迷銃L85をG&Gが電動ガンとして再現!L85の阿鼻叫喚たる歴史もご紹介!のイメージ

迷銃L85をG&Gが電動ガンとして再現!L85の阿鼻叫喚たる歴史もご紹介!

今回は迷銃であるイギリスのL85シリーズのアサルトライフルについてご紹介したいと思います。迷銃を電動ガンとしてG&Gが開発しましたので、今回は不吉な噂が絶えないL85のでをご紹介していきたいと思います。性能などをレビューしたので、合わせてどうぞ!

2018年09月11日更新

みさお
みさお
サバゲーを始めて十数年~、いろいろなエアガンに触れてきました。また、バイクに乗ってツーリングすることにも精通しておりまする。エアガン、バイク系統について、最新の情報から、お役立ち情報までいろいろと発信します。よろしくお願いします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. L85ってどんな銃?
  2. 今回はL85のA1とA2をご紹介!
  3. G&Gが電動ガンとして販売中!
  4. G&GのL85A1電動ガン
  5. G&GのL85A1の性能は?不調はある?サバゲーは?
  6. さすがL85A1の呪い、これは鈍器?
  7. G&GのL85A2電動ガンが販売されている!
  8. G&GのL85A2電動ガンをレビュー!
  9. 結論:L85A2なら使える!A1は弾が出ない鈍器
  10. 迷銃L85の電動ガンの性能やレビュー!総まとめ

L85ってどんな銃?

迷銃のL85はこんな銃

tihvicentiniさんの投稿
29415528 1607249132645075 4484314266433748992 n

L85A1はイギリス軍において、正式に採用されたブルパップ式のアサルトライフルです。当時はいろいろな弾とライフルの開発がされていました。ライフル銃の開発にも、かなり熱が入っていた時代でした。思うようなライフルやアサルトライフルなど銃が出来ない中、やっとこさ、本当にやっと開発に成功し、イギリス軍全体に配備されたのがL85A1でした。そんなL85A1は後に動かない鈍器とも言われるようになりますが、スチールパーツを使っていたりと軽量化を図っていたりもしていたアサルトライフルです。

迷銃の歴史

L85A1は最初に開発されたアサルトライフルだと思われガチです、実を言うと初期モデルではありません。最初に開発されたのがL85で、さらにその後にイギリス軍において改造が幾度となく繰り返されて生まれたのがL85A1です。イギリスでとても華々しくデビューし、配備されることになったL85A1ですが、英国連邦国であるカナダやオーストラリアなどはこのL85の配備を拒否しました。唯一配備に応じたのがジンバブエとジャマイカだったのは今では笑い話ですね。

今回はL85のA1とA2をご紹介!

特に迷銃なL85A1の黒歴史をご紹介!

L85A1のある意味伝説な黒歴史のお話をご紹介します。L85A1はイギリス軍で正式採用され、イギリス陸、海、空、と、悲しきかな、総てのイギリス軍にL85A1は配備されました。しかし、実装されてから、イギリス軍で性能を試すために隊員がL85A1のハンドガードなどの取り回しや、銃の性能を試しますが、なんと恐ろしいことが起こってしまうのです。弾が出ない…!マガジンが勝手に落ちてくる!ジャムは当たり前…!恐ろしいですね。

黒歴史その2

thefelipegaさんの投稿
20184897 489405881395273 4634586105444827136 n

当初配備されていたL85A1は、本体はスチールを多用し、グリップやハンドガードはプラスチックを使用しているため、低コスト化される予定でした。あくまでも予定です、実際に配備され、蓋を開けてみれば、ジャムや給弾不良などのオンパレード。まともに撃てる機会の方が少ないと言われてきたアサルトライフルです。スチールなどを多用しているため、普通のアサルトライフルに比べて重量は5kgほどととても重い仕上がりになっていました、良いところと言うと、銃で殴ればある程度強いという事ぐらいですね。

G&Gが電動ガンとして販売中!

