トヨタのアルミテープチューニングの効果性と効果のある貼る場所を解説!のイメージ

トヨタのアルミテープチューニングの効果性と効果のある貼る場所を解説!

アルミテープをチューニングアップに使用する。これはあたらしい燃費改善の仕組みです。トヨタのアルミテープを車のどこの場所に貼ったらよいのか。車種によって違いはあるのかなど、理論的なアルミテープチューニング場所の解説をします。

2018年06月01日更新

本部琢己
本部琢己
アーティスト兼ライターのホンブと申します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. アルミテープ
  2. アルミテープで車がかわる
  3. アルミテープでのチューニング方法
  4. アルミテープを搭載する場所
  5. アルミテープを貼る場所
  6. アルミテープを貼るエンジンルーム
  7. アルミテープをステアリングコラムの場所へ貼る
  8. 車の燃費とは
  9. アルミテープの燃費改善の仕組み
  10. アルミテープをバッテリーに貼る
  11. アルミテープによる放電場所1
  12. アルミテープによる放電場所2
  13. アルミテープをバイクに貼る
  14. アルミテープによる全体的効果
  15. トヨタのアルミテープ
  16. アルミテープのまとめ

アルミテープ

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープを車に搭載

アルミテープを車に搭載する。これだけで、車のチューニングアップを図れるとしたら、すごいはなしです。これは、最新の自動車の学問の研究の結果として、販売されているアルミテープを使って、車の性能を高める技術です。よく、電子機器にフェライトコアを付属させるような感じに似ています。要するに、静電気と余分な振動を除去する技術の事になります。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープで車をチューニング

アルミテープを貼る場所は、エンジンルームの箇所など、どこに貼ったらよいかというポイントの場所があります。そして、燃費を改善し、気流を安定化させる、魔法のような技術です。ただし、素人判断で貼りすぎると、見当違いから、逆に車の性能が落ちる場合もありますので、具体的なアルミテープチューニング法が、どのような理論で成り立っているか、知っておく必要があります。

アルミテープで車がかわる

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープの車の走りがかわる

トヨタ製アルミテープの車への搭載で、まず車の走りがかわってきます。これは、ドライバーの感覚に頼る、実感の部分なので、試した方は鋭敏な感覚を保有していることは求められます。走りが変わるというのは、加速が変わる。他には、スムーズな走りになる。そして、乗り心地。見える情報では、燃料の燃費が楽になる。こういった効果があります。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープで車のハンドリングがかわる

車へのアルミテープの貼る場所の指定や、それぞれの車のタイプもあります。たとえば、ステアリングコラムと他の箇所にアルミテープを貼る事で、ステアリング・ハンドリングが変わるというデータがあります。これは、ステアリング時の、余計な振動を除去された仕組みや、前輪のキレのよさ等から来る、パワーステアリング性能の改善の効果と言えます。トヨタ製のアルミテープをステアリングコラムに貼る場合は、振動の溜まる場所として下部底面を選んでください。

アルミテープでのチューニング方法

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープがあるだけで

アルミテープは簡単な素材ですが、車のある場所に貼ると改善が見込める。そしてその貼るという動作はとてもシンプルなものになります。ただし、車の車種によって、そのポイントの指定はありますので、どこにでも貼ればいいというものではありません。ですが、チューニングの方法としてはとても手軽な方法ですし、実際経済的効果の燃費の改善効果は環境にも優しいものです。トヨタ製アルミテープは車のチューンアップ用として専用に開発されたものになります。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープチューニングは注意も必要

アルミテープはさまざまなものがありますが、車用の純正の物が出ています。有名なものはトヨタ製のものです。そして、アルミテープの粘着質の素材のこともありますので、貼ったアルミテープが剥がれやすいようでは、元も子もありません。そして、チューニングアップの常識ですが、一度の添付で最適環境のドライビングフィールを得られるとは限りません。

