次元が愛したコンバットマグナムとは?その魅力と現代の評価を解説!のイメージ

次元が愛したコンバットマグナムとは?その魅力と現代の評価を解説!

世代を問わず国境まで越えて愛されている名作「ルパン三世」の次元大介が愛したコンバットマグナム。S&W社が生産していたこの銃は、強力な弾丸である「.357マグナム弾」を発射できる取り回しに優れた拳銃です。正式名称「M19」、通称コンバットマグナムについて解説!

2018年10月17日更新

石倉
石倉
旅行好きの本業ライター。トラベル情報をはじめ釣りやガーデニング、DIYや登山などをメインに初級者の方から上級者の方まで満足できるような記事作成を心がけています。幅広いテーマを扱い、他サイトにはない情報と印象に残る記事を提供していきたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに
  2. 次元が愛したコンバットマグナムとは?
  3. 次元が愛したコンバットマグナムの開発経緯と仕様
  4. 次元が愛したコンバットマグナムを開発したS&W社
  5. 次元がコンバットマグナムを愛する理由とは?
  6. 次元が愛したコンバットマグナムの魅力
  7. 次元が愛したコンバットマグナムの欠点
  8. 次元が愛したコンバットマグナムの現代評価
  9. 次元が愛したコンバットマグナムのおすすめエアガン
  10. まとめ

はじめに

不朽の名作「ルパン三世~Lupin the Third~」について

dtvch2018さんの投稿
32624076 256778498392317 4025366121451356160 n

凄腕のガンマンである次元大介が愛用している拳銃、コンバットマグナムを語るならば、やはり次元大介が登場する作品「ルパン三世」について触れないわけにはいきません。この作品がモンキーパンチ氏により世に生み出されたのは1967年、今より半世紀以上も昔。大人から子供まで楽しめる渋さと面白さを両立させた怪盗ルパンの孫が主役のアクション作品です。

凄腕のガンマンである次元大介とは

yousukearai3178さんの投稿
26867482 1954869684762279 3175465571873456128 n

次元大介は、そんなルパン三世の最高のパートナーであり、卓越した射撃技術で主人公を支えるいぶし銀の名脇役です。今回は、そんな次元が作中でもっとも愛着をもち使用する拳銃についてご紹介します。

次元が愛したコンバットマグナムとは?

コンバットマグナムはどこから生まれたのか?

bookman_45acpさんの投稿
32686061 199582067524067 816024179714293760 n

コンバットマグナムは1955年よりアメリカ合衆国のスミスアンドウェッソン社(以下、S&W社と表記する)によって生産された銃です。

「コンバットマグナム」という名称は公式ではない

実は「コンバットマグナム」という名称で公式から呼ばれていたのは発売初期だけで、発売から2年後の1957年からはモデルナンバーでの名称が正式なものになりました。例えば次元が使うものは「S&W:M19」という名前が正式なものとなっています。

正式名称「S&W:M19」

ただ、「コンバットマグナム」という名称もユーザーの間では正式名称に追随するほどの認知度をいまだに維持しており、通称としてこの名称が使われています。

次元が愛したコンバットマグナムの開発経緯と仕様

「マグナム弾」を運用できる小銃

wellrounded.shopさんの投稿
32583932 233053844128379 4681764994046492672 n

そもそも、なぜこの拳銃は開発されたのでしょうか。その理由はずばり銃弾にあります。名称からも分かるようにこの銃はマグナム弾を運用できるように製作されたものです。

正式名称「.357マグナム弾」とは?

peter.moresさんの投稿
28156662 1513771358929567 1081216828031631360 n

正式名称「.357マグナム弾」は、1930年代にS&W社を含むアメリカ合衆国の銃器メーカーが共同で開発した貫通力や破壊力に優れた銃弾です。ギャング全盛期のアメリカ合衆国において、治安維持のために優れた性能を備えた銃弾の開発は急務でした。この背景から、当時の各銃器メーカーが鋭意製作した最高の銃弾が、「.357マグナム弾」なのです。

「.357マグナム弾」の難点

この弾丸は威力こそ素晴らしい性能を備えていましたが銃撃の際の反動が大きく、安全かつ精確に発射できるだけの銃となるとどうしても大型の銃に限られてしまうのが難点でした。これらの大きく重い銃では、警官などがパトロールで携行することは困難だったのです。

従来品を素体にしてコンバットマグナムを製作した

john_wizemans_worldさんの投稿
26873014 183737075720072 3678418439942176768 n

そこでS&W社は従来品に使われている小型銃のフレームモデルであった「Kフレーム」を改良して「.357マグナム弾」を運用できるコンパクトな拳銃を作ろうと考えました。そして、試行錯誤した末に、ようやく誕生したものが「S&W:M19」。次元大介のもう一人の相棒とも言える愛銃なのです。

