KSC MP9のレビューまとめ!フルオートでの性能やスペックに迫る!のイメージ

KSC MP9のレビューまとめ!フルオートでの性能やスペックに迫る!

今回はKSC MP9についてご説明します。小型軽量なサブマシンガンとして、2009年4月末にKSCから販売されました。フルオートでの連射性、ガスガンとしての初速、実際に手にした方のレビュー、など、スペックからカスタムパーツまでのKSC MP9のご案内です

2018年06月02日更新

ijirare1960
ijirare1960
ijrare1960と申します。 トイガン歴とサバゲー歴、それぞれ数十年、トイガンはモデルガン全盛時から、サバゲーは日本で始まった頃から見てきました。 実銃の歴史やメカニズムの雑談系とエアガン、サバゲー関連の解説記事を、初心者の方にも分かりやすいように、お伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. KSC MP9とは
  2. KSC MP9の魅力とは
  3. KSC MP9の特徴は
  4. KSC MP9の操作性は
  5. KSC MP9のブローバック
  6. KSC MP9のカスタム
  7. TMP 9について
  8. TMP 9は時代に翻弄された
  9. KSC MP9の実射
  10. KSC MP9のまとめ

KSC MP9とは

ksc mp9は2009年4月末に、国内の老舗エアガンメーカー「Ksc」より発売になった、ガスブローバックエアガンのことです。

KSC MP9の魅力とは

kscのエアーソフトガンは、外観と作動のリアルさで人気を呼んでいます。今の若い方はご存知無いかもしれませんが、エアガンが登場する前は、モデルガンが全盛を誇っていました。kscは、そのモデルガンの全盛期に、国内の最大メーカーであった、MGCの協力メーカーとして、モデルガンを製造していました。モデルガンは、BB弾が飛ばない分、外観のディテールがシビアにチェックされます。そういったモデルガン時代に培った技術で、kscはリアルさに拘ったエアガン造りを今も続けています、

KSC MP9は片手で撃てるサブマシンガンです。

ksc mp9の魅力は、片手で無理なく振り回せるサブマシンガンという点です。一番の利点は、グリップ内にマガジンを装填するので、撃ちながら振り回すのに、バランスが非常にいいのです。同じジャンルにイングラム、ウージー、MP5といったサブマシンガンもありますが、このmp9が一番手に馴染みます。

redfox.airsoftさんの投稿
28152631 574423999571532 7507087660670779392 n

他のサブマシンガンと比べて

mp9と他のサブマシンガンを比べると、イングラムは銃というより、ただ弾丸をバラ撒く機械という感じですし、ウージーは重いので、シュワちゃん並みの腕力が無いと、「片手で」と言うのは無理です。MP5は巷に溢れすぎているし、MP7はサブマシンガンではなくて、PDWという別のジャンルの銃になります。ということで、やはり味力にあふれているのはmp9です。

KSC MP9の特徴は

ここでは、ksc mp9の特徴についてご説明をします。

airsoftszymonさんの投稿
14156376 179263262482684 35578379 n

KSC MP9のレシーバーの材質

ksc mp9のレシーバーは樹脂でコーティングされています。kscというメーカーは、実銃のディテールの再現にこだわる企業として知られています。このmp9の実銃はトリガーとボルト、細かいパーツ以外は、レシーバーも含めて全て樹脂でできているという作りです。実銃自体が、実弾の撃てるエアガンという感じです。

tactical_op_808さんの投稿
10549642 885236334837969 1342118948 n

MP9はなぜ樹脂レシーバーに拘ったのか

ここで少し、実銃の説明をします。mp9は元々は、TMP9という名称で対MP5用としてデザインされたサブマシンガンです。開発したのは、オーストリアの銃器メーカー、ステアー社です。皆さんにはステアーAUGがよく知られています。 ステアー社はサブマシンガン市場で圧倒的なシェアを誇っていたHK MP5に挑戦するために、MP5の65%という低価格でTMP 9を作り上げました。TMP9のレシーバーは、そのコストダウンのために、加工がしやすく軽量な樹脂を多用できるようにデザインされたのです。  

stomperzairsoftさんの投稿
21569291 131481584146494 6580187607425089536 n

MP9のプラレシーバーはお国柄によるものです。

ステアー社では,アサルトライフル「AUG」のレシーバー(フレーム)も樹脂でデザインしていますし、同じ国の銃器メーカー「グロック」はハンドガンのレシーバーなどの素材に、樹脂を多用した「グロック17」でオーストリア軍の制式採用拳銃を勝ち取ったことで有名です。お国柄的にレシーバーを樹脂でデザインするのがお得意なのです。