アルミテープを搭載する場所

yasu.hayaseさんの投稿
16123370 233778560404454 2698544942967422976 n

アルミテープは気流の流れに沿って

アルミテープを車のどこに搭載するか、これは、まず気流の流れに沿ってが正しいやり方です。そして、そのアルミテープのバランス感覚は重要になります。車種のタイプによってそれぞれ違う事がありますので、一概には言えませんが、まず、気流のぶつかるフロント・リア・サイドの場所になります。特に風圧が乱気流を起こしそうな場所に貼る事が求められます。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープは微細振動の場所に沿って

アルミテープはまた微細な振動のある場所に貼ります。これはチューニングアップとしては旧来の方法として知られています。つまり、振動の箇所を特定し、そこにアルミテープを貼る訳です。振動とは電気質の振動の場合と、風圧に揺れる車のパーツ箇所に貼ります。振動を抑えれば、エンジンルームから車体に至るまで、振動が沈下し、走行が安定します。

アルミテープを貼る場所

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープを貼る場所がある仕組み

アルミテープの効果にはその振動・バイブレーションを抑えるという意味があります。振動には電気質つまり静電気のもの。そして風圧やエンジンの振動によるバイブレーションがあります。その両方をアルミテープは除去してくれるわけです。走行が安定し、燃費が改善します。そして、シートに座っているドライビング感も、落ち着いたものになります。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープを貼って失敗しないように

アルミテープを貼りすぎて、テスティングを行った場合は、粘着質の剥がれから、逆に振動の原因になることがあります。粘着質の性能にこだわってください。

アルミテープを貼るエンジンルーム

kazushi_kachoさんの投稿
22430064 1849253118433301 3910025156969365504 n

エンジンルームのチューニング

エンジンルームのチューニングには、これも二つの意味があり、電気スパークのある発火点からの静電気の滞留の除去。そして、エンジンルームに入り込む気流・混合器・排気による空気圧振動の低減の二つです。よって、エンジンルームに貼る場合は、プラスチックカバーがあればその上からになりますが、吸気・排気のダクト部分に真っすぐに貼る事は、認められるかたちです。

black_trinaryさんの投稿
22580527 349980012108433 3080351051497340928 n

エンジンルームの貼る場所

エンジンの型式は、車の車種によってもちがいますので、その効果を確かめるには、テスティングという試験的な段階が必要です。もし実感としてドライビングチューニングが向上しなかったと感じられれば、いったん終了し、他の場所に貼り替える必要もあります。理論的には、吸気・排気の空気圧振動を抑える為、そして、点火プラグからの静電気の除去の為と、作用の意味を考えてください。

アルミテープをステアリングコラムの場所へ貼る

katsuyoshi1018さんの投稿
14733131 192878347823175 1813955334109134848 n

車のステアリングコラムの場所

車へのアルミテープの添付には、その搭載場所の見た目にもこだわってください。アルミテープは金属ですので、光に反射したりします。インパネ上に貼ると、外観上の不具合と、運転の支障になる恐れがあります。ですので、ステアリングコラムに貼る場合は、コラムカバーの下部に貼るなど、目視状況に差し障りのないようにしてください。

pleasure.zoeさんの投稿
22861158 163906010864701 9212343634580471808 n

車のステアリングの改善

ステアリングは通常、パワーステアリングと言って、電動補助駆動システムが回っています。ですので、電気的な振動がステアリング軸へ伝導する事が、考えられます。なので、その電気的な振動を吸収する意味で、アルミテープをステアリングコラム下部に貼る事をおすすめします。電気的な振動の他に、路面の凹凸状態や前輪の干渉状態により、物理的にも振動の加わる場所です。要するにステアリングコラムにも二つの振動が存在しています。

車の燃費とは

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープで燃費改善

車の燃費を改善するには、燃料の改善や吸入空気の改善、エンジンルームの改善、車軸の改善など、さまざまな要素を考慮し、変化を加えて効果を得る事ができます。アルミテープでの改善は、基本的に静電気を抑える事での、整流装置を付加する意味において、改善が図られます。それはエンジンルーム内の事であっても、ステアリングコラムの内部の事でも、同じ車のフレームにあるという時点で繋がっている振動を及ぼしてるからです。

