SIG SAUER特集!米軍制式採用の性能&SIG系エアガン4選をご紹介!のイメージ

SIG SAUER特集!米軍制式採用の性能&SIG系エアガン4選をご紹介!

次期米軍サイドアームに決定したSIG SAUERというメーカーをご存ですか。軍用銃のロールスロイスと呼ばれるほどの品質とグロックを凌ぐほどの先進性を兼ね備えたスイスの銃器メーカーです。今回はSIG SAUERの歴史、製品、おすすめのエアガンについてご案内します

2018年05月14日更新

ijirare1960
ijirare1960
ijrare1960と申します。 サバゲー関連記事を中心にこれから幅を広げていきたいと思っております。 宜しくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. SIGとは?
  2. SIG SAUER P320とは?
  3. SIG SAUER P320モジュラーピストルとは?
  4. SIG SAUER P320がストライカー方式になった理由
  5. SIGと軍用ハンドガンの関わり
  6. SIG P210の誕生
  7. SIG P220の登場
  8. SIG SAUERとは?
  9. SIG SAUER P220 自衛隊採用
  10. SIG SAUER P226とは?
  11. SIG SAUER P230警察採用
  12. SIG SAUERについてーまとめ

SIGとは?

SIGとは、スイスを代表する工業メーカーで、SIG・ARMSはその銃器製造部門でした。2000年に資本家による企業買収で、SIGの銃器部門は売却され、現在ではSIGは銃器製造から撤退しています。売却されたSIGの銃器部門は、投資家の設立した「SWISS ARMS」内で「SIG」「SIG SAUER」のブランド名のまま、銃器開発を継続しています。なお、SIGのアメリカ現地法人であった「SIG ARMS」は、2007年10月に「SIG SAUER」と改変されました。

hanra_manさんの投稿
32035780 404071603395595 5155620811599511552 n

SIG SAUER P320とは?

SIG SAUER P320とは、SIG SAUER&SOHN社の現地法人である「SIG ARMS」社が、同社のP250を元に設計したセミオートピストルです。2017年におこなわれたMHS(モジュラー・ハンドガン・システム)トライアルで、アメリカ軍より、次期制式サイドアームの内定を貰い、XM17/XM18としてアメリカ軍制式採用を勝ち取りました。

SIG SAUER P320の特徴は?

SIG SAUER P230の特徴とスペックは、 ①同社初のストライカー方式 ②アメリカ軍提唱のMHS(モジュラーハンドガンシステム)対応 ③ブローニング式ショートリコイル ④ポリーマーフレーム ⑤装弾数17発+1発  となっています。

va_2aさんの投稿
31449153 251190678777100 6045128772192043008 n

SIG SAUER P320モジュラーピストルとは?

SIG SAUER P320は、アメリカ軍が行ったMHS(モジュラーハンドガンシステム)トライアルに適応して、アメリカ軍次期制式採用サイドアームとして内定を貰いました。では、このMHS(モジュラーハンドガンシステム)とは何か?をご説明します。

MHS(モジュラーハンドガンシステム)とは

MHS(モジュラーハンドガンシステム)とは、トリガーバーやグリップ後部のストラップを入れ替えることで、あらゆる掌の大きさに対してのカスタマイズが可能なハンドガンシステムのことです。さらに、アメリカ軍のサイドアームの口径は9ミリパラベラムですが、フレームのシャーシ、マガジン、バレルを入れ替えることによって、40S&W、357SIG、45ACPなどの複数のカートリッジに一つの銃で柔軟に対応できるシステムを模索しています。

M9ピストルは老朽化、時代から取り残された

現行のベレッタM92FがU.S.ピストルM9として採用されてから、すでに35年が過ぎようとしており、老朽化が目立ってきました。この間に兵役につく女性の数も増えてきて、グリップの大きさも掌の小さな女性兵士には、フィットしない問題もでてきました。さらに、制式口径9㍉といっても、部隊、任務によっては9㍉以外の口径のハンドガンを使うところもあります。MARSOCやSEALSチーム6などは45ACPを使っています。

