スキーブーツのおすすめ5選!正しい知識と失敗しない選び方とは?のイメージ

スキーブーツのおすすめ5選!正しい知識と失敗しない選び方とは?

スキーブーツにはさまざまなブランドがあり、滑り方などによって選び方も変わり選択に迷います。また個人個人の足の形が違うので合うブーツもさまざまです。良いスキーブーツを選ぶことは難しいですがコツがあるので紹介していきたいと思います。

2018年10月16日更新

B5
B5
登山、キャンプ、農業とアウトドアなことが大好きです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 人気のスキーブーツをご紹介!
  2. スキーブーツの人気おすすめ①
  3. スキーブーツの人気おすすめ②
  4. スキーブーツの人気おすすめ③
  5. スキーブーツの人気おすすめ④
  6. スキーブーツの人気おすすめ⑤
  7. スキーブーツのブランド
  8. おすすめスキーブーツブランド10選。
  9. ブランドがたくさんありますが
  10. スキーブーツの選び方の基礎知識
  11. スキーブーツを購入する際の注意点。
  12. 合わないブーツを買ってしまったら。
  13. 人によって良いブーツは変わる

人気のスキーブーツをご紹介!

fabian.h.c.malmhagenさんの投稿
24125493 294205211089844 4842581493165326336 n

スキーブーツといってもたくさんのブランドや、競技によって向いているもの、個人のレベルなどさまざまなものがあります。それでは早速ですが人気のスキーブーツ5選をご紹介します。

スキーブーツの人気おすすめ①

ROSSIGNOL EVO70

ROSSIGNOL EVO70

初心者、初級者におすすめ。重量が軽くバックルも3つと少な目です。快適性に特化していて通気性もよく暖かいです。ラスト幅が104mm、フレックス70、ウェイト1870g。BLACK/GREEN、BLACK/REDの2種のカラーががあります。価格2万円前後。

Amazonで詳細を見る

スキーブーツの人気おすすめ②

NORDICA GRANTOUR S RTL

出典: https://www.websports.co.jp

リアエントリー。

NORDICAのリアエントリーモデル。リアエントリーとはリアが開き足をそこから入れるため楽に履けるメリットがあります。フロントバックルはタイトで履きにくく足が痛くなったりしやすいので気軽にスキーを楽しみたいという方にはピッタリです。立ったまま履けます。一度使うとその履きやすさに手放せなくなるラクさは魅力です。価格4万円前後。

スキーブーツの人気おすすめ③

REXXAM PowerNex100

REXXAM PowerNex100

ハイエンドモデルにPowerRexシリーズがありますが快適性と扱いやすさを重視したモデルがこのPowerNexシリーズです。日本のブランドで幅広甲高の日本人の足に合いやすいです。ラスト幅が103mm、フレックス100、ウェイトが2200gです。価格は6~7万円です。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スキーブーツの人気おすすめ④

ATOMIC REDSTER WORD CUP 130

出典: https://www.tanabesports.com

中~上級者向け。

肉厚が増しても硬くなりにくく柔軟で振動吸収性に優れたPU素材。足も入れやすいです。足裏の感覚を繊細に感じ取れ雪面状況を把握しやすく足の動きに敏感に反応してくれるスキーブーツです。ラスト幅92mm、フレックス、ウェイト、価格7万円前後。

スキーブーツの人気おすすめ⑤

LANGE RS 110 S.C.

LANGE RS 110 S.C.

日本使用のカフ(すねやふくらはぎの部分)がインターナショナルモデルと比べて13mm低いスキーブーツです。背の低い方にもおすすめできます。素材も新素材デュアルコアを使用し(成型時に硬さの違う素材を同時に流し込みフレックスを各部位に合った硬度にすること)軽さ、ストレスの無い履き心地、絶妙な伝達性と操作性が魅力です。ラスト幅97mm、フレックス110、ウェイト1930g、価格5万円前後。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

スキーブーツのブランド

もちろん技術が大事ですが道具選びもかなりのウェイトを占めるスキー。その中でも特にスキーブーツはスキーヤーの力をダイレクトに雪面に伝える大事な役目を持っています。そんなスキーブーツのブランドを見ていきましょう。

おすすめスキーブーツブランド10選。

bike.systemさんの投稿
24178189 855640657951866 8982922583460544512 n

海外のものから日本ブランドまでさまざまあります。いろいろな人気ブランドがあり迷います。それぞれブランドの特徴がありますが自身のスタイルや体格に合わせてゆけばよいです。たくさんのブランドがあるため全部とはいきませんが人気のブランドを紹介します。

