【厳選】関東地方のおすすめキャンプ場3選!人気・穴場のキャンプ場をご紹介!

【厳選】関東地方のおすすめキャンプ場3選!人気・穴場のキャンプ場をご紹介!

関東地方に点在する様々なキャンプ場の中から、独断と偏見で人気・穴場のキャンプ場を3つ厳選しました。家族や友人、カップル、夫婦でのキャンプを楽しめるキャンプ場をご紹介します。キャンプ場選びに困っている方は、これを見ればすぐに解決できることでしょう!

記事の目次

  1. 1.都心を離れて息抜きを
  2. 2.関東地方でおすすめのキャンプ場3選をご紹介!
  3. 3.関東地方おすすめキャンプ場その1「清水公園キャンプ場」
  4. 4.おすすめポイント①「車の乗り入れ可能なオートサイト」
  5. 5.おすすめポイント②「屋根付きのバーベキュー場」
  6. 6.おすすめポイント③「木のぬくもりを感じられるバンガロー」
  7. 7.おすすめポイント④「デイキャンプも可能」
  8. 8.おすすめポイント⑤「子供に大人気!釣り堀」
  9. 9.関東地方おすすめキャンプ場その2「THE FARM」
  10. 10.おすすめポイント①「テント持ち込み不要!」
  11. 11.おすすめポイント②「別荘気分を味わえる贅沢なコテージ」
  12. 12.おすすめポイント③「関東でも少ない?敷地内にある天然温泉」
  13. 13.おすすめポイント④「旬な野菜を味わえるカフェ」
  14. 14.おすすめポイント⑤「関東ならでは!利根川のガイド付きのカヌーツアー」
  15. 15.関東地方おすすめキャンプ場その3「くりの木キャンプ場」
  16. 16.おすすめポイント①「大自然の中にあるキャンプサイト」
  17. 17.おすすめポイント②「子供に人気!手作り遊具」
  18. 18.おすすめポイント③「大自然だからこそ安心できる管理棟」
  19. 19.おすすめポイント④「暖炉のある炊事場」
  20. 20.おすすめポイント⑤「水洗トイレの完備」
  21. 21.おすすめポイント⑥「関東平野を一望できる」
  22. 22.おすすめポイント⑦「美しい日の出」
  23. 23.キャンプ場選びも楽しみの一つ

都心を離れて息抜きを

関東でも人気・穴場のキャンプ場とは?

関東地方のキャンプ場のご紹介です。インターネットが普及した今、様々なサイトに、関東地方の人気キャンプ場の情報は多く存在します。それ故に「情報が多すぎて選べない」なんて方も多いのではないでしょうか。今回は、独断と偏見で、他ではあまり紹介されていない形でのキャンプ場紹介していきます。

関東地方でおすすめのキャンプ場3選をご紹介!

自分にあったキャンプ場が大切!関東地方のキャンプ場の選び方

「家族や友人と楽しみたい」「リゾート気分を味わいたい」「絶景を見たい」この3点それぞれに特化した人気・穴場のキャンプ場を3つ厳選してご紹介していきます。 普段の生活から離れた雰囲気や気分を味わえるキャンプだからこそ、その時の状況・気分に合わせたキャンプ場選びができればきっとキャンプシーンがより充実したものとなるはずです。 施設や設備ももちろんですが、どういったキャンプにするかを考えながら今回の3つキャンプ場をご覧いただければ嬉しいです。 1、清水公園キャンプ場 2、THE FARM 3、くりの木キャンプ場

関東地方おすすめキャンプ場その1「清水公園キャンプ場」

自然を感じる!家族や友人と楽しめる関東でも人気のキャンプ場

千葉県野田市にある清水公園キャンプ場。都心からのアクセスも良く、清水公園の森林部分をそのまま生かした緑豊かな人気のあるキャンプ場です。敷地内にはオートキャンプ場の他にも、バーベキュー場やバンガロー、デイキャンプエリア、マス釣り場があり、家族や友人と様々なシチュエーションで楽しめる人気のキャンプ場となっています。 施設内には駐車場も多くございますので(キャンプ場以外の利用以外の方向けもございます)、車でアクセスを考えている方にも安心です。 なお、各施設で営業時間などが異なりますので、以下に簡単な説明と合わせて記載しておきます。

