ツーバーナーおすすめ8選!人気メーカから使い勝手抜群の商品をご紹介!のイメージ

ツーバーナーおすすめ8選!人気メーカから使い勝手抜群の商品をご紹介!

キャンプでツーバーナーがあれば、調理の幅が広がりおすすめです。ホワイトガソリン、LPガスの燃料の比較とツーバーナー選びのポイントから、人気のコールマン、ユニフレーム、SOTO、スノーピークなどおすすめのツーバーナーをご紹介していきます。

2018年10月15日更新

outdoordogs
outdoordogs
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ツーバーナーとは
  2. ツーバーナーのメリット
  3. ツーバーナーのデメリット
  4. ツーバーナーの種類
  5. ガソリン(ホワイトガソリン)燃料について
  6. ガス缶(LPガス)燃料について
  7. ツーバーナーの燃料についての比較
  8. おすすめのツーバーナー①(ホワイトガソリン)
  9. おすすめのツーバーナー②OD缶(アウトドア用ガス缶)
  10. おすすめのツーバーナー③OD缶(アウトドア用ガス缶)
  11. おすすめのツーバーナー④OD缶(アウトドア用ガス缶)
  12. おすすめのツーバーナー⑤OD缶(アウトドア用ガス缶)
  13. おすすめのツーバーナー⑥OD缶(アウトドア用ガス缶)
  14. おすすめのツーバーナー⑥CB缶(カセットガス缶)
  15. おすすめのツーバーナー⑦CB缶(カセットガス缶)
  16. おすすめのツーバーナー⑧CB缶(カセットガス缶)
  17. 使いやすいツーバーナーのメーカー比較
  18. ツーバーナーのまとめ

ツーバーナーとは

キャンプでの料理は焚き火やバーベキューコンロで行うものと、バーナーで行うものがあります。 バーナーは火が安定して供給されるので、料理にはぴったりです。 バーナーの中でもシングルバーナー(ワンバーナー)とツーバーナーがあります。バーナーには携帯できる程の小さなバーナーから、家庭のお鍋をする時に使うカセットコンロのものがシングルバーナー(ワンバーナー)です。 ツーバーナーは五徳が二つ付いているバーナーのことをいいます。 キャンプで人気のツーバーナーは性能が高いので、バーベキューやキャンプでとての人気があります。

keishiro2999さんの投稿
11376145 842127585879906 119550911 n

ツーバーナーのメリット

火の調節が簡単

ツーバーナーの良い所は、焚き火や炭火と違って、火の調節が簡単なことと、火が安定して供給されることです。 焚き火の様に火起こしもしなくて良いのですぐに使えます。調理をしながら薪や炭火をくべる必要もありません。

osashimifishkunさんの投稿
21041506 118346325492040 4199243916765036544 n

家のコンロの様に使える

最初からツーバーナーだけで調理する計画の場合は、燃料だけ用意すれば、薪や炭の用意は必要ありません。 フライパンでの調理やお鍋など、家のコンロでの調理の様にできるので、火を消し忘れる様な事がなければ、大きな失敗をしにくいですし、焚き火や炭火でのクッカーの焦げを気にする事なく調理ができます。 また2つ五徳があるので、一つの五徳で調理しながら、もう一つの五徳でも調理することができるので、効率よく調理することができます。

i86k87dさんの投稿
18299721 1306927182761007 2533037957309267968 n

料理の幅が広がる

今まで薪や炭でお肉や野菜の食材を焼くという同じ系統だったキャンプやバーベキューのメニューが増えて、料理の幅も広がります。

yoshiozaさんの投稿
20633429 108731099815805 250100953577947136 n

ツーバーナーのデメリット

価格が高い

ツーバーナーのデメリットとしては、ツーバーナーの金額が高いこと、キャンプで腰をかがめずに立ったまま、快適に調理するには、キッチン台を揃える必要があること、燃料を購入してストックしておく必要があるが、燃料によっては燃料の価格が高いことが挙げられます。

季節によっては燃費が悪くなるものも

寒い季節はガス缶のタイプのものは冷えすぎて燃焼効率が悪く、ガス缶のツーバーナーは長時間使用すると気化熱でボンベが冷えてしまうので、火が安定しなくなってしまうので、燃費が悪いので燃料のコストが高くかかってしまうものもあります。

yukky.0204さんの投稿
16110616 1765156220471529 6505352196043833344 n

ツーバーナーの種類

ツーバーナーには、大きく分けると2種類、ガソリン(ホワイトガソリン)タイプの燃料と、ガス缶(LPガス)のタイプの燃料を使うツーバーナーの種類があります。 さらにガス缶タイプにはOD缶(アウトドア缶)とCB缶(カセットボンベ缶)の2種類があります。