出典: https://www.amazon.co.jp

チューニング改善による燃費対策の効果

チューニングアップと言うのは、見た目にこだわった仕様と言うよりも、影のメンテナンスの継続とそのバランス感覚に依っていると言えます。なので、燃費を改善するにあたり、基本的な軽量である事や、空気抵抗の低減を計っていることは基本中の基本です。アルミテープに依る改善とは、いわば絆創膏を貼るような技術の事で、静電気などの振動の減耗により、クリーンな走りを実現するという意味になります。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープの燃費改善の仕組み

車のチューニングは気流から

エンジン内部や、車のルームスペース内部にアルミテープを貼る事は主に、振動の除去と言う意味になります。車のチューニングを風圧対策という事で考えると、アルミテープチューニングの気流対策は、車のアウター改善という意味になります。ステアリングコラムやエンジンルーム、バッテリーは、車の内部ですが、車の外観に貼る事は風圧・気流に対する改善効果を産み出します。

nicchanninninさんの投稿
26265723 228765537665387 6541206737649664000 n

車のチューニングは振動防止から

車の車体外部に流れるように滑る気流は、車体のデザインにおいて、ある場所には乱気流となり、シャーシやフレーム、アウターパネルの振動となって、運転車の障害要素となります。つまり微細な風圧の振動が、スムーズなドライビングを阻害しているのです。これは、静電気の帯電による振動効果や、気流の電気的作用に依る問題となります。アルミテープを外観に貼るのは、気流対策です。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープをバッテリーに貼る

出典: https://www.amazon.co.jp

バッテリーの改善によるチューニング

バッテリーの改善として有名なのは、バッテリー自体の交換です。これは水溶液中の劣化によりバッテリーの帯電力が弱まるためで、何年かに一回はバッテリー丸ごとの交換が必要になります。ただし、新品に近いバッテリーにさらに改善効果を持たせるには、バッテリーの放電や静電気を整流化する必要があります。なのでバッテリーのハーネス系に貼るのがベターです。

est205さんの投稿
23594955 145743919387194 8828171965438099456 n

車へのバッテリー改善での効果

バッテリー内部はステアリングコラムより電気的な振動の多い場所です。点火プラグからのハーネスは直結している箇所ですので、そのスパークごとの振動は伝わっています。そして余計に静電気を帯電しやすい場所です。つまり、この位置にアルミテープを貼る事は、点火プラグ系のエンジンに置いて、発火点の安定をもたらします。

アルミテープによる放電場所1

出典: https://www.amazon.co.jp

車の放電チューニングの場所

燃費改善のためのチューニングのひとつとしてアルミテープの搭載をする。そのことは、アルミテープの構造上のことを考えておかなくてはなりません。アルミと言う金属物質は、磁気は通しませんが、電気を通すメタルになります。ですので、アルミテープの端から、静電気は放出され、余分な電気質が放電される結果となります。

satisfiedhoriikeさんの投稿
19955602 1750618415237001 9110398518475882496 n

アルミテープでの放電改善での効果

静電気と言うのは、物が擦れて発生するのがほとんどです。それはピストンエンジン内部や、風圧と車体の隙間に多く発生します。寒く乾燥した日に、ドアノブにバチッと手が接触するときに発生するのも、車を走らせた後のはなしです。この余分な静電気の車体への滞留は、実は空気抵抗やエンジンの電気的整流に対し悪影響をもたらしています。つまりアルミテープの荷電力により放電する必要があるのです。