民間企業を活用したアメリカ軍

そのため、アメリカ軍は最初から作るのではなく、民間の銃器製造会社にアイデアを提出させてトライアルを行いました。これが、MHS((モジュラーハンドガンシステム)の概要です。

SIG SAUER P320がストライカー方式になった理由

SIG SAUERでは、従来ハンマーでファイアリングピンを打撃する方式のハンドガンを製造してきましたが、このP320で初めてストライカーによる発射方式を採用しました、ここでは、その理由を探ってみます。

ストライカー方式は旧式扱いだった

1910年代ぐらいまでは、ストライカー方式のハンドガンは結構見受けられました。ルガーP08、FN M1910, 日本の14年式拳銃などです。しかし、それ以降は殆ど見受けられなくなり、ハンマー式が主流となりました。唯一の例外が、我道を爆走するドイツのH&Kが1980年年代初頭に出したP7シリーズぐらいで、完全に旧式なシステムと認知されていました。

グロックがストライカーを蘇らせた

しかし、グロック17の登場でストライカー方式が蘇ることになります。グロックのストライカー方式の、各メーカーが出すファクトリーアンモ(工場製カートリッジ)への対応性が注目されたのです。輸入品をも含めた多種多様なカートリッジを確実に発射させるグロックの性能を見て、「ストライカーもいいんじゃねぇ?」と銃器会社は気付かされたわけです。

反動をコントロールしやすいストライカー方式

さらに、ストライカー方式のメリットとして、ハイグリップでリコイルをコントロールしやすいことにあります。ストライカー方式では、ハンマー式よりも射軸線を低くできます。そのため、グリップした手の側まで射軸線を下げれるので、ハイグリップした手でのコントロールが、ハンマー式より容易になります。グルックの成功を見てきたSIG SAUERが、P320でこの方式を採用したとしても遅いぐらいです。

alpha_m0dsさんの投稿
31557178 2110200812570274 4429587209032564736 n

SIGと軍用ハンドガンの関わり

SIGと軍用ハンドガンの関わりとは、即ち「スイス政府の制式拳銃」の歴史ということなります。スイス政府は、1900年に初の実用式オートピストルとして名高い「ルガーP08」口径7.65㍉パラベラムを制式ピストルとして採用します。平和のうちは良かったのですが、1930年代になって隣国ドイツでナチス政権が発足すると、不安を覚え焦り始めます。

cyclonezawaさんの投稿
14566517 373581906311384 6481462870683942912 n

さらに、制式採用したルガーP-08は、生産性も悪くコストも掛かるので、新しい制式ピストルの開発に着手し始めます。このときからSIGが軍用ハンドガンに関わるようになります。1937年にSIGはフランス・ガン・カンパニーからオートピストルの製造権を獲得し、フランス軍の制式サイドアームであるM1935Aの9㍉。パラベラム化に着手します。9㍉パラベラム化には、障害が多く、結局対戦終了直前にやっとプロトタイプの完成にこぎつけます。

cyclonezawaさんの投稿
15253199 1201036793298770 4397505821966073856 n
ガスガン タナカ ルガーP08 8インチ HW
26,784円
楽天で詳細を見る

ルガーP08はガスガンがタナカから、モデルガンがマルシン工業から発売されています。このモデルは、実射性能うんぬんよりも、この機能美を眺めて愉しむアートやオブジェとして購入されることをおすすめします。

SIG P210の誕生

大戦終結後、新制式ハンドガンのプジェクトは停滞しますが、スイス政府はSIGにプロトタイプのハンドガンを提出させて、トライアルを行い、これを制式採用サイドアームとします。これが名銃として名高い「P-210」の誕生です。

westcoastarmoryさんの投稿
1516624 694218893947040 14538433 n

SIG P210の評価

SIG210の評価は素晴らしいものでした。50㍍先の標的に発射した際のグルーピングは6㌢にまとまったということです。しかも、1発だけが散らばり、残りは3㌢圏内にまとまっていたので、実質は50㍍で3㌢のグルーピングということになります。

spearofneptuneさんの投稿
11376019 1458065771172007 2018608687 n

高い評価が自分の首を締めた?

