サバゲー基本戦術!テクニックと初心者が上達するための動きを解説!のイメージ

サバゲー基本戦術!テクニックと初心者が上達するための動きを解説!

サバゲーを始めたい方、初心者の方必見です。すぐにヒットされてしまったり、なかなかゲームに勝てなかったりしませんか?ほんの少し立ち回りや戦術を覚えるだけで今までとは違ったサバゲーになります。難しい戦術もありますがここではわかりやすく説明していきます。

2018年10月14日更新

Shoma5959
Shoma5959
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. サバゲーにおける立ち回り、戦術の大切さ
  2. サバゲー|ゲームの種類について
  3. サバゲーの種類別戦術
  4. フラッグ戦の基本戦術
  5. 殲滅戦の基本戦術
  6. 大将戦の基本戦術
  7. あなたこんな事しちゃってませんか?:初心者チェック
  8. サバゲーにおけるルール
  9. "まとめ"
  10. ※用語解説※

サバゲーにおける立ち回り、戦術の大切さ

どんなスポーツやゲームをするにも、立ち回りや戦術はとても大切なものですよね?そういう点に関してはサバゲーはサッカーやチェスにとても良く似ています。敵がどう動くのか?今現在の敵の場所は?どう動けば敵につぶされずに相手からヒットを奪えるか?一口に戦術、立ち回りと言っても状況や天候、場所やチームの装備、自分の装備で変えなければいけません。

「たったそれだけのことで?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。そうなんです。サバゲーを始めたもののすぐにヒットをとられてしまう方いませんか?でも簡単な戦術、立ち回りを覚えるだけでとても楽しいゲームに変わるのです。また、サバゲーのゲームの種類によっても大きく変わります。次はその種類のお話をしたいと思います。

サバゲー|ゲームの種類について

先ほども説明したように、サバゲーは色々なゲームがあります。フラッグ戦や要人警護、キツネ狩り戦などがあり、どれも違った面白さがあります。しかし初心者の方にはわかりにくい、説明しにくいというものが多いので、いつでも「やるよ!」と言われたらすぐ出来るオーソドックスな三つを紹介していきます。

サバゲー初心者におすすめ:フラッグ戦

かなりオーソドックスで尚且つわかりやすいゲームの一つです。基本は二つのチームで行い、お互いに相手のフラッグを奪った方が勝ちといういたってシンプルなゲーム。しかし、いかに相手に気が付かれずに敵陣に潜り込み、フラッグをとるか。また、相手から奪われないように自陣のフラッグをどう守るかにかかっているのでとてもチームワークが必要なゲームになっています。

サバゲーの代名詞:殲滅戦

サバゲーと言えばこれ!というくらいのゲームです。二チームに分かれ敵チームを殲滅させれば勝ちというシンプルなゲームですが、とても奥が深いゲーム。自軍が優位な時はいいのですが、一対多数になってしまったときの辛さはやってみないとわからないでしょう。※1キツネ狩りされるキツネの気分てこんな感じなのかな?と思います。

サバゲーに慣れてきたら:大将戦

先ほどの二つと同じように、二つのチームで行いますがチームに一人ずつリーダーを作ります。その人が撃たれたら負け、という子供のころにやった人もいるのではないでしょうか?王様ドッジボールと同じようなルールです。互いに誰が王様か知っていてもいいですし、あえて知らさないというのも面白いです。基本的に殲滅戦のように相手を撃つだけの大将戦と、リーダーのみが相手のフラッグをとることができるフラッグ戦の要素も混ぜたゲームがあります。初心者の人でもやり方次第では、勝ちやすいルールです。

サバゲーの種類別戦術

上では簡単にゲームの紹介を行いましたが、次はそのゲーム別に基本戦術、立ち回りなどを紹介していきます。ここで紹介するのは基本的な動き方と少し発展した動き方を紹介します。まずは基本の動きをやれるようになってから、少し発展した動きやテクニックを取り入れるとより楽しくゲームを楽しめます。

フラッグ戦の基本戦術

何よりも最も大切なのはチームワーク。それ以上でもそれ以下でもありません。チームの中での自分の役割、立ち位置を意識してやってみましょう。全員を防御にまわしてしまっては、ゲームが進みません。かといって全員で攻撃はすぐに相手にフラッグをとられてしまいます。なので自分は自陣を守るディフェンス向きなのか?それとも敵陣に突っ込んでってフラッグをとるオフェンス向きなのか?それを考えるのもテクニックの一つです。

ディフェンスタイプの場合(スナイパー、ディフェンダー)

自陣のフラッグを守るのはあなた方の役目です。オフェンスより影が自然と薄くなってしまうディフェンスですがフラッグ戦の花形はやはりディフェンスにあると思われます。アタックを仕掛けてきた相手をいかに殲滅できるか?相手の動きをいかに読み取れるか?戦術的な面で最も頭を使わなくてはいけない点です。

ディフェンスが多いに越したことはないのですが、実際防御に人手を割くより攻撃に人手を割いたほうが勝ちやすいです。では、どうやって守るのか?とにかくフラッグが見えて狙撃しやすいポイントを見つけ、そこのエリアに入ってくる敵を殲滅すればいいのです。どうしたって敵は旗を狙ってくるのですから......

