AN-94(アバカン)のスペックとは?ロシア発のアサルトライフルの性能に迫る!のイメージ

AN-94(アバカン)のスペックとは?ロシア発のアサルトライフルの性能に迫る!

今回はロシアのイズマッシュ社が販売を行うAN-94通称アバカンをご紹介していきたいと思います。AKをベースとして開発されたAN-94通称アバカンは、現在でも使用されていますが、生産コストなどが高いなどのデメリットもあります。そんなAN-94をご紹介します!

2018年09月11日更新

みさお
みさお
サバゲーを始めて十数年~、いろいろなエアガンに触れてきました。また、バイクに乗ってツーリングすることにも精通しておりまする。エアガン、バイク系統について、最新の情報から、お役立ち情報までいろいろと発信します。よろしくお願いします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ロシアの狙撃ライフルAN-94ってどんな銃?
  2. ロシアの狙撃ライフルAN-94の歴史
  3. AN-94はエアガンでは使えないの?
  4. AN-94のベースとなったアサルトライフル!
  5. AN-94のベース機AK74エアガン!
  6. 次世代電動ガンのAK74MNもおすすめ!
  7. ロシアの精鋭が持つAN-94のベースの派生銃
  8. SVDは海外製がメインになります
  9. AK74とSVDエアガンをレビューしてみた!
  10. AN-94の歴史総まとめ

ロシアの狙撃ライフルAN-94ってどんな銃?

AN-94はイズマッシュ社のアサルトライフル

さて、今回はロシアのAKやドラグノフ狙撃ライフルなどの製造を行っているイズマッシュ社が開発したAN-94通称アバカンについて徹底的にご紹介していきたいと思います。通称アバカンは内部機構が大分複雑なことで知られています。首都名がAN-94通称アバカンを開発するプロジェクト名になったため、そのまま愛称として呼ばれるようになったとのことです。アバカンプロジェクトは、ゲンナジーノコノフらにて行われていましたが、現在ではすでにニコノフ氏は逝去しているため、新たな開発はなさそうです。

AN-94の性能

アバカンは内部機構が大分複雑!

出典: https://www.irasutoya.com

二点バースト機能が搭載されてはいるものの、開発者であるニコノフ氏がすでに逝去しているため、今後の発展は見込めない状況です。

全長 943mm
銃身長 405mm
重量 3850g
口径 5.54mm
装弾数 30発

AN-94通称アバカンの全長はやく94cmほど、重量は約3.8kgと、実銃としては重すぎる、ということはない重さですね。装弾数は30発となっています。性能としては、右側にストックを折りたためる用にと、フォールディングストックタイプとなっています。また、強化プラスチックなどが使用されているため、軽量化も同時に行おうとしていました。こちらのアサルトライフルは二点バースト機能が特徴的なアサルトライフルです。

ロシアの狙撃ライフルAN-94の歴史

アバカンプロジェクト

アバカンは内部機構が大分複雑!

アバカンプロジェクトは1978年ほどから1994年にかけて行われていた、割と大きめなプロジェクトです。次世代型のアサルトライフルを開発する、というプロジェクトという名目で行われていました。ハカス共和国の名称がアバカンであったことから、プロジェクト名にアバカンと呼ばれるようになり、さらには、アサルトライフルが完成すると、そのアサルトライフルの愛称もアバカンと呼ばれるようになったとのことです。

出典: https://www.irasutoya.com

現在でも使用されていますが、とても内部構造、機構が難しい、入り組んでいるとのことです。

AN-94はエアガンでは使えないの?

エアガンでは販売していない

出典: https://www.irasutoya.com

残念ながらエアガンとしてはAN-94アバカンは販売されていません、いつか出る、と言われ続けて早数年経ちましたが、まだ出ませんね。

AN-94通称アバカンをエアガンとしてサバゲーで使ってみたい、という方も多いのでは無いでしょうか、ですが、残念なことにAN-94通称アバカンは日本のエアガンメーカーでも、海外のエアガンメーカーでも、まだ実現しておらず、エアガンとしてサバゲーで使うことは出来ません、結構前からエアガンメーカーからAN-94通称アバカンが販売されるかも?とは言われていましたが、結局今のところ販売されてはいませんので、エアガンとして遊ぶことが出来ません。

どうしてもAN-94が欲しい方は…

アバカンは内部機構が大分複雑!

