オスモカラーとは?安全性の高い塗料の使い方と失敗しない塗り方をご紹介!のイメージ

オスモカラーとは?安全性の高い塗料の使い方と失敗しない塗り方をご紹介!

オスモカラーをご存知でしょうか?オスモカラーとはとても安全な原料で作られた自然派の塗装材で、多くの方がDIYで使用している大人気の塗料です。塗り方も難しくなく初心者にも扱いやすいのが特徴。今回はそんなオスモカラーの特徴と塗り方などをまとめていきます!

2018年10月16日更新

T・S
T・S
元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. オスモカラーとは?
  2. オスモカラーの使用用途
  3. オスモカラーの使用感
  4. オスモカラーの価格
  5. オスモカラーの塗り方①表面処理
  6. オスモカラーの塗り方②塗装
  7. オスモカラーの塗り方③放置
  8. オスモカラーの塗り方④拭き取り
  9. オスモカラーの塗り方⑤整える
  10. オスモカラーの塗り方⑥ノーマルクリアーを重ねる
  11. オスモカラーの塗り方⑦塗り直し
  12. オスモカラーの色見本
  13. オスモカラーは木が呼吸出来る塗装
  14. オスモカラーの消費期限
  15. オスモカラーはサンプル塗装してくれる
  16. まとめ~オスモカラーの塗り方~

オスモカラーとは?

食品と同レベルの安全な塗料

オスモカラーウッドワックス

オスモカラーウッドワックスは耐久性に優れていて、使い方も簡単です。

詳細はこちら

オスモカラーとはとても安全性・耐久性の高い植物性の塗料です。他のワックスとの違いは油にあり、オスモカラーは自然の食物油や、植物ワックスから作られています。その安全性と耐久性から、赤ちゃんのおもちゃなどにも使用されており、なんと塗料をそのまま舐めても問題ないほど安全なんです。また、色味もとても美しく失敗しにくい塗料なのも特徴です。

DIYで大人気のワックス

tukuribaさんの投稿
26865381 354313738379000 3554461285733105664 n

DIYファンの内で大人気のワックスの一つがオスモカラーです。他にも色々な種類のワックスがありますが、オスモカラーは自然派のDIYファンに愛されていますね。また、オスモカラーは表面に塗っているだけではなく、浸透派の塗料ですので、めくれや剝がれが起こりにくいのも人気の理由です。種類も沢山ありますので、自宅の家具の色に合わせて選べます。

オスモカラーの使用用途

木材への塗装

andante.365さんの投稿
22802611 282955462196440 532519873905950720 n

オスモカラーの使い方は主に家具などの木材への塗装です。例えば家具の色を変えるという目的だけではなく、木材を保護するためのワックスとしても使えます。塗り直しも簡単に出来るオスモカラーですので、大切な家具にも使いやすく、耐久性にも優れた使い勝手の良いワックスです。家具の耐久性を上げられるという点でも良いですよね。

傷や水分からの保護

atelierorbさんの投稿
21149767 281838682318060 7821798816599769088 n

DIYでオスモカラーを使用する際は、基本的におしゃれな色に変えるのが目的ですよね。しかし、例えば床材なんかは光沢を出すためにオスモカラーのクリアカラーを塗る場合もあります。また、オスモカラーは耐久性に優れている為、一度塗ると木材を傷や水分から保護してくれます。

オスモカラーの使用感

トロトロした感覚

katosoken.iezukuriさんの投稿
28158347 248086962401045 1744077753801506816 n

オスモカラーは値段が安いものではありませんので、使用感も気になるところですよね。オスモカラーの缶を開けるとトロトロした液体が入っています。シャバシャバした塗料が多いものですが、オスモカラーは扱いやすい粘度になっています。このトロトロ塗料を刷毛などで塗って伸ばしていくのです。

オスモカラーの香りは「靴墨」っぽい

holnholbさんの投稿
28433246 582100568806225 213761402790215680 n

オスモカラーのデメリットとも言えるのが「匂い」です。匂いは人により好き嫌いがありますので、少数ではありますが、中にはオスモカラーの匂いが苦手な人もいます。靴墨のような匂いと表現する方もいますが、感想は人それぞれ。後述致しますが、サンプルをお願いすることも出来ますので、匂いが心配な方はお願いしてみましょう。

オスモカラーの価格

他の塗料と比べると高め

sakajikenchikuさんの投稿
28159125 172774950112774 7101164881277091840 n

オスモカラーの塗料は他の塗料と比べると高めだと言われています。確かに、塗料によっては倍の金額となる場合もあります。しかし、オスモカラーは一般的な塗料に比べると主成分が多く入っていて、少ない塗料量でも沢山塗ることが出来るんです。そう考えると、決して高くないのですが、単純に液大量と値段だけを見てしまうと高いように見えてしまうのですね。