コマーシャル用として輸出されたP210は、ブルーイングが美しくポリッシュされ、精密機械の国「スイス」らしい精巧な仕上げで、「軍用銃のロールスロイス」と言われるほどでした。しかし、この高い評価が、やがてスイス軍の重荷になっていきます。この仕上がりの精度の良さは、製造コストを跳ね上げ、ルガーP08の時と同じ轍を踏むことになります。

ガスガン マルシン SIG P210 ディープブラックABS 6mmBB
21,427円
楽天で詳細を見る

P210のガスブローバックはマルシン工業から販売されています。若い方には馴染みの薄いハンドガンですが、ある一定以上の歳のガンマニアには、心に響くものがあります。

bo_burdickさんの投稿
13725559 267279836977195 1327715044 n

SIG P220の登場

SIG P210 の製造コストの高さに悩んだスイス政府は、1970年代に入ると新しいサービスピストルの試作に取り掛かります。1947年に採用されたP210(採用名47/8)は、シングルアクションであったため、時代に即したダブルアクションを取り入れ、製造コストも大幅に下げる目的で開発が進みました。その結果、誕生したのが、日本の自衛隊も採用している「P220」なのです。

プレス加工を多用したP220

P220では、コストを度外視して製造されたP210の反省に立ち、徹底的なコスト低減を計ったファブリケーションを行いました。P210では、フレームがスライドを包み込むような設計でしたが、P220では、一般的なフレームにスライドを被せるような設計にしました。また、P210では、鋼材からの削り出しでパーツを製造していまいしたが、P220では、スライドに至るまで、プレス工法で製造するほどの徹底ぶりでした。

nakayu1995さんの投稿
30917579 2032673537000338 4979231328001064960 n

SIG SAUERとは?

ここから、SIGがSIG SAUERへと変わっていきます。自国で製造した兵器を、輸出に回し、利益確保とコスト低減を行うのは、銃器製造メーカーとして、当然のビジネスなのですが、スイスの国内法により、SIGはP220を他国に輸出できませんでした。そこでドイツの銃器メーカーである「Sauer&sohn」と提携して、ドイツ国内でP220を製造して、アメリカに輸出する方法にでたのです。この時より、SIGがSIG SAUERとなります。

waydraさんの投稿
21435901 1936080746611851 5121286933229600768 n

SIG SAUER P220のスペックと特徴

SIG SAUER P220の特徴とスペックは、次のようになります スペック①ダブル/シングルアクション     ②ブローニング式ショートリコイル     ③装弾数 9発+1発     ④口径 9㍉パラベラム 特徴  ①外部マニュアルセフティー無し     ②デッコキングレバーによるハンマーダウン     ③ヨーロッパ式マガジンキャッチ  というところです

waydraさんの投稿
19228791 1925095311061167 3980960123865530368 n

SIG SAUER P220 自衛隊採用

SIG・SAUER・P220は、自衛隊の装備更新に伴い、1982年に自衛隊制式採用拳銃として採用されました。自衛隊ではそれまでアメリカ軍より供与されたM1911A1と45ACPを使用していたのですが、アメリカ軍のサービスピストル更新に伴い、自衛隊でも制式拳銃の更新を行いました。

P226のすでにあったのに

SIG SAUER P220の自衛隊採用に当たって、当時疑問に感じたことがあります。1つ目の疑問は、何故シングルスタックマガジンのP220なのか?と言うことです。当時はアメリカ軍の次期サイドアームトライアルで、P220を多弾数化したP226の情報もありました。自衛隊では、P220の方が、日本人の体格にあったグリップだからという説明をしていましたが、弾幕を張る戦場では、弾数が多いほうが頼れるはずなのですが。

操作性以上に何を優先したのだろう

2つ目の疑問は、マガジンキャッチの方式です。トリガーガード横にキャッチボタンを設けた方式のほうが、操作性がよく、リロードがしやすいのに、あえてヨーロピアンスタイルのグリップ下のマガジンキャッチを選んだのか?甚だ疑問を感じたものでした。

タナカワークス・SIG P220 陸上自衛隊 ヘビーウェイト ver.2 ガスブローバックガン
21,400円
楽天で詳細を見る

自衛隊仕様のP220はタナカワークスから発売されています。サクラの紋章が入った、有り難いモデルなのですが、マガジンに癖があります。しかし、自衛隊仕様のP220はこれ一択なので、自衛隊装備の方は、頑張って所持して下さい。

SIG SAUER P226とは?