出典: https://www.irasutoya.com

AKシリーズのエアガンを元に、自分で外装を自作してみるのも面白そうですね、ただ技術緑芽必要なので、微妙ですね。

どうしても!どうしてもAN-94通称アバカンをエアガンとして使用したい!と言う方には、もしかしたらエアガンとしてAN-94通称アバカンを遊べるようになるかもしれない情報をご紹介したいと思います。というのも、日本にはエアガンをカスタムして別のエアガンとして開発してしまうお店もあります、外装を変えて、二点バースト機能を搭載させられるお店があるかもしれません、聞いた話によると、「すてんがん工廠」ならしてくれる!ともよく聞きます※確定情報ではありません。

AN-94のベースとなったアサルトライフル!

AK74がベースです

duzhegroovyさんの投稿
37843301 1917330501893481 7824594397927833600 n

さて、今回からはAN-94通称アバカンのベースとなったアサルトライフルのエアガンをご紹介していきたいと思います。AN-94通称アバカンは使えなくても、それに近いエアガンでサバゲーが出来れば良いですね、また、ベースとなったエアガンを改造してAN-94通称アバカンのようにカスタムすることも出来ないことはないので、今回はAN-94通称アバカンのベースとなったエアガンをご紹介したいと思います。

東京マルイのエアガンがおすすめ

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

AKシリーズのエアガンはいろいろなエアガンメーカーが販売していますが、中でも特に、東京マルイのエアガンが性能の高くおすすめです。

今回ご紹介するエアガンメーカーは東京マルイのAN-94通称アバカンのベースとなったエアガンをメインとしてご紹介したいと思います。東京マルイは、エアガンメーカーの中でも、特に性能の高い、高品質なエアガンを多く販売している事から、初心者の方にとても人気のあるエアガンメーカーです。性能の高いエアガンから、使い方の簡単なエアガンまで、いろいろなエアガンを販売しているので、現在でもとても人気のあるエアガンメーカーです。

AN-94のベース機AK74エアガン!

次世代電動ガンのAK74エアガン

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

今回は東京マルイが販売を行う次世代電動ガンのAK74Nをご紹介したいと思います。次世代電動ガンの性能をお楽しみください。

さて、まず最初にご紹介するAN-94通称アバカンの前のモデルであるアサルトライフルはこちら:AK74Nです。折りたたみ式のストックを持っているため、戦場でも持ち運びが簡単なアサルトライフルです。AN-94通称アバカンと違う部分は、こちらはAKベースのアサルトライフルなので、内部機構がとてもシンプルで扱いやすい、というところですね。AN-94通称アバカンの内部構造、内部機構はとても複雑で、初心者エアガンではメンテナンスさえ出来ないほどのアサルトライフルです。

ロシア製のAKをレビュー!

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

ロシア製のAKシリーズの中でも特に使いやすいモデルのアサルトライフルとして知られる、とても有名なアサルトライフルですね。

今回はロシア系のアサルトライフルであるAKシリーズの名作AK74Nをレビューしてみました、こちらは東京マルイが販売している次世代電動ガンのAK74Nをレビューしてみました。実際に使ってみると、やはり次世代電動ガンということで、とても高性能な射撃をすることが出来ました。一番感じたのは、次世代電動ガン特有の強いリコイルでした、やはり電動ガンでありながらもリアリティがあり、リコイルが楽しめるのでとてもおすすめなエアガンです。

次世代電動ガンのAK74MNもおすすめ!

次世代電動ガンの新作AK74MN

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

アバカンAN-94がベースとなっているアサルトライフルで、性能もとても高く、エアガンとしてサバゲーにおすすめなエアガンです。

続きましてご紹介するのエアガンはこちら:東京マルイ次世代電動ガンのAK74MNです。一度は過去に生産を終了してしまったのですが、再度2018年に生産が再度再開されました。それほどまでに人気で優秀なエアガンでした。実際のところは、次世代電動ガンということで、金属パーツも多く、かなり重厚感のある仕上がりとなっています。使い勝手も良く、電動ガンとして、とても優秀な性能を持つおすすめなエアガンです。