おすすめポイント①「車の乗り入れ可能なオートサイト」

出典: http://campbbq.jp/autoCamp/autoCamp.html

車の乗り入れが可能なサイトが13サイトあります。サイトは平均6m×10mの広さで、乗用車1台と4人用テント、タープが余裕をもって設営できる広さです。駐車場を気にすることなく、キャンプを楽しめるのことは嬉しいポイントです。

オートサイトの基本情報(利用料金や定休日など)

[営業時間] チェックイン:13時、チェックアウト:10時(通期) 定休日   :なし [利用料金] 入場料:一人750円(3歳以下無料、但し定員に含む) 宿泊料:4,000円・5,000円(休前日・祝前日など) 定員:1サイト6人まで 申し込み:予約制

おすすめポイント②「屋根付きのバーベキュー場」

出典: http://campbbq.jp/BBQ/BBQ.html

12棟あるバーベキュー場は、最大1000人収容可能。すべて屋根付きのため、雨による心配はありません。また場所だけ借りる「食材持ち込みのプラン」と、オプションが豊富にそろった「手ぶらプラン」が用意されています。なお、営業時間が「昼の部」と「夜の部」に別れており、時期によって営業時間が変わるので注意しましょう。

バーベキュー場の基本情報(利用料金や定休日など)

[営業時間(昼の部)] 通常期:2/12~10/30、9時~16時 冬期①:11/1~11/30、9時~15時30分 冬期②:12/1~2/11 、9時30分~15時30分 [営業時間(夜の部)] 通年:17時~21時30分 [利用料金] 入場料:一人450円(3歳以下は無料、但し定員に含む) 貸炉料:4,100円・4,600円(土日・祝日など) *内容は炉+テーブル+イス+炭+網セット 定員:1テーブル10人まで 申し込み:予約制 備考:鉄板は別途料金

おすすめポイント③「木のぬくもりを感じられるバンガロー」

出典: http://campbbq.jp/bungalow/bungalow.html

平成26年の春に全棟新築リニューアしたバンガロー。テントを持たなくても手軽に宿泊できる施設があると事は非常に嬉しいポイントです。また、緑に囲まれたバンガローは、木の薫り漂う落ち着いた雰囲気を演出してくれます。「つつじ」「さくら」「もみじ」「けやき」の4エリアに分かれており、合計で34棟設置されています。バーべーキューはもちろん、キャンプファイヤーや室内でのレクリエーションなど、宿泊ならではの楽しさがあなたを待っています。

バンガローの基本情報(利用料金や定休日など)

[営業時間(通期)] チェックイン:13時、チェックアウト:10時 [利用料金] 入場料:一人750円(3歳以下無料、但し定員に含む) 宿泊料:マットレスなし 8,000円・13,000円・16,000円・19,000円     マットレス付き 9,000円・14,000円・17,000円・20,000円 *マットレス付きバンガローは2017年10月1日からご利用可能 *駐車場有り 定員:一棟6人まで 申し込み:予約制 備考:コインシャワー(男女別)完備    マットレス付きバンガローをご利用の方には宿泊人数分のシーツ付    朝食セット500円(予約時に申し込み) 

おすすめポイント④「デイキャンプも可能」

出典: http://campbbq.jp/dayCamp/dayCamp.html

家族やカップル、友人など少人数から大人数のお客様にも対応可能。オートキャンプ以外にも様々なスタリルでキャンプができ、都心からのアクセスも良いという意味では以外と穴場かもしれません。また、デイキャンプでは、炉を提供していないため、お客様自身で必要な器具や食材などを用意する必要がありまが、タープなどは自由に張れるので、お好きなスタイルでデイキャンプを楽しみましょう。なお、時期によって営業時間が変わるので注意しましょう。

デイキャンプの基本情報(利用料金や定休日など)

[営業時間] 通常期:2/12~10/31、9時~16時 冬期①:11/1~11/30、9時~15時30分 冬期②:12/1~2/11 、9時30分~15時30分 [利用料金] 入場料:一人450円(3歳以下は無料、但し定員に含む) *駐車場有り 定員:150人(予約者多数の場合、設営場所の指定の可能性あり) 備考:屋根のある場所はない

おすすめポイント⑤「子供に大人気!釣り堀」

出典: http://campbbq.jp/fishing/fishing.html

自然石をふんだんに使用し、景観にもこだわったマス釣り堀。2,000尾以上のニジマスが放流されているため、子供でも簡単に釣れるかも?!初心者にも十分楽しめる釣り堀です。釣ったニジマスは、テントや宿泊先で塩焼きサービス(有料)がございますので、おいしくいただけます。こういった穴場のアクティビティがある事も人気の理由かもしれません。

