サバゲーのコスプレ装備まとめ!自分なりのスタイルで楽しもう!のイメージ

サバゲーのコスプレ装備まとめ!自分なりのスタイルで楽しもう!

サバゲーは、ゲームや映画に入ったかのような深い臨場感を味わえる「コスプレの場」でもあります。 是非、好きなキャラや映画の主人公にになりきってサバゲーに参加してみてはどうでしょうか。 コスプレといっても、コストがかからないものもたくさんありますよ。

2019年10月28日更新

sdfdd25
sdfdd25
エアガン・サバゲーカテゴリでライティングしています。主に現代戦に関して、詳しく掘り下げる記事を書いていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「自衛隊」「米軍」「ロシア軍」など、メジャーなサバゲーコスプレは除く
  2. PMC・LE装備
  3. PMC・LE風のサバゲーコスプレ
  4. the Division風サバゲーコスプレ
  5. 「正義の味方」の反対側のファッション
  6. 「ゲリラ」という存在について
  7. テロリスト風サバゲーコスプレ
  8. ギャング風サバゲーコスプレ
  9. マフィア風のサバゲーコスプレ
  10. まとめ

「自衛隊」「米軍」「ロシア軍」など、メジャーなサバゲーコスプレは除く

jgsdf_prさんの投稿
19533979 307114036407305 7113541198907703296 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

画像はCOD:MW2のスクリーンショットです。

まず最初に、今回ご紹介する装備、サバゲーファッション、スタイルは、米軍や自衛隊、SWATなど、メジャーな物は取り扱いません。 自衛隊や米軍装備は、オーソドックスですが小物類が多く、意外に難しいものです。 もちろん、最低限の装備で済ませたり、あらゆるもので代用して作るというのも可能ですが、突き詰めると非常にコストがかかります。 そこで今回ご紹介するのは、割と誰でも簡単にでき、個人的にカッコイイと思うものをご紹介していきます。 「私服に近くてカッコイイ装備」は意外にもたくさんありますよ。

PMC・LE装備

drugenforcementさんの投稿
1530818 225013674347139 388982867 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

画像はおそらくDEA(麻薬取締局)の突入風景です。 一番簡単にできてカッコイイものが、PMC、LEを模した装備です。 PMCとはプライベートミリタリーカンパニーの略で、民間で軍隊のような仕事をするという一つの企業のことです。 まさに現代の傭兵的な存在で、「戦争屋」と呼ぶにふさわしい集団です。 最近ではPSCと言い、その国の持つ軍隊などでは賄えないような大がかりな警護をするために雇うとか、非公式で敵に悟られないように隠密に警護するなど、警備会社的な働きもします。 また日本の有名な警備会社のように、民間人の警備、一般人の家の警備を請け負うというところもあります。 そしてもう一つ、LEはLawEnforcementの略で、警察などの法執行機関のことを指します。 警察はバッジと銃だけを持つ完全な私服、もしくは警棒や無線やテーザーガンなども持つ制服のどちらかがほとんど、州兵は軍のようなガッチリとした軍装備がメインですが、サバゲーでおすすめなのはDEAやFBIなどを模したスタイルです。

PMC・LE風のサバゲーコスプレ

mpointさんの投稿
11939635 1641189442832038 356094382 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

PMCやLEを模したスタイルは、画像のようなものです。 普段着ている服の上に、プレートキャリア(マガジンなどが入るベスト)を着るだけで完成です。 お好みでDEAやFBIのワッペンを貼ってもいいです。 たったこれだけで完成です。 前項のDEAはジーパンの上にベストを着ていますが、本当にお手軽に、カッコイイファッションができるのです。 もちろん、あまりファッション性を気にしすぎたり、窮屈な服を着たりすると、今度は動きにくいという問題が出ますので考え物ですが、それでも非常に簡単にできます。 人それぞれの好みが出て、自由度も高く、この服装に似合わないエアガンも全くありません。 サバゲーの第一歩としてこれ以上ないほどの簡単な装備です。 (ただし、あまりに薄着だと当たった時に痛みが強いですので、注意してください。) このPMC、lEスタイルの変形として、これからの季節に個人的にお勧めしたいのがthe Divisionスタイルの装備です。

the Division風サバゲーコスプレ

the divisionとは、Tom Clancy's The Divisionというゲームのことです。 致死性のウイルスにより、廃墟と化したニューヨークの中で、プレイヤーはdivisionという特殊な機関に属するエージェントとして、ニューヨークの中を歩き回ります。 このプレイヤーは、なんと普段は普通の日常生活を送る一般人なのです。 一般市民から選抜され、特殊な訓練を受け、「何らかの有事の際に」軍などの政府機関が駆けつけるよりもいち早く事態の収拾に務めるのが任務です。 エージェントの見分け方は専用のスマートウォッチとインカムだけで、あとの服装などはとても自由に決められます。 このdivisionの時代は冬の、雪が降るニューヨークで、服装は基本的にダウンジャケットなどが基本になっています。

moriyakunitukamiさんの投稿
13099049 229974810697255 1356148539 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

