車載スマホホルダーとは?人気の種類ごとの特徴や使い方をご紹介!のイメージ

車載スマホホルダーとは?人気の種類ごとの特徴や使い方をご紹介!

スマホ車載ホルダーという物は汎用性の高い製品になります。ある一定の大きさであれば、どのメーカーのスマホも対応している車載ホルダーです。安全運転のお供にどういった基準で選んだらよいのか。そして、どのようなタイプがあるのか紹介します。

2018年05月31日更新

本部琢己
本部琢己
アーティスト兼ライターのホンブと申します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 人気のスマホ車載ホルダーとは?
  2. スマホ車載ホルダーの人気おすすめ
  3. スマホ車載ホルダー基本タイプ
  4. スマホ車載ホルダー搭載の車
  5. スマホ車載ホルダーの固定の仕方
  6. スマホ車載ホルダータイプ①:マグネット
  7. スマホ車載ホルダータイプ②:マグネットクリップ
  8. スマホ車載ホルダータイプ③:マグネットスタンド
  9. スマホ車載ホルダータイプ④:吸盤
  10. タブレットホルダーもおすすめ
  11. スマホ車載ホルダーの選び方
  12. タイプ別
  13. スマホ充電をホールドしながら両立するには
  14. スマホ車載ホルダーと安全運転
  15. スマホ 車載ホルダーのまとめ

人気のスマホ車載ホルダーとは?

出典: https://www.amazon.co.jp

スマホ 車載ホルダーとは

スマホ車載ホルダーという物は、スマホを片手に運転しないためのものになります。運転中の危険性からスマートフォンを扱いながらの運転は禁じられることもあり、昨今では通話以外のタップ操作の事もあります。ですので、スマホの画面確認を、停車中にでもちょっとしたタップ操作で扱い易く、また画面の表示の見やすさを向上させる点で、車載ホルダーが重宝するわけです。

出典: https://www.amazon.co.jp

安全運転の為のツール

安全運転という事に関して言えば、やはり事故防止と言う側面の大きなはなしになります。これは、スマホを両手で扱う必要も無く、便利なツールが車載ホルダーという物です。スマホを片手で持ちながらの操作としても、神経を使う利用や、脳の判断力としての前方不注意、運転停止中でも周囲の状況察知には差し障りのある、片手スマホですので、車載ツールを揃えたいところです。

スマホ車載ホルダーの人気おすすめ

出典: https://www.amazon.co.jp

人気のホルダーはどんな種類?

人気のホルダーは、やはり二つの種類に分けられます。固定状態で選ぶもの。そして、着脱のし易さで選ぶタイプです。固定状態の良いものは、そのシリーズによっても分けられます。エアコンの送風口にはめるタイプでは、固定状態のよいホルダーを選びます。そして、吸盤式でも固定状態の良い吸盤式ホルダーは、操作感のあがったものが人気です。

出典: https://www.amazon.co.jp

人気のバリエーションはその構造にもある

ホルダーの固定状況がしっかりしていることで、スマホの車載用の操作性が上がる。そして、着脱の容易さがまた快適性を加えます。車種によってはインパネダッシュボードの張り出し方や、送風口の場所の向きがあり、一番いい車載ホルダーを選ぶには、試行錯誤と言うことも必要かもしれません。また、フロント前面の視界性の問題もあります。

スマホ車載ホルダー基本タイプ

出典: https://www.amazon.co.jp

スマホホルダーのタイプ1

車載ホルダーの中でも、送風口に固定するタイプ。おすすめはそのホルダーの固定感の優れたものになります。すぐ外れるようであれば、運転中に危険な事もあります。タップ操作をしたとしても、充分に強度の優れたものが良いでしょう。スマホホルダーのスマホの固定感も重要ですが、車に搭載するスタンドの固定性も重要なわけです。

出典: https://www.amazon.co.jp

スマホホルダーのタイプ2

人気の高い吸盤式の車載ホルダーは、やはりその吸着性の強度タイプを選びましょう。これは、ダッシュボードの形状の仕組みにも依ります。なので、吸盤が取り付けにくいときは、セット品の吸盤ゲルタイプを搭載すると、固定化がやりやすくなります。ハードな使用には向いていない吸盤式もありますので、よく選択して吟味してください。

