ダイワ「パワーアップパウダー LS」!ライトゲーム新時代?新タイプの集魚剤をチェック!のイメージ

ダイワ「パワーアップパウダー LS」!ライトゲーム新時代?新タイプの集魚剤をチェック!

「パワーアップパウダー LS」は、ダイワのライトソルト向けパウダー集魚剤です。オキアミ、フィッシュの2タイプから選べるアイテムで、振りかけるだけでワームに味と匂いとプラス。「パワーアップパウダー LS」で釣果アップを目指しましょう!

2019年05月22日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「パワーアップパウダー LS」でワームをパワーアップ!
  2. 「パワーアップパウダー LS」とは
  3. 「パワーアップパウダー LS」は粘着性アリ!
  4. 「パワーアップパウダー LS」の価格と発売日
  5. 「パワーアップパウダー LS」は2サイズ!
  6. 「パワーアップパウダー LS」2タイプをご紹介!
  7. 1.ダイワ「パワーアップパウダーLS:オキアミ」
  8. 2.ダイワ「パワーアップパウダーLS:フィッシュ」
  9. 「パワーアップパウダー LS」の使い方
  10. 「パワーアップパウダー LS」はこんな釣りにおすすめ!
  11. 「パワーアップパウダー LS」で釣果アップ!

「パワーアップパウダー LS」でワームをパワーアップ!

アジング、メバリング向けの集魚剤が登場!

アジング、メバリングにもパウダー集魚剤!ライトゲーム向けのダイワ新製品「パワーアップパウダー LS」をご紹介します。ライトソルト向けに開発された集魚剤で、手軽さ重視のパウダータイプ。オキアミ、フィッシュの2モデルから選べます。液体タイプに煩わしさを感じていた方は、是非チェックしてみてください!

「パワーアップパウダー LS」とは

ダイワの2019年新作ライトゲームアイテム

パワーアップパウダー LS

出典: http://www.daiwa.com

「パワーアップパウダー LS」は、ダイワの2019年新作ライトゲーム向けアイテムです。浸透させるタイプではなく、振りかけて使うパウダータイプの集魚剤で、ワームのタイプを問わず使用できる点や保管、取り出しの手軽さが魅力。タイトルにある「LS」はライトソルトの略称で、アジングやメバリングだけでなく、ライトロックにもおすすめできます。タイトソルト専用のパウダータイプは珍しい!リキッドタイプをはじめ味や匂いが効くのは間違いナシの釣りなので、気になる方は是非チェックしてみてください!

バザーズワームパウダーの派生モデル

ダイワ(Daiwa) アミノX バザーズワームパウダーシュリンプ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ソルトのライトゲームでは液体系、専用のワームを漬け込んで使用するタイプが主流ですが、バス釣りでは液体だけでなくパウダータイプも人気。「バザーズワームパウダー」はダイワ定番のアミノXの記載がありますが、今回ご紹介する「パワーアップパウダー LS」には記載がなく、別の成分が使用されているようです。「バザーズワームパウダー」はインプレの評価も上々のアイテムなので、ソルトバージョンにも期待できそう!手軽さと集魚剤のプラス、2つを両立させて楽しみたい方におすすめです!

エビの匂いのする粉末タイプです。ワーム以外にラバージグやスビナーベイトのスカートなどに付けておくと絡まらず、変色や変形、ワームと干渉して溶けてしまうなどを防ぐ事も出来ます。また、ワームによってはベタついているのもありますが、これをつければサラッとしてリグり易くなります。

「パワーアップパウダー LS」は粘着性アリ!

タナまで届く粘着性

パウダータイプの集魚剤ですが、水に濡れると粘着性を発揮。ワームの表面にしっかり張り付いて、キャスト後のタナまでしっかりワームに残ります。持ちはワーム自体に吸い込ませる液体タイプ、内部にコアを持つタイプに分があるので、手返しと効果を比較しながら検討してみましょう。どの程度味と匂いが持つのか、発売後のインプレは要チェックです!

濡れるまではパウダーのまま!

濡れるまではサラサラしたパウダーなので、振りかけてからワームボックスにそのまま入れても問題ナシ!ワーム同士がくっつかない、滑りにくくフックに刺しやすいといったメリットがあるようです。オイルタイプ同様若干手に残るので手拭きは必要になりますが、ボックス内で保管しておけば取り出しは手軽!専用のケースを用意して運用するのがおすすめです!

