ナガンM1895特集!リボルバーで唯一無二?銃声を消音する構造などもご紹介!のイメージ

ナガンM1895特集!リボルバーで唯一無二?銃声を消音する構造などもご紹介!

ナガンM1895とはナガン兄弟によって作られたサプレッサー(サイレンサー)を装備できる特殊なリボルバー拳銃です。普通のリボルバーは構造上、サプレッサー(サイレンサー)の効果は意味がありませんが、特殊な構造によってナガンM1895はそれを可能にしました!

2018年09月11日更新

ysakura3928
ysakura3928
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. リボルバー拳銃とは?
  2. ナガンM1895とは?
  3. ナガンM1895の特徴!
  4. ナガンM1895の構造!
  5. 【WG】CO2ガスガンを紹介 ナガンM1895
  6. ナガンM1895のまとめ!

リボルバー拳銃とは?

silencers_1909さんの投稿
23507187 1656525424369006 9146720447012798464 n

シンプルな構造の拳銃

リボルバー拳銃とはオートマチック拳銃よりも前に主力だった拳銃で、動作するパーツが少なくシンプルな構造で動く拳銃です。弾が込められたシリンダーが回転することによって連射が可能で、高威力の弾丸を使用することができます。シンプルな構造だからこそ高威力なリボルバー拳銃ですが、その分だけカスタムできる部分が少ないデメリットもあります。

大威力がメインのリボルバー拳銃

リボルバー拳銃というと思い浮かぶのがマグナムなどの強力な威力を持つ銃弾だと思います。実際その通りにリボルバー拳銃は構造がシンプルなので高威力の弾丸を発射することができるのが強みです。シリンダーに入る弾丸の量も5~6発が主流なのでオートマチック拳銃に劣りますが、高威力でその分を補っているんですね。威力としてはオートマチック拳銃では比較にならないほどの弾丸まで使えます。

adventurewagenさんの投稿
16908408 702713629911483 8803982593662910464 n

サプレッサー(サイレンサー)は効果がない?

オートマチック拳銃などで使われる銃声を抑えるサプレッサー(サイレンサー)ですが、リボルバー拳銃では効果がありません。銃声は銃弾が発射される時の高圧ガスが抜ける音と弾丸が音速を超える衝撃音です。サプレッサー(サイレンサー)はこの高圧ガスを一旦内部に入れて圧力を下げてから放出することで消音するのですが、リボルバー拳銃ではガスが漏れやすい構造になっていて減圧できないからです。

ナガンM1895とは?

thecanadiangunvaultさんの投稿
17494342 1384711898274243 4752874538478338048 n

ナガン兄弟とは?

ナガン兄弟は兄であるエミール・ナガンと弟であるレオン・ナガンというベルギーの銃器メーカーの人間です。1890年代頃に名前がよく出ていて、ナガンM1895以外には狙撃銃として有名な「モシン・ナガン」の設計などにも関わっています。スウェーデンやポーランド、ロシアなどから信頼を得ていて銃器の開発に携わっていました。開発している銃器の数は少ないですが、その分関わった銃は有名なものが多いという特徴があります!

実銃のスペック!

ナガンM1895 全長:230mm 重量:750g 装弾数:7発 使用弾:7.62x38mmナガン弾 射撃:セミオート 拡張装備:専用サプレッサー

ナガン兄弟の開発したリボルバー

ナガンM1895はナガン兄弟が1890年代初期に開発したリボルバー拳銃です。シリンダーがスイングアウトせず装填と排莢を一発ずつ行う古い方式ですが、使う弾薬や構造には他にはない特殊な構造が組み込まれていて、現代でもサプレサー(サイレンサー)が使えるとして名前が残るリボルバー拳銃です。生産は1944年までと比較的近代までされていて、ロシアでマカロフやトカレフが主流になるまではナガンM1895がそのまま活躍していました。

日本では有名なのか?

ナガンM1895は残念ながら日本ではあまり有名ではありません。唯一サプレッサーが使えるリボルバーとして世界では有名ですが、銃が浸透してない日本ではアニメや漫画、ゲームで登場しないとなかなかにその知名度は上がらないのです。ミリタリーマニアの中でもエアガンの販売が数少ないので知っている人も少ないく、マイナーな銃となっています。一時期はトカレフやマカロフに続く日本への違法輸出品として数多くのナガンM1895が発見されていたそうです。

ナガンM1895の特徴!

maine_gun_buyer_appraiserさんの投稿
27574937 1971711353157033 5109357408161890304 n

古いリボルバーだけど?

