を飛ばす仕組みになっているのがエアコッキングガンです。 安定した弾の速度と威力が得られ、難しい調整も特に不要、何より電動ガンやガスガンと比べて価格が安い、といった特徴を持ちます。

サバゲー初心者におすすめのエアソフトガン

エアソフトガンには種類がたくさんあって、初心者の立場ではどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。 そこで、サバゲー初心者におすすめのエアソフトガンを簡単に紹介します。

主流の装備スタンスは、メイン武器+サブ武器を各1丁所持

サバゲーマーの装備スタイルとしては、 ・メイン武器にアサルトライフルorサブマシンガンを装備 ・サブ武器としてハンドガンを装備 というスタンスが主流です。 たくさん撃てて距離も飛ばせるアサルトライフルorサブマシンガンをメインに利用します。 そして、万が一弾切れになってしまった時や、ゲーム中にメイン武器の故障が起きた時のために予備としてハンドガンを所持しておく、というスタイルです。 初心者のうちは無理に銃を購入する必要はありませんが、多くのサバゲーマーはこのスタンスで銃を揃えているということを参考までに知っておくといいでしょう。

メイン武器は電動ガンがおすすめ

メイン武器に電動ガンをおすすめするのは、 ・取扱いや準備、手入れが簡単 ・弾数をたくさん装備できる ・市場に多く出回っているため、マガジンやサイト等の予備パーツが手に入りやすい という理由があります。

サブ武器でガスハンドガンを装備

サブ武器にはガスガンのハンドガンがおすすめです。 理由としては、 ・トリガーを引いてからBB弾が出るまでの反応が良く、咄嗟の場面での対応が可能 ・ブローバックの動きや衝撃で、銃のリアル感覚を楽しめる などがあります。

サバゲーフィールドへ行ってみよう

世のサバゲーマーたちのためにサバゲーが楽しめる場所を提供してくれているのが、サバゲーフィールドです。 サバゲーフィールドとはどのような所なのかを簡単に紹介します。

サバゲーフィールドの選び方

インターネットで 「サバゲーフィールド 〇〇県」 などと検索すると、その地域のサバゲーフィールドのHPなどがヒットします。 各HP上にはフィールドの特徴やゲーム参加費、交通アクセスなどの情報が掲載されていますので、気になった所を自由に選んで訪ねてみましょう。

サバゲーフィールドの種類

サバゲーフィールドには、アウトドアタイプとインドアタイプの2種類があります。 どちらにも面白い要素がたくさんありますので、気になるタイプのフィールドへぜひ行ってみてください。 それぞれの特徴をおおまかに紹介します。

アウトドア(屋外)フィールド

森林や竹林、山の中に構えられたフィールドです。 多くのサバゲーフィールドはこのタイプになっています。 地形やバリケードの位置等、各サバゲーフィールドによって創意工夫がされており、フィールドの特色が分かりやすいのがアウトドアフィールドです。

インドア(屋内)フィールド

出典: http://asobiba-tokyo.com

建物の中に設けられたサバゲーフィールドで、商業施設の一角を利用しているタイプから廃屋丸々一戸建てをフィールドに改造しているものまで、多種多様です。 室内ゲームのため、相手との距離が近い、死角が多く緊張感が増す、といった特徴があります。

サバゲーフィールド定例会へ参加してみよう!

サバゲーフィールドでは、土日祝日などに定例会を開催しています。 装備が一式そろって、心の準備もできたら、定例会に参加してサバゲーデビューしてみましょう。

定例会とは?

誰もが自由に参加できる、サバゲーを楽しむ会合のことを定例会と呼びます。 その日にフィールドへ集まった人たち同士で一緒にサバゲーをします。 ゲームの進行や時間のカウントなどは、フィールドのスタッフが仕切ってくれます。 大抵のサバゲーフィールドは休日に定例会を開催しているので、気軽に参加してみましょう。

定例会には一人でも参加できるの?

特にチームやグループに所属しているでもなく、友達の付き添いもない… 一人でフィールドに行っても大丈夫かな…? そんな心配は無用です。 定例会には一人で参加しても全く問題ありません。

定例会は一人で参加してもOK!

定例会では、一般的にはフィールドへ行くとまずその日の参加者たちが半数ずつに分けられます。 そうして作られた大きな2チーム同士で対戦する形でゲームが進行していきます。 そのため、一人でフィールドへ行ったとしても必然的に味方ができるので、何の心配もいりません。

一人参加だけど…一人じゃない!

