痛みを和らげる!クロスバイクのサドルおすすめ6選でお尻も安心のイメージ

痛みを和らげる!クロスバイクのサドルおすすめ6選でお尻も安心

今回は「お尻が痛みを和らげるサドル」のご紹介です。初めてクロスバイクに乗った時、お尻が痛いと感じた方が多いと思いま。ロードバイクのようにパット入りパンツははかずに、サッと乗ってお出かけしたいですよね。今回はそんなシーンにぴったりのおすすめサドルをご紹介します。

2018年03月23日更新

横やん
横やん
ロードバイクや登山・キャンプ、山好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. クロスバイクのサドル交換前に知るべき3つのこと
  2. 知っておくべきこと①:最初は大体「痛い」
  3. 知っておくべきこと②:高さの調整
  4. 知っておくべきこと③:「痺れ」には要注意
  5. クロスバイクのサドル選び4つのポイント
  6. サドル選びのポイント①:形状
  7. サドル選びのポイント②:パッドは「厚め」に
  8. サドル選びのポイント③:サイズ
  9. サドル選びのポイント④:試乗してみよう
  10. おすすめのサドル6選!
  11. 【通販で購入できるお得なサドル編】
  12. お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル①
  13. お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル②
  14. 【迷ったらこれ、有名ブランドのサドル編】
  15. お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル③
  16. お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル④
  17. お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル⑤
  18. 【快適性を求めるブランド編】
  19. お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル⑥
  20. まとめ

クロスバイクのサドル交換前に知るべき3つのこと

「サドル沼」という言葉があります。
お尻の痛みをなくすためにサドルを交換し続ける行為のこと。

クロスバイクでは、普段の街乗り・通勤・ちょっとした気分転換など、そこまで長い距離を想定していないと思うので、そこまで「サドル沼」にはまることはないと思います。
ただし、無駄なことをしてしまって余計な出費をしてしまうより、事前に知っておけばそうならずにすむませるほうがいいですよね。特に自転車は、パーツの交換にそこそこお金もかかるので、自分にあったサドルをすばやく手に入れるための、最低限の知識をもつことをおすすめします。

masaya.ft6さんの投稿
24177260 2004275789848133 725218078471749632 n

知っておくべきこと①:最初は大体「痛い」

初めて乗った人のほとんどがお尻を痛いと感じます

クロスバイクに初めて乗るとき、お尻が痛いのが普通です。買った人のお尻に大体フィットしていない付属のサドル。また、日常生活でめったに活躍しない部分をサドルに乗せるので、痛くなって当然と言えます。誰もが通る道なので心配ありません。しかるべき方法と、しかるべきサドルを選べば、その後はお尻の痛みに苦しむことはほぼなくなると思ってよいでしょう。

yusuke.ikegamiさんの投稿
23824680 156323138315448 815904315766996992 n

知っておくべきこと②:高さの調整

クスバイク購入時、まずは高さの調整を

まずはここから行ってもらいたい「高さの調整」。
地面からのサドルの高さ、ここを正常に調整することで乗り心地が大幅に変化することも珍しくありません。自分で調整して最適な高さを見つけるのも結構ですが、お店に行って店員さんに相談することをぜひおすすめします。その後自分で調整できるように、高さ調整のやり方を教えてもらうのも良いですね。

ryo_650ltdさんの投稿
16230137 367726400253355 1327428375190437888 n

知っておくべきこと③:「痺れ」には要注意

痺れは血行不良によるもの

「痛い」と同時に「痺れ」を感じた方は要注意。
特に男性に起こりやすいサイクリング中の股間のシビレは、尿道付近の血行不良によるもの。当然体に良いものではなく、ストレスの原因にもなるので、シビレも軽減させるサドル選びが必要となります。では実際のサドル選びを見ていきましょう。

bricklanebikesjapanさんの投稿
23498838 761204424086539 3994110858459348992 n

クロスバイクのサドル選び4つのポイント

ひとえにサドルを選ぶといっても、様々な種類があります。どれが最適かひと目ではわからないもの。簡単な特徴を覚えて、今のあなたにぴったりのサドルを選びましょう。

サドル選びのポイント①:形状

サドルの形状1.みぞなし

出典: http://www.podium.co.jp

乗っているときに位置(ポジション)を調整しやすく疲れにくいのがメリットで、長距離の走行にも向いています。ただし股間の中心に痛みが出やすいのがこの形状のもの。
オシャレ要素が強いものも多く、痛さを和らげる点からすると選択には注意が必要です。特に前後からみて「丸み」のある形状のものは、脚を動かしやすいものの痛みも出やすいのでご注意を。