アルミテープによる放電場所2

出典: https://www.amazon.co.jp

車の放電チューニングの必要な理由

車の放電チューニングと言うのは、もともと気流の乱れの少ないバイク等と違って、エンジン回りの静電気・振動から、車体フレームの空気圧振動・静電気帯電乱流の方まで加わる施術になります。なので、車の車体が大型になればなるほど、気流チューニングが必要な訳です。ところが、気流チューニングにおいても、車体が空気と擦れている現象から、静電気放電は必要なのです。

kazu__kinzuさんの投稿
16790146 1412381342107815 856790918366232576 n

放電チューニングによる走りの改善

トヨタ製の純正チューニング用アルミテープは出ていますが、そのアルミテープをむやみやたらに貼って改善が進むかと言うと語弊があります。それには、放電場所を抑えたバランス配分が必要です。つまり静電気の電位に対する、全体的効果を望まなくてはならないからです。エンジンルーム内部の電気的振動に対する効果もありますが、もし、車体フレームの静電気帯電を改善する場合は、その放電チューニングに重なるテスティングが必要になります。

アルミテープをバイクに貼る

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープによるバイクのチューニングの場所

アルミテープをバイクに貼るのは、主に空気抵抗からくる静電気の方よりも、エンジン外観や、マフラーへの設置が望ましいでしょう。バイク自体は一番の気流抵抗は人体ですので、それほど気流改善を行わなくても結構です。もちろんトヨタ製のアルミテープをバイクに貼っても大丈夫です。バイクにもエンジンサイクルによって静電気帯電はあります。

fumiakiakamatsuさんの投稿
19227248 240979476394729 762297381541642240 n

バイクのチューニング改善による効果

バイクのチューニングは主にマフラーなどの交換によって、改善効果を得る方法があります。エンジン排気からのマフラーへの直結は、直接金属によって固定化されていますので、エンジン内部の静電気振動を防ぐには、マフラーへのアルミテープ装着で充分間に合います。視覚的な保護としてバイクマフラーの下部などに貼りましょう。

アルミテープによる全体的効果

ykeoroshiさんの投稿
18095409 1872518892996945 8075646527848054784 n

アルミテープを貼る場所の複合性

アルミテープを貼る場合、バイクより複雑な車体を持つ一般車には、その貼り方のバランスがあります。特に、気流系バイブレーションの場所には、気流の流れに沿った、貼り方が必要です。たとえば、流線形になっていない乱流の起きそうな箇所として、空気の当たる角があります。それはリアの角や、タイヤのホイール、そしてフロントパネル等がそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープチューニングのバランス

アルミテープのバランスを考えると、まず車体フレームであれば、風圧の当たる箇所への搭載。そして、エンジンからのスパーク・摩擦からの理由による搭載。そして、車体全振動を抑制したり、ハーネスに振動するものの対策としてのルームスペースへの添付があります。なので、貼る箇所としてはアウター・エンジンルーム・インナーと分けてバランスよく配置します。

トヨタのアルミテープ

ksk0005さんの投稿
17587193 459392157725135 3378652687871508480 n

トヨタ純正のアルミテープ

トヨタ純正のアルミテープは、チューニング用として出ています。そして、その粘着成分にもこだわりがあるため、粘着質の劣化対策にも性能があります。もしステアリングコラム下部や、エンジンルームのダクト部へのある程度決まった場所への装着でない場合は、車の車種やフォルムタイプの違いにより、テスティングの試験が必要です。

出典: https://www.amazon.co.jp

アルミテープを代用するには

アルミテープ自体は、文具のシリーズからもありますが、粘着質の構造上、車のチューニングアップに適さない事も考えられます。そして、バイクに対しても、貼っているところに人体のウェアが当たれば、剥がれるおそれもありますので、注意が必要です。ステアリングコラムであれば、衣服の当たらない場所へ装着ください。そしてトヨタ製以外のアルミテープでの効果は、車のチューニングアップ用として見込めない事も考慮してください。

アルミテープのまとめ

nicchanninninさんの投稿
26265723 228765537665387 6541206737649664000 n

アルミテープの貼り方については、個人のテスティング・試験的採用により、複合的な相互作用をまとめる必要があります。つまり、総括的な走りや燃費の改善は、車種やパーソナルドライビングフィールとも、関連のある事です。なので、外観上の美的センスの事も含めて、どこにアルミテープを何枚貼るかは、それぞれが、その使用感と効果を確かめる必要があります。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