スマホ車載ホルダー搭載の車

出典: https://www.amazon.co.jp

スマホを搭載した自動車

スマホを搭載した自動車は、安全上の事もあり、着脱を容易なタイプにしておくことが重要です。確かにスマホ搭載車は、見た目にもかっこよく映るものはあります。配線をきれいに収めたり、また自動車の運転中の視覚的・動作的な支障にならないように留意してください。スマホを扱う人が、サイドシートやバックシートであれば、尚良しです。

出典: https://www.amazon.co.jp

スマホ着脱可能の便利さ

さまざまなスマホ車載ホルダーがあります。マグネットタイプ・クリップタイプ・スタンドタイプ・吸盤タイプなどありますが、スマホを設置できるその装着感は重要なことです。車への乗車時にすぐに手元で、スマホをスタンドホルダーに設置できるかどうかで、車載ホルダーの利用感が違います。着脱ホルダーの固定状態は操作性にとって重要ですが、利用性の頻度はやはり着脱の容易さと言っても過言ではないのです。

スマホ車載ホルダーの固定の仕方

出典: https://www.amazon.co.jp

車載ホルダーの固定の方法

車載ホルダーをまずキャビネットに固定しなくてはなりません。一番操作性の良いところを選び、ドライビング時の視覚確保のスペースが大事なこととなります。固定方法はエアコン送風口にクリップで固定したり、ダッシュボードに吸盤で固定する方法、そしておすすめなのが、ハードな仕様のスマホの熱を分散するために、送風口へのスタンドの固定と同時にエアーで冷却することです。

出典: https://www.amazon.co.jp

車載ホルダーのあるなしで

スマホの車内での使用として、ホルダーに脱着する状態での、スマホの性能の維持力はテーマです。それは操作性と言うよりも、スマホのスタンドホルダーの形状により、スマホの性能に問題がないか確認をしてください。特にマグネット式が電子機器であるスマホに与える影響は、完ぺきには無視できません。スマホの種類にも依りますので、スマホの過度な使用に依る問題は自己責任の所在となります。

スマホ車載ホルダータイプ①:マグネット

出典: https://www.amazon.co.jp

マグネット式タイプ

日本車の場合ほとんどのダッシュボードはプラスチック製になっています。なので、ダッシュボードにマグネットでホルダーを固定する物はあまりありませんが、一部の専用車は、車内のキャビネットがマグネットを固定できる物である可能性はあります。また、スマホの形状として、マグネットが吸い付かないものもあり得ますので、車内の状況と、スマホの形状に確認を取ってください。

出典: https://www.amazon.co.jp

マグネット式のメリット

マグネット式のメリットは、スマホへの着脱が比較的容易であることは言えます。ただし、強力な磁力を使用しているので、ホルダーのキャビネットへの装着ポイントが、ずれる恐れがあります。なので、着脱時に両手を使用して、スマホの搭載を切り離す必要があります。マグネット式に限らず、吸盤式においても、スマホ脱着時に、固定されたスタンドを気づかったりします。

スマホ車載ホルダータイプ②:マグネットクリップ

出典: https://www.amazon.co.jp

ホルダーに付いているクリップは強靭なものを

ホルダーから車の送風口などに取り付ける部分はクリップ式になっています。スマートフォンを固定するにあたって、また車内での人の動く状態にもしたがって、クリップやそのスタンド・アームは強度の優れた物を選びましょう。車種に依るキャビネット送風口の形状もありますが、ホルダーのキャビネットへの固定状態はスマホの操作性を向上させます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ホルダーのブレがないのが良い製品

車載ホルダーも進化していますので、旧製品よりも最新の物がやはり性能を誇ることはあります。ホルダーのブレはホルダーとスマホの圧着隙間にも依る原因があります。ですので、スマホの固定状態が良い事でのストレスフリーが、セーヴィングドライブに貢献することがあります。人気のホルダーやおすすめのホルダーとしては、やはりホルダースタンド構造のしっかりしている物と言えるでしょう。