釣り堀の基本情報(利用料金や定休日など)

[営業時間] 通常期:2/12~10/31、9時~16時 冬期①:11/1~11/30、9時~15時30分 冬期②:12/1~2/11 、9時30分~15時30分 [利用料金] 入場料:無料 貸竿量:1本200円 ニジマス代:1尾400円(釣った魚はすべて買う必要あり) 焼き代:1尾:100円 焼魚販売:500円 備考:生魚の持ち帰りは不可

清水キャンプ場へのアクセス・問い合わせ

住所:千葉県野田市清水906 電話:04-7125-3030 E-mail:info@shimizu-kouen.com [電車でアクセス] 東武アーバンパークライン(東武野田線)の清水公園駅で下車、西口徒歩10分 [車でアクセス] ・常磐自動車道流山インター → 松戸野田道路経由 約12km ・常盤自動車道柏インター → 国道16号線経由 約12km ・越谷(国道4号線)→ 野田街道経由 約12km *駐車場有り 他の詳細は下記リンクからご確認ください。

清水公園キャンプ場

関東地方おすすめキャンプ場その2「THE FARM」

まさにリゾート気分?カップルや夫婦に人気!関東でも穴場のキャンプ場

ここ最近注目されている、テントがいらない全く新しいキャンプスタイルを体感できるキャンプ場です。日々の生活とはかけ離れ、大切な人と自然と触れ合いながら過ごす。何かをプラスするのではなく、日々の疲れや悩みなど、余分なものをマイナスにしてくれる場所が「THE FARM」です。ちょっと贅沢にリゾート気分を味わいたいカップルや夫婦には最適!まさに穴場のキャンプ場と言えるでしょう。また、アクセスがよく、日帰り天然温泉があるのもポイントです。その他にも、様々な施設やイベントを実施しているので、詳細は以下に記載します。

おすすめポイント①「テント持ち込み不要!」

自然との一体感とゆったりとしたテント内には、セミダブルベッドが二つ完備されています。また、ウッドデッキにはハンモックやバーベキューができる設備が整っています。さらに、夜になるとテント内はライトアップされ、白いコットンテントと暖色の光が作り出す光景は非常に美しいです。通常のテント泊とは違った雰囲気となりますので、夫婦やカップルで、一般的なキャンプとは一味違うちょっと贅沢な時間をお過ごしください。もちろん家族でも楽しめます。

ザ ファームキャンプの基本情報(利用料金や定休日など)

[営業時間] チェックイン:14時~17時、チェックアウト:9時~10時 [利用料金] リバーサイド  :1棟大人2人基本料金 26,000円~37,000円          追加料金 大人1人 12,000円~17,000円               小人1人 7,980円~11,305円(3歳~9歳) フォレスト   :1棟大人2人基本料金 30,600円~41,000円          追加料金 大人1人 14,000円~19,900円               小人1人 9,310円~12,635円(3歳~9歳)  ジュニアスイート:1棟大人2人基本料金 28,600円〜39,000円          追加料金 大人1人 13,000円~18,000円               小人1人 8,645円〜11,970円(3歳~9歳) ヴィラ     :1棟大人2人基本料金 32,400円~42,800円          追加料金 大人1人 14,900円~19,900円               小人1人 9,909円~13,234円(3歳~9歳) *無料駐車場有り [他の基本情報] 詳細は下記リンクからご確認ください。

ザファームキャンプ の詳細

おすすめポイント②「別荘気分を味わえる贅沢なコテージ」

出典: http://www.thefarm.jp/cottage.html

まるで別荘気分を味わえる「ザ ファームコテージ」。室内にはキッチン、バス、トイレ、エアコン、テレビが完備されており、他のキャンプ場やテント泊ではなかなか味わえないひと時を過ごせることでしょう。ザ ファームコテージは、新緑のガーデンの中にあり、コテージの目の前には美しい庭と広々とした畑が広がっています。内装はシンプルですが、おしゃれな木製家具にこだわっており、木の薫りと落ち着いた雰囲気を堪能してください。大自然の中で、ゆったりと過ごすことができるまさに穴場のコテージです。

ザ ファームコテージの基本情報(料金や定休日など)

