シマノ「セフィア クリンチ ラトル」!ラトル重視の新型モデルが登場!のイメージ

シマノ「セフィア クリンチ ラトル」!ラトル重視の新型モデルが登場!

「セフィア クリンチ ラトル」は、シマノの2019年新作エギです。ラトルによる音と波動が持ち味のモデルで、フォール、ステイでも作動するガラスラトル構造が魅力。ラトル入りのダートに強いエギをお探しの方は、「セフィア クリンチ ラトル」をチェックです!

2019年06月15日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「セフィア クリンチ ラトル」でエギング!
  2. 「セフィア クリンチ ラトル」とは
  3. 「セフィア クリンチ ラトル」は2段ガラスラトル搭載!
  4. 「セフィア クリンチ ラトル」の号数ラインナップ
  5. 「セフィア クリンチ ラトル」の価格と発売日
  6. 「セフィア クリンチ ラトル」2モデルをご紹介!
  7. 1.シマノ「セフィア クリンチ ラトル:カエル跳びアッパー」
  8. 2.シマノ「セフィア クリンチ ラトル:エクスカウンター」
  9. 「セフィア クリンチ ラトル」のアクションについて
  10. 「セフィア クリンチ ラトル」の使い方!
  11. 「セフィア クリンチ ラトル」でアオリイカをゲット!

「セフィア クリンチ ラトル」でエギング!

シマノの新エギにラトルモデルが追加!

シマノの新しい陸っぱりエギシリーズ「セフィア クリンチ」にラトルモデルが追加!フォールやステイ時でも音と波動で誘える新作「セフィア クリンチ ラトル」をご紹介します。セフィアファンの方、ダート中心でエギングを楽しんでいる方は要チェックのアイテムです!

「セフィア クリンチ ラトル」とは

シマノの2019年新作エギ!

セフィア クリンチ ラトル

出典: http://fishing.shimano.co.jp

「セフィア クリンチ ラトル」は、シマノの2019年新作エギです。タイトルにもなっているラトルにこだわったアイテムで、フォール中にもラトルが動作する特殊な内部構造、魅力的なサウンドを奏でるガラスマテリアルが特徴。ダート、シャクリといった入力時だけでなく、フォール中やステイ時の揺れでも音が出る仕様になっています。ラトルタイプのエギをお探しの方は、是非チェックしてみてください!

シマノ「セフィア クリンチ」のラトルバージョン!

シマノ(SHIMANO) セフィア クリンチ カエル跳びアッパー 2.5号
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「セフィア クリンチ ラトル」は、昨年展開されたシマノの新しいエギ「セフィア クリンチ」のラトルバージョン。オリジナル同様、サーチ用の「カエル跳びアッパー」、ボトム向けの「エクスカウンター」2つのモデルで構成されています。キレのあるダートでインプレ評価もバッチリ!ラトルバージョンにも期待ができそうです!

「セフィア クリンチ ラトル」は2段ガラスラトル搭載!

ラトルルーム2つの構成!

「セフィア クリンチ ラトル」のラトルルームは2段式の構造。前1つ後ろ3つのラトル構成で、繊細な動きに対してもラトル音が発生する構造になっています。激しい動きに追従できるエギなので、強い動きには大きなサウンドでアピールをプラス!ボトムステイ時のエギの揺れでは、食わせを重視した小さなサウンドでナチュラルにアオリイカを誘います。自発的な出力のコントロールも、「セフィア クリンチ ラトル」の魅力と言えそうです。

ガラスの波動で生命感を演出!

ラトルが生み出す振動には、エギに生命感を与える波動効果もあります。バス釣り向けのルアーでは、ガラスは響きがよく高音、ベイトフィッシュライクな波動を生み出すマテリアルとしてバイブレーションを中心に採用されている構成です。アオリイカに小魚の群れを連想させるような効果に期待!低音で音が大きいものは甲殻類パターンに効く、と言われているので、他のエギと使い分ける遊び方も面白そうです!

「セフィア クリンチ ラトル」の号数ラインナップ

号数パターンを2モデルに分けてご紹介!

号数ラインナップがやや特殊な「セフィア クリンチ ラトル」。シリーズ内にコンセプトの異なる2つのモデルを持ち、それぞれコンセプトに合った号数のみが用意されています。エギング初心者の方でも役割を明確にしながら選びやすい!まずは号数ラインナップの法則からチェックしてみましょう!

サーチモデルは2.5号と3号!

小型の号数となる2.5号と3号は、クイックな連続ダートをメインにサーチで活躍する「カエル跳びアッパー」が担当。鋭い動きで効率的にアオリイカを探せるモデルです。秋イカはもちろん春でも小さなシルエット、鋭い動きを見せたい時は、このグループからエギを選びましょう!