ブライワックスと比べると?

kyohei_cookingさんの投稿
28428922 213787222508733 5314744449358626816 n

ネットでも大人気で種類豊富なブライワックスと比べると、オスモカラーの方が少し高めです。また、ブライワックスの方が小型サイズから販売しており、オスモカラーの方が大きな缶となります。ブライワックスもオスモカラーも素敵な色に仕上がる塗装材ですので、自然派かどうかなども合わせて検討してみて下さい。使い方はどちらも簡単です。

オスモカラーの塗り方①表面処理

すべすべになるまで表面を研磨する

qoo_piroさんの投稿
27891212 403111706781170 8570605439576702976 n

オスモカラーを塗る前に、木材にやすりがけを行いましょう。やすりがけを行わなくても塗れる塗装材もありますが、基本的には木材をすべすべにして行うと失敗が減ります。せっかくの素敵な木材ですから、失敗しないように万全の準備を行っていきましょう!

320番以上のやすりですべすべに

maiko_2525さんの投稿
10448975 474818979287941 1224858796 n

やすりには色んな種類がありますが、おすすめは紙やすりの320番以上です。番号の種類が上がるほどに紙やすりの目は細かくなっていき、1500番の紙やすりで木材を削るとかなり高級なすべすべ感を感じられるはず。まずは300番くらいの種類から削ってみて、すべすべ感が出るまで磨いて下さい。

オスモカラーの塗り方②塗装

刷毛での塗り方

pejelagarto5592さんの投稿
28430637 552507015117594 5208120885508046848 n

塗装材を塗る道具には色々と種類がありますが、最も基本的なのが「刷毛(はけ)」で塗る方法です。刷毛の品質にもピンキリがありますが、DIYで楽しむ程度であればそこまで気にすることはありません。オスモカラーを刷毛につけ、木材にオスモカラーを塗って伸ばしていきましょう。あまりムラになると失敗した感じになってしまいますので、伸ばすことを意識して下さい。

オスモコテバケでの塗り方

osmo_kyushuさんの投稿
21569275 438544779880321 5870300084003930112 n

刷毛以上におすすめなのが、「オスモコテバケ」です。画像の左のようなモップ状になっており、このモップにオスモカラーをつけます。そして木材をモップがけするとムラなく綺麗に仕上がり、失敗することがありません。使い方が簡単なオスモコテバケはネットでも販売していますので、是非使って頂きたいアイテムですね。

オスモカラーの塗り方③放置

すぐに触ると仕上がりが悪化する

一旦塗り終わったら、しばらく放置しましょう。塗ったばかりのオスモカラーは乾いてはいませんので、すぐに次の作業をしてしまうと色移りしたり、失敗の原因となるムラが出来てしまったりします。いくら耐久性の高いオスモカラーとはいえ、すぐに触るのは禁止です。

しばらく放置して少し乾燥させる

shinyakawamura6654さんの投稿
28152949 1975973465987590 287209737303359488 n

本乾燥をさせる時は12時間ほど置いておくのですが、ここでは一旦20分くらい乾燥させます。20分くらい経つとうっすら乾燥状態になりますので、そこで少しオスモカラーを整えてあげる作業をしましょう。上手い方なら次の作業を飛ばせるのですが、塗装一つとっても中々最初は難しいものです。

オスモカラーの塗り方④拭き取り

軽く拭き取ると均一になりやすい

sanmoku0359さんの投稿
27892219 152103638933028 1605474658033860608 n

20分ほど乾燥させた後で、軽く拭き取りをしてあげるのがおすすめです。刷毛でオスモカラーを塗ると、どうしてもムラが出来てしまい、失敗とはいかないまでもちょっと残念な仕上がりになったりします。そこで、少し乾燥した状態の時に軽く拭き取ってあげると綺麗な仕上がりに近づきます。

オスモコテバケでの塗り方なら拭き取りなしでも

botanical.0715さんの投稿
27893353 405428099882391 1727612992377323520 n

オスモコテバケを使ってオスモカラーを塗った際は、ムラなども少なく綺麗に塗れているかと思いますので、そんな時は拭き取り作業は必要ありません。拭き取り作業は「もう一歩」の仕上がりを調整する為のものですので、綺麗に塗れている場合はそのまま本乾燥させます。大切な家具ですので、一つ一つ慎重に作業を行っていきましょう。