自分がお勧めしたいのは、まさにこの画像の、このような服装でのサバゲーです。 これからの季節は冷え込みますが、通常の米軍装備などではとても寒いと思います。 ヒートテックなどを着込んでも、動いて汗をかくため余計に冷えてしまいます。 しかし、これなら普段のジャケットなどを活用できますので、とっても簡単にできます。 division、PMC、LEスタイルの装備は、簡単にカッコイイ感じを出すことができ、ファッション性もある、「正義の味方側」のスタイルとしてとっても便利だと思います。 東北や北海道など、寒い地方に住んでいる方なら簡単に、このようなカッコイイスタイルができます。

Division風サバゲーコスプレの欠点

欠点はやはり、プレートキャリアが無いという点です。 ワンショルダーのリュックや普通のリュックに装備を詰め込んでいるため、プレートキャリアにマガジンを詰めるということができません。 唯一、ホルスター類は太ももについているため、サブウェポンの運用は可能です。 divisionのグラフィック上、ベストのようなものは着ていますが、扱いとしてはアーマーとなり、立体感もないため、マガジンなどを入れるのはリアルな感じがなくなるため、これが欠点と言えば欠点になります。 もちろん、気にせずに堂々とダウンの中にプレートキャリアを着込んでも大丈夫です。 もう一つの欠点は、サバゲーに使えるジャケットなどない、というものだと思います。 フィールドによっては狭く、木の枝などが生い茂る中を歩かなければならない、というところもあります。 そこを安手のダウンなどで歩けば、簡単にひっかき傷ができたり、破けたりする可能性もあります。 その場合には、やはり動きやすく、スマートなものを着るのが賢明です。 普通に使えばもっと持ったのに・・・。と後悔しないような物を着ていきましょう。

「正義の味方」の反対側のファッション

画像はPAYDAY 2とCS:GOです。 これまではいわゆる「正義の味方」の装備をまとめていきました。 様々な仕事があるPMCはともかく、LEはれっきとした政府機関であり、特にアメリカにおいてなくてはならない存在です。 ここからは、そのような治安維持に動く機関に真っ向から歯向かい、激しく戦闘を繰り広げたがる側の装備をご紹介していきます。 それは「テロリスト」「ギャング」「マフィア」の装備です。

「ゲリラ」という存在について

サバゲーにおいて「ゲリラ」と言えば、ゲリラリラが有名だと思います。 リーダーのボスゲリラは、目出し帽をかぶって強盗やテロリストのようなスタイルで知られる、サバゲー界の重鎮、最古参の一人というような存在です。 簡単に言えば、ゲリラ装備は、基本的に見た目ではPMCやLEとさほど変わりません。 黒いゴーグルや目出し帽などをかぶり、黒を基調にして好きなように装備を身に着ければ、あっという間に悪い側の人間に見えます。 逆に言えば、そこにバッジやワッペンなどをつければ一気にLEっぽく見えます。 ここではもっと深く、まさにコスプレファッションのような、尖ったものをご紹介していきます。 簡単に真似できるものから、真似できないものまで様々ありますので、是非見てみてください。 個人的に、とってもカッコイイと思うものだけをご紹介いたします。

テロリスト風サバゲーコスプレ

doturduさんの投稿
21689187 125545191364967 1366213347212525568 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

まずやはり、触れておかなければならないのは「テロリスト風」のファッションです。 現代戦において最も有名なテロリストに、アルカイダとisilがあります。 isilはもとはアルカイダのグループの一つだったため、装備もAKなどのような「いかにも」なものが大半でした。 しかし、イラク軍や米軍などとの戦闘の激化で鹵獲した装備が増えたり、欧米からの志願兵が急増した影響などにより、装備が一気に近代化しました。 銃はM4はもちろん、M249などの軽機関銃、さらにはいくつかの基地の制圧にも成功したため、アメリカ製のハンヴィーなども乗るようになったのです。 ですので、言ってしまえばこのテロリストスタイルのファッションも、簡単にできます。 テロリスト風の装備で一番忘れてはならないのは、画像のようなシュマグ、アフガンストールです。 見た目の通り、砂ぼこりが入らないように守るためのものですが、サバゲーにおいて弱点だった、顔部分の迷彩ができるため、おしゃれでありながら非常に高い実用性を持つ、凄いアイテムになります。 これでドラグノフやRPKやAKのようなライフルを持てば、まさしく「テロリスト」そのものです。 もちろん、近代兵器を持って全身真っ黒にしてIS風にするのもおすすめです。 その場合でも、黒いシュマグがあると良いかと思います。 テロリスト風のは、簡単にできる物の一つです。 ここでもう一つ、これよりももっと簡単にできるものをご紹介いたします。