サドルの形状2.みぞあり

出典: http://www.podium.co.jp

痺れが気になる方はみぞありのものが良いでしょう。股間の真ん中を圧迫せず、血行を妨げないため痺れが起こりにくくなります。注意点として、体との接地面が股間の外側に限られるため、別の部分(脚の付け根あたり)に痛みを感じることがあります。

サドルの形状3.穴あき

出典: http://www.podium.co.jp

現在はこのタイプが商品として広く人気があり、多く出回っております。
みぞありと同様痺れが起こりにくいタイプ。穴なしとの違いは、「通気性」に優れムレを抑え、股ズレのリスクを軽減すること、また軽量であること。みぞありと同様、脚の付け根あたりに痛みを感じる可能性は要注意。

選ぶなら「穴あき」がおすすめ

機能性を考えて選ぶのであれば「穴あき」がベストと言えるでしょう。
初めての方ですと見慣れない形状ですが、多くの自転車乗りにとってはなくてはならない形状のサドルです。

サドル選びのポイント②:パッドは「厚め」に

クロスバイクにおいて大切なことは「気軽に乗れること」。
私服ですぐにまたがれる状態にしておきたいものですよね。
パッドは「厚め」のものを選択してお尻を快適に、またがってすぐに「痛い」と感じるものは避けた方が良いでしょう。

revery_cycleさんの投稿
14128930 1826522714233650 1430860517 n

「厚め」のサドルに変更したら、サドルの「高さ」に要注意

冒頭でも紹介しましたが、「高さ(ポジション)の調整」はとても重要です。
サドルが厚くなることで地面からの高さも当然高くなるもの。せっかくサドル交換をしたのに高さが合わなくてお尻が痛いまま。そのようなことを避けるため、サドルを変えたら必ず高さ調整を行いましょう。

サドル選びのポイント③:サイズ

見落とされがちなのがサドルの「サイズ」。
洋服や靴を買うときにサイズにこだわるように、お尻の形も十人十色ですので、気になる方はぜひサイズにもこだわってみて下さい。

makotoaoyamaさんの投稿
14719658 1365021546866070 9200945044779958272 n

サドルのサイズで特に見るべきは「幅」

サドルの「幅」は狭いか広いかモデルによって異なります。
広いほど安定感が増しますが、その分脚が動かしにくく漕ぎにくくなる可能性があり、股ズレの原因になったりもします。
狭い場合は脚が動かしやすくなりますが、その分安定感がなくなり痛みも出やすくなる可能性もあります。サイズの中では優先的に気にしたほうが良いでしょう。

サドル選びのポイント④:試乗してみよう

貸し出しや試乗できるお店もあります

試乗や、数日ほどの貸し出しをしてくれるお店もあります。
多少料金がかかる場合もありますが、本気で痛みの解消をされたい方はぜひ問い合わせてみて下さい。
実際に使ってみるのが一番わかりやすいですよね。

brotures_osakaさんの投稿
14733734 1798859080355059 3533040351092670464 n

おすすめのサドル6選!

