グレゴリーデイパックおすすめ13選!人気色を使い方別にご紹介!のイメージ

グレゴリーデイパックおすすめ13選!人気色を使い方別にご紹介!

今年で誕生40年を迎えるグレゴリーのデイパック。今や登山からタウンユースまでを代表するバックパックの代名詞ですね、この記事ではそんなグレゴリーのデイパックをご紹介!デザインや人気色、容量や使い方などの機能性からおすすめまで。

2018年01月14日更新

田中 健
田中 健
田中です!元気です! 最近は世界一周クルージングに憧れています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はじめに そもそもグレゴリーとは?
  2. グレゴリーのデイパックとは
  3. デイパックと他グレゴリーバックパックとの違い
  4. グレゴリー デイパックのその機能性と人気色
  5. グレゴリー デイパック/タウンユース編 4選
  6. おすすめ人気色はこれ!
  7. 1.オールブラック
  8. 2.ブラック
  9. 3.リバティーブルー
  10. 4.イエロー×レッド
  11. みんなのデイパックの使い方とレビュー
  12. グレゴリー デイパック/アウトドア編 4選
  13. おすすめ人気色はこれ!
  14. 1.スペクトラ
  15. 2.ダークコーヒー×ライトグリーン
  16. 3.ディープフォレスト
  17. 4.マイティーブルー
  18. みんなのデイパックの使い方とレビュー
  19. グレゴリー デイパック/レア編 5選
  20. 1.GREGORY×BEAMS PLUS
  21. 2.KAPTAIN SUNSHINE×GREGORY×BEAMS PLUS
  22. 3.Pilgrim Surf+Supply×BEAMS
  23. 4.デイパック 1977
  24. 5.デイパック 40th シルバータグ
  25. まとめ

はじめに そもそもグレゴリーとは?

sskhiroyukiさんの投稿
17127162 1511020512255903 565806927011905536 n

「バックは背負うものではなくて着るものなんだよ」なんて名言を残した創業者がウェイン・グレゴリー。
バックパックの代名詞といえばこの"GREGORY"を想像する方も多いのではないでしょうか。タウンユースとして、またはアウトドアや登山としても人気のブランドですね。ここではそんなグレゴリーの詳しい特徴を見ていきましょう!

グレゴリー 定番のロゴ

gregoryharajukuさんの投稿
17437545 190528118113659 6620184610628173824 n

グレゴリーといえばこのロゴ!どこかで見かけたことありますよね?ですがこのロゴ、実はこんなに変わっていたのをご存知ですか?1997年の会社設立以来現在のロゴに至るまで6回も変わっていたんです!個人的には96~15年まで使われていたロゴがなじみ深いです。マニアの間ではこのロゴにこだわり80000円ほどで取引されていたデイパックも存在するとか。

グレゴリーのデイパックとは

出典: https://www.gregory.jp

グレゴリーにはデイパックに限らずデイアンドハーフやポーチ、ボストンバッグからビジネスバッグまで幅広く展開されているのをご存知でしたか?その中でも"1日分の荷物"を想定されているのがこのデイパックの容量なんです。ではそのデイパックがどのような立ち位置、使い方でなぜ愛されているのでしょうか、レビューなども参考にご紹介します。

デイパックと他グレゴリーバックパックとの違い

グレゴリーって他にもいろんな種類のバックパックがあるよね?デイパックの何がいいんだろう、なぜ定番なんだろう?と疑問を持たれた方もいらっしゃると思います。そこでまずはデイパックの特徴をご紹介。

グレゴリー デイパック

出典: https://item.rakuten.co.jp

デイパックの特徴はそのサイズにあります。その名の通り26Lという1日分の容量をしっかりと詰め込みかさばらないこと、そして小分けされたポケットで荷物を分けられること。登山用のDカンだったりノートパソコンを入れるポケットだったりと収納という機能性に長けているんです。人気色も定番のカラーリングもおなじみ。このサイズ感と無駄のない容量、スタイリッシュさはデイパックならではですね。