[宿泊プラン] ・ワンちゃんと一緒にBBQプラン(1泊2食付) ・お部屋でしゃぶしゃぶ鍋プラン(収穫体験付き) ・1泊2食付プラン(夕食はかりんの湯の個室で) など、他にも様々な宿泊プランが用意されています。ご自身のスタイルに合ったプランでお楽しみください。なお、プランによって利用料金やチェックイン・チェックアウトの時間が異なりますので、詳細は下記リンクからご確認ください。

ザファームコテージの詳細

おすすめポイント③「関東でも少ない?敷地内にある天然温泉」

出典: http://www.thefarm.jp/hotspring.html

広大な敷地内にある天然温泉。昼間は純和風の庭園を眺めながら。夜間は満点の星空を見上げながら。お好きな時間帯にご入浴できる穴場施設。夫婦やカップル、ご家族や友人との最高の思い出になること間違いありません。館内には、畳の休憩スペースや囲炉裏があり、雑談やお食事を楽しめます。優に30人は入れる広々とした露天風呂で、日々の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

かりんの湯の基本情報(料金や定休日など)

[営業期間] 不定休 [営業時間] 10時~22時(最終入館21時) *毎週火曜日はメンテナンスのため、営業時間は15時から [利用料金] 大人  :平日820円、土日980円 小人  :平日410円、土日570円 3歳以下:平日、土日関わらず無料 [レンタル・販売品価格] タオルセット(レンタル):410円(バスタオル、フェイスタオル1枚ずつ) バスタオル(レンタル) :310円(バスタオル1枚) タオル(販売)     :250円(フェイスタオル1枚) [設備] 露天風呂、内湯、フィンランド式ドライサウナ、仮眠室、ボディケアルーム、 憩いと祭りの場(レストラン)、寛ぎの間、囲炉裏の間、マッサージチェア [駐車場] 30台駐車可能 [他の基本情報] 詳細は下記リンクからご確認ください。

かりんの湯の詳細

おすすめポイント④「旬な野菜を味わえるカフェ」

同じく広大な敷地内にあるおしゃれなカフェ。自然の日差しが差し込む造りになった開放的な空間で、お洒落にお食事を楽しみませんか?畑で収穫された新鮮な野菜をはじめ、様々な食材をふんだんに使用した料理は格別です。また、メニューも豊富に取り揃えられているので、子供から大人まで楽しめるカフェとなっています。駐車場も完備しているので、移動など気にせずゆったりとした時間を過ごせるはずです。

ザ ファーム カフェの基本情報(料金や定休日など)

[営業時間] 平日:11時~16時、土日祝:11時~21時 [規模] 総席数:店内42席、テラス席2席テーブル(ペット可) [お食事料金] 詳しくは下記リンクからご確認ください。 [禁煙・喫煙] 完全禁煙 [駐車場] 30台駐車可能

ザファームカフェの詳細

おすすめポイント⑤「関東ならでは!利根川のガイド付きのカヌーツアー」

利根川と大江戸佐原がメインフィールドとなっている「カヌーガイドツアー」。ザ ファームから15km、日本一の川幅を誇る利根川から重要伝統的建築物群へツーリング。ぜひおすすめしたい穴場のアクティビティです。いつでも楽しみるこのカヌーツアー。江戸時代水運で栄えた街並みを、ガイドと共に水上から散策してみませんか?

カヌーの基本情報(料金や定休日など)

[開催期間] 4月~6月 [体験料金] 一般  :大人(中学生以下)6,800円、子供(4歳以上)5,000円 宿泊者 :大人(中学生以上)5,800円、子供(4歳以上)4,000円 農園会員:大人(中学生以上)5,300円、子供(4歳以上)3,500円 *駐車場有り [受入人数] 14人まで [その他注意事項や詳細] 下記リンクからご確認ください。

CANOE(カヌー体験)の詳細

THE FARMへのアクセス・問い合わせ

住所:千葉県香取市西田部1309-29 電話 :0478-79-0666 都心から約1時間半でアクセス可能: 東関東自動車道、旭・八日市場方面からのアクセス方法があります。 詳しくは下記リンクからご確認ください。

THE FARM

関東地方おすすめキャンプ場その3「くりの木キャンプ場」

関東平野を見渡せる大自然で!絶景を見られる穴場のキャンプ場

関東平野の最奥地、くりの木キャンプ場。このキャンプ場は、「自然豊かな居心地の良い場所」がコンセプト。そのため、キャンプ場は全て手作り。野鳥の声や虫の声、またキャンプ場から見渡せる街並みの夜景や赤城山からの日の出はとても美しいです。今回このキャンプ場を選んだ理由は自然が生み出す絶景がポイント。駐車場も完備しているので、アクセスも問題ありません。自然に囲まれたサイトでゆったりとした一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