出典: https://pixabay.com

KSC MP9の操作性は

ここでは、ksc mp9の操作性についてご説明をします。まず作動方式ですが、クローズドファイアーになっています。 セーフティはグロッグのようにトリガーセーフティのみです。セレクターはグリップの上部にあり、右に押し出すたフルオート、左に押し出すとセミオートに切り替えられます。イメージ的にはHSで売っている充電ドライバーの正逆回転の切り替えボタンを浮かべてもらえばいいです。フルオート射撃時のサポートとしてフォールディングストックが付いており、使用時には、広げて使います。では、ここでksc mp9の操作性のついてのレビューを聞いてみましょう

出典: https://pixabay.com

KSC MP9の操作性のレビュー01

概ねレビューは好評です

【ワンタッチで簡単脱着】KSC MP9 QD サイレンサー BK★KSC TP9 B&T サプレッサー
楽天で詳細を見る
“フォールディングストックは折り畳むとフォアグリップと重なり一緒に握れます”。

コンパクトさが売りのMP9なので、使わない場合は、フォールディングストックを畳んだ状態でも、嵩張らない用にデザインされているようです。

KSC MP9の操作性のレビュー02

【ポイント10倍!4月20日8時59分まで】T-N.T. APS-X HOP-UP CNCレトロフィットキット 143mm (KSC/KWA MP9 TP9 GBB対応) GOLD
楽天で詳細を見る
グリップ前面が角ばっているのでちょっと握りにくいグリップ形状。

9㍉&45ACPを2列で給弾するマガジンなので、どうしてもグリップは太くならざるを得ないです。ポリマーフレーム製のハンドガンのように、グリップのストラット部を入れ替えるデザインは、TMP9が開発された1992年当時にはまだありませんでしたから。

KSC MP9のブローバック

ksc mp9は独自に開発したブローバックエンジンで作動する、ガスブローバックサブマシンガンです。ちなみにサブマシンガンという呼称はアメリカ的な呼び方で、セミオートピストルの本家のヨーロッパでは、マシンピストルという呼称を好んで使います。実銃のMP9はロータリーボルトを用いたショートリコイルオペレーテッドで作動させるのですが、KSCでは、フロンガスのガス圧でブローバックを再現しています。

PROTEC リコイルスプリング "O" KSC TMP MP9用 #RSP/O-1200
楽天で詳細を見る

KSC MP9のマガジンについて

ハンドガンにしろサブマシンガンにしろ、ガスブローバックガンにおいては、マガジンの出来、不出来がとても重要なファクターになってきます。現在でも次世代電動ガン並みの価格付けでカスタムハンドガンを販売しながら、マガジンはガス漏れがデフォなんていう、メーカーもありますので、選ぶ時には気を付けて下さい。MP9のマガジンで気をつけなければならないのが、マガジンに給弾する時に、綺麗にBB弾を並べないと装填不良を起こします。MP7の時ももそうでしたけれど、2列給弾で途中に間が空いていると装填されずに作動が止まります。これが我慢出来ない方は、MP9の海外版のマガジンを販売しているKWAのマガジンがお薦めです。給弾口で一列になるのでジャムが起きにくいです。

出典: https://pixabay.com

KSC MP9の初速は

ここではガスブローバックと初速との関係についてご案内します。まず、ksc mp9の初速ですが、気温が23℃前後で、マガジンが冷えていない状態だと、83~85m/sぐらいです。ksc mp9のマガジンは、結構冷えに強いようで、1マガジン55発をフルオートで、余裕で撃ちきります。ガスブローバックでは撃つ度に、液体から気体にガスが変化するので、気化熱によって、マガジンの熱が奪われ冷えていきます。マガジンが冷える度にガス圧は低下するので、初速も落ちていきます。そこを理解しておかないと、電動ガンと同じつもりでサバイバルゲームで使用していると、足元をすくわれることになります。

出典: https://pixabay.com

KSC MP9の冬の使い方

撃つたびにマガジンが冷えてガス圧が下がるなら、ガスブローバックガンは冬はどうやって使うのでしょうか? ハッキリといいます。ターゲットシューティングや、マッチシューティングはともかく、サバイバルゲームで冬にガスブローバックガンを使うのは、諦めたほうがいいです。どんなに頑張っても自然には勝てません。それでも、どうしても冬にガスブローバックガンを使いたい方のために、一つだけ方法をご伝授します。

