知床の観光スポットおすすめ13選!人気&定番な観光名所やツアー情報もご紹介!のイメージ

知床の観光スポットおすすめ13選!人気&定番な観光名所やツアー情報もご紹介!

世界自然遺産にも登録されている知床のエリアはオホーツク海や知床の連山など自然の恵みも豊かで、大自然の宝庫となっており、春や夏、秋、冬など四季を通して見るべき観光スポットがたくさんあります。今回はそんな知床のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介していきます。

2019年07月21日更新

fumiyama
fumiyama
旅行が好きで時間を作って旅行をするようにしています。これまで南半球の国々やヨーロッパ、南北アメリカなど訪れており、観光地巡りも興味ありますが、地元の何気ない場所で思いがけない心に残る風景に出会った時に、旅行の本当の良さを感じています。そんな旅行の良さを記事の執筆に反映して、各地の役立ち情報や穴場情報を発信していきたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 知床半島観光の人気おすすめスポット①
  3. 知床半島観光の人気おすすめスポット②
  4. 知床半島観光の人気おすすめスポット③
  5. 知床半島観光の人気おすすめスポット④
  6. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑤
  7. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑥
  8. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑦
  9. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑧
  10. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑨
  11. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑩
  12. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑪
  13. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑫
  14. 知床半島観光の人気おすすめスポット⑬
  15. まとめ

はじめに

世界自然遺産にも登録されている知床のエリアはオホーツク海や知床連山など大自然の宝庫となっており、またエゾシカやキタキツネなどの動物も身近に見られ、さらに「知床八景」として知られているおすすめの観光スポットがたくさんあります。今回は最初に「知床八景」を一か所ごとに紹介し、さらにおすすめの観光スポットを加えてご紹介していきます。

知床半島観光の人気おすすめスポット①

知床八景の観光名所:知床五湖

知床五湖は、知床半島の斜里町にある五つの湖で、一湖から五湖と名前がついており、知床八景の一つに数えられている観光地となっています。一湖を眺望できる展望台までは高架木道が続いており、また五湖を巡る遊歩道も整備されており、遥かにそびえる知床連山や周辺の原生林を湖面に映す美しい景観が訪れる人を魅了しています。

エゾシカやキタキツネに会えるかも!

五湖の周辺には、エゾシカやキタキツネ、そしてヒグマなどの動物が生息しており、5月初めから7月末まではヒグマ活動期であり、40分ほどの五湖巡りは個人では歩けず、ガイド付きツアーに参加することになります。展望台からは知床の連山やオホーツク海の美しい景観が眼前に広がり時の経つのを忘れるほどです。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町遠音別村
【連絡先】0152-24-3323(知床五湖フィールドハウス)
【アクセス】ウトロから車で約20分

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:知床五湖
知床近郊の見どころ地図:知床五湖

知床半島観光の人気おすすめスポット②

知床八景の観光名所:知床峠

知床峠は、知床半島を斜里町から羅臼町まで北西から南東に横断する形で通っている国道334号の丁度中間点にあたる標高738mの地点にあり、羅臼岳だけが目の前にそびえ立っており、峠には展望台も整備され、ここからの景観が素晴らしいと話題になっています。また冬期間の10月下旬から雪が解ける4月下旬位までは峠付近が通行止めとなり、日本で一番開通期間が短い国道が通っている峠となっています。

展望台からのビューが素晴らしい!

峠の展望台からはすぐ上に羅臼岳の雄姿や、知床の原生林やハイマツの樹海、また7月でも見ることができる残雪の白も印象的で、さらに天気が良ければ北方領土の国後島も望むことができます。また峠ではヒグマが歩いている姿に目にすることもあり、さらに峠と羅臼町との間にはヘアピンカーブが続く箇所がありますので走行には注意が必要のようです。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
【連絡先】052-22-2125
【アクセス】斜里町から約15km。羅臼町から約17km。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:知床峠
知床近郊の見どころ地図:知床峠

知床半島観光の人気おすすめスポット③

知床八景の観光名所:オシンコシンの滝

この滝は、斜里町近くのチャラッセナイ川の標高が70メートルの河口付近から落差、50メートルでオホーツク海に岩肌を這って落ちていく形の美しい滝で、また水が途中で二条に分かれて落ちていくので「双美の滝」とも呼ばれており、「日本の滝百選」に選ばれている日本で一番北にある滝となっています。

最北の美しい滝!