SALOMON(サロモン)

salomonさんの投稿
18645134 1319975428117083 7407683670556803072 n

スノーボーダーに人気のフランスのブランドですが、1947年の会社が誕生した当初は木工用ノコギリとスキーエッジの製造をしていました。スキービンディングのトップブランドになったのが1972年です。今ではウィンタースポーツのトップブランドとして世界的に知られています。

TECNICA(テクニカ)

tri_and_travelさんの投稿
26864638 166843773938647 4810552947081478144 n

イタリアで誕生しました。宇宙飛行士が月面を歩いている時に履いていた靴に似ていることから命名されたムーンブーツが人気となり大ヒットしました。今ではNORDICA、BLIZZARDなど多数の一流のブランドを抱え一大企業を形成しています。

NORDICA(ノルディカ)

tecnica.group.japanさんの投稿
25011099 148126302625175 4070514607213510656 n

1939年イタリアにてフットウェアのブランドとして誕生。1974年には世界中のスキーブーツの30%がNORDICA製でした。ドーベルマンというスキーブーツを1999年開発。以降このスキーブーツがレースモデルのスタンダードとなりさまざまな選手に使用されています。今ではTECNICAのグループ傘下です。

ATOMIC(アトミック)

atomicskiさんの投稿
25022271 591911511153760 3543836017679138816 n

数多くのメダルに貢献してきたATOMIC。オリンピックでも多くの選手が使用しています。1955年にスキーを国技とするオーストリアにて誕生しました。古くからスキー板を製造していることから信頼感があります。

HEAD(ヘッド)

gollkさんの投稿
12716648 998474286903367 1713787619 n

アメリカにルーツをもち今はオーストラリアに拠点を持っています。1947年にハワードヘッドという航空技師がスキーと出会うことにより、試作品を重ねHEADスキーが誕生しました。新技術を積極的に使うことでも有名です。ビンディングブランドチロリアと強い連携を保っています。

LANGE(ラング)

lange_bootsさんの投稿
22638752 1111643195638879 3784024891112554496 n

1948年イタリアにて誕生。レーサー向けのブーツが多く今では落ち着きてきていますが一時期は日本でもかなりの人気を博していました。上級者に人気です。1989年ロシニョールのグループ傘下になりました。

SCARPA(スカルパ)

philippreiter007さんの投稿
27892983 187112765227844 1548103077599379456 n

その名前はイタリア語で「靴」を表します。1938年イタリアにて誕生。はじめは登山靴として創業していました。1980年代には山岳スキーにも進出。1993年には山岳スキーブーツデナリを開発し大成功を収めています。

ROSSIGNOL(ロシニョール)

rossignolさんの投稿
26072246 245660089305534 5325657793754038272 n

1907年にフランスにて誕生。1961年にフランス政府より公式用品として認められルースター(鶏)マークを使うことを許されるほどの信頼と実力を得ています。もともとはスキー板を製造していました。

REXXAM(レクザム)

ryuji252525さんの投稿
25014541 138249483507386 8725366417060265984 n

日本のブランド。2010年のバンクーバーオリンピックでは上村愛子選手がREXXAMのスキーブーツを履き4位に入賞しています。1953年塩化ビニール安定剤の製造を開始。最初は社名が隆祥産業でした。自動車部品や集積回路などさまざまな分野を手がけつつ1993年スキーブーツに進出しREXXAMを発表します。2010年社名を株式会社REXXAMに変更しています。

FULL TILT

fulltiltbootsさんの投稿
27575923 559025511112910 7945333092623843328 n

モーグルやフリースタイルでは定番ともいえるFULL TILT。軽いモデルが多く、女性やシニアにも向いています。4バックルのようなしっかりとした締め付けがなく振動をよく吸収するので微妙な足裏の感覚が大事なレーサータイプには向きません。昔はライケルやクナイスルというブランドで販売していました。

ブランドがたくさんありますが

たくさんのブランドがありますが最近は企業の統合や再編が増えてきているようです。単純に知名度やデザインで選んでも良いですが、やはり個人の足に合うものを選ぶほうが重要です。ブランドを選ぶことより大事です。

スキーブーツの選び方の基礎知識

miwa_ringさんの投稿
26181606 2054294491449407 2941029261672185856 n

スキーブーツのサイズ

スキーブーツはメーカーによって、あるいは同じメーカーでも履いてみた感触が全然異なります。サイズも一緒で個人個人足のサイズや形が違うのでお店に行って履いてみることをおすすめします。初心者や上級者などに限らないことですが、スキーブーツの中で足が動かないようにすることが重要です。やや狭く窮屈さを感じるくらいが良いです。足全体に適度な圧迫とホールド感があるものが良いです。