G&Gが電動ガンとして販売しています

出典: https://dragon-force.jp

実はG&Gが販売を行う前に、日本のエアガンメーカーでもL85A1をエアガンとして販売したメーカーがありました。ですが販売したのは束の間、そのL85シリーズを皮切りに、なんと会社が倒産してしまったのです。呪いのアサルトライフルとも呼ばれている銃です。

実を言うと悪魔のような歴史を持つL85A1は、G&Gという海外のエアガンメーカーが電動ガンとして販売をしているのです。今回はG&Gが販売を行うK85A1の電動ガンも一挙ご紹介していきたいと思います。

G&GのL85A1電動ガン

迷銃であるL85A1の電動ガンはいかに…

出典: https://item.rakuten.co.jp

華々しくも正式な配備されたL85A1は給弾不良から、ジャムと、いろいろな不調を起こしてくれたアサルトライフルです。コッキングレバーの位置がどう考えてもおかしいと、とてもおかしいしようなアサルトライフルです。

実際にL85A1電動ガンを見ていきましょう。L85A1の電動ガンの重量は実銃よりは軽い3.1kgほどでした。マガジンの装弾数は450発と、結構多い多弾数マガジンとなっています。全長は78cmと、一般的なアサルトライフルと言った具合です。電動ガンとして持ってみると、重たい!というほどではありませんが、一日中持っていると疲れるほどではあります。

G&GのL85A1の性能は?不調はある?サバゲーは?

迷銃L85A1から弾が出ましたか?

出典: https://dragon-force.jp

実銃の重量はかなり重たい仕様となっていますが、G&Gの電動ガンL85A1は、まだ電動ガンというエアガンの枠組みであったため、3.1kgほどとなっています。また、G&Gの電動ガンでも給弾不良が多発する事案が発生するなどしています。

実際にG&GのL85A1電動ガンをレビューしてみました、一番の感想は、やっぱりか、という物でした。実際に使ってみて、さぁ撃つぞ!となりましたが、なかなか弾が出てこないのです。再度マガジンを抜いてみると、しっかりと指したはずなのに、マガジンが刺さっていないという謎現象が起きました。フルオート射撃に切り替えて、マガジンを指してみると、次はなんとか動いてくれました。セミオートは動かないままでした。

サバゲーで使える?

さすがに謎すぎるということもあり、ショップにて修理の依頼を賭けたところ、どうやらメカボックス内にて問題が起こっていたとのことでした、跡数発ジャムっていたとのことです。フルオートで数発撃ってみただけでジャムを起こしてしまったようです。これは、サバゲーで使うことを考えると、弾が出ない!逃げなきゃ!といっている時間の方が多そうな気がします。ですが見た目はかっこいいので、そこが微妙ですね。

さすがL85A1の呪い、これは鈍器?

個体差かもしれませんが、これは鈍器でした

出典: https://dragon-force.jp

G&Gというとても高品質が売りなエアガンメーカーが作っても、もともとの構造からダメになっているL85A1には救いはありませんでした。残念ながらどこのメーカーも救済することが出来ませんでした。言うなれば弾が出るかもしれない鈍器ですね。

実際にレビューしてみたG&Gの自分のL85A1はフルオートを撃つとジャムを起こす鈍器でした。今は友人の元で眠っていることでしょう。ジャムを起こしまくるようで、巷ではジャムおじさんとも呼ばれているようです。実銃同様に、世界に羽ばたくためにデビューしたはいいものの、結果こういったデメリットだらけの鈍器とかしてしまったのはとても残念です。結構言い値段がするだけに、とても残念でした。※個体差がありますので、全部が全部、こういう状況とは限りません。

G&GのL85A2電動ガンが販売されている!

G&Gの電動ガンL85A2は良好!

出典: https://airsoft97.com

続きまして、先ほどの絶望的なL85A1の電動ガンの次にご紹介するのは、L85A2をG&Gが電動ガンとして販売した物になります。A2になってからは、前回のA1と違ってかなり操作性が向上したモデルになります。

さて、続きましてご紹介するのはL85A1ではなく、その次の世代のアサルトライフルであるL85A2になります。フロントサイト、リアサイトともに見やすく、一番重要な、セミオート、フルオートはかなり良好でした。ハンドガードはそこまでギシギシといわずに、結構剛性は良い方だと感じました。ハンドガードからレシーバー、そしてストックと、かなりしっかりしていました。電動ガンとしてとてもおすすめです。

G&Gの電動ガンL85A2の性能

出典: https://airsoft97.com

こちらの電動ガンはとても良好な性能をしていました!さすがG&Gというところでしょうか。元々A2の方はあまり不調なども聞かないので、レビューしてみましたが、そこまで不安感はありませんでした。今回はレビュー内容もご紹介します。

G&Gが販売を行うL85A2は、重量が3.1kgと、L85A1と同じ重量になります。全長もあまり変わって今sンでした。マガジンも多弾数マガジンでした。こちらにはG&G特性の電子トリガーであるETUが装備されています。かなりグレードが高くなっています。前回のL85A1の持病であった謎のセミオートの不調もしっかりと緩和しており、実銃同様に使いやすく、性能の高い、本来のG&Gに戻ったような、そんな感動を受けました。

G&GのL85A2電動ガンをレビュー!

