Amazonベーシックなら激安でキャンプ用品が買える?評判の商品含めて解説!のイメージ

Amazonベーシックなら激安でキャンプ用品が買える?評判の商品含めて解説!

通販大手Amazonのプライベートブランド、Amazonベーシックはいろいろな製品が取り扱われていてとてもリーズナブルで人気です。中でもキャンプ用品は非常にコスパがよく人気があります。そんなAmazonベーシックで買えるアウトドアにぴったりの製品を紹介します。

2018年10月17日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. Amazonベーシックとは
  2. Amazonベーシックは保証付き
  3. Amazonベーシックの評判
  4. 1:Amazonベーシックの8人用テント
  5. Amazonベーシックの8人用テントの評判
  6. 2:Amazonベーシックのファイヤーグリル
  7. Amazonベーシックのファイヤーグリルの評判
  8. 3 :Amazonベーシック バックパック クラシック
  9. Amazonベーシック バックパック クラシックの評判
  10. 4:Amazonベーシック ハイキングバックパック
  11. Amazonベーシックのバックパックの評判
  12. 5:Amazonベーシック カメラバッグ
  13. Amazonベーシックのカメラバッグの評判
  14. 6:Amazonベーシック ルーフトップカーゴバッグ
  15. Amazonベーシックのルーフバッグの評判
  16. Amazonベーシックのまとめ

Amazonベーシックとは

Amazonのコスパのいいオリジナルブランド

出典: https://www.amazon.co.jp

大手スーパーや家電量販店などが展開しているオリジナルブランドをプライベートブランド商品といい一般的に低下価格で魅力的な製品が多く、Amazonベーシックも例外ではありません。もともとAmazonは通販サイトのため同じキャンプ用品でも店頭で買うよりも安い価格で買う事ができます。しかしプライベートブランドのAmazonベーシックではさらにテントなどが爆安です。

Amazonベーシックの品揃え

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonベーシックの品揃えは日本とアメリカで多少の違いがありますが、ラインナップは幅広くキャンプ用品だけではなくカメラやリュック、旅行用のバックパック、ペット関連などさまざまな物がります。またプライベートブランドとして、ただ安いだけではなくAmazonベーシックは評判の良い製品が多く品質も悪くありません。中には惜しい製品もありますが基本的にはおすすめのブランドです。

Amazonベーシックは保証付き

コスパの良い自社ブランドに保証までついてくる

価格安いのと高品質で評判が良いのですが、他のプライベートブランドよりすごいのはAmazonベーシックには1年間の保証が付いてきます。そのためすぐに壊れてた場合でも保証期間内ならAmazonに相談してみましょう。単にコスパがいいだけではなく保証付きだから尚おすすめできるプライベートブランドになります。

Amazonベーシックの保証内容

s.k_rexさんの投稿
42557929 389356271602438 3493221464897106103 n

Amazonベーシックの保証は日本国内のみ有効で、保証内容は注文してから一年以内に不具合や破損があった場合に同じ製品もしくは同等の製品での交換か返金にて対応になります。どちらの対応になるかはAmazon独自の裁量によって決まるのでユーザー側で選ぶことはできません。

Amazonベーシックの評判

評判が分かれるブランドロゴ

non4249さんの投稿
22857996 1669338196461591 8604696695244062720 n

Amazonベーシックには必ずAmazonのロゴが製品のどこかに必ずと言っていいほど入っています。これがおしゃれに思う方もいれば、ブランドロゴがないほうが良いと思う方もいるように評判の分かれるポイントにななるようです。

全体での評判は基本的にはいい

masaa.meさんの投稿
12393639 1244543948892921 409015403 n

コスパが良く全体的には評判のいい製品が多いですが、安いからといって言って適当に選ぶのはおすすめしません。プライベートブランドなのでちゃんと評判など参考にしないと価格が安い分、一部の製品はツイッターなどで評判が良いとは言えないものもあるので、コスパだけで判断しないでレビューなどからどんな製品か判断するの事も大切です。キャンプで使えるAmazonベーシックの製品に関する評価については後述します。