「パワーアップパウダー LS」の価格と発売日

発売日は2019年の6月

発売日は2019年6月。ダイワ新作アイテムが数多く登場する、初夏のタイミングでの発売になります。メバリングはシーズン最終盤、地域によっては釣るのが難しくなってくるタイミングですが、アジングはシーズン本番中!発売から秋、冬と、匂いと味のプラスでアジングを満喫できそうです!

価格は480円、600円

価格は定価480円、600円。サイズ、パッケージによって価格差がありますが、手軽に試せる価格になっています。内容量は最大でも30gと少量で、175g入りの「バザーズワームパウダー」に比べると単価は高め。アジング、メバリングとも使用するワームのサイズが小さいので、無駄を減らしながら使いまわしていきましょう!

「パワーアップパウダー LS」は2サイズ!

スタンダードサイズのボトルタイプ

30g入りのパッケージはボトルが付属。パウダーの放出を制限して無駄を減らすとともに、持ち運びの利便性がアップします。詰め替え用として後述する袋タイプも展開されるので、しばらく使い込んで感触を試す、という方にはボトルタイプからのスタートをおすすめします。蓋付き、ハードパッケージで穴あきの心配もありません!

詰め替え用の袋タイプ

25g入りでボトル分安い袋入りタイプ。袋を開けて、中にワームを入れることでパウダーを添加する使い方も可能なモデルです。持ち帰るときは飛び散りに注意する必要がありますが、1回、2回試してみたい場合はこのパッケージがおすすめ。簡易なチャックが付いているので、袋に入れて持ち帰ればトラブルの心配はなさそうです!

「パワーアップパウダー LS」2タイプをご紹介!

オキアミ、フィッシュの2タイプをチェックしよう!

「パワーアップパウダー LS」にはオキアミ、フィッシュと2種類のタイプが用意されています。それぞれ袋パッケージ、ボトルパッケージとあるので、ラインナップは計4種。好みのサイズとタイプからスタートしてみましょう。イワシ、シラス等の気配があればフィッシュ、プランクトンパターンにはオキアミがおすすめです!

1.ダイワ「パワーアップパウダーLS:オキアミ」

無難に使えるオキアミタイプ!

アミをはじめプランクトン系のパターンで活躍してくれるオキアミタイプ。アジング、メバリングとも味と匂いが付いたタイプはエビ系をベースとしているケースが多く、初場所やベイトパターンが読めないシチュエーションで投入しやすいモデルです。タイプ選びで迷ってしまう方は、このモデルから試してみるのがおすすめ。コマセについた魚の攻略にも期待できます!

オキアミタイプはこんなワームにおすすめ!

プランクトン系のベイトを表現するアクション、スローなリフト&フォールやリトリーブの釣りにおすすめ。ピンテール、ロングワーム、パドルテール等には、オキアミタイプを試してみましょう。テールタイプを問わず、釣り方のスピードに合わせて選択してもOK!アジ、メバルともこちらのタイプの出番が多くなりそうです。

2.ダイワ「パワーアップパウダーLS:フィッシュ」

巻いて釣るならフィッシュタイプ!

イワシを追って入ってきた群れなど、小魚に付いているシチュエーションにはフィッシュタイプがおすすめ。パッケージの主原材料には「カツオパウダー」の記載があり、扱いやすさを感じさせます。巻きで使うワームにはフィッシュタイプ!カラーローテーションのイメージで、ベイトタイプを問わずローテーションさせて使っていく方法もおすすめです!

フィッシュタイプはこんなワームにおすすめ!

シャッドテール、グラブテールを中心に、ワームを巻いて使うシチュエーションにおすすめ。テールタイプを問わず、スピードを出して使う場合はフィッシュタイプを試してみてください。ロックフィッシュはもちろん、チヌやシーバスにも効きそう!発売後のインプレは釣れた魚、対象魚についての部分もチェックしておきましょう!

「パワーアップパウダー LS」の使い方

使い方を5つに分けてご紹介!

パワーアップパウダー LS

出典: http://www.daiwa.com

「パワーアップパウダー LS」の使い方についてです。変形等は起きないパウダータイプのアイテムなので、使い方は直感的で釣り方もいつものライトゲームスタイル。濡れた状態で粘着性が出てくるので、持ちが気になる場合は濡れたワームにプラスする方法から試してみましょう。味と匂いで釣果アップです!

①使い方:ボトルパッケージで振りかけよう!