ガソリン(ホワイトガソリン)燃料について

ガソリン(ホワイトガソリン)は火力が強く安定しているのでどんな場面でも使えます。ガス缶の様に缶のゴミが出ないメリットもあります。

ガソリン(ホワイトガソリン)

ツーバーナーで使用する、ホワイトガソリンは専門店や量販店のアウトドアコーナーで購入することができますが、ホームセンターなので販売していないことがあるので、燃料が切れてキャンプ場の近くを探しても見つからない可能性もあります。前もって用意しておくことが必要です。 ガソリンなので取り扱いには注意が必要です。

lucha014さんの投稿
17663817 142250716307650 2426748735187845120 n

ガソリンは一手間が必要

使用する時にはツーバーナーのタンクに空気を入れて圧力をかけるポンピングという作業を行う必要があったり、しまうときはガソリンを抜く作業や、詰まりがないようにお手入れする必要があるので少し手間がかかります。

m_asako3さんの投稿
19051550 138742926694037 1456637080401608704 n

ガス缶(LPガス)燃料について

ガス缶(LPガス)の中でもツーバーナーに使用するガス缶には、OD缶(アウトドア用ガス缶)使用のものとCB缶(カセットガス缶)使用のものがあります。手軽に扱えますが、火力が弱く安定せず缶のゴミが出るデメリットもあります。

OD缶(アウトドア用ガス缶)

LPガスの中でもOD缶(アウトドア用ガス缶)はアウトドアコーナーや専門店に行って調達しなければなりません。寒冷地で使う場合はガスが気化せず火力が出ないドロップダウンが起こります。燃費の落ち方がCB缶(カセットガス缶)よりも良いですがガソリン燃料と比較すると劣ってしまいます。

sthm.campcrazyさんの投稿
21909195 143136789627225 2596053442598273024 n

CB缶(カセットガス缶)

LPガスの中でもCB(カセットガス缶)はホームセンターやスーパーでも販売されているので、アウトドア用品の専門店に行かなくてもどこでも購入することができます。また広く普及していることから種類を間違えることがないことと、他の燃料と比較すると価格が安いので、低いコストでの使用ができます。寒い季節火が付きにくかったり、燃料が少なくなって来ると火力は弱く安定しなくなることと、長時間使う場合は何本も交換する必要があるのでゴミが沢山出てしまいます。

ツーバーナーの燃料についての比較

3種類の中でそれぞれ良いところと悪いところを簡単に挙げると、 ホワイトガソリンは燃費と火力に優れていますが、燃料の扱いがしにくいことがあります。 アウトドアガスはトータルバランスが良いですが、燃費が悪いことと価格が高い事が欠点です。 カセットガスは燃料の保管や持ち運び、手軽さに優れていますが、火力は一番低いです。 比較してみるとそれぞれ良いところ、悪いところはそれぞれありますが、どれが一番良いといえることではなく、使う頻度や条件によってそれぞれどれを購入したらよいのかを検討することが必要です。

おすすめのツーバーナー①(ホワイトガソリン)

それではここからは燃料の種類別に人気のツーバーナーをご紹介していきます。

413Hパワーハウス(R)ツーバーナー

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマン パワーハウスツーバーナー

燃焼時間:約2~6時間●重量:約6.8kg

コールマンを象徴するカラーデザインが特徴的です。寒い場所でも様々な調理が可能です。コールマンのツーバーナーはキャンプ場で必ず見かけるモデルです。 高い火力と、安定性に優れているので、風が強くても火力が不安定になりにくいです。 タンク部分を組み立てることや、ポンプ部分にオイルをさしたり、詰まらない様にメンテナンスが必要で、少し扱いにくいイメージがあります。 コールマンのガソリンツーバーナーはメンテナンスをしながら長くずっと使えるアウトドアアイテムです。 メインバーナーとサブバーナーの火力がそれぞれ違うのも特徴的です。

uppy_ramuneさんの投稿
14156222 1044831125612238 1407063599 n

おすすめポイント

温度に関わらず調理ができること、ガソリンランタン等他のコールマンのギアと同じ燃料を使えるので、互換性があることがポイントです。

おすすめのツーバーナー②OD缶(アウトドア用ガス缶)

