Twitter
Facebook
LINE

コルトガバメントのおすすめモデル特集!人気の「M1911」の魅力や特徴も解説!

sdfdd25

コルトガバメントのおすすめモデル特集!人気の「M1911」の魅力や特徴も解説!

sdfdd25

現行のコルトガバメントのエアガン

出典: https://www.amazon.co.jp/東京マルイ-No-20-M1911A1-コルトガバメント-18歳以上ガスブローバックガン/dp/B000FU3XR2/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1505180195&sr=8-2&keywords=ガバメント

今回は、現行でラインナップされている、コルト・ガバメントのトイガンについてご紹介していきます。 実銃のガバメントは、アメリカでは1911の名称で知られる、軍用拳銃のことです。 およそ70年にわたって、米軍の制式拳銃に君臨し続け、実銃は現在も競技用などで日々改良、カスタムされ続け、新作が絶えず出ている銃です。 ここでは、国内のガスガンのみならず、エアガン、CO2ガスガン、海外製エアガンなども含めてまとめていきますので、是非参考にしてみてください。

現在発売中のコルトガバメントは「ガス」「エア」「CO2」のどれかしか無い

まず最初に、現在サバイバルゲームにおいて使用できるハンドガンは、ガス、エア、co2、そして電動の4つがあると思います。 ガバメントはグロックなどと比べると非常にほっそりとしているため、メカボックスが入らず、電動のものはありません。 唯一、中国のとあるメーカーが電動ハンドガンのグロックのシステムをもとに、ガバメントに落とし込んだ豪快なカスタムガンですが、スライドからグリップから、一回り以上に太く、既存のホルスターには完全に収まらないようになっています。 それを除けば、ガバメントは全て、ガス、エア、co2のどれかになっています。 電動のガバメントが欲しいという方は、もう少しメカが小型化するのを待つしかないかもしれません。 今回は電動以外のパワーソースのガバメントを、くまなくご紹介していきますので、参考にしてみてください。 まずは定番中の定番、東京マルイのガバメントから見ていきます。

目次

1 東京マルイ 2 ウェスタンアームズ 3 海外製・その他 4 おすすめのモデル まとめ

東京マルイ

マルイは言わずと知れた老舗のメーカーです。 同じく老舗のウェスタンアームズには劣るものの、マルイもたくさんの種類のガバメントを発売しています。 サンドブラスト仕上げがされた、ガバメントのスタンダードモデル「M1911A1」を筆頭に、ナイトウォーリアやフォリッジウォーリアなどのタクティカルモデル、ハイキャパというオリジナルモデルまでラインナップしています。 特にハイキャパは14歳以上用と称し、おそらく業界初の18歳以上用以外のガスガンも販売しています。 ここから、それらのモデルについて解説していきたいと思います。 個人的なおすすめとしては、M1911A1と、ナイトウォーリアの二つです。

マルイのスタンダードコルトガバメント

東京マルイ| No.20M1911A1コルトガバメント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

まずは、マルイの一番のスタンダードモデルである、M1911A1です。 ガバメントと言えば、やはりこの形です。 もはや説明不要のこのミリタリーガバメントは、グリップセーフティとサムセーフティの二段構えになっているのが特徴で、この時代の銃にしては頭一つ抜けた高い安全性があります。 その影響もあり、70年にわたってアメリカ軍に正式採用された拳銃です。 数多くのアメリカの映画やゲームに登場し、弾丸の太さから見ても、まさしくアメリカの銃、と呼べる造りになっています。 マルイのこのモデルも、同じようにグリップセーフティとサムセーフティの二つがあったり、実銃から採寸しているため、サイズも本物そっくりになっています。 スライドとフレーム表面に施されたサンドブラスト仕上げがより一層、実銃に近くなり、リアルさを出しています。