コンバットマグナムの仕様と「.38スペシャル弾」について

口径 約9ミリ                    
銃の全長 241ミリ(4インチモデル)
使用弾丸 .38スペシャル弾 .357マグナム弾
装弾数 6発
重量 1021グラム
作動式 シングル/ダブルアクション

それでは、実際に仕様について見てみましょう。使用弾丸欄にある「.38スペシャル弾」というのは、第一次大戦で兵のサイドアームとして携行された拳銃に採用され猛威を振るった、精度と威力のバランスに優れた弾丸です。マグナム弾より威力は劣りますが発射時にかかる反動が少なく安定して射撃できます。

コンバットマグナムは扱いやすい銃

劇中で次元は実に軽やかに愛銃を取り回していますが、あれは決してフィクションというわけではなく実銃も従来品と比較して軽量なのでマグナム銃としては扱いやすい武器であると言えます。

次元が愛したコンバットマグナムを開発したS&W社

S&W社とは?

antk1700さんの投稿
33139751 255704644992337 7855681856547586048 n

ここまで、この銃の開発経緯と仕様について見てきましたが、ここでS&W社についても簡単にご紹介します。

150年以上の歴史があるアメリカの銃器メーカー

S&W社はアメリカ合衆国の銃器メーカーです。その歴史は古く150年以上も前の1852年に創立されました。創業者はホーレス・スミスとダニエル・ベアード・ウェッソンの2名で、彼らの名前が社名の由来となっています。

S&W社は回転式拳銃(リボルバー)に造詣が深い

john_wizemans_worldさんの投稿
25005580 1995495190706495 1198934047594643456 n

財政難や第一次大戦などの戦乱による混乱を乗り越えて一大銃器メーカーになったS&W社ですが、特に回転式拳銃の設計に造詣が深いのが特徴です。

S&W社は他にも拳銃フレームを多数開発

yonhathan_achuryさんの投稿
33721574 216381105757686 5122264789908717568 n

コンバットマグナムの素体になった「Kフレーム」の他に「Jフレーム」、「Lフレーム」、「Nフレーム」、「Xフレーム」などの回転式拳銃フレームが存在します。これはS&W社だけのオリジナルフレームで、銃を持つグリップ部分についてはフレームにより互換性があり交換可能です。次元も自身の愛銃は己でメンテナンスしていますよね?実際に、S&W社の回転式拳銃はメンテナンス性も高く、自身で点検修理が可能です。

次元がコンバットマグナムを愛する理由とは?

次元は銃火器のエキスパート

bana.goli.ghibliさんの投稿
29401355 594385257564570 6329732512318750720 n

次元は劇中で実にいろいろな銃火器を使っています。ルパンの愛銃であるワルサーP38を一時的に借りたこともありましたね。「カリオストロの城」では対戦車ライフルを見事に使いこなしていました。そんな武器のなかでも特に「S&W:M19」を主に使っていた次元大介ですが、なぜ彼はここまでこの銃にこだわっていたのでしょうか。

「オートマチックには品がない」

劇中で何種類もの銃を使っている次元ですが、オートマチック式の拳銃を使う際には高い確率で愚痴を言います。「オートマチックには品がない」というような言葉を彼は何度か口にしています。

ガンマンとしての品格

結論から言えば、これはずばり「ガンマンとしての品格」です。オートマチックは自動で弾を装填してくれる分だけ、時間のロスなく弾を連射できます。ここがリボルバーとの最大の違いであり、メリットでもあるのです。もちろん、ジャム障害が起きるなどのデメリットもありますが、おそらく次元はそういったデメリットを越えた理由でリボルバーを愛しているのでしょう。

「俺に言わせれば、ロマンに欠けるな」

milolylajade_kachofugetsuさんの投稿
23734363 582953995406455 8111189014310027264 n

「一流のガンマンはバカスカと連射する必要はない」という自負。「1発のマグナム弾と入念にメンテナンスを施したコンバットマグナムさえあれば俺は負けない」という確固たる自信こそ、彼が「S&W:M19」を愛する理由なのです。

次元が愛したコンバットマグナムの魅力

「S&W M27」などの他の銃と比較して

_sean_watsonさんの投稿
1169776 607812476034395 1472702125 n

この銃の魅力は何と言ってもその扱いやすさにあります。同じくS&W社から販売された「S&W M27」はこの銃と同様にマグナム弾を運用できますが、次元が使うものと比較して1割ほど重量があり携行と緊急時の取り回しに難があります。