オスモカラーの塗り方⑤整える

12時間乾燥させる

sjh_houseさんの投稿
27580908 141280996686134 1663074902527180800 n

オスモカラーの乾燥時間は12時間です。結構長いように思う方もいるかもしれませんね。乾燥後には、優れた耐久性を持っている美しい塗装が完成されていますので楽しみに待ちましょう。この乾燥で十分な仕上がりになっていると感じられればここで作業は終了です。

細かいやすりでほんの少しだけこする

randt_handmadeさんの投稿
21294258 463666957348062 8128650212441849856 n

もう少しだけ光沢が欲しい場合や、表面に凹凸があると感じた場合には、紙やすりで拭き取るようにこすってあげましょう。削ってしまうと塗装面が減ってしまいますので、一、二度こする程度で十分です。そうすると、表面の凹凸もとれて、触り心地がすべすべするのが感じられるはずです。

オスモカラーの塗り方⑥ノーマルクリアーを重ねる

ノーマルクリアーとは?

オスモカラー #3101 ノーマルクリアー

ノーマルクリアーも使い方は一緒です。

詳細はこちら

更に光沢感を出したい方は、オスモカラーのノーマルクリアーを重ね塗りしましょう。オスモカラーは塗り重ねても問題ないので、そのまま塗っていきます。ノーマルクリアーを塗ると光沢が出ますし、耐久性もより上がります。撥水性や防汚性にも優れているので、シミ防止などにも最適です。

塗り方は同じ

shiakuroさんの投稿
20687062 765872790239882 5723301800346386432 n

オスモカラーのノーマルクリアーも塗り方は同じですので、ここまでの作業が上手く出来ていれば失敗することはないはず。もう一つエキストラクリアーという種類もありますが、エキストラクリアーの方が光沢感は薄めですので、少しツヤっとさせたい方にはノーマルクリアーをおすすめします。

オスモカラーの塗り方⑦塗り直し

オスモカラーは重ねて塗り直しが出来る

出典: http://osmo-edel.jp

塗り直しでの使い方も簡単なのが良いですね。

オスモカラーを塗ったあとに、他の種類のオスモカラーを塗り直ししたくなる場合もありますよね。オスモカラーは塗り直しの際に、前回塗った塗料を剝がす必要が無いのがメリットで、そのまま塗り重ねることを推奨しています。他の塗料であれば一度塗り直しする前に剝がすのが基本ですので、塗り直しの簡単さもオスモカラーのメリットです。

他社ワックス使用時の塗り直し

terauさんの投稿
19051378 442670359434324 7219299593136111616 n

オスモカラーで塗り直しを行う際に、前の塗料が他社ワックスだった場合は、塗り直しの前にペイントリムーバーで剝がしてしまいましょう。ペイントリムーバーは画像のように、綺麗に塗装を剝がすことが出来るもの。ホームセンターでも売っていますし、ネットでも購入出来ます。ペイントリムーバーで剝がしたら、普通に塗り直しを行って下さい。

オスモカラーの色見本

オスモカラーの色見本①

出典: http://osmo-edel.jp

色見本1~8つ目までです。種類豊富ですね。

こちらの色見本画像はオスモカラーウッドワックスの色見本1個目から8個目までです。色見本の中には、薄い、ほぼ白色と言えるようなカラーから、かなり劣化したようなヴィンテージっぽい色までありますね。人気なのは渋い茶色系ですが、ナチュラルな部屋を作るのなら薄い色の色見本も参考になります。

オスモカラーの色見本②

出典: http://osmo-edel.jp

色見本9~13個目です。特徴的な色の種類もあります。

こちらは色見本の後半の画像です。かなり濃い色の色見本もありますが、特に注目なのは最後の「シルクグレー」です。かなり面白い色味で、上手く使えたら面白いカラーですよね。ただ、あまりにも奇をてらいすぎると失敗する恐れもありますので、使い方は要注意です。

オフィシャルHPで色見本を確認

オスモカラーウッドワックスの色見本画像を載せましたが、下記リンクのオフィシャルホームページでは違うオスモカラーワックスの色見本も確認が出来ますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。家具などに使う場合は失敗したくないところですので、色見本をしっかり見て検討する必要がありますね。

ウッドワックス | 内装用家具・建具・おもちゃ | 植物油ベース自然塗料 オスモカラー | 商品ラインアップ | 暮らしの理想をドイツから オスモ&エーデル

オスモカラーは木が呼吸出来る塗装

液体は弾き、気体は通すオスモカラー

出典: http://osmo-edel.jp

耐久性に優れながらも、空気は通します。

オスモカラーをおすすめしたい理由の一つに、液体は弾き気体は通す性質があります。木は生き物ですので、放っておけば変形したりします。しかし、オスモカラーは空気を通す塗装材ですので、木が良い状態で保たれるのです。使い方は簡単なのに機能性に優れています。