ボトムモデルは3.5号と3.8号!

大きめサイズの3.5号、3.8号はじっくりボトムを攻める「エクスカウンター」モデルが担当。「エクスカウンター」に小型の号数はナシ、「カエル跳びアッパー」に大型の号数はナシというのが、「セフィア クリンチ ラトル」ラインナップ構成の特徴になっています。3.8号という変則的な号数が用意されているので、4号は大きすぎる、重すぎると感じていた方でも遊びやすいラインナップ!まずは中間的な3号、3.5号の構成から始めてみましょう!

「セフィア クリンチ ラトル」の価格と発売日

発売日は2019年8月

発売日は2019年の8月予定。陸っぱり向けのアイテムであることを考えると、春イカシーズンではなく秋イカシーズンからの稼働をイメージした発売日の設定と言えそうです。秋はアオリイカが小型ながら春よりも釣りやすく、入門にピッタリのシーズン!小型の「カエル跳びアッパー」から、「セフィア クリンチ ラトル」の釣りを始めましょう!

価格は定価1,120円、定価1,240円

価格はオリジナルの「セフィア クリンチ」と同じく3.5号までが定価1,120円、3.8号は定価1,240円の構成。実売価格は「セフィア クリンチ」を参考に考えると1,000円を切るモデルが出てくるか、といった価格帯になりそうです。エギとしては平均的な価格なので、補充をお考えの方は是非検討してみてください!

「セフィア クリンチ ラトル」2モデルをご紹介!

2モデルの特徴をそれぞれチェック!

「セフィア クリンチ ラトル」にラインナップされている2モデル、「カエル跳びアッパー」、「エクスカウンター」をそれぞれご紹介!個性に合わせたセレクトで、ご自身のスタイルにあったモデルが選べます。特徴の異なる2タイプのエギを使いこなして、釣果アップを目指しましょう!

1.シマノ「セフィア クリンチ ラトル:カエル跳びアッパー」

広範囲をサーチするならカエル跳びアッパー!

2.5号と3号を担当する、ダート重視のモデルです。着底を待たずガンガン動かして寄せるスタイルにおすすめのエギで、引き抵抗を軽く、連続したアクションに追従できるボディの安定性がコンセプト。鋭い動きを見せて、反応するアオリイカを探しながら遊べるモデルです。ランガンスタイルで手早く攻めるなら、「カエル跳びアッパー」を用意しておきましょう!

カエル跳びアッパーのスペックをチェック!

ウェイトは2.5号が10g、3.0号が15gのセッティング。沈降速度は1m約4秒、1m約3秒の設定になっています。ウェイト、沈降速度とも比較的スターンダードな構成!10gはややライトなロッドが欲しい重量なので、秋イカ用にライトなロッドを用意する方は2.5号、春秋兼用の1本で遊ぶ方は15gを検討してみましょう!

カエル跳びアッパーは秋イカにおすすめ!

表層、中層を素早くチェックできる「カエル跳びアッパー」は、好奇心旺盛な秋のアオリイカ狙いにおすすめ!春よりもエギへの反応が素直なので、ハイアピールな動きで釣れるイカを探すスタイルがおすすめです。2.5号があって数釣りにも対応!秋はこちらのモデルをメインに遊んでみましょう!

2.シマノ「セフィア クリンチ ラトル:エクスカウンター」

じっくりボトムを攻めるならエクスカウンター!

「カエル跳びアッパー」の対になるコンセプトを持ったモデルです。こちらは着底からじっくり攻めるタイプのエギで、警戒心の強い大型のアオリイカに手を出させる移動距離を抑えたアクションが魅力。レンジをキープするとともに、しっかり見せて乗せるコンセプトのエギに仕上がっています。タイプの異なる2つを使い分けて、釣果アップを目指しましょう!

エクスカウンターのスペックをチェック!

3.5号は18gと少し軽め、3.8号でも23gと万能系のロッドで十分投げきれるウェイトセッティング。キャスト時に掛かるウェイトだけを考えると、3.5号のディープモデルといったイメージで使えそうです。沈降速度はどちらも1m約3.5秒のセッティングで、混ぜて使っても違和感ナシ!秋よりも少しテンポを下げて、じっくり誘っていきましょう!

エクスカウンターは春イカにおすすめ!