初めて会った人同士で一緒にゲームなんて緊張するな… と思うかもしれませんが、相手の方向や進む方角などの声かけが自然と出てくるのがサバゲーの不思議なところ。 ゲーム後のセーフティエリアで 「お疲れさまでした!さっきはサポートありがとうございました!」 とか 「惜しかったですね、もう少しであそこの敵を倒せたんですが…」 といった会話も出てきたりします。 知らない人同士でも、いつの間にか一緒に楽しく夢中になれる。 それもサバゲーの素敵なところです。 来た時は一人だったとしても、ゲームでの味方はたくさんいるので、 安心してゲームに参加できます。

定例会はサバゲー初心者でも行っていいの?

定例会は、初心者でも自由に参加できる場です。 積極的に足を運んで、サバゲーに慣れていきましょう。

初心者向けサービスがあるフィールドも

フィールドによっては、初心者向けのサービスを展開している場所もあります。 参加費と装備品レンタル料がセットになった、お得なパック料金で定例会に参加できたり、中には無料で初心者講習会を開いてくれたりするフィールドも。 いろんなフィールドのHPをチェックして、初心者向けサービスを見つけたら利用してみるのも良いでしょう。

サバゲーフィールドでのゲームの種類

サバゲーには様々なゲームミッションがあります。 定例会で主に行われるゲーム内容を、簡単に紹介します。

復活戦

撃たれたら死亡判定、そこでゲーム終了、というのが一般的なサバゲーのルールです。 が、復活戦に関しては制限時間内であれば何度でもゲームに参戦できるルールとなっています。 撃たれたら復活ポイント地点まで戻り、そこから再度参戦。 最終的に死亡した延べ人数を比較して、少なかった方のチームが勝利、というルールが復活戦です。

フラッグ戦

フラッグ戦は最も主流のミッションです。 相手チームの守るフラッグ(旗やポイント地点)まで進攻して行き、それを落とせば勝利というルールのゲームになっています。 制限時間もある中、行く手を阻む相手からの狙撃を潜り抜け目的地まで到達し、フラッグダウンに漕ぎ着けたときの感動は一度でいいから味わってほしいものです。

撃ち方制限ありのルール戦

セミオート射撃限定、マガジン内の弾数制限〇発まで、といった風に、 撃ち方や装備に制限を設けて行うゲームもあります。 限られた条件下でいかに多くのヒットを取るか、考えながらのゲームになるので面白いです。

サバゲーフィールドで気を付けるべきこと

一歩間違えると怪我の元にもなるサバゲー。 安全に楽しく遊ぶためには着意すべきルールがもちろんあります。 初心者にはぜひ知っていてほしいことを、簡単にですが説明します。

ヒットコールは大きな声で叫ぶこと!

ヒットコールとは、弾が当たった時に大きな声で 「ヒット!」 と叫ぶことです。 ヒットコールは、自己申告制の上でゲームが成り立つサバゲーならではのルール。 弾が当たったら声を高らかに「私は死亡判定です」アピールをしましょう。 距離の離れた相手からはこちらの被弾状況が見えないため、ヒットコールがないといつまでも撃ってきます。 必要以上に撃たれないためにも、ヒットコールはしっかりと叫びましょう。

フィールドのルールをきちんと理解しておこう

定例会ではゲーム開始前にミーティングが開催されます。 その時に、ゲームのルールやフィールド内での注意事項のアナウンスがあります。 安全に遊ぶためにもこれらをよく聞いて、きちんと守るようにしましょう。

マナーを守ろう

サバゲーマーとしてのみならず、人としてマナーを守ることは大切です。 ・フィールドのルールを守る ・フィールドスタッフの指示に従う ・周囲の参加者に迷惑になるような言動はとらない 等、マナー意識をもってゲームに参加しましょう。

まとめ

今回はサバゲーとは何たるものかをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 気に入った銃、好きな装備を選べて、自分なりのペースでゲームに参戦して… 一人一人違う楽しみ方ができるのも、サバゲーの魅力です。 この記事が少しでもサバゲーを始めるきっかけになれたら嬉しいです。 ぜひ、安全で楽しいサバゲーライフを送ってみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