またこの滝は知床半島で一番大きな滝で、冬は滝の水が凍っている姿は厳しく、新緑の迎える季節には豊富な雪解け水により一層豪快な滝の姿を見ることができ、人気となっています。また滝の上には展望台があり、ここから眺める冬の季節のオホーツクの海原を埋める白い流氷も見どころとなっています。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町ウトロ西
【連絡先】0152-22-2125
【アクセス】バス:JR「知床斜里駅」から斜里バスで約40分、「オシンコシンの滝」下車、徒歩3分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:オシンコシンの滝
知床近郊の見どころ地図:オシンコシンの滝

知床半島観光の人気おすすめスポット④

知床八景の観光名所:夕陽台

知床斜里駅から車で約40分の海沿いに「ウトロ温泉」がありますが、その温泉地の後ろのオホーツク海を見渡す高台が「夕陽台」と呼ばれる絶景が広がる知床のビューポイントになっています。特にここからの海に沈む夕陽が美しいことで知られ、その名前の由来にもなっています。

ここからの夕陽は外せない!

夕暮れになると遥か地平線の彼方に太陽が徐々に沈んでいき、海を真紅に染めて岸壁の突端に建つ灯台の向こうに沈んでいく光景は息をのむほど美しく、知床では外せない見どころとなっています。また「夕陽台の湯」という温泉の露天風呂に浸かりながら見る夕陽もまた別の趣がありおすすめです。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町ウトロ
【連絡先】0152-22-2125
【アクセス】車:JR「知床斜里駅」から約40分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:夕陽台
知床近郊の見どころ地図:夕陽台

知床半島観光の人気おすすめスポット⑤

知床八景の観光名所:カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝は、知床の活火山である「硫黄山」を源流とするカムイワッカ川にある滝で、落差20メートルの岩肌を滑るように落ちていき、川には温泉が流入しているので足をつけると温かさを感じます。名前のカムイワッカとはアイヌ語で「神の水」の意味があり、川には硫黄分が多く生物が生息できないので「魔の水」という意味もあるようです。

滝壺に浸かる人も多い!

川の水温は30度ほどで快適な温かさがあり、川に足を浸して歩いたり、子どもたちが水遊びをしたり、また水着を着て滝壺に浸かる人もいて、皆大自然と温泉の暖かさを楽しんでいます。また川底が滑るので歩く時は滑りにくい靴を履くなどして注意しましょう。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町遠音別村岩尾別
【連絡先】0152-24-2114(知床自然センター)
【アクセス】シャトルバス(8/1-8/25)知床自然センターから約45分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:カムイワッカ湯の滝
知床近郊の見どころ地図:カムイワッカ湯の滝

知床半島観光の人気おすすめスポット⑥

知床八景の観光名所:オロンコ岩

オロンコ岩は、斜里町ウトロ港のそばに聳え立つ高さ約60mの巨岩で、下にトンネルが掘られ道が通っており、名前は昔この辺に住んでいた先住民族の「オロッコ族」から付いたとされ、またアイヌ語で「そこに鎮座している岩」という意味を持っており、港にゴロンと突き出た不思議な形の巨大な一枚岩です。

岩の上からの眺めも素晴らしい!

この岩の上には、手すりのついた階段を登って行くことができ、頂上部の岩の上は平坦になっていて、ここからウトロの町並みや港、青く透きとおったオホーツク海の景観、また遥か遠くに知床連山など360度の素晴らしい大パノラマが広がる観光スポットになっています。さらにトンネルを出た先には幕末の探検家で「北海道」の名付け親でもある松浦武四郎の碑や「知床旅情」の歌碑などが建っていますので、お見逃しなく。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町ウトロ東
【連絡先】0152-22-2125
【アクセス】車:JR「知床斜里駅」から約40分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:オロンコ岩
知床近郊の見どころ地図:オロンコ岩

知床半島観光の人気おすすめスポット⑦

知床八景の観光名所:プユニ岬

プユニ岬は、ウトロ港の東3.5kmほどにあるオホーツク海に面した岬で、知床五湖や羅臼町に向かう途中にある登り坂の海側に突き出たビューポイントにもなっていて、ここからはオロンコ岩などがあるウトロ港の海や埠頭、青く澄み切って広がるオホーツクの海、また遥か彼方の阿寒国立公園の連なる山並みなども望める、是非立ち寄りたい絶景地となっています。

流氷が最初に訪れる場所!