とっても小さなコルトガバメント「デトニクス.45」

東京マルイ|No.80デトニクス.45 コンバットマスター東京マルイ No.80

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

そして忘れてはならないモデルが、デトニクス45です。 実銃はアメリカのデトニクスというメーカーが出した、ガバメントのカスタムモデルで、正式にはコンバットマスターと呼ばれています。 全長が僅か178ミリという、非常に小型なサイズが特徴で、これをきっかけにガバメントの小型化というジャンルが開拓されていきました。 グリップセーフティもなく、極限まで小型化を求めた銃になっています。 ただ、率直に申し上げて、サバイバルゲームでの実用性は皆無です。 グリップも当然小さいため非常に握りづらく、おそらく女性の方でも普通のゲームで扱うのは至難の業です。 スパイ映画に出てきそうな外観から、コスプレや専用のルールの下でのゲームなどなら、活用する幅もありそうですが普通に使うのであれば間違いなく、これ以外のガバメントがおすすめです。

東京マルイのエアーコッキングのコルトガバメント

東京マルイ|エアーハンドガン コルトM1911A1ガバメント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ガスガンではなく、エアガンの方でもM1911A1はラインナップされています。 しかも、やすりなどで内部を若干加工する必要はありますが、グリップも社外品を使うことが可能です。 さらに、グリップセーフティも健在で、エアガンながらもサムセーフティとグリップセーフティの両方を使うことができます。 ただ、アルミ銃身などは使われておらず、外観はやはり、ガスガンの方に軍配が上がります。 それでもエアガンルールなどのゲームでは、根強い人気があります。

マルイのタクティカルコルトガバメント「ハイキャパ」シリーズ

東京マルイ|No.17 ハイキャパ 5.1

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

タクティカルガバメントとは、簡単に言えば現代風に使いやすく、カスタムされたモデルです。 レールがついていたり、取り回しやすいように全長が若干切り詰められていたりと、少しでも有利に戦えるように細かくカスタムされているものを指します。 そして、マルイのタクティカルガバメントを語るうえで、絶対に欠かせないのが「ハイキャパ」シリーズです。 ハイキャパとはもともと、ハイキャパシティの略で、ガバメントを多弾装化したものの呼び方です。 マルイのハイキャパは、アメリカのチップマコーミックという射撃選手権のトップランカーがデザインした競技用ガバメントをモデルに、マルイオリジナルに造形、カスタムしたものです。 そのシリーズの記念すべき第一弾、ハイキャパ5.1は、競技のシーンでも、ゲームのシーンでも、どちらにもハイレベルなパフォーマンスを出すべく開発されたガバメントで、現在でも精力的に新モデルが発売され続けています。

マルイのタクティカルコルトガバメント

ガスブローバックハンドガン|ナイトウォーリア コンバットカスタム

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

マルイはほかにも、タクティカルガバメントをいくつも出しています。 画像のナイトウォーリア以外にも、フォリッジウォーリア、デザートウォーリア、ストライクウォーリアのウォーリアシリーズ、さらには海兵隊採用拳銃のMEUピストルまで幅広く取り揃えています。 それらのタクティカルガバメントの中で、個人的に一番シンプルで、現代戦に似合う格好のモデルが、画像のナイトウォーリアです。 オリジナルに負けないほどの適度な大きさがあり、レールにライトなどを取り付ければシーンを問わず戦える頼もしい相棒になるはずです。

ストライクウォーリア

東京マルイ|ストライクウォーリア (18歳以上ガスブローバックガン)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ちなみに、一番特徴的な形をしているのはストライクウォーリアです。 室内での取り回しを第一に考えられており、短く切り詰められた銃身の先端に、相手を叩いたり抑えることを考えた、スパイク状のコンペンセイターが取り付けられています。 コンペンセイターとは銃身先端部分に着けることで、マズルフラッシュや跳ね上がりを抑えるパーツですが、サバイバルゲームにおいてはトレーサーやサプレッサーなどが大半で、コンペンセイターのパーツはほぼありません。 このストライクウォーリアについているものも、完全な飾りです。 短めでありながら、大型のハンドガンを使いたい、というときにおすすめなガスガンになっています。