SIG SAUER P226とは、M1911A1から次期サイドアームを選ぶために、アメリカ軍が行ったトライアルに提出されたP220の発展型です。装弾数を15発+1発に増やし、マガジンキャッチの位置をトリガーガード付け根に移して、トライアルに臨みました。結果的には採用されませんでしたが、後にP226のコンパクト版の「P228」が米軍に採用されました。

besttacticalさんの投稿
26867916 219443861950475 6329609057778794496 n

P226を推す声は多かった

1980年代のアメリカ軍次期サイドアームのトライアルで、SIG SAUER P226は、最後までベレッタ92Fと争いました。結果はご存知のように、P226は破れ、M92が使用されたのですが、トライアルの成績では、P226のほうが、優秀だったと言う噂もあります。ベレッタが選ばれたのは、政治的影響が合ったためと言われていますが、真実は今も謎のままです。

東京マルイ シグ ザウエル P226レイル ガスブローバック
11,900円
楽天で詳細を見る

P226のガスブローバックは東京マルイから出ています。以前所持していましたが、快調に作動して命中精度も良い、撃っていて楽しいガスガンでした。

masa_404さんの投稿
30604358 230325404213614 4044272657682661376 n

SIG SAUER P230警察採用

SIG P230は警察用ハンドガンとして、1977年に開発されました。後に、日本政府の要望を受けて、日本向けの改造を施し、日本向けに輸出が始まります。

doughboy_warriorさんの投稿
30077866 429771537443676 1202471743436881920 n

.32ACPというかなりの弱荘弾です。

SIG230は元々マニュアルセフティーは付いていませんでしたが、日本政府の要望で外部にセフティーレバーを増設して、ランヤード用のリングを付けました。口径は.32ACPという、かなりの弱荘弾ですが、民間人が銃を所持しない日本では、これで十分と判断したのでしょう。主に皇宮警察、機動捜査隊、銃器対策部隊、と一部の制服警官に支給されているようです。ドラマではSPの岡田くんが使っていましたが、本当なのかは分かりません。

cactus_viperさんの投稿
13734442 1740618416163000 267450960 n

警察支給のP230はKSCから出ています

ginn_iro45さんの投稿
19122179 680189462179394 6416876123149303808 n

警察に支給されているということで、身近に感じるP230ですが、KSCからガスブローバックガンが発売されています。 KSCにとっても、記念すべきKSC製エアガン第一号です。

【送料無料!】 KSC SIG SAUER(シグザウエル) P230JP (日本警察 刑事 仕様) ガスブローバック ヘビーウェイト HW 【RCP】
16,065円
楽天で詳細を見る

SIG SAUERについてーまとめ

craigf1974さんの投稿
29087683 183511165706910 2329125906666225664 n

SIGP220は時代を先取りしすぎたハンドガンでした。バレルチェンバーの外側を大きな台形にしてスライドと噛み合わせて、スライド内部のロッキングリセスを無くした設計は、今や、全てのブローニング式ショートリコイルで採用されています。マニュアルセフテイーレバーを無くして、操作性を単純にしたのも、P220が初めてでした。この先進性に人々が気づいたのは、グロックが登場してからでした。これをキッカケにSIGSAUERに興味を抱いていただければ嬉しいです。

SIGの銃器に興味のある方はこちらもどうぞ!

電動ガンのSIGのアサルトライフルについての説明です

Thumb東京マルイの電動ガン「SIG552 SEALS」レビュー&カスタム方法特集! | 暮らし~の[クラシーノ]

P226ガスブローバックのご案内です

ThumbP226特集!初心者向けカスタム方法やホルスターをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