コールマン パワーハウスLPツーバーナー

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

質量:約4.2kg
時間:約1.6~3.2時間

こちらもキャンプ場で良く見かけるコールマンのLPガスタイプのツーバーナーです。OD缶(アウトドア用ガス缶)はコールマン専用のものとなります。使用する缶の高さはあり画像では大きく見えますが、たたむと薄く小さいので持ち運びしやすいのが特徴です。

kenblack1970さんの投稿
22638948 365403967215527 7843863145931079680 n

おすすめポイント

コールマンのガソリンツーバーナーが欲しいけどお手入れが大変そうだなぁ。と思っている方は、ボディーカラーも同じなのでLPガスタイプがおすすめです。OD缶(アウトドア用ガス缶)の中でも比較的色んなお店で売っているので調達もしやすいのでおすすめです。

おすすめのツーバーナー③OD缶(アウトドア用ガス缶)

スノーピークギガパワーツーバーナースタンダード

出典: https://www.amazon.co.jp

スノーピーク(snow peak) ギガパワーツーバーナースタンダード

重量:7.0kg

見た目はスノーピークらしいシンプルなデザインですが、OD缶(アウトドア用ガス缶)の性能を生かした火力の強いツーバーナーです。

beginnerpapaさんの投稿
26066590 136614063697195 8066198046473453568 n

おすすめポイント

スノーピークの製品は他の商品との互換性も考えて作られているので、風防を取ってアイアングリルテーブルにセットできる事が素晴らしいおすすめポイントです。

おすすめのツーバーナー④OD缶(アウトドア用ガス缶)

スノーピークギガパワーツーバーナー液出し

出典: https://www.amazon.co.jp

スノーピーク(snow peak) ギガパワーツーバーナー液出し

重量:7.3kg

スタンダードのツーバーナーに液出しシステムでさらにハイパワーのツーバーナーです。 ガスを気化させるのでなく、ガスを液体のまま使うシステムなので、気化する時に缶が冷えるドロップダウンによる火力の低下を防いで火力を安定化させるので、寒冷地でも問題ありません。

zunzun750rsさんの投稿
19425291 1380775268669999 4268474949875793920 n

おすすめポイント

こちらも風防を外してアイアングリルテーブルにセットできます。気温の変化に影響されないハイパワーがおすすめポイントです。

hachifuruさんの投稿
14719840 355264778160629 296385118887477248 n

おすすめのツーバーナー⑤OD缶(アウトドア用ガス缶)

プリムス キンジャ

出典: https://www.amazon.co.jp

Primus Kinjia Single Fuel Stove

重量10.3 kg

スタイリッシュなデザインとカラーが斬新で、五徳の下にそれぞれガス缶をセットせず、1つのガスカートリッジで2つの五徳にガスを供給できる、便利なツーバーナーです。下にガス缶をセットしないので、地面やテーブルに置けることも新しい発想でおしゃれです。最後までガスを使い切れるレギュレーター機能もうれしいです。

jeep0731さんの投稿
37419051 1882260611833377 835457429259943936 n

おすすめポイント

畳んだらツーバーナーとはおもえない薄さと、かっこいいおしゃれなデザインと、ガス缶が邪魔をしないのでテーブルや調理台にそのまま置く事ができることが素晴らしいおすすめポイントです。

おすすめのツーバーナー⑥OD缶(アウトドア用ガス缶)

プリムス オンジャ

出典: https://www.amazon.co.jp

プリムス オンジャ アウトドア コンロ

重量:3.0kg

こちらもプリムスのOD缶(アウトドア用ガス缶)のツーバーナーです。今までのツーバーナーとは違うデザインが特徴的で、コンパクトに収納できおしゃれなデザインです。

おすすめポイント

本体だけでなく、カバーまでおしゃれなデザインは目を引きます。収納後のフォルムもスタイリッシュなこと、付属のウッドボードは鍋敷きやまな板、ミニ作業台にもなる機能性、非常に簡単なセッティングがおすすめポイントです。

おすすめのツーバーナー⑥CB缶(カセットガス缶)

ユニフレームツインバーナー

出典: https://www.amazon.co.jp

(ユニフレーム)UNIFLAME バーナー/ツインバーナー

[重量] 約3.9kg

ユニフレームのツーバーナーはわかりやすく簡単でとても使い勝手が良い商品です。ユニフレームのキッチンスタンドと組み合わせると、火を使った調理と材料を切る工程の動線が良くさらに使いやすくなります。収納時はアタッシュケースの様になり、取っても取り出せるので持ちやすいです。ユニフレームのツーバーナーにはパワーブースターがついているので寒い時期でも着火しやすいです。 またユニフレームのツーバーナーはダッチオーブンも、簡易オーブンも使えるので、調理の幅がどんどん広がります。

coccole2009さんの投稿
14733167 1193618597343841 108293756372910080 n

おすすめポイント

カセットコンロと同じガスボンベで簡単に使用する事ができるので、ユニフレームは日本の製品なので、ガスボンベの互換性があり安全に使用できるイメージから災害用としても特に人気が高いツーバーナーで、手に入れやすい燃料で使えるユニフレームのツーバーナーはおすすめです。 互換性のあるボンベよりも、ユニフレーム性のボンベは燃焼時間が長いので、長時間使う方はこちらもおすすめです。