おすすめポイント①「大自然の中にあるキャンプサイト」

約12,000㎡の場内に20サイト程度が点在しています。(駐車場も完備)隣りのサイトとは適度な間隔が設けられているため、プライバシーも守られ快適なキャンプを楽しめます。また、石炉のあるサイトでは直火が楽しめます。なお、注意事項として、くりの木を焚火に使用すると。割れて飛び散る危険性があるため、禁止されています。

おすすめポイント②「子供に人気!手作り遊具」

敷地内には、ちょっとした遊び場が設けられています。すべて手造りで、木を使ったブランコやツリーデッキ、ロープ渡りやミニボルダリングなどがあります。ただし、すべて自然の素材を使用しているため、子供が遊ぶ際は、けがに気を付けて大人と一緒にご利用ください。

おすすめポイント③「大自然だからこそ安心できる管理棟」

キャンプ場の管理棟。小さな山小屋のような建物です。キャンプ場にお越しの際は、受付やレンタルができるため最初に立ち寄る場所です。

おすすめポイント④「暖炉のある炊事場」

管理棟の西に位置する炊事棟。炊事棟では、たまに小さなイベントを開いています。休憩用のテーブルやいすも完備されています。利用時間は夜10時まで。シンクは6カ所設置されています。また洗面用は別で3カ所設置されています。

おすすめポイント⑤「水洗トイレの完備」

大自然の中にあるキャンプ場ですが、水洗トイレが完備されています。女性用トイレが3カ所、男性用トイレが2カ所と小便器が2つ設置されています。

おすすめポイント⑥「関東平野を一望できる」

くりの木キャンプ場から見た昼間の景色です。標高の高いところに位置するキャンプ場からは、関東平野に広がる街並みを見下ろすことができます。夜になると、街灯のイルミネーションが。綺麗な夜景をお楽しみください。

おすすめポイント⑦「美しい日の出」

赤城山から顔を出す日の出。キャンプ場は榛名山と赤城山に囲まれています。平野では味わえないキャンプの楽しさを知ることができるでしょう。とにかく自然のぬくもりを感じたい方にはぜひおすすめしたいキャンプ場です。

くりの木キャンプ場の基本情報(料金や定休日など)

[宿泊] バンガロー       :【B1】9,800円              【B2】10,800円              【B3】11,800円 西の高台オートサイト  :【W2、W3、W4】3,500円              【W5】4,000円              【W6~W9】3,500円 (*W2、W3、W4は小さめのサイトのため、あまり大きなテントは張れません) 西の高台4×4オートサイト:【W1、W10~W12】4,000円 (*4WD車のみ利用可能) 管理小屋前オートサイト :【K1】4,000円              【K2】3,500円 中央エリアオートサイト :3,000円 東の高台オートサイト  :3,500円 スモールサイト     :1,300円 *駐車場有り 全て施設料のみの料金です。年齢や利用施設によって追加料金が発生しますので、詳しくは下記リンクからご確認ください。なお、デイキャンプでのご利用も可能となっていますので、あわせてご確認ください。

くりの木キャンプ場の利用料金等の詳細

くりの木キャンプ場へのアクセス・問い合わせ

住所:群馬県渋川市中郷2694-197 電話:080-6810-3144 メール:mail@c-kurinoki.com アクセス方法は、下記リンクからご確認ください。

くりの木キャンプ場へのアクセス詳細

キャンプ場選びも楽しみの一つ

いかがでしたでしょうか? 厳選した関東地方のおすすめキャンプ場のご紹介でした。キャンプ場でテントを張ったり、バーベキューをしたり、仲間とワイワイしたり、そんなひと時もキャンプの醍醐味と言えます。しかし、キャンプ場選びもキャンプの楽しみの一つではないでしょうか。 ぜひ、ご紹介したキャンプ場へ足を運んでみてください。 きっと楽しい時間が待っています。

 Koki Shibata
ライター

Koki Shibata

アウトドア好き、20代男性です.キャンプが趣味で、最近ソロキャンデビューを果たしました。今後ロードバイクも始めようと思っています。アウトドア好きの方、興味のある方に価値のあるメディアを作れるよう貢献いたします。よろしくお願いいたします!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking