『艦これ』で話題の駆逐艦「雪風」とは?その実態と戦艦幸運エピソードもご紹介!のイメージ

『艦これ』で話題の駆逐艦「雪風」とは?その実態と戦艦幸運エピソードもご紹介!

艦これで話題になっている駆逐艦雪風ですが、軌跡の駆逐艦、幸運艦などと呼ばれ崇められている艦です。そんな雪風が辿ってきた軌跡を今回は、雪風が活躍してきた部分をピックアップしてご紹介します。また、艦これでの雪風についても紹介しますので、最後までお楽しみください。

2018年09月18日更新

みさお
みさお
サバゲーを始めて十数年~、いろいろなエアガンに触れてきました。また、バイクに乗ってツーリングすることにも精通しておりまする。エアガン、バイク系統について、最新の情報から、お役立ち情報までいろいろと発信します。よろしくお願いします!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 雪風ってなに?駆逐艦?護衛艦?
  2. 艦これって?ゲームなの?その1
  3. 艦これって?ゲームなの?その2
  4. 雪風は奇跡の駆逐艦と呼ばれています
  5. 艦これの雪風はこんな感じ!その1
  6. 艦これの雪風はこんな感じ!その2
  7. 現実の雪風が残した数々の伝説その1
  8. 現実の雪風が残した数々の伝説その2
  9. 現実の雪風が残した数々の伝説その3
  10. 戦後の雪風は?台湾で…。その1
  11. 戦後の雪風は?台湾で…。その2
  12. 呉の雪風、佐世保の時雨が鉄板
  13. ゲゲゲの鬼太郎で知られる水木しげる先生も…。
  14. 艦これで雪風が欲しいときは?
  15. 艦これ雪風の奇跡総まとめ

雪風ってなに?駆逐艦?護衛艦?

雪風とは太平洋戦争における日本海軍の主力駆逐艦60艦の中の一隻で、戦後は奇跡の駆逐艦や、幸運艦などと呼ばれ、崇められている駆逐艦です。今回はそんな雪風の辿った軌跡をご紹介します。また、併せてDMMゲームにてプレイできる、話題の艦これでの雪風も紹介します。艦これはPSVitaなどでもゲーム化されたり、アニメ化、映画化されていたり、同人業界でも人気の艦これに登場する雪風も徹底的にご紹介します。

資材などは有料で買うことも出来ます(プレイ自体は無料です)。

護衛艦も務める優秀な駆逐艦

雪風は佐世保の鎮守府で生まれ、その後は呉の鎮守府に移動し様々な海域での作戦に参加してきました。そんな雪風は、数多の戦場を駆け抜けるも終戦まで生き残った数少ない戦艦、駆逐艦として有名です。無傷で生還したり、傷を受けても致命傷ではなく生還したりと、その活躍ぶりから軌跡の幸運艦と呼ばれ親しまれている艦なのです。とある海域では味方艦を護衛しながら戦艦と戦ったりと、活躍ぶりは凄まじいです。

スタート画面はこんな感じです

護衛艦であると同時に…。

文藝春秋誌という出版社が行った、戦争経験者の体験から、637隻の艦から名艦である5隻を決めるイベントが行われた、五航戦瑞鶴や、大和型戦艦一番艦大和と共に雪風もランクインしました。票を集めた関係者には雪風に乗船したり、整備をしたりと雪風に関係した物はいない中でのランクインであったので、より一層讃えられることになりました。637隻の中から選ばれるほどの優秀さは、現代でもファンの間では伝説となっています。

艦これって?ゲームなの?その1

艦隊これくしょん、通称艦これはDMMが運営するWEBサイトにて行うゲームになります。まずはDMM自体にユーザー登録をする必要があります。メールアドレスと今後使っていくパスワードを決めれば、ユーザー登録は完了です。艦これはDMMのユーザー登録とは別に艦これ自体に登録が必要になります、DMM、艦これとユーザー登録が完了したらゲームが開始できます。

擬人化した艦を集めて戦う!

第一艦隊から第四艦隊まで編制できます(第四艦隊はある条件をクリアすると使用できるようになります)

艦隊これくしょん、通称艦これでは大戦中の艦隊が擬人化しており、戦艦だったときの記憶を持っています、そんな中深海棲艦(しんかいせいかん)と呼ばれる、沈んだ船の怨霊が海域を支配しようとしていました。そんな深海棲艦の侵略を防ぐために艦娘(擬人化した艦)を、プレイヤーが提督として集め、育成し戦うゲームです。

艦これって?ゲームなの?その2

艦これは一時期凄まじい反響を呼んだゲームで、サーバーがいっぱいになるほどのユーザー登録が行われました。そのため、DMMに登録していても、艦これのサーバーに限界があるため、不定期でサーバーの抽選が行われていました。運が良ければ抽選に当たりすぐ始められます、一回失敗しても次回は優遇されるとのことですので、一度失敗したからといって諦めるのはおすすめできません。

艦隊を指揮し育成しよう!その1

艦娘6人で一チームの艦隊を指揮します。艦隊は海域に出撃して敵機を撃破後に出会ったり、作戦中に出会ったりすることをドロップするといいます、艦娘は作戦の海域でドロップするか、作戦の報酬で入手するか、資材を使用し艦隊を建造するかになります。海域でのドロップは確率も低いですが、ここの海域でドロップするなどの情報は出回っているため根気よく出撃すれば手に入ったりします。

ここから演習相手を選びます

艦隊を指揮し育成しよう!その2

艦娘を集めたら出撃をしたり、艦娘のレベルを上げます。レベルが一定に達すると改造が出来るようになります。艦娘に寄りますが、改、改二になったりと、もとのイラスト絵も変わったりするので、いろいろな楽しみ方が出来ます。艦娘は出撃で敵機を倒す以外にも、他の提督と演習(練習試合)をすることが出来ます、演習でレベルを上げたり、艦娘に資材のお使いをさせる遠征でもレベルを上げることが出来ます。

雪風は奇跡の駆逐艦と呼ばれています

数々の戦場で戦績を残しながらほぼ無傷で生還し続けた雪風は、当時機敏艦や不死身の駆逐艦と呼ばれていました。その幸運感から、戦後は奇跡の駆逐艦とも呼ばれるようになりましたが、実際の所、致命傷となる傷を受けなかったことです。また、多くの敵にさらされながらもほぼ無傷という超幸運はもはや伝説級ですね。

もはや伝説級の駆逐艦

その活躍ぶりや、無傷で生還したりする様は、戦後に奇跡の駆逐艦とも呼ばれています。雪風は様々な救助活動なども行っており、その際の史実や歴史を残した文献も存在しています。また、奇跡の幸運艦と呼ばれる裏で、雪風は死神と呼ばれていたと言われています、雪風の近くにいた艦は沈んでしまうという逸話ですが、雪風の近くで助かった艦も多いことから、偽証であるとも言われています。

nagatsuka_ankoさんの投稿
28430614 2121541461196620 4174963169560625152 n

艦これの雪風はこんな感じ!その1

艦これにおいての雪風は、イラストレーターは しずまよしのりさんが担当しており、キャラクターボイスはあの有名な藤田咲さんが担当しています。なんともかわいらしいタッチで描かれている雪風ですが、ゲーム中での入手難易度は高く、レア駆逐艦として人気を持っています。建造で入手するか、海域でドロップするのを狙うかになりますが、なかなか出にくいキャラクターとして有名です。

shigure_230さんの投稿
28152543 654329538024461 6213583445445050368 n

艦これにおける雪風

筆者は艦これをプレイしていますが、未だに雪風を入手したことはありません。艦これにおける雪風は陽炎型駆逐艦の妹として、艦これユーザーや、姉妹艦からも好かれているとても素直な良い子です。艦これ自体の風習というような感じではありますが、駆逐艦や護衛艦などは見た目が幼く描かれる事が多いです。そのため、雪風を含めた駆逐艦や護衛艦はみんな素直な良い子がほとんどです(例外もあります)。

艦これの雪風はこんな感じ!その2

艦これのキャラクターは艦娘(かんむす)と呼ばれている、艦隊を擬人化したもので、擬人化した艦隊が戦うゲームです。艦これでの雪風は駆逐艦としても最強の能力を秘めた駆逐艦です。その能力はとても高く、他の駆逐艦に改二(ポケモンで言う進化のようなもの)が実装されましたが、それでも雪風の能力は高く、同じ駆逐艦の島風と同様に人気があり、優秀な駆逐艦としてゲームでも活躍している艦娘になります。

出典: http://www.irasutoya.com

艦これの雪風は性能が高いですが、入手しづらいのが難点です。

幸運艦雪風 戦艦にも匹敵する性能!

艦これにおける雪風はレベル20で改になります、改になると謂わばポケモンにおける進化のような物で、ステータスが向上します。また、雪風は戦艦にも匹敵する性能を誇っていることで有名です。他の駆逐艦が改のさらに上の改二に上がっても、それよりも上の性能を誇っています。

roginnusさんの投稿
14280363 1063732047056582 1639495497 n

幸運艦雪風の戦艦並みの性能

幸運艦雪風は入手できたら積極的に育成していくことをおすすめします、艦これには駆逐艦じゃないとクリアできないような海域、任務がありますので、駆逐艦トップの戦艦にも匹敵する雪風を入手できたら育成しましょう。また、艦娘をお使いに行かせる遠征などでも役に立つほか、対潜水艦要因としても優秀なのですが、手に入りにくい艦娘なので、入手できたら轟沈させないように気をつけながら育成しましょう。

現実の雪風が残した数々の伝説その1

学生時代に社会の授業で習う太平洋戦争ですが、実は太平洋戦争に雪風は上陸支援を行うために作戦に参加していました、敵戦闘機の銃撃を浴びてしまい、修理をしていた最中にも爆撃を受けましたが、艦長の名によりなんとか危機回避することに成功した経歴を持ちます、艦長のとっさの判断ではありますが、修理中ですら、敵機の攻撃を回避する性能は素晴らしいですね。

太平洋戦争での雪風の軌跡

太平洋戦争…皆様は覚えていらっしゃるでしょうか、もちろん直に体験したことではありません、太平洋戦争と言えば社会科の授業でも教えられる世界の出来事として有名ですね、日本とアメリカの戦争ということで教えられたことだと思います。実は雪風もその太平洋戦争に参加していたのです。

戦艦並みに活躍した雪風 無傷とは行かないが…。

雪風が初めて海に出て作戦に参加したのがこの太平洋戦争時にフィリピンに対しての上陸支援でした。当時1941年12月頃の作戦で艦長を務めたのは飛田健二郎中佐で、雪風の三代目の艦長でした。その後に参加したラモン湾上陸支援で敵機から重油タンクを撃たれてしまい、工作艦である明石で工事を受けていました、その際も敵機に爆撃されましたが、飛田中佐のとっさの判断で回避できたのです。

jazztrumpetdirectionさんの投稿
27579354 1608688739179037 2480303494150488064 n

現実の雪風が残した数々の伝説その2

1942年にソロモン海域にて行われた南太平洋海戦においても南雲機動部隊、通称第三艦隊を護衛する任務で作戦に参加していました。当時も凄まじい砲撃の嵐でしたがサンタクルーズ海域に進出しました。第三艦隊の主力である五航戦翔鶴(空母)を護衛していました、その後も翔鶴から瑞鶴に護衛対象が変わり、瑞鶴を護衛しながらもアメリカ軍の艦隊とも砲撃戦を行いました。

ソロモン海での雪風その1

南太平洋海戦には、空母艦である雲鷹の護衛艦として任務に参加しました。その後は天津風(駆逐艦)と共にサンタクルーズ海域に偵察の任務に当たりました。さらにその後には上記でも書いてあるとおりにに南雲機動部隊を護衛しながらサンタクルーズ海域に進出しました。

ソロモン海での雪風その2

護衛艦としてサンタクルーズ海域に進出しましたが、翔鶴や瑞鳳が被弾してしまい、撤退を余儀なくされました、その際は残った瑞鶴の護衛艦として守りながらも、アメリカ軍の戦艦と砲撃戦を行いました。また、交戦後は味方機を救助するために敵機に見つかる危険を身に晒しながらも、無事に味方機を救出することが出来ました。

現実の雪風が残した数々の伝説その3

ガダルカナル島撤収作戦と呼ばれる、三回もの撤収作戦を無傷で任務を完遂した雪風ですが、その実この作戦では駆逐艦一隻が轟沈しており、大破した艦も多い、その中ですら無傷で任務を成功させたのが雪風です。その幸運や、幸運だけでなく、実績も残しているところを見ればわかるとおり、雪風は運だけの艦ではないのです。

第十六駆逐隊での雪風

ringoame_zuihou_kancolleさんの投稿
26864848 1712261648839438 208110544383639552 n

1943年には上記で説明したとおりに撤収作戦に参加しました、実に三回も行われるほどの作戦でした、第一作戦から第三回作戦まで数々の駆逐艦が大破したり、損傷を受けましたが、なんと雪風は無傷で任務を達成させました。轟沈する駆逐艦もいる地獄のような戦場の中で矢面に立って作戦に参加していた雪風でしたが、なんとか無傷で任務を達成しました、予定よりも損害が少なかったことから予想外の成果として賞賛されました。

戦後の雪風は?台湾で…。その1

賠償艦艇配分会議というものが行われ、敗戦国である日本は他の艦と共に中華民国に引き渡しを命じられ、中華民国(台湾)に雪風を引き渡しました。引き渡しの際には、敗戦国の艦だが、見事に整備されている驚異の船であると中華民国など様々な国から(台湾)賞賛を受けました、中華民国(台湾)に渡ってからは丹陽(たんやん)という名前に変更され、解体されるまで台湾で働き続けました。

無傷で生還したりした雪風ですが…。

日本が戦争に敗戦してからは賠償艦艇配分会議が行われました、これまで幾度となく戦場を駆け巡り、いろいろな艦の護衛艦としても無傷で活躍してきた雪風ですが、国が戦争に負けてしまい、その代償として日本は雪風を中華民国(台湾)に引き渡すことが決定しました。軍関係者の中ではどうにか引き渡しを阻止しようとした動きもありましたが、覆すことは出来なかったのです。

戦後の雪風は?台湾で…。その2

台湾で活動していた雪風は1965年12月に艦の損傷や老朽化などから退役を余儀なくされました、が、それからも台湾で練習艦として活動をしました。1970年に正式な中華民国軍(台湾国)にて除籍となりまして、翌年の1971年に台湾で解体されました。日本では雪風を日本に帰還させる活動が起こり、実際に実現するかと思われましたが、結局の所、雪風自体は日本に返還されませんでした、雪風の舵輪と錨のみが台湾から日本に返還され、江田島の旧海軍兵学校に展示されているとのことです。

mekapanda1さんの投稿
26865476 1540286986084240 2916424751243067392 n

護衛艦として活躍してきた雪風は…。

1947年に雪風を含む中華民国に引き渡される艦達は佐世保から出発し、上海に到着しました。正式には翌年の1948年に丹陽(タンヤン)として活動を開始することになりました。かの有名な蒋介石総統も乗船したりするほどで、その後は物資の運搬などに従事しました。

出典: http://www.irasutoya.com

歴史的人物も乗船するほどの駆逐艦です

これからは日本の護衛艦ではなく丹陽として活動!

1956年に丹陽は、当時中華民国で抱えていた弾薬などの物資不足で、旧日本軍の装備が整えられなくなりました、中華民国はその危機をアメリカ軍の装備に変更することで解消し、丹陽をばっちりメンテナンスし、武装も最大限積むことが出来ました。そのため、退役するまでに様々な戦場を戦い続け、上記で説明したとおりに解体されました。

mekapanda1さんの投稿
26318951 1019170158221013 2810481724960538624 n

呉の雪風、佐世保の時雨が鉄板

佐世保の鎮守府で建造された雪風は誕生後に呉へ移り、華々しい功績を挙げてきました、当時白露型駆逐艦として、絶対に沈まない船である伝説をを持つ時雨と同じく伝説のように語り継がれてきました。呉の雪風、佐世保の時雨はどちらも沈まない、無敵の船という異名をたたえた物で、今でもなお語られる神話となっています。

nutoyzonlineshopさんの投稿
26186476 2001566466732900 319323074631565312 n

艦これでも雪風、時雨は鉄板の艦娘!

艦これでは時雨も在籍しています、時雨は改二が実装されより重宝される存在になりました。艦これでの時雨は入手難易度も低く、序盤から手に入る艦娘です。序盤に手に入る駆逐艦と言うことで、解体してしまったりする提督もいますが、育てて改二にするととても性能が高いので、是非とも育てていないという方は育成してみてください。

ゲゲゲの鬼太郎で知られる水木しげる先生も…。

ここで急な話題ですが、なんとあのゲゲゲの鬼太郎で知られる水木しげる先生も実は雪風に乗船していたのです。水木しげる先生は成人後に軍人として召集されましたが、敵の爆撃にあいますが、なんとか帰国しました、その際に乗船したのがあの有名な幸運艦である雪風なのでした。

実は水木しげる先生も乗っていた!

大阪府に生まれた水木しげる先生(武良茂(むら しげる))さんは21歳の時に日本軍に招集されました、その後は1943年にラバウル島に派遣されました。ですが、敵の襲撃に遭い手を失う負傷を負いましたが、命からがら日本に生還したのです。その日本に帰還する際に乗ったのがかの幸運艦である雪風だったのでした。

艦これで雪風が欲しいときは?

艦これでの雪風はとにかく出にくい、手に入りにくい艦娘として有名です。艦これでは派手な戦艦や正規空母などに注目しがちですが、駆逐艦や軽巡洋艦などが重要になるのです。そんな中必死に雪風を狙うも、物欲センサーが出て入手できない方も多くいらっしゃるかと思います、筆者物その一人です。今回はそんな雪風の入手法を紹介します。

護衛艦でもあり駆逐艦の雪風を入手しよう!その1

雪風は建造や限定の海域に出撃することで入手することが出来ます。まずは海域でドロップさせるときにはどこを狙えば良いかを説明します。海域2-4と3-1~4までの海域、4-1~4-2、4-4、4海域のボス、5-2の海域でドロップさせることが出来ます。

護衛艦でもあり駆逐艦の雪風を入手しよう!その2

建造で入手する場合はとある資材を投入するのがおすすめされています。その資材の投入数は艦これを始めたばかりでも耳にするレア駆逐艦レシピです。燃料250、弾薬30、鋼材250、ボーキサイト30となっています。建造で表示される時間で大体出る艦娘がわかるのですが雪風の場合は24分です。これは他のレア駆逐艦も建造できるので、雪風狙いで他のレア艦が出ることもありますので、全く無駄にはなりにくいです。

艦これ雪風の奇跡総まとめ

無傷の幸運艦で護衛艦としても優秀な雪風

出撃、演習、遠征がメニューになります。

雪風が辿ってきた軌跡はどれもハッとするものや、ヒヤッとするものばかりです。ですが、そんな地獄のような戦争を致命傷になる傷を受けることなく、最後まで戦い続け、最後は轟沈ではなく解体で生涯を終えました。そんな雪風を愛する人は多いです。今は台湾から返還された雪風の部品である錨などを江田島で展示していますので、是非とも旅行ついでに見物に行ってみることをおすすめします。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