グレゴリー デイアンドハーフ

出典: https://item.rakuten.co.jp

この、デイアンドハーフ33Lのモデルと比べてみましょう。デイアンドハーフは"1日半"の荷物の容量を想定に作られているのでデイパックよりも大きめです。見た目にも差がありますね。カラー展開はデイパックと変わらずです。

グレゴリー デイパック アセンドデイ

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらはアセンドデイというモデルです。その名の通り少し上の風格、大人っぽさを求めたモデルです。デザインなどデイパックに比べてシンプルで少し容量が小さくなっているモデルです。ビジネスにはこれでデザインも容量も十分とゆう方におすすめのモデルですね。

グレゴリー デイパックのその機能性と人気色

出典: https://item.rakuten.co.jp

たった26Lとは思えない無駄のない機能性と容量です。内側のスリーブは給水用のリザーバーを入れてもノートパソコンを入れてもよし、邪魔であればしまい込むこともできるベルトキーパー、そんな使い方によって変化することができるのもおすすめである理由です。

出典: https://item.rakuten.co.jp

知っているだけでもカラー展開にはじまってデザインは20種類ほど。その使い方は様々。定番カラーに加えて素材や柄で特別モデルや人気色が出るとファンはさらに愛着がわいてしまうものです!レビューでもこのデザイン性は高評価を得ているようです。レビューを見てみるとその愛用者もおすすめしていることがわかります。

グレゴリー デイパック 公式レビュー

グレゴリー公式ページのレビューも見てみましょう!容量や機能性、ユーザーならではの視点からも高評価を得ているようですね!商品ページから誰でも気になれば見ることができますがいくつかご紹介します。

早いもので他のネットで購入し使い続けて11年が経った、HDナイロンに魅かれたのが動機で、
現在まで、多少の型崩れはするものの解れはなく、いたってシンプルなんだけど頑丈それでいて使いやすい、正解なんだろうね・・・・これからも使い続けます。

昔使っていたデイパックを久しぶりに購入。ジッパーポケットやパソコンスリーブが追加されて使いやすくなっているではないですか。ウェストベルトは収納可能になっているし、時代に合わせてしっかり改良されている。買ってよかったと思える逸品です。


デイパック良いです
仕事でも使用できるリュックを探しておりデイパックのブラックを購入。パソコンスリーブがついてるので便利です。荷物もたくさん入るので、小旅行にも大活躍しました。

どこを見ても良いというレビューばかりですね。昔からの愛用者や一周回ってまた使い始めたり仕事も小旅行もこれ一つで完結なんて方もいるみたいです!やはりその”容量”は使い勝手がよく皆さん使い方を工夫していろいろなシーンに適応させているみたいです。

グレゴリー デイパック/タウンユース編 4選

fudge_pageさんの投稿
22071269 1689563024410215 469561326998388736 n

タウンユースであれば普段から使えるデザイン、ノートパソコンや書類、細かい文房具やコスメなど使いたいものがたくさんで必要になる容量など。とはいえあまり変わったデザインや小さすぎる容量はちょっと、というときにもこのデイパック。グレゴリーらしい機能や容量、デザインに惚れて長年使い続けているファンもレビューを見ていると多いですよね!筆者も人気色をはじめタウンユースには4モデルほど使いまわしていた時期がありました。

おすすめ人気色はこれ!

タウンユースにおすすめな人気色をご紹介!写真投稿サイトやレビューを見ているとシンプルなものからあまり見かけないようなデザインが見受けられます。

1.オールブラック

出典: https://www.gregory.jp

HDナイロンのオールブラックモデルです。ストラップまでブラック1色なのでシーンを選ばない王道カラーです。ビジネスにも愛用されていてスーツにも違和感のないHDナイロンです。ちなみにHDナイロンとは防弾チョッキにも使われているバリスティックナイロン素材のことで黒バリとも呼ばれているようです。

2.ブラック

出典: https://www.gregory.jp

こちらもブラック。グレゴリーのストラップといえばこの茶色のスエード生地が定番です。これだけでも売っているくらいです!上のオールブラックよりは少し砕けた印象になりますがまだまだタウンユースで男女問わず使えそうですね!