ステイを含め、ボトムをしっかり攻められる「エクスカウンター」は、春の親イカ狙いにおすすめ!春のアオリイカは秋よりもレンジが低いケースが多く、着底からしっかり誘うことが釣果アップに繋がります。ポイントの水深が把握できていれば、根掛かり対策としてやや浮かせぎみから始める方法もありますが、初場所は必ずカウントを入れて水深のイメージを明確にしておきましょう!横方向への移動を重視、移動距離が少なくレンジ内をじっくり探れます!

「セフィア クリンチ ラトル」のアクションについて

2モデルのアクション動画をチェック!

「カエル跳びアッパー」、「エクスカウンター」のアクション動画をご紹介!どちらもエギングで重要なダートアクションを重視したタイプで、コンセプトに合わせた異なる動きを持っています。鋭い動きとフォールを組み合わせて、エギングを満喫しましょう!

①カエル跳びアッパーでクイックダート!

「カエル跳びアッパー」の得意アクションは、ラッシュダートと名付けられたハイピッチなダーティング。横方向への移動性能が高く、速い展開でアオリイカの興味を惹きつけます。ウェイト軽め、引き抵抗も軽めの仕様で、連続したダートでも疲れにくい!表層付近で動きをチェックしながら、反応するイカを探してみましょう!

②エクスカウンターでスイングダート!

「エクスカウンター」のダートアクションは、余韻の残るスイングダート。重くてもしっかり横を向いて、アピールとレンジキープの両立をサポートします。浮き上がりは控えめ、沈降速度はエギらしいスローフォール!ボトムレンジをキープしながら、じっくりデカイカを狙いましょう!

「セフィア クリンチ ラトル」の使い方!

使い方を3つに分けてご紹介!

「セフィア クリンチ ラトル」の使い方についてです。ダートを得意とするタイプのエギなので、アクションはジャークをメインに複数の動きを組み合わせる使い方がおすすめ。エギングのスタンダードであるシャクリ、フォールの組み合わせも有効です。モデルコンセプトに合わせたテンポをイメージしながら、「セフィア クリンチ」シリーズのエギングを楽しみましょう!

①使い方:連続ダートでアピール!

「セフィア クリンチ」シリーズの魅力である鋭いダートアクション。リールを巻きながらショートにシャクるジャーキングで、エギが左右に飛び跳ねます。「カエル跳びアッパー」はハイピッチに、「エクスカウンター」はやや速度を落として、大きな動きでダートアクションを与えるのがおすすめです!

②使い方:フォール、ステイでもラトルでアピール!

シャクリ、ダートの後は、浮いたエギを沈めるフォールとステイを入れるのがおすすめ。素早く動くエギに興味を持ったアオリイカが手を出しやすい、エギングで食わせの間となるポイントです。今回ご紹介している「セフィア クリンチ ラトル」なら、フォール時やステイ時もラトルサウンドが発生!音と波動による最後の一押しで、アオリイカをゲットです!

③使い方:シャクリ上げを混ぜてみよう!

キャスト後はもちろん、フォール後やステイ後はエギングのスタンダードであるシャクリからアクションを始めるのがおすすめ。多少でもエギをジャンプさせてから横方向へのアクションを始めることで、根掛かりを防止する効果が期待できます。ボトムステイ、シャクリ、フォール、ダートを組み合わせて、レンジをイメージしながらエギを操作してみてください!

「セフィア クリンチ ラトル」でアオリイカをゲット!

モデルに合わせた使い方で釣果アップ!

秋イカ向けの「カエル跳びアッパー」、春イカ向けの「エクスカウンター」で、使い分けも楽しめる「セフィア クリンチ ラトル」。ノンラトルモデルと同価格となっているので、手軽にローテーションへ組み込める点も大きな魅力と言えます。新しいエギをお探しの方は、是非シマノ新エギ「セフィア クリンチ」シリーズを検討してみてください!

シマノが気になる方はこちらもチェック!

シマノのエギングアイテムが気になる方は、下記のリンクをチェック!人気機種の仲間入りを果たした軽量スピニングリールのフラッグシップモデル「19 ヴァンキッシュ」のインプレまとめと、入門にピッタリの「18 セフィアBB」をご紹介します。エギングには軽量タイプのリールがおすすめ!タックルもバッチリ準備して、春秋はエギングを楽しみましょう!

Thumbシマノ「19 ヴァンキッシュ」インプレまとめ!超軽量スピニングの実力をチェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
「19 ヴァンキッシュ」のインプレまとめ!発売後約2か月が経過したシマノの人気シリーズ新作、...
Thumbシマノ「18セフィアBB」登場!2018年のエギング入門リールはコレで決まり! | 暮らし~の[クラシーノ]
18セフィアBBは、シマノの新作スピニングリールです。エギング向けシリーズとして定番のモデル...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