ウェスタンアームズ

ウェスタンアームズは20年近く前からエアガンを開発している老舗メーカーの一つです。 中でも、マグナブローバックという独自の機構を搭載したガスガンはカルト的な人気を持ち、業界でも屈指の歴史を誇るメーカーです。 ウェスタンアームズのコルトガバメントは通称WAガバと言われ、マルイを遥かに超える種類がラインナップされています。

オーソドックスとタクティカル

スタンダードモデルはオーソドックスというシリーズになっており、例えばマルイと同モデルのシリーズ70や、ターミネーター1のジャケットでターミネーターが握るハードボーラーなどです。 反対に、タクティカルモデルやレースモデルでは、エクスペンダブルズに登場したシルベスター・スタローンが使用するモデルのガスガン化や、レース用にサイトを載せて販売しているものなどもあります。 あらゆるニーズに、簡単に応えられるよう、様々なカスタムガンを現在も発売し続けています。 個人的なおすすめとしては、ハードボーラーと、ゴールドコンバット2です。

ウェスタンアームズのスタンダードコルトガバメント

ウェスタンアームズのスタンダードは、プライベートライアンのM1911A1が筆頭になります。 プライベートライアンとは戦争映画の中でも1、2を争うほどの人気を持つ、アメリカの大作映画です。 マルイのサンドブラスト仕上げに対し、ウェスタンアームズはバトルダメージフィニッシュという加工を施しました。 焼付塗装を用いた独自の表面仕上げにより、あたかも戦場で土と火薬を浴びた実銃のような、よりリアルな雰囲気に仕上がっています。 もし、プライベートライアンを見たことないという方は是非一度見てみてください。

マルイとは一味違う「シリーズ70」

出典: https://www.amazon.co.jp/WAスーパーリアルガン-WA-コルト-ガバメント-Mk4シリーズ70-ブルースチールカスタム/dp/B01H9TRF7U/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1505185383&sr=8-2&keywords=wa+ガバメント

そして前述した、シリーズ70が続きます。 こちらもブルースチールカスタム、というマルイとは一線を画した青みのある加工が施され、一味も二味も違うガスガンに仕上がっています。 コルトガバメントシリーズには、マグナブローバックと並んでウェスタンアームズ製品に欠かせない、ヘビーウェイトも当然搭載しています。 ヘビーウェイトとはウェスタンアームズが採用している樹脂のことで、これにより鉄ではないものの、アルミダイカストを超える重量を実現したのです。 ヘビーウェイトはWAのコルトガバメントに限らず、ベレッタシリーズにも採用している、WAの大きな特徴になっています。

世田谷ベースとのコラボモデル

プライベートライアン以外のモデルでは、世田谷ベースモデルが異彩を放っています。 所ジョージさん監修のカスタムモデルのことで、ルガーのように銃身がすらりと伸びて12インチになったガバメントなど、トイガン好きの所さんと協力にタッグを組んだ製品がいくつもあります。 ウェスタンアームズは以前にも、北野映画のアウトレイジに出てきたモデルのガバメントを製作するなど、あらゆる面でカスタムモデルを発売しているメーカーです。

ウェスタンアームズのタクティカルコルトガバメント

WA|ゴールドコンバット 〈エクスペンダブルズ2〉

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ウェスタンアームズのタクティカルガバメントは、大小問わず豊富にそろっているのが一番の特徴です。 小型のならコルトディフェンダー、レースモデルならサイトが載ったインターセプター、そのほかアニメのコラボモデルなど、たくさんの種類があります。 中でも、個人的に5本の指に入る好きなアメリカの映画、エクスペンダブルズに登場したガバメントのガスガン、ゴールドコンバット2は、ウェスタンアームズ史上一番好きなガスガンです。 ゴールドコンバット2という名前は実銃の名前で、アメリカのキンバー社という会社が開発したガバメントのタクティカルモデルで、無骨な鉄塊のようなオリジナルのガバメントとは違い、随所にシルバーパーツを用い、さらに髑髏のロゴが入った、映画そっくりのグリップで、実銃さながらのリアル感があります。 タクティカルらしい、アンビセーフティ(サムセーフティが両側にあり、左右どちらで握っても親指で解除できる仕組み)も搭載されています。