アタッカータイプの場合(アサルト)

先ほども言ったように、フラッグ戦は特にチームワークが大事になってくるゲームです。もちろん自分たちと同じように敵もフラッグをとられたくないので守っているので単身でフラッグアタックを仕掛けてもたちまち敵のスナイパーやディフェンダーの餌食になってしまいます。では、どうするか?フラッグアタックする人とスナイパーやディフェンダーの攻撃を防ぐ人にわかれれば、狙撃する側もしにくくなるのでおすすめです。

でも敵が潜んでいる場所はわかりにくいですよね?もちろん相手もこちらにばれないように隠れてて※2絶対半径の中に入ってくるのを待ち伏せしてるんですから。そんな時の裏技で、銃を※3セミオートにして隠れていそうなところを探り撃ちして※4サーチするのがおすすめです。それに敵がつられて撃ってきたときに、弾が飛んでくる方角から相手の場所を割り出します。

サバゲーマーのプラスワン戦術

ここで紹介するのは仲間内でのコミュニケーションがしっかりとれていることを前提とした戦術です。アタックを仕掛けるアサルト集団を二つに分け、先頭の手段をα、後方の集団をβと呼びます。αが先に突っ込みスナイパーやディフェンダーの攻撃を集中して食らっている間に、βがフラッグゲットに動くという手です。しかし、これはしっかりコミュニケーションが取れていて、尚且つ全員承諾の上で行わなければ、トラブルの原因になってしまうので気を付けましょう。

あとは、思ったよりディフェンダーの数が多かったり、スナイパーの射撃精度が高かったりすると攻撃どうこうではなくただ狩られて全滅。なんてこともあり得ます。なので、できるだけスナイパーやディフェンダーを※4サーチして倒してから進むといいと思います。でも、あまりぐずぐずしていると自陣を攻撃に行っていた敵のアタッカーが戻ってきて挟まれてやられることもあります。そこの駆け引きもフラッグ戦の醍醐味ですね。

フラッグ戦においての注意

旗をとることに固執しすぎるとトラブルになる恐れがあります。※4フラッグゲットしたいのは皆同じです。そのためには先頭に立って突っ込んでいく必要があります。しかし、当たり前ですが先頭は一番狙撃されやすいポイントです。だからと言って仲間を盾にしたり、仲間を騙しておとりにしたりしてフラッグゲットをするのは禁止です。指示を出して突っ込みたいなら、自分が先頭に立つべきです。ルールやマナーを守らないと楽しくないですからね。

殲滅戦の基本戦術

先ほどのフラッグ戦とは違い個人戦が主流になってくるゲームです。最初に簡単なルールの説明はしましたが、本当にいたってシンプルで相手を殲滅すれば勝ち。ただシンプルなゲームなだけに奥が深く、意外と初心者の方や初めての方が苦戦するゲームになっています。なので、基本戦術と立ち回りを覚えてテクニックを磨いていきましょう。殲滅戦で培った戦術、動き、攻撃防御、敵の動きに注意する力は全てのゲームにつながります。殲滅戦を制すものはサバゲーを制す!

攻撃編:ヒットをとるために......

まずは、※5ヒットをとらなければ話になりません。やっぱりサバゲーは※5ヒットをとってこそのゲームです。隠れてるだけでは、ただのかくれんぼ。かといって不用意に敵のまえに姿を現せば、すぐに※5ヒットです。ではどうしましょうか?まずはフィールド内ではなくフィールド外でできることがありますよね?そうです。射撃練習です。

いくらいい装備を揃えても、当たらなかったら意味がありません。初心者の方でもちゃんとしたメンテナンスやチューンアップをして自分にあった愛銃を持っていて、よく狙うことができれば当たるのです。

まずは陣形的に優位な場所を確保します。基準は、こちらからは見通しがいいこと、相手からは見つからないことです。防御は最大の攻撃とはこのことですね。次に物音をたてず体勢を低くして行動することが大事になってきます。最後に、射撃した後は敵に場所を知られていることが多いです。周りに敵がいる場合、すぐにその場を離れて次の拠点を見つけましょう。最初から何個か目星をつけておくのもいいかもしれません。