またこの岬はオホーツクに沈む美しい夕陽が見られるポイントにもなっており、海をオレンジ色に染めて沈んでいく夕陽の景観はおすすめです。また冬には、オホーツク海の中でも早い時期に流氷が到着する場所で、ウトロ港を始めとして、あたり一面が真っ白な流氷で覆われていく光景は厳しく神秘的で一見の価値ありです。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町
【連絡先】0152-22-2125
【アクセス】車:斜里町ウトロから約5分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:プユニ岬
知床近郊の見どころ地図:プユニ岬

知床半島観光の人気おすすめスポット⑧

知床八景の観光名所:フレペの滝

フレペの滝は前述のプユニ岬の近くにあり、高さが約100mある切り立った断崖の途中から地下水が染み出して、海へと直接流れ落ちる滝で、地下水の為水量がそれほど多くなく、しとしとと流れ落ちる様子から「乙女の涙」とも呼ばれています。この滝の全景を見る場合は遊覧船で海上へ出て見ることになり、知床のクルーズ観光として人気となっています。

四季を通して美しいスポット!

知床自然センターからは滝がある断崖上の展望台まで約20分の遊歩道が続いており、ここからも滝の一部を見ることができ、10月下旬頃からは滝の上の樹木が紅葉となり美しい光景を作り出します。また、冬にはスノーシューズで雪原を歩いていくツアーもあり、四季を通して楽しめる観光スポットになっています。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町字岩尾別
【連絡先】0152-22-2125
【アクセス】車:斜里町ウトロから約5分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:フレペの滝
知床近郊の見どころ地図:フレペの滝

知床半島観光の人気おすすめスポット⑨

知床の観光名所:羅臼湖(らうすこ)

羅臼湖は、知床国立公園の中の原生林に囲まれ知床半島では最大の湖ですが、周辺はエゾヒグマの生息地域の為、五十年ほど前までは近づく人もいなかった幻の湖としても知られています。近年では、羅臼湖までガイドツアーなどを前提として行けるようになり、「羅臼湖入り口バス停」から湖までは約3kmの標高差80mほどの行程となっていますが、途中にぬかるみや湿地があり長靴は必須で、 登山に準じた装備やそれなりの体力が求められ、またヒグマ対策も必要となりますので、事前に「羅臼ビジターセンター」などに確認するとよいでしょう。

北の大地の果ての果て!

湖までは、一部木道を通り笹薮が茂る道やハイマツの林を通り、手つかずの原始の風景を見ることができます。途中には大小五つの沼がありますが、特に「三の沼」(画像トップ)の水面に映える羅臼岳の姿が美しく、絶好の撮影ポイントにもなっています。羅臼湖に到着すると、周辺は太古の姿がそのままが残っており「北の大地の果ての果て」まで来たという秘境感に包まれます。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町225林班
【連絡先】0153-87-2828(羅臼ビジターセンター)
【アクセス】車:JR「知床斜里駅」から約1時間10分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:羅臼湖
知床近郊の見どころ地図:羅臼湖

知床半島観光の人気おすすめスポット⑩

知床の観光名所:斜里岳(しゃりだけ)

斜里岳は知床半島の付け根部分にある「斜里岳道立自然公園」の中にある標高1,547mの「日本百名山」にも選らばれている、なだらかな稜線が美しい山で、「オホーツク富士」とか「斜里富士」、また「道東のマッターホルン」とも呼ばれ、裾野には北海道らしい大地の光景が広がっており、ゆったりと眺めるのに相応しい山です。

登山しても、眺めてもよい山!