「価格」がネックになる

ガスガンのガバメントを買ううえで外せないメーカーですが、唯一の欠点は「価格」です。 ガバメントに限らず、ウェスタンアームズはどのガスガンでも、マルイの1.5倍から2倍以上の値段がするため、あまりうかつには手を出せないかもしれません。 しかし、値段相応の出来は確実にありますので、興味があれば是非手に取ってみてください。

海外製・そのほかのコルトガバメント

これまで挙げた以外でのガバメントは、現在ではほぼ販売停止、生産終了になっています。 実銃でもアメリカでも、その他の国でも、ガバメントに限らずあらゆるシリーズ、最新モデルが出ている中で、いくら人気があるとはいえ、日本のエアガン業界で出し続けることはまずできません。 とはいえ、モデルガン業界ではマルシンなどが現在でも、発火式リアルカートが排出できるガバメントのモデルガンなどがあり、依然として人気があるシリーズになっています。 今回はサバイバルゲームにおいてのガバメントですので、詳細に言及することはありませんが、モデルガンはサバゲーよりもリアルな銃撃が楽しめます。 サバゲーとはまた違う、楽しい趣味になると思いますので、おすすめです。

CO2ガスで動作するコルトガバメント

サバゲーにおいて、実用性、将来性を考えたときに一番に挙がるのが、CO2ガスによる動作です。 国内ではマルシンが先陣を切ってCO2ボンベの固定スライドガスガンとガスブローバックを発売しました。 CO2ガスの動作とは、小さなガスボンベそのものをマガジン内に収め、それを使って発射するというものです。 海外製では、CO2ガスのエアガンはたくさんの種類があり、実際に販売されています。 アメリカ製よりも欧州や中国、台湾、香港などのメーカーがこぞって出しています。 しかし、日本では0.98Jの規制により、1Jのエアガンが使用できず、大半のCO2製品は何らかのデチューン(パワーダウンさせて日本の規制値に収める加工)が必要になります。 これは言い換えれば、デチューンさせれば海外製のものでも日本仕様として国内で販売できるということです。 海外製のものをデチューンして販売しているのは、APSのグロックのカスタムガン、ドラゴンフライなどが挙げられます。

DOUBLE-BELLのコルトガバメント「M1911A1」

出典: https://www.amazon.co.jp/DOUBLE-M1911A1-GOVERNMENT-CO2GBB-初速-動作確認済/dp/B073Z6B116

2017年にようやく、ガバメントのCO2ガスブローバックガンが販売を開始しした。 ダブルベルのM1911A1 BSPです。 画像のもので、グリップセーフティとサムセーフティなど、スタンダードのガバメントの構造はそのままに、マガジン内にガスボンベを収めて完全にCO2化しました。 ガスボンベが収まっている以外は普通のガスブローバック方式ですので、メカボックスが入って太くなるようなこともなく、実銃のミリガバとは若干の差異があるものの、非常にリアルな外観になっています。 さらに一番の特徴が、ガスを遥かに超える強さのリコイルです。 火薬ではないため、音こそ実銃とは違いますが、ガスとは明らかに違う強さのリコイルを体感できます。