コンバットマグナムと比較されるコルト・パイソン

ginn_iro45さんの投稿
16583318 153550655155742 7935929583851798528 n

他にも、例えば次元と同じく卓越した射撃技術をもつ「シティハンター」の主人公、冴羽獠は同じく「.357マグナム弾」を発射できるコルト・パイソンという回転式の拳銃を使用します。「S&W:M19」とコルト・パイソンはよく比較されますが、この両銃は重量も銃の全長もほぼ同じで性能にそこまでの差はありません。

コストパフォーマンスもコンバットマグナムの大きな魅力

thearmsroomさんの投稿
12407162 802683566521455 1302648971 n

ただ、現実にアメリカ合衆国の公務で採用されていた銃の総数を比較した場合、圧倒的に数が多かったのは次元の銃の方でした。この理由は、コストパフォーマンスの高さにあります。コルト・パイソンと比較すると、「S&W:M19」の方がずっと低廉な価格で販売されていたのです。当然、メンテナンス時の部品交換も格安にできますので、銃を大量に運用していくとなった場合には次元の愛銃の方がより魅力的であると言えますね。

次元が愛したコンバットマグナムの欠点

コンバットマグナムの欠点は耐久性

john_wizemans_worldさんの投稿
19228300 234763557030132 3049439987184435200 n

ここまで、次元の愛銃の魅力を解説してきましたが、この銃にも欠点が存在します。それは耐久性です。

マグナム弾は射撃時の反動が絶大

コンパクトで軽いこの銃は、確かに実用できるだけの性能を備えてはいましたが、いかんせんマグナム弾は射撃時の反動が絶大でした。劇中で次元は素人がこの銃を撃つ際には必ず両手で銃を構えるようにと指導しています。ここからも反動の強さが伺えますね。

コンバットマグナムの素材とは?

dr_hoppyさんの投稿
20902683 1963754687206073 2316075150321123328 n

この銃の素材は炭素鋼です。この素材は伝統的な銃の材質でコストパフォーマンスと強度のバランスがよい素材ではありましたが、小さいフレームでマグナム弾を運用するというコンセプトで製作されたこの銃の素材としては十分とは言えませんでした。

長年に渡って愛用されるコンバットマグナム

「そうは言うものの次元は劇中で長年この銃を使用しているじゃないか」と疑問に思われる方もいることでしょう。確かに、次元はある作品内で40年以上もこの銃を愛用している旨の発言をしています。

「銃の扱いは女性の扱いと同じ」

ただ、次元の場合は本当に入念にメンテナンスを施している上に「.357マグナム弾」と「.38スペシャル弾」を場面ごとに使い分け、銃にかかる負担を減らしています。「.38スペシャル弾」であれば、発射してもフレームが傷むことは基本的にありません。

コンバットマグナムを手に馴染ませるには?

john_wizemans_worldさんの投稿
30593356 198131884327754 7515629422909587456 n

まとめると、コンバットマグナムは確かに取り回しに優れた拳銃ではあるものの、本当の意味で「使いこなす」には技術と愛情が必要であると言えそうですね。だからこそ、手に馴染む愛銃となりえるのでしょう。

次元が愛したコンバットマグナムの現代評価

コンバットマグナムは時代遅れの銃?

legiastrzelectwoさんの投稿
15876787 1426237164085519 26915628036128768 n

この銃は誕生してから既に60年以上の時が経過しています。銃器メーカーはその間も日進月歩、技術を磨きさらに高性能な拳銃を開発販売してきました。

コンバットマグナムよりも高性能な銃

「もうコンバットマグナムであっても現代の評価は低いのでは?」と考えてしまうのも当然かもしれません。確かに最先端の拳銃のなかにはこの銃を凌駕する性能の物も存在します。

コンバットマグナムと同型の「S&W:M66」とは?

bookman_45acpさんの投稿
31754711 171281403585072 7259536848219799552 n

例えば、「S&W:M19」の欠点であった耐久性の低さを克服したモデルである「S&W:M66」は材質をステンレス製に変更して耐久性を上昇させたモデルで、シルバーの銃身が特徴的です。

後進と比較され姿を消したコンバットマグナム

hirokkunnさんの投稿
25009628 185652538515735 4092900264523071488 n

さらに1980年になると、さらにフレーム自体を一回り大きな規格にしつつ重量をおさえて材質をステンレスに変更した「S&W:M686」というモデルが誕生します。これは、上記の両銃から得たノウハウを生かした高い性能水準のマグナム銃です。この銃の誕生から、次第に次元の使うモデルは使用者が減っていき、1999年についに生産が中止となりました。