3.リバティーブルー

出典: https://www.gregory.jp

リバティーブルー。トリコロールと同じ色合いの斬新なカラーリングが目を引きますね!発色のいいブルーは他との差をつけて少し目立つこともできそうです。ちなみに公式ページでは売り切れ状態が続いていたようです。

4.イエロー×レッド

出典: https://www.gregory.jp

イエロー×レッド。こちらのモデルはデイパック80と言って現行のロゴとは番う過去のロゴが使われています。わかる人のはわかる、そんな気分で街中を歩くのもたまにはおすすめしれません。それにしても斬新なカラーリングですよね。

みんなのデイパックの使い方とレビュー

gregoryjapanさんの投稿
13423008 1743523185932253 1029875590 n

大きすぎないそのサイズ感と容量はふらっと街中を散策するにも最適ですね!例えばこんな風にスケボーギアを詰め込んでも大活躍間違いなしな使い方です。小分けにされたポケットは小道具を入れるのにも一役。レビューを見ていてもどんどん使い方の幅が広がってきました。

kaaana0531さんの投稿
23969448 130295130980822 8563470575480078336 n

おしゃれなカフェでも浮かないけれどしっかりとした存在感。ユニセックスにタウンユースできますね。ブランド物が耐久性がなく持たずにグレゴリーに乗り換えたという方の写真投稿になります。

the.daily.obsessionsさんの投稿
24254441 162592254347642 3838881274273988608 n

こんな風に街へ出かけるにもデイパックは最適ですね。限定モデルのこのデイパックは自慢もできちゃいます。詳しくは後程ご紹介しますが付加価値がついたりデッドストックが出たりとファッションとしても広く人気を支持していてタウンにもおすすめです。

_natuanjさんの投稿
22710185 127814307920837 6308471569505058816 n

グレゴリーのデイパックって本当に世代を問わないんですね。40年のファンもいれば現役の高校生までもがとりこになっている様子。その多様性はあっぱれです。長く使えるのにも手の出せるお値段という点も伝わってきます
ね。シンプルなロゴはインスタ映えも期待できる!?

____.17_さんの投稿
24254227 1696596537059777 7381342541641154560 n

アウトドアブランドとはいえタウンユースとして女性からも支持を得ています!フーディパーカーにデイパックは機能の面でもボーイッシュでおすすめのスタイリング。やはり定番のブラックはシーンを選ばず支持されている人気色のようです。

nao_ito_さんの投稿
20635035 256867561470330 1924094217022341120 n

ちょっとお出かけ!こんな風に親子でお揃いユースもかわいいですね!ビビットなカラーも普段から使えそうです。小さいお子様が大きめのリュックを背負う姿って無性に愛くるしいですよね。程よい容量はランドセルのようにヘビロテかも!?

iedesukiさんの投稿
23594132 147331739355629 3945939424390414336 n

こちらの方はすごい。圧倒的な量と種類。デイパックから入りすべてのグレゴリーマニアになったようです。中でも中心は王道デイパックなようですね!何年使っているのでしょう。グレゴリーが壊れたというのは聞いたことがないです。

0286stationさんの投稿
24177286 137134050236352 6478787737418727424 n

しっかりとした生地で長持ちし、シーンも選ばない凡庸性とくればプレゼントにもいいですね。もらった側も気負わず使えて選択肢としてはありかなと。その個人にあったデザインを選んだり使い方を考えているだけでも楽しくなりそうです!

グレゴリー デイパック/アウトドア編 4選

sarurockさんの投稿
23823328 229418734262340 6349154680848777216 n

アウトドアといえば大荷物。ここでもデイパックは一役買ってくれるんです。頑丈な10番といわれるYKKのジッパーに加えてトレッキングポールなども装着できるストラップまでついています。日帰り登山には十分足りてしまうほどの機能性、中だけでなく外側にも容量があることで26L以上に荷物をまとめてくれるんです!軽登山にもおすすめできます。

おすすめ人気色はこれ!