ギャング風サバゲーコスプレ

画像はGTA5です。 サバゲーという場に似つかわしくなくても、銃というものにはピッタリなのが、「ギャング」という集団です。 ギャングはカラーギャングやバイカーギャング、ストリートギャングなど、様々ありますが、細かく分けられてはいません。 ここで言うギャングとは単に、銃を持って暴れる集団、と考えて問題ありません。 アメリカでも、「ギャング」というのは単純に「若い不良」を指す言葉とされています。 銃を持つ理由は単純に、その集団においての軍事力を表すためです。 大量の武器と兵隊があれば、その集団に逆らうものはいません。 そこで駆けつけるのが、各法執行機関です。 真っ当な道を歩ませるように更生の手助けをしたり、その活動資金の元となりやすい麻薬を取り締まるなどを、政府が行います。 これはその敵側の服装、となるわけです。 これが最も簡単にできる理由は、画像を見てもわかる通り、普通のパーカーズボンにエアガンを持つだけで完成だからです。 ゴーグルだけ、隙間のないきちんとしたものが必要ですが、帽子を被ってバンダナで顔の下半分を隠せばあっという間に治安の悪い地域の武装ギャングになれます。 最大の欠点は、マガジンなどの携行性が絶望的に無い、という点に尽きます。

ギャング風のサバゲーコスプレは簡単すぎるが故に、実用性はゼロ

本当に簡単なジャージやシャツ、パーカーなどだけでできますが、それは言い換えれば銃以外、ほぼ何も持たないということを意味します。 現実はゲームとは違いますので、ポケットや服の中に何百発も弾を持ったり、いくつもの銃を隠し持つことはできません。 また、プレートキャリアなどがない以上、当たると最も痛みを感じるのもこの服装です。 さらに、通常のゲームでこの服装をすると、間違いなく浮き、恥ずかしい思いをすると思います。 気心知れた仲間と、お手軽にやってみたいというときに、自分から提案してみてください。 そうでもしない限り、このような服装でゲームをすることはないと思います。

masapyonkitiさんの投稿
21819626 1911006562499563 1588618010908688384 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

軽装・私服のサバゲーにとどめるだけでも、全く違う雰囲気を味わえるはずですよ。

マフィア風のサバゲーコスプレ

mikami1020さんの投稿
16789641 1220756624689380 814307245062881280 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

このスタイルでのサバゲーは、簡単ではなく、気軽にもできない、これまで挙げてきた中で最も非現実的でバカげたものになります。 しかし、個人的には、このスタイルこそ「最もカッコイイ」と思います。 それは「スーツ」です。 正義の味方の反対側についての見出しで挙げた、PAYDAY2というゲームがあります。 このゲームのベースとなった映画が、HEATという映画です。 アルパチーノとロバート・デ・ニーロがそれぞれ警察、銀行強盗になる映画で、ロバート・デ・ニーロ側の銀行強盗はメンバーが4人、PAYDAYで組むチームも4人と、随所にHEADを意識したような要素があります。 そしてもう一つ、HEATは古い映画ですが、新しい映画にジョンウィックというものがあります。 伝説の殺し屋になったキアヌリーブスがトラブルに巻き込まれ、あらゆる銃を手に復讐を繰り広げる、というものです。 こちらもスーツと銃の組み合わせが映える映画になっています。

まとめ

今回は、リアルな銃に似合うファッションをご紹介していきました。 場合によっては、近未来的な、有名なアニメなどを模した服装で、本物の「コスプレ」らしい衣装で行われるゲームもあり、堂々と参加する人もいるかと思います。 個人的には、その方面には疎いため、今回は詳しくご紹介しませんでしたが、まだまだいろんな可能性があり、好きな装備、したい服装はたくさんあると思います。 ざっくり言えば、サバゲーはゴーグルがあり、規制値に収まった(フィールドのレギュレーションに収まった)エアガンがあれば、だれでも参加できます。 たとえ持ってなくても、それらのレンタルのものを使えば、服装はなんでも大丈夫、と考えても差し支えありません。 もちろん、動きやすい服、走り回れる運動靴などはあれば便利ですが、何かになり切りたいのであればそれらを犠牲にしても構いません。 ただし、ゴーグルだけは必ずつけて、参加しましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