スマホ車載ホルダータイプ③:マグネットスタンド

出典: https://www.amazon.co.jp

スタンドの性質でスマホの見え方が違う

マグネット・クリップ・吸盤式と、スタンドの種類もいろいろあります。その固定感は重要ですが、そのほかにも、可視性のテーマもあります。これは、運転中にチラ見をする場合や、サイドシートの人がスマホ画面を確認するときに、一番良い方向にスマホディスプレイが向いていなくてはなりません。タブレットタイプの大判でもそれは同じ事です。

出典: https://www.amazon.co.jp

スマホ画面の認識するなら、角度が重要

スマホ車載ホルダーのスタンドの角度で、見る人が一番ストレスなく画面を確認しなくてはなりません。ですので、スマホの固定スタンドからの角度調整が容易で、しっかりしていることが重要です。角度の向きによって一番の可視性を確保することは、運転中の余計なストレスからの防護となります。操作することに依りずれるようでは、スマホスタンドの意味が薄れます。

スマホ車載ホルダータイプ④:吸盤

出典: https://www.amazon.co.jp

吸盤式のホルダー固定

マグネット式では、キャビネットに搭載できない国産車が多いので、やはりダッシュボードへは吸盤式が定説です。吸盤式が取り付けにくい場合は、補助のゲル化剤のようなものも出ています。吸盤式をダッシュボードへ取り付けるには、少し水分で濡らしたり、空気圧が漏れないようにする手ほどきも必要です。夏の熱射時に、吸盤が弱くなることも考えられますので、最新性能の物に取り換えましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

吸盤が付きにくいインパネもある

吸盤が付きにくい理由として、インパネキャビネットのプラスチックの表面構造のタイプがあり、また吸盤の質の問題があります。これは最新の吸盤式のホルダーにチェンジすることで解消したり、補助用の接着タイプの物を挟んだりと、テクニック次第では吸盤の圧着は可能です。ですが、キャビネットのスペースは前方のフロント確認の為にありますので、安全運転に支障のないように注意してください。

タブレットホルダーもおすすめ

出典: https://www.amazon.co.jp

タブレット型のホルダーもおすすめ

スマホの人気やおすすめ品で、最近では大判のものが出ています。スマホ車載ホルダーは大きな形状のスマホをホールドできるようにも、設計されています。またスマホよりも大きなタブレットに関しても、タブレット専用の車載ホルダーがあります。最新の物ではホルダーのアームが伸縮自在であったりするので、固定状態をキープするには、もちろんスタンドの構造がしっかりしている物を選びましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

人気度とおすすめ度の高いタブレットホルダー

タブレットホルダーとしては、その着脱性や固定性を基準に選択すると正解です。車載ホルダー クリップ式 カーマウント amazon より

スマホ車載ホルダーの選び方

出典: https://www.amazon.co.jp

価格帯で選ぶには

価格帯で車載ホルダーを選ぶのであれば、あまり安すぎる物はホルダーの性能としての問題点はあります。最新の物であれば、やはりその構造力学に従って、値段の上がる場合があります。性能の高い物は安全性を考慮されている設計をされていますので、安心・安全を選ぶのであれば、高品質を選びましょう。最新の物はやはり高価格であったりもします。

出典: https://www.amazon.co.jp

やはりホルダーの性能で選ぶには

スマートフォンの大判タイプや、タブレットぐらいの大きさになると、視界安定の為には不具合を生じる場合がありますので、車種の形状にもよりますが、エアコン送風口に設置するものなど、安全の確認を行ってください。キャビネットの定位置に設置するものもありますが、あまりに低部に位置すると運転中の視線からの移動が、眼球の動きで間を取ることがあります。眼球の制動時間も考慮に入れてください。

タイプ別

出典: https://www.amazon.co.jp

クリップ式おすすめ

スマホ hud クリップ式 車載ホルダー スマホホルダー ダッシュボード用 サンバイザー用 ドライブレコーダー ホルダー ナビスタンド 多機種対応 Bestliving 1年間保証付き 360度回転可 価格2千円~ amazon より