次に、おすすめ人気色アウトドア編をご紹介!大胆なカラーリングと多様性のある容量は使い方無限大!?これと言ってタウン用やアウトドア用と決められたカテゴリー分けはグレゴリーでは行っていないのですが、筆者の周りを参考にアウトドアシーンでの使われ方も。

1.スペクトラ

出典: https://www.gregory.jp

スペクトラ。グレー×ブラックでシンプルながら少し柄が欲しい方が多く愛用しているようです。やはりダークトーンは登山家にも根強い人気を持っているようです。ウェアが明るくなりやすい分バックパックは暗めに抑えることでバランスがとれるのでおすすめ。

2.ダークコーヒー×ライトグリーン

出典: https://www.gregory.jp

ダークコーヒー×ライトグリーン。こげ茶のような暗めに茶色に鮮やかな黄緑のライニングが目を引くカラーリング。まさに自然を表す色合いは登山などのアウトドアに向いているのでおすすめです。この人気色も公式ページでは品薄が続いているようです。

3.ディープフォレスト

出典: https://www.gregory.jp

ディープフォレスト。その名の通り深い緑のような色合いのカモフラージュ柄です。これを背負って大き目のハットをかぶって軽登山やアウトドアに行きたくなるような人気色の一つです。

4.マイティーブルー

出典: https://www.gregory.jp

マイティーブルー。最近出たばかりの鮮やかな新色です。アウトドアやレジャーに、フェスにも背負っていきたくなるような明るい雰囲気の人気色ですね!実際に見てみると光沢というよりは生地感の強い落ち着いた発色です。

みんなのデイパックの使い方とレビュー

gregoryjapanさんの投稿
13557190 562482563939269 367860599 n

こんなに荷物を詰めてフェスへ。飲み物やサングラスにうちわ、レインコートにレジャーシートまで。こんなに容量があるんですね、驚きです。何より華やかなデザインでこってりアウトドア感が出すぎないロゴというところもおすすめです。

gregoryjapanさんの投稿
13391238 112473885848129 956557132 n

軽登山にはこんな荷物で。そのちょうどいい容量とフレキシブルな機能性は見ての通り。カラーも自然ぽくってなじんでいます。普段から使えるデイパックはどうやらいろんなシーンでの使い方がされているようです。

gregoryjapanさんの投稿
21107459 1458251100928507 6647606095617458176 n

タウンからアウトドアへ、そんな時にもグレゴリーのデイパックはおすすめです。休日は朝早く、どこか遠くへ。なんてシーンではお気に入りの柄のデイパックでいつもと雰囲気の自分を楽しむことを容量、機能の面でも叶えてくれます。

gregoryjapanさんの投稿
20065365 1820599578270008 669789214824464384 n

グレゴリーのいいところは他のデザインのバッグとも類似のデザインの商品があることで、こんな風にみんなでお揃いにすることで仲間内の気分も上げられるんです!こんなにかわいいのに納得の機能性。なんだかいくつも欲しくなってきますね。

gregoryjapanさんの投稿
17881059 1544105785634240 8161641625768951808 n

先の見えぬ荒野もこのデイパックで。タウンと違ってアウトドアなシーンではちょっとやりすぎなくらいのカラーがちょうどよかったり、人気色だったりするんですね。このマイティーブルーもアウトドアならではの使い方では。

mcchentwさんの投稿
24274044 293997634444037 289631948534448128 n

色違いのお花柄なんてのもあるのです。一人では手を出しづらいかたには思い切ってみんなでお花柄デビューしてみるのもおすすめですね。こんな柄での行楽も気分上々ですね。

gregoryjapanさんの投稿
22220848 1204944399606957 7250026510726201344 n

ちょっとした容量を追加することもできます。ミニポートをバックルにつけて取り出し自由。ギアのラインナップが充実していることでデイパック自体も長く使えるという要素の1つですね。登山などのアウトドアシーンで見かける愛用者のほとんどはこのミニポーチを付属で愛用されています。ちょっとした容量の追加にもだというレビューもちらほら。
さらに今年は茶タグの40周年記念ミニポーチもリリースされています。