ナガンM1895が開発された1890年はまだまだ銃器の技術も発展途上でようやくライフルの多弾倉のマガジンが流通し始めたころでした。そんな中に開発されたナガンM1895はリボルバーには珍しい7発の弾倉と専用弾薬を使うなど数多くの特殊な構造を持ちながら発表されました。ナガンM1895はスウェーデンやポーランドなどで多く使われて、ロシアに流通後は赤軍などの将校に愛用されていたそうです。当時では最先端技術の塊だったのでしょう。

7.62x38mmナガン弾

ナガンM1895は専用の7.62x38mmナガン弾を使用します。この弾薬は通常の弾薬とは形が異なり、弾頭の周りをすっぽりと覆うようにカードリッジがあります。発砲の際にはカードリッジが膨張してバレルの内部に張り付き、ガスを逃さないようにすることができます。これによって亜音速を超えないような弱装弾などでも十分な威力と効果が発揮されました。

inancparlakさんの投稿
13715122 497214950486208 1963635397 n

サプレッサーが使えるリボルバー!

リボルバー拳銃の弱点としては燃焼ガスが漏れるのでサプレッサーなどが使えないことでした。しかし、ナガンM1895は専用の弾薬と特殊な構造によって燃焼ガスの漏れを防ぐのに成功して、唯一リボルバー拳銃でもサプレッサーが使えるリボルバー拳銃として有名になりました! ずっと昔にこの構造を思いついたナガン兄弟はとてつもない頭脳を持っていたのでしょうね。

ナガンM1895の構造!

gettin_loadedさんの投稿
26066138 773543026165099 261109792276217856 n

バレルがガスシーラーとして機能する

ナガンM1895はバレルが燃焼ガスを逃さないようにするシーラーの役割を果たします。専用の7.62x38mmナガン弾のカードリッジが燃焼時に膨張してバレル内に張り付くことで非常に高い密閉状態を生み出すのです。通常のリボルバー拳銃ではバレルと弾丸の間が空いてしまうことが燃焼ガスの漏れの原因になっていましたが、この構造によってそれがなくなりました。

シリンダーが移動する構造

ナガンM1895の密閉構造にはもう一つ秘密があります。ハンマーを落としてシリンダーが回転する際に特殊な構造によってシリンダーが押し出されてバレルに密着するようになっているのです。フレーム内に仕込まれたパーツとシリンダーに刻まれている溝が干渉することによってシリンダーは押し出されてバレルに密着し、より燃焼ガスが漏れないようになっているのです!

theaverageshooterさんの投稿
12135407 448258278713322 620865623 n

ブラミット・デバイス

ナガンM1895に使われる専用のサプレッサーはブラミット・デバイスと呼ばれて赤軍やソ連軍将校、特殊部隊で使われました。この特殊なサプレッサーはガス圧を下げるだけでなく、専用弾薬の7.62x38mmナガン弾から発射されるサボット(弾丸を包んでいるパーツ)を捉えて弾丸だけを発射する機構も持ち合わせていました。

【WG】CO2ガスガンを紹介 ナガンM1895

fernando_luis0618さんの投稿
20686603 1965605557008950 8881416743726088192 n

海外では販売されているが日本では少数

ナガンM1895のエアガンは日本国内ではかなり数が少ないです。海外ではエアガンとして発売されているものもあるのですが、日本国内では威力規制等に引っかかってしまうので輸入などはできません。威力規制をクリアしても今度は外装が金属製である場合には、日本のエアガンでは金色または黄色にしてバレル内にインサートを入れないといけないので現実的ではないですね。

入手機会の少ないレア品?

そんな中、日本国内で手に入るナガンM1895として「WG」が発売するCO2ガスガンのナガンM1895が存在します。こちらも流通がすでにオークションなどの販売になっていてネット通販のサイトなどでは取り扱われていません。ネットオークションでは価格は少々上がっている程度で酷い価格はなっていませんので、購入したい方はチェックをしてみるといいでしょう。

eastcoastbarbarossaさんの投稿
11371193 952531568136886 2141717479 n

ほかのメーカーは?

ナガンM1895については一部のメーカーが注目しているらしく、エアガンショーなどで試作品がいくつか作られています。しかし、2018年4月現在では大量生産によるメーカー品は発売されていません。構造が難しいだけに再現も難しいので手を出しにくいというのも問題なのでしょう。どちらかと海外メーカーのほうが気合を入れているようで、有名どころですと「aiesoft」などがナガンM1895を制作しているなどという情報も出回っています。

ナガンM1895のまとめ!

comrade_gunslingerさんの投稿
17076479 1861156604166688 1774942746000228352 n

ナガン兄弟の銃が気になる方はこちらもチェック!

ナガンM1895についてご理解いただけましたか? この他にもナガン兄弟が関わった銃として有名なものとして狙撃銃の「モシン・ナガン」が存在します。「モシン・ナガン」といえば狙撃手として有名な「シモ・ヘイヘ」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、実はナガン兄弟が関わっていたのですね! 興味がある方は下に「モシン・ナガン」についてまとめた記事がありますので、あわせて読んでみてください!

Thumbモシン・ナガンとは?ロシア帝国で開発された狙撃銃の構造・特徴などを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
モシン・ナガンとはロシア帝国で開発された小銃です。シモ・ヘイヘが使った狙撃銃として有名ですが...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