選ぶうえでのポイントはいくつか挙げてきましたが、本題となる実際におすすめのサドルもいくつか紹介させていただきます。現在主力のものも紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

______kyoko___さんの投稿
23969542 288336965019461 732644437703786496 n

【通販で購入できるお得なサドル編】

とにかく安いものが欲しいと願う方のために2つのおすすめサドルを。
ショップレビューも豊富な商品・ブランドなので吟味してから購入することも可能でしょう。

お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル①

GIANT(ジャイアント)肉厚サドル

GIANT ジャイアント 肉厚 サドル 衝撃吸収 ブラック サイクリング
1,458円

幅:155mm 長さ:260mm 重量:480g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

有名ブランドGIANTから、安い価格設定が魅力的なこのモデル。厚手のパッドがお尻をやさしく包みます。
お試しにぴったり。やわらかすぎず心地いい乗り心地で街乗りや、初めてのサドル交換におすすめ。
雨に降られると水を吸ってしまうので、その点だけは要注意。

お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル②

VELO Plush

VELO スポーツサドルPLUSH VL-3147 ブラック 1個
3,240円

幅:180mm 長さ:275mm 重量:415mm

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

通販サイトで人気の高いブランド「VELO」安価でも乗り心地が良いと人気です。
最初のサドル交換に選ぶ人も多く、エントリーモデルとしてオススメです。
街乗りや通勤に使用するユーザーが多く、通販サイトのレビュー量が比較的多いので参考になる意見が見つかるかも。一度検討してみる価値はありそうです。

【迷ったらこれ、有名ブランドのサドル編】

少し値は張っても、痛みを和らげて耐久性も強いサドルを選びたい。
その思いに答えてくれるであろう有名ブランドとそのサドルを紹介していきます。

お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル③

selle SMP TRK

SELLE SMP(セラSMP)TRK MEDIUM サドル ブラック
3,240円

ミディアム 幅:160mm 長さ:280mm 重量:395g / ラージ 幅:177mm 長さ:272mm 重量:400g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

エントリーモデルからのステップアップ、さらなる乗り心地の良さを求める方におすすめのモデル。
ロードバイクでも愛用する自転車乗りが多いブランド「selle SMP」。お尻にぴったりフィットする形状、安定感のあるパッドの組み合わせが優秀なサドル。オールラウンドに対応し、ゆったりロングライドを楽しみたい方におすすめ。

お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル④

SELLE ITALIA(セライタリア) GEL シリーズ

Selle italia(セライタリア)SPORT Gel FeC BLK FLOW サドル
7,992円

幅:140mm 長さ:270mm 重量:330g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サドルのブランドとして100年以上歴史のある「selle ITARIA」。
作りが丈夫で長く愛用できるひとつとして期待できるサドルです。表面の滑りが良いことで、こぎやすい・耐久性があることが特徴。ただし、幅が狭い・パッドが固めとの意見が多いのでお店で確認してから検討するのが良さそうです。

お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル⑤

Bontrager(ボントレガー) Commuter Gel Saddle

Bontrager Commuter Gel Saddle
詳細はこちら

アメリカ発の自転車ブランド「TREK」の、アクセサリー部門「Bontrager(ボントレガー)」。
クロスバイクも多く販売しており、国内には専門店も。店頭でご覧になったことがある方も多いと思います。やわらかいパッドはクッション性良く、特に体を起こして乗りたい人におすすめのサドル。TREKのブランドでそろえたい方は必見。

【快適性を求めるブランド編】

「この商品!」ではなく、ブランドのコンセプトに基づきもっと自由に選びたい方へ。快適性を求めたブランドを紹介いたします。

お尻が痛くない!クロスバイク用おすすめサドル⑥

SELLE ROYAL

【K】SELLE ROYAL(セラロイヤル) サドル R.e.med(リメッド) (ブラック/レッド)/2354HRMA10005(24)
1,730円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ロードバイクではおなじみの「fi'zi:k」のコンフォート系サドル(快適性重視)のブランドが「SELLE ROYAL」。
MADE in ITARYがなんだかオシャレな響きだが、サドルの快適性にこだわる姿勢はロードバイクへかける情熱と引けをとらない。ライダーの"柔軟性"に合わせ、45°(アスレチック)、60°(モデレート)、90°(リラックス)、と段階を設けることで、それぞれの最適な乗り心地を見つけられるようにされた工夫が嬉しい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
サドルも同じようで少しずつ違うもの、店頭で購入される場合は試乗もおすすめです。きっとあなたにぴったりの1つと出会えるはず。

livcycling_jpさんの投稿
21688910 170629890165806 8780298189782646784 n

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