1:Amazonベーシックの8人用テント

驚愕の爆安8人用テント

Amazonベーシック テント 最大8人用 防水 軽量 組み立て簡単 キャリーバッグ付き

耐水圧:不明 広さ:457cm x 274cm 中央部の高さは183cm

Amazonで詳細を見る

キャンプ用品といえばキャンプで家となるテントが必要です。Amazonベーシックでも大型のテントしかありませんが、テントが取り扱われています。最大8人で利用できる大型のテントでコスパが非常によく、安いので人気です。デザインも変にAmazonベーシックのロゴが入っているわけではなくインナーの一部に小さくあるだけでフライシートの色もAmazonらしいオレンジの配色です。

Amazonベーシックのテントの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

フライシートが完全にインナーテントを囲むようになるフルフライではなく半ほどしないハーフフライになるので雨に弱い特徴があります。もともとAmazonベーシックのテントは日本の気候に合っていないと言われていてコスパは良いですがフライシートが短く雨の日には使えません。逆を言えば晴れた日は安いテントですが大きくてインナーテントがメッシュになっているため風通しも良く非常に快適に過ごせるので評判がいいです。

おすすめポイント

フライシートが短いので雨の日には使わないと割り切って使うと8人用で1万円台で買うことができるテントは恐らくAmazonベーシックだけです。これだけもコスパが良いのですがただ安いだけではなくインナーテントにはメッシュポケットもあり小物を入れることができたり、電源ケーブルを通すための専用の穴、立って移動できるほどの高さもあるテントで細かなところもしっかり考えられているためおすすめできるAmazonベーシックの製品です。

海外のAmazonベーシックには小さなテントもあり

アメリカのAmazonベーシックには8人用をそのまま4人用に小さくしたようなテントもあります。尚購入することはできますが個人輸入の形になります。

Amazonベーシックの8人用テントの評判

コスパ抜群の「晴れの日」専用のキャンプ用品

出典: https://www.amazon.co.jp

前述したように雨に弱い作りで耐水圧も不明なため晴れの日専用として使うという条件ならば全体的に評判がよく、不便な点として説明書が不親切との評判もあります。コスパがよく条件さえ合えば普通に使えるのテントなのでおすすめです。キャンプ用品の中で一番大切なテントですが、耐久性などについては価格帯を考えるとあまりないと言われています。

注意点

付属品にハンマーがついていないのでキャンプする時にはハンマーを用意する必要がります。安いですが収納バッグなどは付属しています。ただし付属しているペグとロープは他のキャンプ用品に変えたほうが良いとの評価もあります。使用している材質などの表記もありません。

インナーがほぼメッシュなのと、フライシートが小さいので日本の気候向けではありません
小雨なら大丈夫ですが、本格的な雨には対処できませんので天気が良いとき専用ですが
普通は悪天候の時にキャンプしないと思うのであまり気にしなくてもいいかも

2:Amazonベーシックのファイヤーグリル

焚き火で使えるファイヤーグリル

Amazonベーシック 高耐久折りたたみ式キャンプファイヤーグリル XLサイズ
Amazonで詳細を見る

焚き火台を使う必要のない直火ができるキャンプ場なら直火で焚き火をすると思うのですが、そのままだとゴトクなどもなく料理などをするのが難しい欠点もありますます。Amazonベーシックのファイヤーグリルを使用すると直火で料理がしやすくなりますし、使用しなくてもサイドテーブルに使ったり熱々のスキレット、ダッチオーブン置き場にもおすすめです。