国産CO2ブローバックのこれから

CO2は前述のマルシンが精力的に開発を進めており、FiveSevenが国産唯一のCO2ガスブローバックになっています。 マルシンはさらに、そのFiveSevenから発射機構を取り除いた、CO2ブローバックを体感するためだけのトイガン、アメージングトイを開発、販売しました。 エアガンでもガスガンでもモデルガンでもないそれは、まさに野心作と言うべき製品で、これからの時代の幕開けを予感させるような新製品でした。 ボンベのせいで社外品のグリップが使えないなど、まだまだ課題が残りますが、個人的には、CO2を続々とシリーズ化させて、これからのスタンダードになっていくことを願いたいです。

あなたにおすすめのコルトガバメント

以上、簡単にですが、ガバメントについてご紹介していきました。 ガバメントはピストルですので、あくまでもサブウェポンとしての使い方が主となります。 おすすめのモデルとしては、やはり、現時点ではマルイの製品に軍配が上がります。 コスト面ではCO2の製品も負けていませんが、海外製のため動作に不安が残るのと、万が一のことを考えると、やはりガバメントを使いたいのであれば、マルイ製品が一番おすすめです。 ガスガンに限らず、エアガンも安価に豊富にあるため、とても使いやすいです。 バリエーションもたくさんあり、レールによってライトなどのオプションもつけやすいため、非常に便利に活用できます。 また、グリップやロングマガジンなどの外装はもちろんのこと、内部パーツも簡単に取り寄せられるため、自力でのカスタムも非常に簡単にできます。 しかし、実銃のガバメントの造形に惚れ、よりリアルで渋いものが欲しいのであれば、思い切ってウェスタンアームズのガバメントを買うのもおすすめです。 もちろん、ハンドガン戦において、サイトの載ったレースガンを使ったり、軽いエアコキで動き回るというのもおすすめです。

まとめ・これからのコルトガバメント

以上、簡単にですが、コルトガバメントについてご紹介していきました。 サブウェポン、ハンドガンは様々なものが使用できます。 メインウェポンは取り回しやフィールドのことを考える必要があり、良し悪しが分かれますが、サブウェポンは完全に好き嫌い、好みだけで選べる部分です。 無難に軽いグロック、ベレッタを使う、こだわりのリボルバーを使う、あえて重みのあるサブマシンガンをサブにするなど、あらゆることが考えられます。 ガバメントは、第二次大戦はもちろん、ベトナム戦など、往年のアメリカ軍の数々の激闘において活躍した銃です。 M4やM16を使うのであれば是非とも、リアルなコルトガバメントをお供にするのをおすすめしたいです。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【刺繡】桜の木の刺し方!3つのステップに分けて解説します♪

今回は「桜の木の刺繡」をご紹介しました!チェーンステッチ・デイジーレイジーステッチ・フレンチノットステッチの3つのステッチを使って刺していますので、参考にしてやってみて下さい♪ 初心者が覚えるべき基...

ロックショア初心者タックルの選び方を徹底解説!!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

縫わない!編まない!世界一簡単!毛糸のシュシュ作り方を実演解説♪

今回は「世界一簡単で材料も超少ない毛糸のシュシュの作り方」を実演解説しました♪なんと、材料は毛糸とゴムとストロー、使う道具ははさみだけ! お子様でも簡単に作れます。 毛糸はモコモコのタイプのものがオス...

【初心者向け刺繡】さくらんぼの刺し方を解説!サテンとストレートだけでさせます♪

今回は「さくらんぼの刺し方」をご紹介しました!とても小さいモチーフですので、あっという間に刺せます。ステッチも2つだけなので簡単です♪ 初心者の方もぜひ刺してみて下さい! 初心者が覚えるべき基本ステ...

【刺繡初心者向け】トレーシングペーパーについて解説!おすすめの厚さは?ハトロン紙とは違う?使い方は?

今回は「トレーシングペーパーについて」ご紹介しました!トレーシングペーパーで検索すると主にハトロン紙か、製図用のトレーシングペーパーが表示されます。手芸用に特化していなくても使用は可能です。 図案など...