防御編:ヒットをとられないために

先ほどの攻撃編の逆ですね。初心者さんの特徴で撃たれたくないから、動き回る人がいますが、逆に的になってしまいます。皆さん考えてみてください。ヒットをとられること。どこに敵がいて、あと何人敵が生き残っているかわからない状況。どちらが怖いですか?後者ですよね。先ほども言いましたよね?防御は最大の攻撃。殲滅戦に関してはフラッグ戦のように攻撃、防御とわかれていないので攻撃編と防御編の両立が求められます。

その他に、二人一組もしくは三人一組を組んで行動し全方位にサーチを効かせるというグループ戦法も有効です。サーチするときは頭を動かしてサーチするのではなく、目だけを動かすのがポイントです。遮蔽物から前方を覗くときも片目だけを外に出してできるだけ遮蔽物に隠れるようにします。そういう細かいテクニックを使うだけで、ヒット数も上がりますし、ヒットされにくくなります。

サバゲーマーのプラスワン戦術

ゲームが盛り上がってきて、万が一敵に囲まれてしまった場合や敵に発見されてしまった場合の立ち回り方をご紹介します。逃げましょう!※6マガジンに余裕があったら、※7フルオートで※8弾幕を張りつつ後退するか、ひたすら遮蔽物を使って逃げます。もちろん逃げるときは動きは少し遅くなってしまいますが、体勢を低くして注意して逃げます。

あと敵が逃げるのを深追いしてまんまと敵の集中砲火に合わないように注意が必要です。逃げていく敵を深追いしなくても、そっちの方向に※9セルを組んで行けば、たとえその行動が敵のブラフだったとしても対処できるからです。

大将戦の基本戦術

ここからは今まで説明してきた二つのゲームの総まとめ的な戦術になりますが、一つ違うのが「大将が撃たれたら終わり」ということです。リーダーのみが相手のフラッグをとれるフラッグ戦の要素を取り入れたルールと、ただ相手の大将をヒットさせれば勝ちというルールの二つが基本です。

フラッグ戦の要素を取り入れた大将戦の戦術

フラッグ戦の時と同じテクニックを使っていきますが、違うのはαに大将を入れなければならないこと、そしてその大将を絶対にヒットさせてはならないこと。サバゲーの他のゲームに要人警護というゲームがあるのですが、その感覚に近いです。時には他のプレイヤーが盾となり前線をおし進める必要が出てくるので、チームワークがとても必要です。また、大将になった人は自分の決めた動き、立ち回りに自信をもって堂々と動かなければなりません。どんなこともそうですが、中心となる人物がしっかりした考えを持っていないとうまくいかないのです。

@rainbow.dingさんの投稿
20180972 274251669724300 4878561052679208960 n

殲滅戦の要素を取り入れた大将戦の戦術

いたってシンプルなことなんですが、できるだけ後ろで大将を守る。それだけです。味方の※10バレッドラインに重なるのは、※11フレンドリファイアの可能性もあるので基本はやめた方がいいのですが、一番は大将を守ることです。一番後ろに隠すか、真ん中に入れて隠して前線を押し上げてヒットをとるのがいい手だと思います。

あなたこんな事しちゃってませんか?:初心者チェック

ここでは、初心者さんが全体的に気を付けなくてはならないポイントをご紹介していきます。逆に、ここさえ気を付ければ脱初心者にもつながりますし、ヒットされにくくなります。

・死角のチェック

よくあるのが、進行方向のみの視線で死角を全くチェックできていないということです。全方向に意識を向けること、そして死角のチェックは絶対怠らないことが脱初心者の第一歩であり、ヒットされにくくなることにつながります。

・体の隠し方

頭隠して尻隠さず。このようになっていませんか?敵が向かってくるであろう方向に対して、体が遮蔽物からはみ出していたり隠れていない。それでは撃ってくれと言わんばかりの行動です。しっかり隠れて当たらないようにしましょう。

@tatsutoshi_airsoftさんの投稿
20180958 1846562372328002 6052496384861405184 n

・危機管理能力

敵チームと接触する可能性があるところで、ボーっとしていたり射撃体勢をとっていないなんてことありませんか?敵が現れてから射撃体勢をとっていても遅いのです。接触エリアが近づいてきたらいつでも撃てるように、そしていつ敵が現れてもいいように遮蔽物にしっかりと隠れているようにする注意が必要です。

@164b.p.mさんの投稿
20180531 1380465408705921 2559415546202292224 n

・サーチの仕方

周りを見渡すときに、頭全体を動かしてキョロキョロしていませんか?サーチするときは目だけを左右に動かして見ます。頭が動いているとどうしても目立ってしまいますし、セルを組んでいる仲間も危険に合わせてしまいます。