Amazonベーシックのファイヤーグリルの特徴

Amazonベーシック 高耐久折りたたみ式キャンプファイヤーグリル Mサイズ
Amazonで詳細を見る

テントと比べて便利なところは大きさが2種類あり使用する人数によって選ぶことができるのも魅力的です。小さい方は幅40センチ、奥行き30センチ、大きい方は幅91センチ、奥行き46センチとソロから2~3人まで対応し、ダッチオーブンも置ける充分な耐荷重があります。価格はどちらもAmazonベーシックなので安くコスパ抜群ですが、それだけではなく脚を折り畳んでコンパクトに携帯できるようにもなっていて細かい部分も考えられています。

おすすめポイント

材質がスチールでできているため重たいですが価格の割に強度もあります。日本では直火での焚き火ができるキャンプ場が少ないのでグリルとして使うよりかはサイドテーブルとして使用が多く、特に使い道が無くても価格も安いので荷物置き場など他の用途に使ったりと使い方も豊富にあります。

Amazonベーシックのファイヤーグリルの評判

脚の開き具合が少し悪い

出典: https://www.amazon.co.jp

使えないわけではありませんが脚の開き具合に多少製品ごとに誤差があるようで綺麗な八の字ならないとのレビューがあります。またAmazonベーシックはAmazonが企画してメーカーに依頼して作られているため全てのAmazonベーシックが一概に同じ品質とは言えません。評判は上々ですがファイヤーグリルは多少当たり外れがあるようなので開封時や初めて使用する時は脚の開き具合やバリなどを確認してから使用したほうが良いでしょう。
 

注意点

Amazonの商品説明の重さはMサイズが1.5キロ、XLが2.8キロとなっていますが誤りがあるようで少なくともXLについては5.4キロです。

見た目ですが、網目も大きく粗い塗装も相まってキャンプ用というよりは建築部材のようなルックスと、
ちょっとぶつかったぐらいではひっくり返る気配もないアルミとは別物の重量感が無骨としか言いようがないかっこよさです。
品質的には他の方が書かれているような脚部の精度は低いということもなく満足しています。

3 :Amazonベーシック バックパック クラシック

コスパのいいリュック

Amazonベーシック バックパック クラシック ホワイト

全7色(2018年10月16日現在)

Amazonで詳細を見る

バックパックとリュックは言語が違うだけで本来は同じ意味ですが、この記事では容量の大きな物をバックパックと呼び小さな物をリュックと呼びます。Amazonベーシックのリュックはシンプル普段使いできるリュックから大きなバックパックまで豊富なラインナップとなっていてどのリュク、バックパックも安いので予備や買い替えにも便利です。また一番小さなリュックでも比較的大きいとの評判があります。

Amazonベーシックのバックパッククラシックの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

安いですがリュックとしての基本設計はちゃんとできていてショルダーストラップにクッションがちゃんとあるのでくいこみにくく、疲れにくくなっています。容量はAmazonベーシックのリュック、バックパックの中で一番小さなモデルですがタブレットPCなども入るサイズで、ポケットなどはあまりなく前面、側面に水筒用、内側に2種類のポケットがあるだけとなっています。通学に使うにはちょうど良いポケットの数のリュックです。

おすすめポイント

見た目や作りは値段相応でチープな印象があるとの評価ですがリュックとしては問題なく使えます。タブレットPCや小さなノートPCが入るサイズなのでキャンプなどのアウトドアにも便利でカラーバリエーションが7色もあるので好きな色を選ぶことができます。ショルダーストラップもしっかりクッションになっているのも安いだけではないAmazonベーシックの魅力です。

Amazonベーシック バックパック クラシックの評判

大きさで評判が分かれる

出典: https://www.amazon.co.jp

到着して現物を見た時に予想より大きくて嬉しい方がいれば、逆に予想より大きくて普段使い、電車の中では使いにくいと感じる方がいます。人によって使用感が異なるため参考にするのは難しいですが、リュックの大きさは15.2 ×40.1センチとなっています。裁縫などについても悪いレビューはなく全体的に評判がいい製品です。ただしサイドポケットが浅いとの評価が多くあり前かがみになると落ちるとのレビューもあるので注意しましょう。