出典: https://pixabay.com

冬にガスブローバックを楽しむ方法

冬場にガスブローバックガンを楽しむのであれば、アイテムを2つ用意して下さい。①発泡スチロール箱、②電子レンジ加熱の湯たんぽ、です。電子レンジ加熱の湯たんぽはドラッグストアで手に入ります。発泡スチロール箱は釣り道具屋さんやHSで買えます。2つ用意できたら、電子レンジで湯たんぽを加熱して発泡スチロール箱にいれます。その中にマガジンを入れておけば、多少の冷えはふせげます。湯たんぽは最低でも2~3セットは用意して下さい。それでも、夏場よりも初速、リコイル共に低下するのは覚悟して下さい。ガスブローバックガンに夏場並みの初速とリコイルを求めるのは、無いものねだりです。

レンジでユタポンレンジで
楽天で詳細を見る
発泡クーラーボックス フレッシュボックスネオ FB-18 (発泡スチロール箱) 【釣り具】
楽天で詳細を見る

KSC MP9のカスタム

ここでは、ksc mp9のカスタムについてご説明をします。厳しい結果ですが、ksc mp9のカスタムパーツは現状では在庫分でしか見うけられません。ksc mp9の海外版であるKWAのmp9のカスタムパーツがあるのではないかと思い、調べてみましたが、日本ではほとんど流通していない状態です。もし、mp9のカスタムパーツを見かけたなら、ラストチャンスと思い、その場で確保されることをお勧めします。

FELIXSHI トリガースプリング KSC MP9/TP9用 強化 FE9-1200
楽天で詳細を見る

TMP 9について

ここでは、実銃のTMP 9について少しご案内します。冒頭でTMP 9が対HK MP5としてステアー社から市場に送られたことはご案内しました。その結果、MP5の牙城を崩すこともできずに、「1敗、地のまみれる」という状態になったことも、ご案内しました。

【送料無料】東京マルイ MP5A5 HG No.72 [電動ガン(スタンダードタイプ)]
楽天で詳細を見る

TMP 9は時代に翻弄された

本拠地のヨーロッパで苦戦をしいられたTMP 9は、活路を銃器大国アメリカに求めます。国の行政機関に採用されなくても、アメリカでは銃器の民間市場があり、そのマーケットで勝負すれば、まだ勝算はあるとステアー社は思っていました。しかし、そこに思わぬ不幸が重なってきたのです。通称「アサルト法案」とよばれる「アサルトウェポン規制法」といわれる法案が1994年に10年の時限立法として成立したのです。

出典: https://pixabay.com

規制で消された銃

その規制では「フルオートモデルのセミオート化」も規制対象になっていたので、ステアー社のTMP 9はアメリカに輸出できなくなりました。その結果、製造権利をスイスの企業、ブルッガー&トーメ社に売却、ブルッガー&トーメ社で改良を施して、MP9として生まれ変わったのです。

出典: https://pixabay.com

KSC MP9の実射

ksc mp9の一番の魅力は、小気味良いフルオート射撃です。実射レビューを見ても、55発入るマガジンをワントリガーで淀み無く撃ち尽くします。前後に付いているサイトはお世辞にも精密射撃にむいているとは言い難いので、サバイバルゲームでは、狙って撃つという使い方よりも、とりあえずは敵に向かって弾をバラ撒いて足止めするといった戦い方になります。メディアでは「トゥームレイダー」で主人公がバイクに乗ったまま、片手でフルオートで弾をバラ撒くシーン(動画 1:50秒頃)が印象的でした。

KSC MP9のまとめ

ksc mp9についてご説明をしてきましたが、いかがだったでしょうか。レビューでもあるように、フルオートの撃ち味は小気味よく、ワンマガジンをワントリガーで撃ちきると、いいストレス解消になります。ただ、KSCのガスブローバックの主流はM4系ライフルやMP7といったPDWにあり、このMP9は少し置いて行かれた感があります。エンジンもシステム7ではなく、旧世代のブローバックエンジンですし、予備パーツやカスタムパーツもほとんど流通していません。ですから、mp9をご希望の方は、海外向けMP9を、KWAというメーカーが作っていますので、そちらをお求めになればよろしいかと存じます。KWAのMP9はシステム7TWOというKSCの現行型のブローバックエンジンを搭載しており、初速もいく分かは高めなので、そちらをお勧めします。

GUN全般に興味がある方はどうぞ!

ステアー社のライフルが気になる方はどうぞ!

Thumb東京マルイ「ステアーAUG」レビュー!スナイパー仕様にはできるのか? | 暮らし~の[クラシーノ]
ステアーAUGは東京マルイの中でも人気のあるエアガンで、スタンダード電動ガンとしてや、ハイサ...

サブマシンガンについて説明しています

Thumbサブマシンガン特集!特徴や歴史など、サブマシンガンのアレコレを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
サブマシンガンという種類について、詳しくご紹介していきます。 サバゲーで使えるものからそうで...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