斜里岳は六月下旬頃に夏の山開きが行われ、登山シーズンの開始となり、登山道は三つあり、ふもとの清里町側から登るルートが一般的となっており、山頂の展望台からは清里や斜里の町並み、碧いオホーツク海などの大パノラマが広がります。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡清里町
【連絡先】0152-25-4111
【アクセス】車:JR「知床斜里駅」から約1時間 。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:斜里岳
知床近郊の見どころ地図:斜里岳

知床半島観光の人気おすすめスポット⑪

知床の観光名所:神の子池

神の子池は、斜里岳のふもとの清里町の山中にあるアクアブルーの透き通った水をたたえるえる神秘的な池ですが、この池と少し離れた所にある摩周湖とは地下でつながっており、そこから水が湧き出ていると言われてきましたが、調査結果では周辺の外輪山への降水が伏流水となってこの池の湧水となっているようです。

静寂に包まれた神秘的な池!

森の中にあるこの池の神秘的な光景は見る人を魅了し、池の底に沈んでいる倒木まではっきり見ることができ、周りの木々の間から差す木漏れ日が独特の雰囲気を作り出し、鳥のさえずりしか聞こえない自然の中に池は静かにその姿をとどめています。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡清里町字清泉図
【連絡先】0152-25-4111
【アクセス】車:JR「知床斜里駅」から約1時間10分。清里町・JR「緑駅」から約20分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:神の子池
知床近郊の見どころ地図:神の子池

知床半島観光の人気おすすめスポット⑫

知床の観光名所:来運(らいうん)神社

清里町の郊外にある来運神社は明治の開拓時代から続く古い神社ですが、ここには斜里岳に積もった雪や雨が伏流水となって毎分5トンにもなって湧き出しており、現在も「来運(らいうん)の水」として斜里町の貴重な水源となっています。

運が来る神社!

この神社の湧水の水温は6℃前後で、夏は非常に冷たく飲んでおいしく感じ、多くの人がボトルなどに入れて持ち帰っているようです。また名前が「運が来る」と書くので、最近では幸運をもたらすパワースポットとして密かな人気となっていますので、この神社に立ち寄って参拝し湧き水を飲んで運を呼んでみてください。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町来運117
【連絡先】0152-22-2125
【アクセス】車:斜里駅から約17分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:来運神社
知床近郊の見どころ地図:来運神社

知床半島観光の人気おすすめスポット⑬

知床の観光名所:天に続く道

「天に続く道」は、斜里町の峰浜から大栄地区まで、全長約28km続く直線の道で丘の上のスタート地点に立つと、真っ直ぐに延びる道がどこまでも続き彼方の地平線と交わり、あたかも天に続いているような道に見えることから名付けられました。

北海道らしい道!

道の周囲は畑や防風林が広がり北海道らしい田園風景が続き、さらに遠くにはオホーツク海も見えて、その間を真っ直ぐに伸びる道を天を目指して走るのはまさに快適なドライブとなります。またスタート地点には展望台もありここからのビューも素晴らしく、また夕暮れ時には夕陽の落ちる彼方に道が吸い込まれていくような幻想的な光景も見られます。

知床観光地の基本情報

【住所】北海道斜里郡斜里町峰浜
【連絡先】0152-22-2125
【アクセス】車:JR「知床斜里駅」から約15分。

知床の定番ツアーや口コミなどの情報HP:天に続く道
知床近郊の見どころ地図:天に続く道

まとめ

知床のおすすめ観光スポットのご紹介、いかがでしたか?世界遺産にも登録されている知床には行ってみたくなる観光地がたくさんありますね。令和元年のホリディーには是非知床の観光地まで足を延ばして、美しい北の大地を体験してみてください。

北海道の他の情報が気になる方はこちらもチェック!

北海道の雨の日の楽しめるスポットやおすすめのキャンプ場、人気のスイーツなどの情報が気になる方はこちらもチェックしてみてください。

Thumb【2019】北海道の雨の日でも楽しめるスポット13選!雨でも遊べる場所をご紹介 ! | 暮らし~の[クラシーノ]
北海道は土地も広大で、札幌を中心として函館や富良野、旭川など大自然の多い人気の観光地が多いこ...
Thumb【2019最新】北海道のキャンプ場おすすめ人気13選!大自然の魅力を満喫しよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
梅雨明けが待ち遠しい今日ですが、ここでは梅雨のない北海道でキャンプを楽しむことのできるおすす...
Thumb【2019】北海道の人気スイーツおすすめランキング14!旅行のお土産にも! | 暮らし~の[クラシーノ]
北海道は、スイーツの原料となるチーズや牛乳に恵まれたエリア。六花亭や石屋製菓など、北海道のお...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