迷銃だったエアガンでシューティングレンジでレビュー!

出典: https://airsoft97.com

見た目はかっこいいのに、そのポンコツ性能で、とても残念だったL85電動ガンもL85A2の電動ガンの登場により、これからはサバゲーでも使う方が多くなることでしょう。L85電動ガンを買うならA1では無く、絶対にA2を買うようにしましょう。

実際にシューティングレンジでL85A2電動ガンをレビューしてみました。こちらの電動ガンは三点バースト機能が搭載されているので、かなり操作性が高い電動ガンでした。10秒トリガーを握っていると、三点バースト機能とフルオート機能の切り替えが出来ます。連射性能もとても高いため、かなりレスポンスの良い電動ガンです。セミオートでの初速は大体89m/sほどで、フルオートだと50m/s後半は出ていました。

迷銃だったエアガンでサバゲーレビュー!

出典: https://airsoft97.com

同じG&Gというエアガンメーカーが作ったにもかかわらずどうしてここまで差が出てしまったのか、謎ですが、G&G電動ガンのL85A2はサバゲーで使っても全然使える、むしろ使いやすい電動ガンでした。

実際にサバゲーで使ってみました、こちらのL85A2電動ガンは、銃身がエアガンの後方、ストック側にあるので、けっこう構えやすかったです。セミオート、フルオートも結構楽しく、性能も高いので、かなりHITを取ることが出来ました。L85A1とは雲泥の差でした。トリガープルも軽く、初心者の方にもおすすめな電動ガンでした。

結論:L85A2なら使える!A1は弾が出ない鈍器

L85A1はG&Gの中でも…

出典: https://www.irasutoya.com

サバゲーなどでL85シリーズのエアガンを使用してみたい!という方は迷わずにL85A2をご紹介します。A1を買うと、サバゲー中に大体の確立で不調を起こすので、是非ともA2の方を購入してみてください。

結論から言うと、L85A1は、実銃でもG&Gの電動ガンでも、動かない鈍器でした。フルオートは撃てたのに、なぜかセミオートは不調が続いていました。メカボックス無いの不調であることも多い、とショップの方がおっしゃっていたので、今後、万が一L85A1の電動ガンを購入される予定があるなら、メカボックスを見てみてはいかがでしょうか。そこで、不調が治せればワンチャンあるかもしれませんね。

迷銃L85の電動ガンの性能やレビュー!総まとめ

迷銃はL85A1のみA2はとてもおすすめ

出典: https://www.irasutoya.com

サバゲーではいろいろなエアガンが使われています。そのため、自分のエアガンもある程度性能のあるエアガンがおすすめです。是非ともL85A2電動ガンで遊んでみてはいかがでしょうか。

さて、今回は、イギリス軍がやっとの思い出開発をしたアサルトライフルL85シリーズについてご紹介してきました。電動ガンとなっても、実銃同様に悪運つきまとう、そんな電動ガンでした。ですが、L85A2は違いました!正真正銘サバゲーで使える電動ガンでした!L85シリーズが好きな方は、是非ともG&GのL85A2
のほうの電動ガンを購入してイギリス軍のコスプレをしてサバゲーをしてみてはいかがでしょうか。

他にエアガンが気になる方はこちらもチェック!

ThumbMP7エアガンはどこのメーカーがおすすめ?東京マルイとVFCを比較してみた! | 暮らし~の[クラシーノ]
H&K社がPDWとして販売しているMP7ですが、今回はそんなMP7の中でも、東京マルイのMP...
Thumbボルトアクションは戦場のロマンだ!マスターピースとなった軍用小銃特集! | 暮らし~の[クラシーノ]
ボルトアクション式小銃!ロマンに溢れたライフルです。「国家は血と鉄でできておる!」と言ったの...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