スキーブーツの具体的なサイズの選び方。

インナーを取り出して指先を押してみます。そして足の実寸から1センチくらいの余裕があるものがおすすめです。小さ目を選ぶのは履いていると力が加わりブーツの形が変わってくるためです。インナー素材を選べば大きめのものを買う必要はありません。スキーブーツの中で足が動くと骨の出っ張った所が当たり痛みにつながります。お店での試し履きが良くても実際に滑ってみると痛みが出たりするので慎重に選ぶことが重要です。また中~上級者は足の力の伝達やコントロールに直結します。

スキーブーツのラスト(足幅)の選び方。

ラストとはスキーブーツに限らず、靴を作る際に基準となる足型のことです。日本人の足は幅広甲高といわれています。そのため海外のメーカーは日本人に合わないことも多いです。足にぴったりフィットするという関係でナローラスト(95ミリ~98ミリ)が上級者には好まれますが、足幅の広い上級者はブーツが大きくなってしまうということもありえます。そうなるとスキーブーツ内で足が動いてしまうということもあります。店頭でいろいろなメーカーを試し履きしてみるのがおすすめです。

スキーブーツのワイズの選び方。

chi_510jpさんの投稿
25022642 154859725237527 975067067793276928 n

立ち上がるなどして足に体重をかけた状態にします。そして親指の付け根あたりから小指の付け根あたりを通ってくるりと一回り計ったサイズのことをワイズ言い、フィット感を上げたり痛みの軽減のため知っておくと良いと思います。

スキーブーツのフレックスの選び方。

フレックスとはスキーブーツのシェルの硬さのことをいいます。上級者は足の力を雪にダイレクトに伝えるため固めのフレックスが好まれています。フレックスが硬くなると痛みが出たり履き心地が悪くなったりするので初心者は柔らかめのものが良いです。ちなみにフレックスの硬度は初心者100未満、中級者~上級者100~110、上級者110以上が基準になります。しかし履き心地はメーカーによって変わってくるので実際に履き比べることをおすすめします。

フレックスは競技によっても変わる

tyduciさんの投稿
27878404 2305097009716659 1664187780093181952 n

例えば足の曲げ伸ばしが多いモーグルのような競技はフレックスは柔らかくブランドによって変わってきますが100前後のフレックスが良いです。フレックスとは関係ないですが広めのラスト幅にもなります。

インナーの選び方。

インナーにはルーズインナーとタイトインナーがあります。ルーズインナーは保温性もよくクッション性も長時間履くような場合に良いです。初心者向けです。タイトインナーは足の形やサイズにぴったりとタイトに合うため痛みが出やすいですが上級者用です。

スキーブーツを購入する際の注意点。

erieri.italiaさんの投稿
26866169 213446235868522 3721776319478890496 n

初めて購入される方。

まず購入する前に店員やブーツフィッターに相談することをおすすめします。その際あなたの「スキーのレベル」「どのような滑り方をするのか」「一日中滑るのかそれとも短く滑るのか」を伝えるのがベストです。それは良いブーツと出会える確立を上げるためです。自己流で選んでしまったり見た目で選ぶとサイズが合わなかったり、店頭でピッタリでもスキー場で痛くて楽しめなかったりします。

スキーブーツを持っている方。

店頭に今使っているスキーブーツを持っていくことをおすすめします。そして「どうしてブーツを変えたいのか?」「今使っているブーツの気に入っていること、気に入らないこと」を伝えるとより精度が上がります。

合わないブーツを買ってしまったら。

出典: http://deeluxe-jp.com

熱成型インソール

足の形はそれぞれです。合わないブーツを買ってしまった場合インソールを熱によって成型するサーモインナーというものがあります。インナーの形やサイズを個人の足の形に合わせられるのでおすすめです。店頭で説明を受けるのが良いでしょう。

シェルの熱成型

シェルも熱を加えることでブーツの形を変えることが出来ます。例えばラスト幅100/106などと書いてある場合熱成型で106まで形を変えることが出来ます。こちらも店頭で説明を受けるのが良いでしょう。

skifun_agencijaさんの投稿
26224456 767935626729098 8187359176972828672 n

人によって良いブーツは変わる

好きなブランドや人気のあるブランドを選ぶのも良いとは思いますが、スキーヤー個々の足の形は全く違います。ある人にはピッタリなスキーブーツもほかの人にはただ痛いだけということはよくあることです。あまり見た目には惑わされないほうが良いです。個人の足にあっているか?レベルは?どのようなすべりをするのか?これだけでも意識してスキーブーツを選ぶと自分に合ったブーツに出会える確率が高くなります。良いブーツを履いてスキーを楽しみ、上達していただけたらと思います。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