リーズナブルでpcポケットも有り、しっかりした作りで満足です。
ただ、側面のボトルポケットが浅いのが気になります。
ペットボトルや水筒を入れると片方を肩からはずして斜めになった途端落ちます。

4:Amazonベーシック ハイキングバックパック

格安の大型バックパック

Amazonベーシック インターナルフレームハイキングバックパック レインフライ付属 75L ブラック
Amazonで詳細を見る

徒歩や自転車など荷物を自分で運ばないといけない時に必要になる大きなバックパックもAmazonベーシックでは取り扱われていて価格が驚きの安さですが他のAmazonベーシックの製品と同じように評判は良いです。大きですが価格の割に基本設計も問題なく、背面を調整できるようになっていたり荷重が分散するようにショルダーストラップ以外にも一般のバックパックと同じようにヒップベルトもちゃんとあります。

Amazonベーシックのハイキングバックパックの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

基本設計は問題がない上に雨に対する工夫も充実しています。まずバックパックそのものが短時間の少雨程度なら防いでくれる撥水性外装コーティング、そして大雨でも短時間なら防いでくれるレインカバーがついているためカメラなどの電子機器を入れていても大丈夫です。またポケットもたくさんありすぐに取り出すような荷物の収納も、テントなどの必要なときにしか取り出さない荷物も整理して持ち運ぶことができます。

おすすめポイント

アウトドア用品は防水機能がないと使いにくく雨で着替えなどが濡れたり、カメラなどの電子機器が破損するようであれば非常に安くても使いにくいバックパックです。その点安いですがレインカバーもあるので短時間の雨なら防げるうえバックパック下部にベルトがあるため銀マットなども持ち運びやすくなっているます。

Amazonベーシックのバックパックの評判

価格帯を考えると品質がいい

出典: https://www.amazon.co.jp

全般的に好評ですがショルダーストラップがずれるとのレビューもあります。しかし価格帯を考えると評価がよくキャンプや登山でも使えると評判です。安くて大きなバックパックが必要な方におすすめです。

着替え・寝袋・エアマット・折りたたみ椅子に火起こし道具まで入れても容積には多少余裕があります。
コンパートメントは上下に別れており、下は寝袋+エアマットで概ねちょうどよく、背側にボーン入りのため下が空の状態でも自立します。

5:Amazonベーシック カメラバッグ

リーズナブルな一眼カメラ用バッグ

Amazonベーシック カメラバッグ 7.8L 一眼レフ用 ブラック
Amazonで詳細を見る

交換レンズを持っていかない時に使える小さな一眼カメラ用のバッグで、110ミリまでのレンズを装着したまま収納できます。小さいため必要最低限な作りになっていますがメモリカードを入れるスペースはあります。デザインは前面Amazonベーシックのロゴがあるため評価は分かれますがコスパ抜群です。内部にもポケットがあり予備のバッテリーなども持ち運ぶことがで多少変形するのでカメラが大きくても入れやすいです。

Amazonベーシックのカメラバッグの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

散歩などにで一眼カメラを持ち出す時に使うこともできますが大きめなので気軽に持ち運べるかは別です。そのぶん大きなカメラでも収納できるのでキャンプで写真を取りたいという方におすすめです。望遠レンズのよに大きなものは装着して収納できませんがキットレンズ以外に広角レンズなどある程度のレンズを付けても収納できます。外に3箇所あるポケットにはフィルターなど小物も入ります。

おすすめポイント

Amazonベーシック カメラケース コンパクトカメラ用 Lサイズ ブラック
Amazonで詳細を見る

望遠レンズなどを使って本格的に写真を取る場合はこのバッグには不向きで、写真撮影始めた方やとりあえず一眼カメラ用のバッグ欲しい方にはおすすめできます。同じコンセプトでコンパクトデジタルカメラ用のバッグもあるので散歩からキャンプなどのアウトドアにカメラを持っていく時におすすめです。