@tyodomiさんの投稿
18808924 279008589228649 7679974263431888896 n

・自分の情報を敵に与えていないか

フィールドでの移動経路や身を隠す場所が毎回同じではないですか?同じところにを通っていたり、同じところに隠れていたり。敵に見つかりたくないのならば、毎回違うルートを意識して通ってみたり違う場所に隠れてみたりしてみて下さい。

・射撃について

敵が来ました!撃ちます!あ、届かない。ヒットされました。なんてことないですか?最初初心者の方は届くと思っても、自分の銃のスペックがわからず、撃ったのに届かないなんてことはよくあります。そんな時は当たると思った位置からさらに5m近づくと当たりますので、注意してみて下さい。さらに、確実に当たるかどうかわからないのに撃って、敵に自分たちが隠れている場所を教えてしまうということもあります。確実に当たると思えない時は、仲間に合図を出して近い人に打ってもらうか、近づいて撃つかをしましょう。

@therugateさんの投稿
15624961 1301235766614968 4922752611137880064 n

・注意しなければいけないこと

何はともあれ、テクニックや立ち回り以前にルールというものを守らなくてはいけません。それは最低限のマナーであったり、それを守らないと危険だったりします。フィールドによってもそのルールというものは違うので、各フィールドに問い合わせて指示に従わなければいけませんが、どこでやるにしても必ず守らなければいけないルールというものが存在します。すべて書くことはできませんので、絶対厳守の5つを紹介していきたいと思います。必ず守って楽しくプレイしてください。

サバゲーにおけるルール

誰もが安全に、快適にプレイできるようにするためには最低限のルールが必要です。テクニックや立ち回り以前に下の5つのルールを覚えて安全に、快適にプレイしましょう。

・ゴーグル又はフェイスゴーグルを必ずつける。

サバゲーで最も危険なのはゴーグルをゲーム中に外すことです。ゴーグルがないとゲームに参加できませんので必ず着用しましょう。ゴーグルだけではなく、顔全体を守れるフェイスゴーグルの着用をお勧めします。

@miyatasatokoさんの投稿
20181276 1542590999125804 8078222181080760320 n

・レギュレーションを守る

2006年に銃刀法が定められ、サバゲーで使うトイガンのパワーに制限が付きました。なのでそのレギュレーション以上のトイガンは所持できません。サバゲーフィールドでは必ずパワーチェックを行いますので、そこで弾速チェックをしてからゲームに参加しましょう。

・安全区域

セイフティゾーンと呼ばれるところがあり、そこでは発砲はもちろん、マガジンを外していても空撃ちや、人に銃口を向けるのを禁止しています。大きなけがにつながるので、マガジンを外し安全キャップを銃口にしておきましょう。

・ヒットされたらヒットコールをし、ゾンビ行為をしない

ヒットされたらすぐに立ち上がり手を挙げて、大きな声で「ヒット!」と叫びましょう。ヒットコールをしないとさらに撃ち込まれてしまいます。その後速やかにセイフティゾーンに移動しましょう。さらに、ヒットされたのにゲームを続行した場合、ゾンビ行為といい退場。最悪の場合フィールド出入り禁止となってしまいますので、必ずヒットコールをしましょう。

@giogio_5_giornoさんの投稿
20214216 132588440673158 2307093239833821184 n

・暴言は絶対に禁止

暴言はゾンビ行為に匹敵する行為です。トラブルの原因になり、これも退場、最悪の場合フィールド出入り禁止になります。

"まとめ"

ここまで三つのゲーム、戦略や立ち回りを見てきましたが、共通して言えるのは「楽しく、ルールを守ってやる」ということです。最初の頃はすぐにヒットされてしまったり、勝てなかったりしますがここで紹介したことを実践すれば少なくともゲームにならないということはないと思います。サバゲーはあくまで遊びであり、勝ち負けはありますが汚い手を使ってまで勝つような本物の戦争の真似事をそこまでしなくてもよいのです。我々が本物ではなく、おもちゃの銃を持って遊べることに感謝して戦いごっこを楽しんでください。

※用語解説※

※1......主に貴族の遊びで、キツネを狩る猟犬を人間が駆使して穴の中に逃げたキツネを猟犬にかみ殺させるスポーツ。 ※2......スナイパーが必ず当てれる範囲のこと ※3......単発撃ちのこと ※4......フラッグを取ること。フラッグ戦での最大の栄光 ※5......被弾する事。当たったら「ヒット!」とヒットコールをしなければならない ※6......弾倉。ここにBB弾を入れて銃にセットして撃つ。 ※7......連射 ※8......連射して相手から逃げる ※9......二人一組や三人一組の行動班のこと ※10......射線上のこと。そこに味方が入ってしまうと見方を撃ってしまう危険性がある。 ※11......味方を撃ってしまうこと。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