グレゴリー デイパック/レア編 5選

グレゴリーのデイパックには誕生記念モデルやカラーリングのコラボ限定アイテムが出ているようです。ロゴだけでなく製造された国の変化も付加価値として人気を誇る理由の一つです。2014年の春夏モデルからすべての生産をアジアに変えたことでUSAロゴにプレミアがついたりと。ここ数年では特にBEAMSとコラボしているようです!どちらも店舗にて詳しく紹介がされています。人気色や機能性などそのなかでもおすすめをご紹介。

1.GREGORY×BEAMS PLUS

出典: http://www.beams.co.jp

出典: http://www.beams.co.jp

実はこのファッションブランドBEAMSは2016年で生誕40周年を迎えているのです。それに加えGREGORYは2017年で40周年。ということもあってコラボしているのかも?
このモデルではGREGORYファンの中でも人気の茶タグと紫タグのデザインが復活!1984~94年のデザインです。バックルなどのパーツも当時の仕様に近いものを使っているそう。

2.KAPTAIN SUNSHINE×GREGORY×BEAMS PLUS

出典: http://www.beams.co.jp

出典: http://www.beams.co.jp

旅に出たくなるトラディッショナルウェアをコンセプトに日本のデザイナーが発信しているキャプテンサンシャインとコラボしているのがこのモデル。最初期の1stタグを使用し、ネイビー×イエローというカラーリングで復刻をイメージ。バッグを開いた時のその鮮やかさは他にはないものです!また、背面にはレザー補強を施すなど現行モデルには劣らない特別感のあるモダンなデザインが特徴。

3.Pilgrim Surf+Supply×BEAMS

出典: http://www.beams.co.jp

ブルックリン発のアメリカ東海岸カルチャーをコンセプトにした”Pilgrim Surf+Supply”というアウトドア系のブランドとコラボしたモデルです。サーフシーンに備えて設置面の強化や内側に付属するサコッシュなど面白い要素のあるコラボデザインが特徴です。山のイメージのあるグレゴリーがサーフィンといいう海のアクティビティにコラボしていたなんて少し驚きですよね。

4.デイパック 1977

出典: https://www.gregory.jp

こちらは純粋なグレゴリーデイパックの40周年記念モデル。その名も”デイパック1977”です。もうご存知の通り1977年より設立されたブランドにちなんで世界限定1977個での販売がされました。すでに売り切れていてオークションでも価値がついてデッドストック化しているようですね。

5.デイパック 40th シルバータグ

出典: http://www.beams.co.jp

こちらも40周年記念モデルです。1998~2015年まで使われていたシルバータグの復活です。このデザインはチョコチップカモとも呼ばれていて1997年に発売されたモデルがもとになっています!レトロな雰囲気がファンにはたまらない。

まとめ

gregoryharajukuさんの投稿
18443972 134474483813517 464619206915129344 n

いかがでしたでしょうか。今回はグレゴリーのデイパックをレビューや実際のみんなの使い方を見ながら紹介していきました。グレゴリーのデイパック、その魅力と人気の秘密は愛され続けた歴史とデイリーユースな機能性にあるかと筆者は思っています。これからのコラボモデルも、今までのモデルの復刻版も楽しみで仕方がありません。これから出るモデルがその先で懐かしいなと思えるような思い出を詰め込んだバックパック、それがこのグレゴリーデイパックなのかもしれません。

最後に耳寄り情報ですが、現在グレゴリーではデイパックをはじめ数種類のバックパックをアウトレット価格で手に入れられるセールを行っているようです。東京での大きな店舗はグレゴリー原宿になります。ほかでも手に入りますがせっかくなのでぜひ足を運んでみるとまた新たな発見があるかもしれません。まずはこのページでも複数回ご紹介したインスタグラムで確認してみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