Amazonベーシックのカメラバッグの評判

大きめのレンズじゃなければ問題ない

出典: https://www.amazon.co.jp

単焦点レンズなら装着したまま収納できますし、望遠でも大きくなければ使えます。レンズをあまり持ち運ばなくカメラ本体をシンプルに持っていきたい時におすすめのバッグで全体的に好評です。

自分はカメラマニアでもないのであまり大きいのは・・・と思ってましたが、肩掛けタイプで邪魔になりにくいです。手前のポケットに交換用電池とSDカード、両サイドにカメラキャップを入れてもまだ少し余裕があったのでUSBケーブルも入れてあります。
欲を言えばレンズ部分が下になるので底のほうがもう少しクッション性があれば良かったなと思います。

6:Amazonベーシック ルーフトップカーゴバッグ

荷物の持ち運びに便利なセット

【おすすめキャリアセット】 Amazonベーシック ルーフトップカーゴバッグ ブラック 容量425L + カーメイト ルーフキャリア inno アルミラック100
Amazonで詳細を見る

ルーフキャリアが付いている車を使用してい方はAmazonベーシックのルーフバッグもおすすめです。セットもありますがバッグのみの販売もあり安いですが問題なく使えるため人気があります。非常に大きなバッグなので家族4人で1泊のキャンプに使ってもゆとりのある425L、ルーフに取り付けるため多少の雨ならしっかりと防水してくれます。

Amazonベーシックのルーフバッグの特徴

出典: https://www.amazon.co.jp

取り付けにはルーフレールが必要ですが、価格が安くバックルとベルトで簡単に着脱できるようになっています。

おすすめポイント

キャンプ用品を積む時にトランクを使うのが一般的ですが車種によっては狭いこともあるのでルーフを活用することも大切です。多少の雨では染み込むことがないのも便利な点でアウトドアにあると便利です。

Amazonベーシックのルーフバッグの評判

かなり好評のAmazonベーシック

出典: https://www.amazon.co.jp

ルーフバッグはAmazonベーシック以外にさまざまな会社が発売していますがAmazonベーシックのルーフバッグもベストセラーとなっていて評判がいいです。ただし防水に関しては多少個体差があるようなので大雨などには注意が必要になります。たくさんの荷物が収納できるのでキャンプにおすすめのAmazonベーシックの製品です。

ルーフレール装備車にてラックは搭載せず滑り止めシートをルーフに敷き直載せで使いました。
ラック上ではないので左右合わせて4点留めです。
折りたたみチェア6脚、折りたたみ6人掛けテーブル、2人用テント、パラソル、クーラーボックス、5人分の着替えなど、真夏でしたので熱に耐えられるものを収納しました。

Amazonベーシックのまとめ

Amazonベーシックはコスパ抜群

mio_yaoさんの投稿
15535093 1120615304724540 7256097275200405504 n

とにかくAmazonベーシックは価格が安くコスパ抜群でそれなりに使える製品が多いのでおすすめです。保証は付きませんがアメリカのAmazonでは焚き火台、インフレータブルマットなど日本とまた違う品揃えになっていているので興味がある方はチェックしてみてください。またバックパック、カメラバッグはラインナップが豊富で今回紹介したバッグ以外にも色々なタイプがあります。

キャンプ用品などが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはキャンプ用品に関する記事がたくさんあります。良かったらチェックしてみてくださいね。

Thumb【2018】ファミリーテントおすすめ10選!家族キャンプに最適なテントはコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
昨今、家族キャンプをする方が多くなってきています。そこで今回はファミリーに人気のファミリーテ...
Thumbキャンプの焚き火台おすすめ14選!有名ブランドの人気&最新製品を比較解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプに行く人は、焚き火台のおすすめを見てみましょう。焚き火台のおすすめには簡単にスタンド...
Thumb登山におすすめのカメラ選びは?人気カメラ12選と綺麗に撮影するコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は登山におすすめのカメラの選び方を見ていきます。選び方はコンパクトなサイズの物にする、防...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