パウダーが少量ずつ出るボトルパッケージを使う場合は、濡れたワームに直接振りかければOK!ジグヘッドやラインごと掛けても問題ナシ、仕掛けをセットして軽く海水に付けてから、パウダーを振りかけるだけでOKです。事前に振りかけておいて、キャストで濡らしても効果は十分!時々パウダーを追加しながら、アジング、メバリングを楽しみましょう!

②使い方:袋タイプには濡らして入れよう!

袋パッケージをそのまま使用する場合は、ワームを入れて袋をシェイク!こちらもジグヘッドを付けたまま行ってOKです。濡らして付ける方が持ちがよいので、軽く海水に入れてから袋に投入しましょう。水分でダマになって効率は落ちそうですが、価格、作業とも手軽に遊べる使い方になります。

③使い方:専用ボックスを作ると便利!

パウダー用のワームボックスを用意しておくと便利!カラー、サイズごとに仕切れるボックスを用意して、各部屋にワームとパウダーを入れておきましょう。ワーム同士が張り付かず取り出しが快適、ワームからパウダーが無くなってきたら、ボトルパッケージからそのまま振りかけて追加です!

④使い方:釣り方はいつもと同じでOK!

釣り方はいつものライトゲームスタイルでOK。リトリーブ、リフト&フォールとも、いつもの釣りで楽しめます。使用時は常にワームが濡れた状態になるので、ちょい足しも簡単!食わせのアクションを入れて、集魚剤の匂いと味で口を使わせましょう!

⑤使い方:無くなったらプラスしよう!

粘着性があるとはいえ表面に塗布するタイプなので、水に溶けてだんだん効果が薄くなります。乾燥状態から掛けた場合の持ち、粘着性が出てからどの程度持つのかは、発売後のインプレをチェック!オイル切れのオイルタイプを復活させる、添加物無しのタイプにプラスする、タイラバネクタイなどライトゲーム以外のワームにプラス、と使い方はアイデア次第!オキアミとフィッシュを使い分けて、釣果アップを目指しましょう!

「パワーアップパウダー LS」はこんな釣りにおすすめ!

パイロットルアーのパワーアップに!

別魚種、小さなサイズからの反応も増える集魚剤。魚の気配があるポイントを探す、パイロットルアーのパワーアップにおすすめです。スローに釣る場合はフグやベラのアタリも増えそうですが、他魚種でもアタリが増えればやる気がアップ!魚が付きやすいポイントを探して、本命のアジやメバルが入るタイミングを待ちましょう!

タフコンディションの攻略に!

ショートバイトが多い、ライズが見えるのに口を使わないといったタフコンディションの攻略にもおすすめ。乗り切らない、見切られるあと一歩のところを、集魚剤の味と匂いがフォローしてくれます。釣れているときはそのまま、釣れない時の変化としてプラスする使い方もおすすめ!ライトゲームバッグに忍ばせて、坊主逃れ用の切り札として投入しましょう!

「パワーアップパウダー LS」で釣果アップ!

集魚剤でアジング、メバリングの釣果アップ!

味と匂いが効くアジング、メバリング向けに開発された「パワーアップパウダー LS」。パウダータイプの登場で、いろいろなタイプから集魚剤が選べるようになりました。手軽さ重視なら「パワーアップパウダー LS」!他タイプの集魚剤と比較しながら、自分に合う構成を探してみましょう!

ダイワが気になる方はこちらもチェック!

ダイワのライトゲーム向けアイテムが気になる方は、下記のリンクをチェック!月下美人シリーズのロッドとリール、新作ワームのまとめをご紹介します。新しく追加された「極み」シリーズは、特濃エビ粉コア×アミノXの味と匂い付き。「パワーアップパウダー LS」とは内容が異なるものの、ダイワ製の集魚剤を配合しています。ダイワの集魚剤効果が気になる方は、是非「極み」シリーズをチェックしてみてください!

Thumbダイワ「NEW月下美人MX」!大人気ライトゲームロッドの新型情報をチェックしよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
月下美人MXロッドシリーズに、2018年NEWモデルが登場!コスパの光るダイワミドルクラス、...
Thumbダイワ「18月下美人MX」!ライトゲーム定番リールがLTでパワーアップ! | 暮らし~の[クラシーノ]
18月下美人MXのラインナップとスペックをご紹介!人気の18レガリスLT、18フリームスLT...
Thumbダイワ「月下美人ワーム」2018年新作まとめ!新作アイテムでライトゲームを攻略! | 暮らし~の[クラシーノ]
月下美人ワームの2018年新作をまとめてご紹介!人気のアジングビーム、ビビビームに集魚フレー...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