コンバットマグナムの人気は変わらず

ただ、現代でもこのモデルの再販を熱望する声は一定数存在し、その声におされてか同型で材質をステンレスにした「S&W:M66」は2004年に一度は生産中止になったものの10年後の2014年に仕様をバージョンアップして再販売されました。

今でも評価は高いコンバットマグナム

ginn_iro45さんの投稿
20987191 1540777482628084 80733406501011456 n

現代の評価としてはもはやアンティークとも呼べるレベルの銃ではありますが、射撃者の腕前をしっかりと反映するこの銃は今なお一定の評価を得ていると言えるでしょう。

次元が愛したコンバットマグナムのおすすめエアガン

日本では実銃は入手できない

pjc12gさんの投稿
30830746 1964676260514321 4870393287602601984 n

日本で次元の愛銃を手に入れたいと考えた場合には、どうしても法律による壁があります。そのため実銃の入手はできません。実銃ではなく、エアガンを手に入れて満足するのが現実的です。

精巧なエアガンはまるで実銃!

ginn_iro45さんの投稿
16906142 316030162128609 2837643437442859008 n

「エアガンなんて子供じゃあるまいし」と思わず溜息がこぼれた方もいるのではないでしょうか。実銃が手に入らない日本では、そう考えてしまうのも仕方がない部分がありますが、最近のエアガンは実銃と見間違えてしまうほどの精巧さを備えたものが多いのです。

18歳以上の方だけが購入できるエアガンの完成度

また、18歳以上の方だけが購入できる一部のモデルは大人の方が満足できるだけの品質を備えているため、まるで実銃を構えているかのような錯覚に陥るほどの完成度を誇っています。

おすすめのエアガンをご紹介!

出典: https://item.rakuten.co.jp

今回は、次元の愛銃であるコンバットマグナムのエアガンのなかから特にクオリティの高いものをいくつかご紹介します。次元はホルスターを付けずに、ズボンの腰に銃を入れていました。皆さんも精巧なモデルガン、エアガンを腰に入れてちょっとした「次元気分」を味わってみましょう。

S&W-M19 4in .357 コンバットマグナム HOP UP エアガン (18歳以上) クラウンモデル

S&W-M19 4in .357 コンバットマグナム HOP UP エアガン (18歳以上) クラウンモデル
楽天で詳細を見る

リアル感を追求したエアガンでリーズナブルな価格も嬉しいところです。射撃後にリボルバーに実銃と同じ手順で装填し、射撃をしたら実銃と同じように排莢してくれます。あくまでエアガンなので、ガス式のものよりも威力や精度はありません。

クラウン ガスリボルバー S&W M19 .357コンバットマグナム 4インチ 18歳以上

クラウン ガスリボルバー S&W M19 .357コンバットマグナム 4インチ 18歳以上
楽天で詳細を見る

こちらはエアガンではなく、ガスガンでよりリアル感を増した精巧な構造が特徴の製品です。飛距離は60メートル以上と十分な性能を備えており、また細部の作りや材質にもこだわっているためグリップを握ればまるで実銃を持っているような感覚を味わえます。

エアガンは取り扱いに注意しよう!

handgunsmagさんの投稿
24845369 1213513282126269 7624466183407796224 n

エアガンなどはくれぐれも安全に配慮して楽しむようにしましょう。精巧に作られている分だけ危険性もありますので、取り扱いには注意です。

まとめ

拳銃の本質を追求したコンバットマグナム

jaako722さんの投稿
30829643 228720914375615 571429498763870208 n

コンバットマグナムは、次元だけでなくいろいろな作品に出演している伝統ある武器です。ごてごてと余計な機能を追加することなく、拳銃の本質である携行性と威力を両立したシンプルなものであるからこそ、今なお多くのファンを生んでいるのです。

他の拳銃について知りたい方はこちらもチェック!

当サイト「暮らし~の」には、他にも興味深い拳銃についての記事が多く掲載されております。いくつかおすすめのものをピックアップしておきましたので是非ご覧ください。

Thumbデリンジャーってどんな拳銃?あの事件にも使われた小型拳銃を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
デリンジャーは小型拳銃で、威力がとても弱いというイメージが強い銃だと思われることが多いです、...
Thumbイタリア名門銃器メーカー「ベレッタ」の人気ガスブローバックガン4選を徹底解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ベレッタM92Fでアメリカ軍の制式採用ハンドガンの座を射止めたことで、有名になった銃器メーカ...
ThumbナガンM1895特集!リボルバーで唯一無二?銃声を消音する構造などもご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
ナガンM1895とはナガン兄弟によって作られたサプレッサー(サイレンサー)を装備できる特殊な...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