AK74MNをレビュー

出典: https://www.tokyo-marui.co.jp

次世代電動ガンということで、実際にレビューしてみました。性能の高い、使いやすいアサルトライフル電動ガンでした。

実際に次世代電動ガンのAK74MNをレビューしてみました。重さが約2.9kgほどと、重たすぎることはありませんが、結構ずっしりと感じました。実際に射撃をしてみると、セミオートでも、結構リコイルを感じることが出来ました。フルオートに至っては、とても強いリコイルで、弾道が上に逸れてしまうほどでした。ですが、集弾性能はとても高く、電動ガンということで、射撃性能がとても安定していました、とてもおすすめなエアガンです。

ロシアの精鋭が持つAN-94のベースの派生銃

SVDドラグノフ

出典: http://www.fourstar911.com

ドラグノフライフルは日本のエアガンメーカーでは販売はされいましたが、現在はあまり見かけないので、海外製をご紹介します。

続きましてご紹介するのは狙撃銃つながりで、ドラグノフ狙撃銃をご紹介していきたいと思います。ドラグノフ狙撃銃もAN-94通称アバカンを同じくロシアにて誕生したスナイパーライフルです。ドラグノフはマークスマンライフル専用のライフルを開発するために行われたデザインコンテストにて採用されたセミオート狙撃銃で、今でもなお、熱い人気を誇る、とてもかっこいい、性能の高いスナイパーライフルなのです。

SVDドラグノフってどんなライフル?

ドラグノフの性能は、公式的には最大で800mほどはキリングレンジだと言われていますが、実際のところは、市街地での戦闘を意識して作られているため、400mほどになるとこのことです。ドラグノフに搭載されているスコープはなんと、400mほどがキリングレンジですが、1.2km先まで対応可能なスコープが搭載されています。そのため、そういった細かい性能から、マークスマンライフルが使用する狙撃銃として高い評価を得たのです。

SVDは海外製がメインになります

A&KやCYMAなどなど海外製

出典: http://www.fourstar911.com

A&Kという海外製のエアガンメーカーが販売しているSVDドラグノフエアコキライフルです。性能も高く、かっこいいエアガンです。

今回ご紹介するドラグノフを販売しているエアガンメーカーは、海外製のエアガンメーカーです。海外製のエアガンメーカーの中でも比較的有名なエアガンメーカーのCYMAというメーカーが販売を行っているドラグノフエアガンをご紹介します。海外製は危ない、と思う方もまだまだいらっしゃることでしょう、ですが、近年は輸入ルートまでに見直しなどで、性能自体は特別酷い物は少なくなっています、今は海外製もおすすめなのです。

出典: https://www.irasutoya.com

海外製のエアガンと聞くとどうしても不安になる方もいらっしゃることでしょう、そんな海外製は大丈夫?ということをご紹介します。

AK74とSVDエアガンをレビューしてみた!

ロシアの狙撃ライフルをレビュー!

出典: http://www.fourstar911.com

続きましてはCYMAというエアガンメーカーが販売する電動ガンタイプのドラグノフをレビューしてみたのでご紹介します。

実際にCYMAというエアガンメーカーが販売を行うドラグノフ電動ガンをレビューしてみました、実際に使ってみたところ、性能自体は低くはありませんが、高い、というほどではありませんでした。外装がウッドストックと、とてもかっこいいので、性能を上げれば、サバゲーでも使える、かっこいい電動ガンになります。モーターを変えて、分解し、一度メンテナンスをすれば、次世代電動ガンまでは行きませんが、スタンダード電動ガンほどにはなります。

AN-94の歴史総まとめ

AK12の登場でAN-94の立場が危うい…

さて、今回はロシアの銃火器メーカーが販売を行うAN-94通称アバカンについてご紹介してきました、いかがだったでしょうか。少し内部機構が難しかったり、トラブルも多いのですが、それでも、魅力的なアサルトライフルです。エアガンでは販売を行っていないので、AK電動ガンなどをカスタムしてみるのもいいですね。是非とも参考にしてサバゲーで遊んでみてはいかがでしょうか。

他にもエアガンが気になる方はこちらもチェック!

ThumbMP7エアガンはどこのメーカーがおすすめ?東京マルイとVFCを比較してみた! | 暮らし~の[クラシーノ]
H&K社がPDWとして販売しているMP7ですが、今回はそんなMP7の中でも、東京マルイのMP...
Thumbボルトアクションは戦場のロマンだ!マスターピースとなった軍用小銃特集! | 暮らし~の[クラシーノ]
ボルトアクション式小銃!ロマンに溢れたライフルです。「国家は血と鉄でできておる!」と言ったの...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