おすすめのツーバーナー⑦CB缶(カセットガス缶)

SOTO2バーナー

出典: https://www.amazon.co.jp

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー

重量:5.1kg

SOTOは新富士バーナーという日本のメーカーです。別売りのSOTOパワーブースターをつけると低温時でもボンベの気化を促進させて着火がしやすいです。2本のボンベから同時に両方のコンロにガスが届くシステムでドロップダウンや火力の低下を防ぎます。

tky884さんの投稿
12940232 265963207076939 24909294 n

おすすめポイント

マットなブラックカラーと少し丸みを帯びたデザインが他と違う特徴です。ガスが2本からの同時供給されることで火力の低下を防ぐことが最大のおすすめポイントです。

おすすめのツーバーナー⑧CB缶(カセットガス缶)

SOTO3バーナー

出典: https://www.amazon.co.jp

ソト(SOTO) 3バーナー

重量:5.4kg

こちらはなんとSOTOのスリーバーナーです。ツーバーナー同様、2本のボンベからの同時供給で安定した火力を維持できます。3つの五徳では、お湯を沸かす、調理をする、保温するの3つが同時にできます。こちらもパワーブースターを取り付けることが可能です。

takeda_bbqさんの投稿
11850176 1388131071486505 1038999224 n

おすすめポイント

ツーバーナーらしくないカラーリングと、3つのコンロがおすすめポイントです。

使いやすいツーバーナーのメーカー比較

おすすめの商品や人気のメーカーをご紹介してきましたが、実際にツーバーナーを購入する際に、どんなところを比較して購入すれば良いかを考えていきます。

rut.86さんの投稿
13671854 526437827548906 156987665 n

比較1、ガソリンツーバーナーの検討

例えばキャンプで使うランタンがホワイトガソリン仕様のランタンを持っていたとします。そうすると、もしツーバーナーでガス缶を選んだ場合、新たな種類の燃料をまた購入しなければなりません。 ホワイトガソリンをランタンで使うので同じ燃料で使える種類のツーバーナーであるコールマンがおすすめです。 また寒冷地でのキャンプやバーベキューが多い場合は燃焼効率からホワイトガソリンタイプのツーバーナーを選ぶべきです。

比較2、カセットガス缶ツーバーナーの検討

例えば、キャンプはあまり行かないけれど、家で良くカセットコンロの鍋をするとします。 その場合は新たにアウトドア用のガス缶やホワイトガソリンの仕様のツーバーナーを購入するよりもカセットコンロでも使えるタイプのガス缶のツーバーナーがおすすめです。おすすめのメーカーはユニフレーム、SOTOです。

比較3、アウトドアギアと互換性からの検討

例えば、登山に行く時に携帯用のアウトドア仕様のガス缶を使うシングルバーナーを持っているとします。 キャンプやバーベキューでもシングルバーナーは使いながら、新たにツーバーナーの購入を考えているのならば、同じOD缶(アウトドア用ガス缶)が使用でき、互換性のあるメーカーのツーバーナーを購入するのが良いでしょう。 おすすめのメーカーはスノーピーク、コールマン、プリムス、SOTO(※SOTOのガス缶はハイパワータイプで独自のものもあります。)です。 用途によってそれぞれ違ってくるので、購入する際は比較してみて良く考えて購入するようにしましょう。

ツーバーナーのまとめ

junjilovescampingさんの投稿
21820382 128505011222745 759964204982599680 n

人気のメーカーの良さを比較してコールマン、スノーピーク、プリムス、ユニフレーム、SOTOのツーバーナーをご紹介しました。ツーバーナーは1つあると調理の幅が広がります。また、災害時の携帯コンロとしても活躍できます。 ホワイトガソリン、OD缶(アウトドア用ガス缶)、CB缶(カセットガス缶)それぞれの特徴と良さを比較して、使用条件や使い勝手の良いツーバーナーを探してみて下さい。 キャンプには是非持っていきたいアウトドアギアです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