出典: https://www.amazon.co.jp

吸盤式おすすめ

iOttie 車載ホルダー 強力ゲル吸盤 HLCRIO121 価格:3千円以下 amazon より

スマホ充電をホールドしながら両立するには

出典: https://www.amazon.co.jp

シガーライターソケットの設備

人気の高いスマホ車載スタンドであったとしても、充電設備がなければ、ロングドライブ時にストレスになります。ですので車載充電設備として、ディーラーでシガーライターソケットを付けてもらう事も可能です。これはインパネ内部の配線をシガーライター形状の電源供給端子に繋ぐやり方です。電源を供給するのに、USBソケットを標準装備した搭載車もありますが、もし電源の供給ラインがなければ、オプションでも追加してもらいましょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

電力供給を継続することでロングドライブが可能

電源をスマホに供給するにあたって、スタンドのアームの部分にどう配線ハーネスがからむかも確認してください。着脱の容易さと、スマホの電源ケーブルが干渉しないようにしておくことも、美的感覚の一環です。ストレスないロングドライブには、スマホへの電源の補充状態と、スマホスタンドの見た目のことも重要です。ストレスフリーのドライビングフィールを自身で扱ってください。

スマホ車載ホルダーと安全運転

出典: https://www.amazon.co.jp

安全運転のお供

最新のスマホ車載ホルダーは安全性能としてラックアップしている物があります。また、クリップ固定式のスタンドでも、そのブレのなさや、搭載時の操作性を向上していますので、最新式のホルダーはおすすめです。もし、旧来の物で不自由な操作感の物であれば、買い替えをおすすめします。タブレットの大きさにもよりますが、構造上画面が重くなると、不自由な操作系にもなりますので、最新クリップ式などを確認してください。

出典: https://www.amazon.co.jp

車載ホルダーで時々確認

車載ホルダー上のスマホの画面を確認するのは、主に停車時などを選びましょう。安全運転が第一ですので、個人の責任で操作を行ってください。また、安全運転としての意味で、車載ホルダーを最新式の物に交換することも、賢い選択です。最新の物の、クリップの構造の頑強さを試すのもいいでしょう。ストレスフリーの運転とホルダー上の操作性で快適運転を心がけてください。

スマホ 車載ホルダーのまとめ

出典: https://www.amazon.co.jp

車載ホルダーにはタブレットも乗る時代

車載ホルダーに液晶画面のタップ操作で動く端末。スマホやタブレットを手に持つタイプではなく、片手操作で快適に。これは、現代の電子機器が改良を加えている点についても触れなくてはなりません。旧来の携帯電話ではハンズフリーの通話方式があったり、携帯電話を手に持つことは運転上危険と言われています。スマホやタブレットでは、主にタップ・スワイプ操作により、情報をキャッチしますので、ドライビング情報を快適操作でゲットするのは、快適なホルダーといっしょにというわけです。

出典: https://www.amazon.co.jp

車載ホルダーで助かる事

車載ホルダーで助かる事は、ドライビングシートからすれば、サイドシートに眼をやる運転中の危険性が少なくなる事。そして、同乗者にも備品の置いてあるようなスペースを開放してあげられる事になります。運転中にサイドシートが混乱していれば、運転中の動作で問題になるだけでなく、安全運転のための前方の視界確保にも支障をきたします。液晶画面をチラ見する事で、安全性能が上がるのであれば、車載ホルダーは安全のためのツールと言えます。

安全運転の責任は、装備品の準備にも依る

安全運転を心がけるには、ドライビング時の余計な視覚確認を減らすことも一手です。ハンドルから手が離れる瞬間や、意識的に注意力が散漫になる時は、とくに注意が必要です。なので、運転中に着信がかかってきたとしても、停車してから取るなどの配慮を自身にかけましょう。情報をキャッチするのに便利なツールであるスマホですが、安全運転を優先することが第一ですので、停車時のスマホの操作にこだわるくらいの意識を持ってください。画面確認をチラ見するのであれば、車のフロントが良く見える事とセットにしてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