ゴアテックスや蒸れないオムツのような仕組み

x.xxrsk17さんの投稿
26341658 2035361356733688 1045468848859381760 n

液体ははじくのに空気は通すって、なんだか凄く不思議な感じがしませんか?でも、例えばジャケットに使われるゴアテックス素材や、蒸れないオムツなどの仕組みと似ているんです。液体は通らないのですが、空気は通るくらいの小さな穴が空いているので、木が呼吸出来るのですね。

オスモカラーの消費期限

未開缶なら5年間

n_ing2020さんの投稿
27575189 1550402405067185 4180275717688262656 n

オスモカラーは耐久性に優れてはいるものの消費期限があります。消費期限が過ぎても使えないことは無いのですが、やはり塗装材としての劣化が起きてしまいますので、なるべく早めに使いたいところですね。未開缶であれば5年間が消費期限となっています。しかし、一旦家具などに塗ったあとは5年間経っていても、色などに問題がなければそのままで大丈夫です。

開缶後は2年以内が消費期限

mizoboxさんの投稿
26397071 1572739122843551 3673418397929963520 n

オスモカラーは開缶後であれば、消費期限は2年間となっています。やはり空気に触れると、耐久性のあるオスモカラーとはいえ劣化していきますので、早めに使い切ってしまいましょう。開缶したけど使い切れなかったという場合もあるかと思いますが、ラップしたりしてなるべく空気に触れないようにして下さい。

分からない場合は缶底の番号で問い合わせる

masaya_ishihara_yanさんの投稿
27574103 358397844570065 2108414666970497024 n

購入時期を忘れてしまい、消費期限がいつくらいか分からなくなったら、オスモカラーの缶底を見てみましょう。缶底には番号が書いてありますので、オスモカラーのホームページから問い合わせることで製造時期を教えてもらえます。親切に教えてもらえますので、気軽に問い合わせましょう。

オスモカラーはサンプル塗装してくれる

どんな色になるか心配な方の為のサンプル塗装

chourishiakoさんの投稿
25037653 512990775723218 428724709228544000 n

家具を塗装するとなると怖いのが失敗ですよね。一旦失敗してもオスモカラーは重ね塗りが出来ますので問題ないのですが、やはり失敗は出来るだけしたくないことです。その失敗でよくあるのが、色が想像と違ったというパターンです。そんな失敗を避けるためにも、オスモカラーではサンプル塗装を行っています。

実際に使用する木材をオスモ&エーデルへ

出典: http://osmo-edel.jp

使い方が不安な場合も問い合わせてみましょう。

オスモ&エーデル株式会社に、塗装する予定の木材を送ることで、サンプル塗装を行って返送してくれます。あまり大きい木材だと困るかと思いますので、小さめの木材を送ってみましょう。下記リンクに本社や支社の住所などが載っていますので、サンプル塗装を行ってもらいたい方は見てみて下さい。

オスモ&エーデル株式会社について|暮らしの理想をドイツから オスモ&エーデル

まとめ~オスモカラーの塗り方~

chourishiakoさんの投稿
25005511 1716847698371309 6141449607147683840 n

今回の「オスモカラーとは?安全性の高い塗料の使い方と失敗しない塗り方をご紹介!」はいかがでしたでしょうか? オスモカラーはとても安全かつ耐久性にも優れていて、木にも優しいという最高のワックスです。価格は少し高いと言われますが、塗装材の内容が濃くなっていますので、広い範囲に使えるようになっていることを考えると、むしろ安いと言う方もいますね。種類も豊富で使い方も簡単、重ね塗りも容易で家具などにも使いやすいオスモカラーを、是非使ってみて下さい!

DIYが気になる方はこちらもチェック!

今回はDIYでよく使われているオスモカラーをまとめさせて頂きましたが、DIYで使うグッズは塗装材だけではありませんよね!下記リンクにはDIYで使うインパクトドライバーや紙やすりなどについてまとまっていますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

ThumbDIY初心者におすすめなインパクトドライバーランキング15選!【マキタ・日立など】 | 暮らし~の[クラシーノ]
DIY初心者におすすめのインパクトドライバーランキング15選になります。DIY初心者にもプロ...
Thumb【DIY】サンドペーパー/紙やすりの選び方!番手とその用途を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
DIYによく使うサンドペーパー(紙やすり)ですが、種類も多く用途に合わせて選ぶのも大変です。...
ThumbBRIWAXで家具をアンティーク調に!DIYで使える簡単便利な木材塗料をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
BRIWAXは木材用の塗料です。使い方を覚えれば、安い木材でDIYした家具でも深みのあるアン...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